映画「続・悪名」

続・悪名
「続・悪名」田宮二郎、勝新太郎
続・悪名続・悪名
勝新太郎                        中村玉緒

今回は田中徳三監督1961年製作「続・悪名」をピックアップする。
全15作が製作された勝新太郎さんと 田宮二郎さんのコンビが冴える”悪名シリーズ”の第2作は、前作「悪名」からの続編であるが、弟分モートルの貞(田宮二郎)は死んでしまい朝吉(勝新太郎)は招集され戦地に行って終わる内容は、シリーズ化を想定しないようである。尚、夫婦役を演じた勝新太郎さんと中村玉緒さんは、翌年の春に結婚の運びになった。

悪名シリーズ

続・悪名続・悪名
田宮二郎、勝新太郎                 水谷良重、勝新太郎

【ストリー】
満州事変の頃、やくざの世界から何くわぬ顔で故郷の河内に帰った朝吉(勝新太郎)は、女房お絹(中村玉緒)と百姓仕事を始めたが、ある日、弟分モートルの貞(田宮二郎)の時ならぬ訪問で忽ち化けの皮がはげ、これ幸いと大阪へ逆戻り。今は見るかげもない吉岡親分(山茶花究)を見舞った朝吉と貞は、そこの居候で貞の弟分河太郎(南都雄二)を預かった。河太郎と女房チェリー(長谷川季子)が難波新地の親分沖縄の源八(上田吉二郎)に欺されたいきさつを聞くと、朝吉は単身源八の家へ乗り込み、スゴ味をきかして勘定をとり立てた。彼はまた、吉岡を窮地に陥しいれた松島の長五郎(山路義人)の非道に憤激、貞となぐり込みをかけて長五郎を半殺しの目にあわせた。これを機会に足を洗うつもりの朝吉だが、彼の度胸に惚れ込んだ松島一家の元締(中村鴈治郎)から、長五郎の縄張りと子分衆を押しつけられようとは!その夜酔って帰った貞は自分の子を宿したお照と間違えて、チェリーを抱いたため大騒動。一方、朝吉はやくざの親分になったことや昔の女琴糸(水谷良重)の写真のことやらで、お絹にとっちめられた。売り出しの朝吉に喧嘩状を突きつけたのが、沖縄の源八だ。その結果は意外にも、源八の縄張りと子分まで、朝吉が引き受ける羽目になった。そんな朝吉の許へお絹が琴糸をつれて現れた。琴糸は東京で男に捨てられ、因島のイト(浪花千栄子)親分の家へ帰りたがっている。朝吉と貞は琴糸を因島へ送ってやった。大阪へ帰った朝吉は、チェリーの足ぬきのことから新興やくざ新世界のカポネ一家と対立したが、松島の元締は、利用価値のうすれた朝吉に見切りをつけ、助ッ人を断った。朝吉が自分の一家だけで闘おうと、悲壮な決意を固めた折も折、召集令状が届いた。出発の前夜、朝吉は貞にやくざの世界の醜さを説き、子分たちにも正業につかせるよう訓した。やがて父になる貞を犬死させたくないからだが、数日後、貞はチンピラに刺されて死んだ。戦争とは国と国の縄張り争いみたいなものである。朝吉は「こうゴツイ出入りではムシケラ同然や」と自嘲しながら、果てしない暗黒のぬかるみ道を行軍するのだった。

続・悪名続・悪名
藤原礼子、田宮二郎                    勝新太郎、田宮二郎、藤原礼子、中村玉緒、長谷川季子

題名:続・悪名
監督:田中徳三
企画:鈴木晰成
原作:今東光
脚本:依田義賢
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:大谷巖
音効:倉島暢
美術:内藤昭
装置:梶谷和男
擬斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:田辺満
助監督:土井茂
衣裳考証:上野芳生
色彩技術:田中省三 (色彩計測)
スチール:西地正満
出演:勝新太郎、田宮二郎、中村玉緒、水谷良重、中村鴈治郎、長谷川季子、藤原礼子、浪花千栄子、浦路洋子、山茶花究、南都雄二、須賀不二男、上田吉二郎、山路義人、小松みどり
1961年日本・大映/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
続・悪名 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

続・悪名続・悪名
浪花千栄子、勝新太郎                  中村鴈治郎
続・悪名続・悪名
上田吉二郎                   長谷川季子、南都雄二、田宮二郎
続・悪名
「続・悪名」撮影風景
続・悪名続・悪名
撮影:宮川一夫氏 監督:田中徳三氏       「続・悪名」撮影風景

