映画「暴力街」


安藤昇                          小林旭

今回は五社英雄監督1974年製作「暴力街」をピックアップする。
本作は、500人以上の構成員が在籍した安藤組の元組長であった安藤昇さんが主演である。
安藤昇さんは、1964年に安藤組解散後、1965年に自らの自叙伝を松竹で映画化した「血と掟」に主演し、映画俳優へ転向した。1967年には東映に移籍して「懲役十八年」で東映初出演をする。また五社英雄監督は、東映京都撮影所がホームグラウンドであった為、本作は東映東京撮影所で撮った唯一の作品になった。製作当時、岡田茂東映社長は、東映ポルノ路線から撤退し”今後は実録ものとギャングもの、それに歌謡路線を強化して行く”という新方針を打ち出した背景があった。


室田日出男、安藤昇、夏八木勲              赤座美代子

【ストリー】
もと関東東菊会幹部江川組々長・江川紘一(安藤昇)は、今では足を洗い銀座のクラブ・マドリッドを経営し、情婦の晃子(川村真樹)と平穏な生活を送っていた。関西西日本連合会が全国制覇の最後の拠点、東京・銀座に乗り出して来た。銀座の中心マドリッドに目をつけた西日本連合会だが、東菊会の剛原(高田繁司)も同幹部・矢崎竜二(小林旭)を指し向けて、マドリッド買収に乗り出した。しかし、江川はあくまでマドリッドを守る態度を示した。一方、東菊会たちの仕業に腹をすえかねた江川の配下の望月(室田日出男)たちは、江川に内密で江川組再建を企てた。望月はチンピラ数人で、東菊会経営の新興企画の新人歌手・天野マリ(中津川みなみ)を誘拐し、それを西日本連合会の仕業にみせかけ1億円の恐喝を行なった。そして、数日後、天野マリが死体で発見され、マスコミはこの事件の背後に関東・関西の暴力団の抗争がからんでいると騒ぎたてた。望月は1億円を手に入れ、元江川組々員・浜勇喜(夏八木勲)に金を預けた。そして望月、浜は江川に組再建を打診するが、江川は拒否する。一方、天野マリ誘拐が望月たちの仕業だと知った東菊会は、殺し屋を雇い望月たち江川の配下を殺した。今まで沈黙を保っていた江川は、配下の無残な死に様を見て、遂に剛原に喧嘩状をたたきつけた。それを知った浜は、かつての江川組々員に連絡し、解体屋をしているギザゴロの辰(菅原文太)を江川に紹介した。辰は解体屋をしながら、手製の銃を百挺余り作っていた。戦いの用意は整った。江川たちは、西日本連合会に対する作戦を練っている東菊会の幹部たち--諸木(小池朝雄)、二橋(葉山良二)、山岡(佐藤京一)、東松(八名信夫)、西田(土山登志幸)、そして矢崎の中に殴り込みをかけた。銃撃戦が繰り広げられ、江川と辰は山岡、東松、西田を殺し逃走するが、途中で辰は殺されてしまった。江川は、剛原の妻で、もと恋人の悠子に助けられ逃げのびる。一方、必死で江川を探す矢崎は、江川の情婦・晃子のアパートへ行き、江川をおびき出そうとした。江川は、罠にはまってしまったが一目散に逃げ、ある養鶏場に身を隠す。矢崎は、江川の逃げ場所を察知するが、単身で江川に対決を挑んだ。一方、剛原は江川の銃弾で倒れてしまったために、幹部の諸木が東菊会の会長に納まり、西日本連合会々長・島村と手を組んだ。そして、島村たちにとって邪魔な江川、矢崎の二人を殺す相談を秘かに進めていた……。


中津川みなみ                     川村真樹

安岡力也                       マダム・ジョイ

小池朝雄、葉山良二                  暴力街

題名:暴力街
監督:五社英雄
企画:吉田達
原案:五社英雄
脚本:掛札昌裕、中島信昭
撮影:山沢義一
照明:梅谷茂
録音:広上益弘
美術:中村修一郎
装置:小早川一
装飾:田島俊英
美粧:入江荘二
美容:石川靖江
衣裳:宮下貞子
擬斗:日尾孝司
記録:高津省子
編集:祖田富美夫
音楽:佐藤勝 挿入歌:中津川みなみ「恋はノンノン」
現像:東映化学
進行主任:東一盛
助監督:福湯通夫
演技事務:山田光男
スチール:遠藤努
出演:安藤昇、小林旭、夏八木勲、川村真樹、赤座美代子、小池朝雄、葉山良二、室田日出男、菅原文太、丹波哲郎、マダム・ジョイ、高田繁司、松井康子、中津川みなみ 、佐藤京一、八名信夫、安岡力也、土山登志幸、潮健児
1974年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー96分35mmフィルム
暴力街 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


安藤昇、菅原文太                    安藤昇