映画「実録三億円事件 時効成立」


小川真由美                        岡田裕介

今回は石井輝男監督1975年製作「実録三億円事件 時効成立」をピックアップする。
1968年12月10日、昭和を揺るがした三億円事件は、東京都府中市で発生し、未だに真相は闇の中である。
本作は “三億円事件”をヒントに架空の犯人像を想定して制作されたが、東映は警察とは別の ”捜査隊” を組織、莫大な資料を集め事件に関わる多くの人物を緻密に描いた意欲作である。犯行現場である府中刑務所裏での撮影は、1975年11月に第六監視塔前で行われたそうだ。主演の岡田裕介さんは、1970年代には俳優をしていたが、父が岡田茂元東映社長である事もあり、プロデューサーに転向し、2002年に東映社長を経て東映代表取締役グループ会長になっている。


金子信雄                         絵沢萠子

【ストリー】
博奕好きで、女にだらしない西原房夫(岡田裕介)は証券会社の運転手をしていたが、会社の金400万円を横領し、競馬につぎ込んでしまった。だが、横領が会社にバレて警察に突き出されるところを、情婦の向田孝子(小川真由美)がダイヤの指輪と土地を売り、金を返済してくれたので、刑務所行きはまぬがれた。その後、二人は同棲生活を送るが、借金に追われる苦しい状態が続いた。1968年7月、多摩農協に再三の脅迫状が舞い込んでいた。送り主は西原である。この脅迫状は警察をあざむくためのカモフラージュで、彼は1968年12月から三億円強奪の準備を始めていた。そんなある日、西原の態度に不審を覚えた孝子は、彼から日本信託銀行国分寺支店から東芝工場に輸送される3億円の強奪計画を聞かされた。月賦屋に追われる生活に嫌気がさしていた孝子は、西原と行動を共にする決心をした。西原は準備資金にするために、金持ちの未亡人・久住みどり(絵沢萠子)を誘惑し、100万円騙し取った。8月12日、西原はトランジスターメガホンを盗んで以来、白バイ警官衣装等の獲得準備をすすめ、ヤマハスポーツ350RI、1966年型カローラ、1968年型カローラ等を、次々に盗み、12月9日、全ての準備を完了した。1968年12月10日。午前6時に、西原と孝子は日野の自宅を出発。9時21分、府中刑務所裏にさしかかった現金輸送車である黒のセドリックを停止させた西原は、車内に爆弾が仕掛けられていると偽りセドリックに乗って逃亡。そして、国分寺・七重の塔跡で待つ、第2のカローラにジュラルミンのトランクを移し、孝子の運転で山梨県大月市にある西原家の墓地へと向った。途中、ラジオで500円札には通しナンバーがひかえてある、との報道で、500円札は全て処分、残金を墓の下に隠した。その後、西原と孝子は金には手をつけず、以前と全く変りない生活を送っていった。一方、警察の捜査網は拡大していくばかりだったが、葛木刑事(金子信雄)は、その経験とカンで不良退職者のリストを地道に洗っていた。その中に、西原の名も上っていた。1975年9月、西原は府中駅前広場で、久住みどりと会い、100万円を返さなければ警察に訴えると脅される。時効成立間近になって動揺した西原は、金を引き出すべく山梨の墓地に向った。そこには西原の態度に気づいた孝子がいた。西原から事情を聞いた孝子は100万円使うなら全部使うのも同じ、と金を掘り出した。時効まであと40日。葛木刑事は、府中競馬場で、西原がイギリスの名馬ペガサスを2億1,000万円を出資して輸入する、という話を耳にした。葛木は西原に目をつけた。400万円横領事件、住居が日野にある……。時効10日前。西原が他人名儀で所有するマンションがガス爆発を起こした。西原を犯人と断定した葛木は、ガス事故の件を利用して、西原を別件逮捕した。取調べ室で、葛木に訊問される西原だが、黙杏権で何も答えない。時効を数日後にひかえている葛木は、西原の家で500円札を焼いた残りが発見されたとか、ペガサスが死んだとか執拗な訊問を行ない、ついに西原は精神的に衰弱し倒れてしまった。しかし、彼は医務室のベッドの中で「黙否権でいけば絶対に助かる」と言った孝子の言葉を反芻していた。そして、12月10日、西原は証拠不充分でついに釈放された……。