映画「炎上」


市川雷蔵                     市川雷蔵、中村鴈治郎

今回は市川崑監督1958年製作「炎上」をピックアップする。
本作は三島由紀夫氏の「金閣寺」の映画化で、驟閣という美に憑かれた男を描く異色作だ。市川崑監督は、日活から大映に移籍してから5本目の大映作品となり、市川雷さんにとってデビューから4年目、48本目の初の現代劇主演作である。撮影は巨匠宮川一夫氏、”モノクロ”と”シネスコ”による効果的映像が素晴らしい。

【当ブログで紹介した市川崑監督作品】
1951年「盗まれた恋」
1951年「恋人
1956年「処刑の部屋
1957年「
1957年「満員電車
1958年「炎上
1959年「
1959年「野火
1960年「女経」より「物を高く売りつける女」
1961年「黒い十人の女
1962年「破戒


仲代達矢                       新珠三千代

【ストリー】
溝口吾市(市川雷蔵)は、父の遺書を携えて京都の驟閣寺を訪れた。昭和19年の春のことである。彼は父から口癖のように、この世で最も美しいものは驟閣であると教えこまれ、驟閣に信仰に近いまでの憧憬の念を抱いていた。父の親友でこの寺の住職・田山道詮老師(中村鴈治郎)の好意で徒弟として住むことになった。昭和22年、戦争の悪夢から覚めた驟閣には、進駐軍の将兵を始め観光客が押しよせた。静かな信仰の場から、単なる観光地になり下ってしまったのだ。ある日米兵と訪れ戯れる女を、溝口は驟閣の美を汚す者として引ずりおろした。25年、溝口は古谷大学に通うようになり、そこで内翻足を誇示して超然としている戸苅(仲代達矢)を知った。彼は、驟閣の美を批判し老師の私生活を暴露した。溝口の母あき(北林谷栄)は、生活苦から驟閣寺に住みこむことになった。溝口は反対した。父が療養中、母は姦通したことがあるからだ。この汚れた母を、美しい驟閣に近づけることは彼には到底出来なかったのである。口論の挙句、街にさまよい出た溝口は、芸妓を伴った老師に出会った。戸苅の言ったことは、真実であった。彼は小刀とカルモチンを買い、戸苅から金を借りて旅に出た。故郷成生岬の断崖に立ち荒波を見つめる溝口の瞼には、妻に裏切られ淋しく死んでいった父のダビの青白い炎が浮んだ--。挙動不審のため警察に保護され、連れ戻された溝口を迎えた、母と老師の態度は冷かった。彼は、自分に残されているのは、ただ一つのことをすることだけだと思った。溝口はふるえる手で、三たびマッチをすった。白煙がたちのぼり、その中から赤い透明の焔が吹き上った。美しくそそり立つ驟閣が、夜空をこがして炎上する。その美しさに溝口は恍惚とした。--国宝放火犯人として検挙された溝口は、頑として尋問に答えなかった。実施検証で焼跡を訪れた。が、そこに見出したのは無惨な焼跡だけだった。汽車に乗せられた溝口は、便所へ立った、少しの油断を見て、彼は自らの体を車外へ投げ出した--。


北林谷栄、市川雷蔵              市川雷蔵、浦路洋子、仲代達矢

題名:炎上
監督:市川崑
企画:藤井浩明
製作:永田雅一
原作:三島由紀夫「金閣寺」
脚本:和田夏十、長谷部慶治
撮影:宮川一夫
照明:岡本健一
特機:宇野薫
録音:大角正夫
音効:倉嶋暢
美術:西岡善信
装置:梶谷輝雄
装飾:松本春造
背景:太田多三郎
美粧:小林昌典
結髪:石井エミ
記録:中井妙子
編集:西田重雄
音楽:黛敏郎 邦楽:中本利生
製作主任:橋本正嗣
製作進行:鈴鹿俊彦
助監督:田中徳三
撮影助手:田中省三
照明助手:美間博
美術助手:加藤茂
録音助手:近藤正一
演技事務:千賀滝三郎
スチール:西地正満
出演:市川雷蔵、仲代達矢、新珠三千代、中村鴈治郎、浦路洋子、中村玉緒、北林谷栄、信欣三
1958年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・モノクロ99分35mmフィルム
炎上 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


市川雷蔵                        「炎上」

映画「女が階段を上る時」

女が階段を上る時女が階段を上る時
高峰秀子                      高峰秀子、仲代達矢

今回は成瀬巳喜男監督1960年製作「女が階段を上る時」をピックアップする。
本作は銀座のバーの雇われマダムを主人公に、華やかな世界の裏に見え隠れする非情な人間関係と女の虚しさを描いた作品で、公開当時にヒットを記録したそうだ。菊島隆三氏が脚本とプロデュースを手掛けたオリジナル作品で、主演の高峰秀子さんが主要人物の衣装考証を兼任している。

【当プログで紹介した成瀬巳喜男監督作品】
1951年「銀座化粧
1955年「浮雲
1960年「女が階段を上る時
1966年「女の中にいる他人
1967年「乱れ雲

女が階段を上る時女が階段を上る時
団令子                      高峰秀子

【ストリー】
圭子(高峰秀子)はバー“ライラック”の雇われマダムである。ある日、外国人のマスターに呼ばれ売上げの減ったことを責められた。経済研究所長という肩書を持つ高級利権屋の美濃部(小沢栄太郎)が最近店に寄りつかなくなったこと、その美濃部が以前圭子の下で働いていたユリに店を持たせていること、圭子はすべてを知っていた。マスターから暗にユリ(淡路恵子)のように体を張れと言われた。夫に死なれて、女手一つで生きていかなければならなくなった圭子が、マネジャーの小松(仲代達矢)の口ききでこの道に入ったのは五年前であった。圭子は、バーの階段を上る時が一番悲しかった。しかし、上ってしまえばその日その日の風が吹いた。美濃部が現われ、ユリの店へ案内した。店は繁昌していた。ユリが席をはずした隙に、美濃部は圭子をゴルフに誘った。--圭子は店を変えた。小松と、女給の純子(団令子)がいっしょについて来た。関西実業家の郷田(中村鴈治郎)が、店を持たせるからと圭子に迫った。彼女は上客に奉賀帳を回して十万、二十万と借りて店を持つことを決心した。小松もいっしょに貸店を探して歩いた。ユリが狂言自殺をするつもりで誤って本当に死んでしまった。葬儀の席で、美濃部が貸金の返済を執拗に迫っていた。圭子はそ知らぬ顔で現れた美濃部にくってかかった。圭子は酒と興奮のためか血を吐いて倒れた。胃潰瘍だった。佃島の実家で、クリスマスと正月を過したが、七草が過ぎるともう寝てもいられなかった。おかみのまつ子が集金の催促に現われ、兄(織田政雄)からは息子の小児マヒを手術する金を無心されたのだ。圭子はまた階段を上った。プレス工場主の関根(加東大介)の誠意だけが身にしみた。いつか奉賀帳を回した時も、気持よく十万円出すことを約束してくれた。圭子はプレス工場のおかみさんにでも喜んでなろうと、関根に抱かれた。やっと幸せが来たのだと思った。しかし、関根は二度と現われなかった。圭子は酒におぼれた。銀行支店長の藤崎と一夜を過してしまった。が、藤崎は翌日大阪の支店へ転勤になると言いながら、十万円の株券を置いて去った。小松が入れちがいに入って来て、圭子の頬を打った。彼女は小松のいっしょになってくれという言葉を空虚な思いで聞いた。圭子は試練に耐えて生きていかなければならない。新しい明日をめざして、今日もバーの階段を上って行った。

女が階段を上る時女が階段を上る時
加東大介                      淡路恵子

題名:女が階段を上る時
監督:成瀬巳喜男
製作:菊島隆三
脚本:菊島隆三
撮影:玉井正夫
照明:石井長四郎、猪原一郎
録音:藤好昌生
整音:下永尚
美術:中古智
衣裳:高峰秀子
結髪:中尾さかゑ
編集:大井英史
現像:キヌタ・ラボラトリー
音楽:黛敏郎
製作担当者:森田信
助監督:広沢栄
特殊技術:東宝技術部
スチール:秦大三
出演:高峰秀子、仲代達矢、団令子、森雅之、中村鴈治郎(二代目)、加東大介、淡路恵子、小沢栄太郎、山茶花究、多々良純、藤木悠、沢村貞子、菅井きん
1960年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・モノクロ111分35mmフィルム
女が階段を上る時 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

女が階段を上る時女が階段を上る時

1 2