田中邦衛                     実録三億円事件 時効成立

題名:実録三億円事件 時効成立
監督:石井輝男
企画:太田浩児、坂上順
原作:清水一行「時効成立」
脚本:小野竜之助、石井輝男
撮影:出先哲也
照明:川崎保之丞
録音:広上益弘
美術:藤田博
装置:小早川一
装飾:田島俊英
美粧:住吉久良蔵
美容:石川靖江
衣装:河合啓一
記録:勝原繁子
編集:祖田富美夫
音楽:鏑木創
現像:東映化学
進行主任:東一盛
助監督:福湯通夫
演技事務:山田光男
スチール:遠藤努
出演:小川真由美、岡田裕介、金子信雄、田中邦衛、絵沢萠子、浜田ゆう子、田中筆子、松平純子、中田博久、相馬剛三、滝沢双、、田島義文、近藤宏、河合絃司、山田光一、山下則夫、木村修、土山登士幸、横山繁、亀山達也、岡本八郎、山本緑、宗田千枝子、岡久子、松井紀美江、津森正夫、南廣、沢田浩二、清水照夫
1975年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
実録三億円事件 時効成立 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


実録三億円事件 時効成立              小川真由美、岡田裕介

映画「地獄の天使 紅い爆音」

地獄の天使 紅い爆音地獄の天使 紅い爆音
入鹿裕子                        内藤やす子

今回は内藤誠監督1977年製作「地獄の天使 紅い爆音」をピックアップする。
本作は、東映でバイオレンスクイーンとして売り出された新人の入鹿裕子さん、歌謡ロック歌手の内藤やす子さん、森下愛子さんのデビュー作である。 “カミソリのヨーコ”を演じる入鹿裕子さんは、本デビュー作を撮り終えると引退してしまったそうだ。主な舞台は横須賀。“カミソリのヨーコ”こと耀子が、彼女の過ちで姿を消した愛した男を探し求めるVシネマの様な物語であった。

地獄の天使 紅い爆音地獄の天使 紅い爆音
舘ひろし                        森下愛子

【ストリー】
耀子(入鹿裕子)は栃木刑務所を出所した。服役中の3年間、耀子は貢(小野進也)のことだけを考えていた。3年前、福生のライブハウスでロック・ギターを弾く貢と、カミソリヨーコという異名でとおっていた耀子は愛し合っていた。その貢が耀子の喧嘩にまきこまれ、ゴールド・フィンガーとまでいわれた左手小指を切りおとされたため、耀子は逆上し、相手を殺してしまった。「人殺し!」と貢は耀子にむかって叫んだ。福生へ戻った耀子は、ライブ・ハウスへ行くが、貢の姿はなかった。友人の朝子(内藤やす子)は横須賀に貢がいるという噂を聞いたと、耀子に告げる。耀子は横須賀に向った。耀子は、旧友の早苗(津和のり子)のバーを尋ね、ホステスとして働き始める。ある日、耀子は小指のない男を見つけ、貢だと思い後を追うが、それは彼ではなく寒河江(舘ひろし)という男だった。寒河江は暴力団の組長を殺し、指名手配されていることを耀子に話す。人を殺した苦しさから逃れようと、寒河江は麻薬常習者となっていた。耀子は寒河江のために薬を求め早苗のバーを尋ねる。しかし、そこにいあわせた黒須(成瀬正)という男に薬を飲まされ、犯されてしまう。数日後、復讐を誓い黒須のマンションに耀子は乗り込むが逆に殺されそうになる。そこえ寒河江が飛び込んで来ると猟銃で黒須を撃ち殺してしまった。二人は翌日、川崎のフェリーで会う約束をして別々にその場を去る。逃げる途中、耀子は偶然貢と再会し、その夜ホテルで二人は求め合った。耀子は寒河江の存在を貢に話す。翌朝、耀子が目覚めると貢の姿はすでになかった。川崎フェリー乗船場へ急ぐ耀子は、そこで、貢が寒河江を刺殺するのを目撃してしまう。貢は、暴力団に雇われ、寒河江を殺す命令をうけていたのだった。皮肉にも耀子は寒河江の猟銃で貢の命を奪わなければならない。その後姿には女の悲しみが漂っていた。

地獄の天使 紅い爆音地獄の天使 紅い爆音
入鹿裕子、小野進也                   津和のり子
地獄の天使 紅い爆音地獄の天使 紅い爆音
フラワーキッズ                      入鹿裕子

題名:地獄の天使 紅い爆音
監督:内藤誠
企画:安斉昭夫、坂上順、橋本新一
脚本:田中陽造、荒井晴彦、内藤誠
撮影:中島芳男
照明:萩原猶義
録音:林鉱一
美術:藤田博
装置:井保国雄
装飾:米沢一弘
美容:宮島孝子
衣裳:内山三七子
擬斗:西本良治郎
記録:山内康代
編集:戸田健夫
音楽:忠治 主題歌:津和のり子「ほれてあられてブルース」挿入歌:内藤やす子「サタディクイーン」「ターゲット」
現像:東映化学
進行主任:松本可則
助監督:馬場昭格
演技事務:石川通生
制作協力:バーニングプロ、チェックメイト
スチール:遠藤努
出演:入鹿裕子、内藤やす子、舘ひろし、成瀬正、森下愛子、津和のり子、小野進也、中田博久、福田勝洋、橋本晴美 忠治、町田政則 、亀山達也、ケイ梅津、城春樹、きくち英一、フラワーキッズ
1977年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー77分35mmフィルム
地獄の天使 紅い爆音 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

地獄の天使 紅い爆音地獄の天使 紅い爆音
入鹿裕子、舘ひろし                   入鹿裕子

映画「現代やくざ 盃返します」


菅原文太                       松方弘樹

今回は佐伯清監督1971年製作「現代やくざ 盃返します」をピックアップする。
本作は1969年「現代やくざ 与太者の掟(監督:降旗康男)」に始まった菅原文太さん主演の”現代やくざ”シリーズ第3作(全5作)である。

1969年「現代やくざ 与太者の掟(監督:降旗康男)」
1969年「現代やくざ 与太者仁義(監督:降旗康男)」
1971年「現代やくざ 盃返します(監督:佐伯清)」
1971年「現代やくざ 血桜三兄弟(監督:中島貞夫)」
1972年「現代やくざ 人斬り与太(監督:深作欣二 )」


野川由美子                      小池朝雄

【ストリー】
昭和43年夏、大阪豊中の博徒堂本組組長堂本(小池朝雄)は、大阪池田の博徒三鬼組の鬼丸組長(諸角啓二郎)と組んで、大阪伊丹空港の拡張地や阪急沿線の観光利権を早くから握っていた大阪箕面の博徒萩原組組長(水島道太郎)を暗殺、その利権を得ようと計った。親分の堂本から萩原暗殺の命令を受けた関根辰次(菅原文太)は、堂本組とは兄弟分同様の萩原を殺すことに疑問を感じたが、仁義に乗っ取りその役目を果して刑務所に入った。2年後、関根は出所した。その間、萩原の一人娘冴子(工藤明子)は親の遺言通り組を解散、望月(中田博久)と共に細々とバーを始めた。やがて、関根は分家して関根組を名乗るが、冴子のことが気になり、そのバーに足を向けた。そこで、この辺一帯の縄張りを狙っている三鬼組とぶつかるが、その場は、殺された萩原の弟分にあたる柴山組組長柴山(松方弘樹)の仲裁で収まった。鬼丸は、柴山をいっきに叩こうと、柴山の賭場に殴り込むが、客の長尾組組長(中村竹弥)に傷を負わせてしまった。長尾ほどの大親分を敵にまわすことは、鬼丸と堂本にとって本意ではないので早速詫びを入れた。仁義に反する堂本の行動にいや気のさした関根は、同郷の小料理屋をしている芳子と世帯を持ってヤクザの足を洗おうと考えた。しかし、堂本は何かと自分に反抗する関根を柴山殺害の道具に使うことにした。しかしこの仕組まれた罠を知った関根は、盃を返すと、鬼丸と堂本にドスをふりかざした。


工藤明子、中田博久               野川由美子、菅原文太

題名:現代やくざ 盃返します
監督:佐伯清
企画:俊藤浩滋、矢部恒
原案:村上和彦
脚本:大和久守正
撮影:星島一郎
照明:川崎保之丞
録音:広上益弘
美術:藤田博
装置:吉田喜義
装飾:米沢一弘
技斗:日尾孝司
編集:田中修
記録:勝原繁子
音楽:菊池俊輔
現像:東映化学
進行主任:志村一治
助監督:福湯通夫
現像:東映化学
スチール:藤井善男
出演:菅原文太、松方弘樹、野川由美子、小池朝雄、伊吹吾郎、工藤明子、諸角啓二郎、中村竹弥、水島道太郎、中田博久、谷村昌彦、汐路章、たこ八郎
1971年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
現代やくざ 盃返します -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


現代やくざ 盃返します

1 2 3 4