映画「殺し屋人別帳」


「殺し屋人別帳」渡瀬恒彦

渡瀬恒彦                     賀川雪絵、吉田輝雄

今回は石井輝男監督1969年製作「殺し屋人別帳」をピックアップする。
本作は、当時の岡田茂東映企画製作本部長がスカウトした渡瀬恒彦さんの肝煎りのデビュー作である。渡瀬さん演じる主人公の名前は「網走番外地シリーズ」で、高倉健さん演じた主人公の名前と同じ橘真一である事も破格の待遇だった。
本作は、1970年1月に公開し、二作目「監獄人別帳」を4月に公開したが、三作目「悪党人別帳」は製作されなかったそうだ。
本作のラストである黒岩組と竜神一家の銃撃戦で、これほど撮影所内スタジオ棟を倉庫街に無理に見立てたシーンも見た事がない。東撮作品(東映大泉)では、No,11ステージ前の坂などを見かける事は多々あるが、特に大きな装飾もせず、倉庫街として映し出したのは、よほど時間がなかったのだろうか?


伊吹吾郎                     佐藤允、渡瀬恒彦

【ストリー】
浦波興業会頭・浦波(沢彰謙)は殺し屋の黒岩(田崎潤)と宇野木(小池朝雄)に金を積んで組長を消し、北九州一帯の組を傘下に修めた。目的を達した浦波は用済みの二人を消そうとして逆に射殺された。強欲な黒岩は相棒の宇野木をも殺し、浦波の縄張りを手中におさめ黒岩組と改称した。流れ者の真一(渡瀬恒彦)が長崎に現われたのは、黒岩組が竜神一家を潰そうとこの地に乗り込んで来たおりだった。ある日、真一は長崎港の岸壁で車に接触して転倒した松葉杖の娘ナオミ(太田ナオミ)を介抱した。この光景に感動した黒岩の娘ミッチー(小川ローザ)の世話で、真一は黒岩組の客分になった。鉄(佐藤允)が組に草鞋を脱いだのもその頃だった。やがて、黒岩は竜神一家の荷上げ作業妨害作戦に出た。苦境に立つ竜神統一(吉田輝雄)は、その暴挙を責め、黒岩は一切を賽の目で勝負をしようと持ちかけた。統一は勝負に敗けた。統一の妻久美(藤田佳子)は、自分の体を賭けて夫を黒岩に挑戦させた。統一は勝負に勝ったものの、彼のために細工をした壷振りの美枝(英美枝)は竜神一家の木口(中谷一郎)とともに斬殺されてしまった。ナオミも現場を目撃したことから黒岩組に捕われたが、彼女の面倒をみていた寅さんこと八人殺しの鬼寅(嵐寛寿郎)の機転で助けられた。黒岩は事の決着を急ぎ、竜神一家に喧嘩状を叩きつけ、凄絶な死闘が始った。統一は苦闘する竜神一家に加担し、黒岩の銃弾が黒岩を倒した。すべてが終った時、黒岩の客分鉄が真一に向った。二人の銃口は同時に火を吐き、弾丸は真一の脇腹と鉄の心臓に命中した。正義漢・鉄が勝ちを真一に譲った一瞬であった。


賀川雪絵                                                                       佐藤允、

小川ローザ
1969年、丸善石油のハイオクガソリンのCMに出演。猛スピードで走る自動車が巻き起こした風で小川のミニスカートがまくりあがり、「Oh! モーレツ」と叫ぶ内容で一世を風靡し、幼児の間でも「Oh! モーレチュ」と言い、スカートめくりが流行するほど社会現象にまでなった。
(ウィキペディア参照)


小川ローザ「丸善石油ハイオクガソリンCM」  「殺し屋人別帳」小川ローザ

藤田佳子                       太田ナオミ 

田崎潤、由利徹                    荒木一郎

題名:殺し屋人別帳
監督:石井輝男
企画:岡田茂、天尾完次
脚本:石井輝男、掛札昌裕
撮影:古谷伸
照明:長谷川武夫
録音:中山茂二
美術:矢田精治
装置:米沢勝
装飾:清水悦夫
美粧:鳥居清一
結髪:横山三佳代
衣裳:豊中健
擬斗:三好郁夫
記録:石田照
編集:神田忠男
音楽:鏑木創 主題歌:渡瀬恒彦「さすらい人別帳」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:武久芳三
監督補佐:荒井美三雄
助監督:依田智臣
スチール:藤本武
出演:渡瀬恒彦、吉田輝雄、伊吹吾郎、佐藤允、田崎潤、中谷一郎、賀川雪絵、嵐寛寿郎、太田ナオミ、小川ローザ、藤田佳子、荒木一郎、英美枝、三笠れい子、葵三津子、小池朝雄、由利徹、水島道太郎、沢彰謙
1969年日本・東映/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
殺し屋人別帳 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


小池朝雄                          吉田輝雄、英美枝、田崎潤

中谷一郎                       嵐寛寿郎

映画「ある殺し屋の鍵」


市川雷蔵                        佐藤友美

今回は森一生監督1967年製作「ある殺し屋の鍵」をピックアップする。
本作は、市川雷蔵さんが華麗な殺し屋を演じる和製フィルム・ノワールのシリーズ第二弾になる。
前作「ある殺し屋」に続き、撮影を巨匠宮川一夫氏が担当されている。


中谷一郎                        西村晃

【ストリー】
表向きは日本舞踊の師匠である新田(市川雷蔵)は、実は凄腕の殺し屋だった。彼の素姓は、彼と親しい芸者秀子(佐藤友美)も知らなかった。ある日新田は、石野組幹部荒木(金内吉男)から、政財界の秘密メモを握る脱税王朝倉(内田朝雄)を消してくれと頼まれた。2,000万の報酬で仕事を引受けた新田は綿密な調査の末、朝倉の泊るホテルのプールを仕事場と決めた。その日、何も知らずに朝倉と遊んでいた秀子に邪魔されはしたが、新田は針一本の武器で朝倉を殺した。証拠も、目撃者もない、瞬時のことだった。だが、石野組は新田を裏切り、彼を消そうとした。新田は危うくその手を逃れ、報酬だけは自分の手に入れると、再び自分を殺そうとした石野(中谷一郎)と荒木を始末した。このことから、新田は石野の背後に政界の大物が黒幕として存在することを知った。仕事の報酬である札束の入ったケースを貸しロッカーに預け、自分を利用して殺そうとした者の正体を探るために政治記者に化けた新田は、朝倉の弁護士菊野(伊東光一)の口から、この件に遠藤建設が絡んでいることをつきとめた。その遠藤(西村晃)が秀子のレジデンスに通っていることを知って、新田は遠藤を締めあげ、黒幕の名を聞き出そうとしたが、遠藤は刃物を持って新田を襲い、逆に自分の脇腹を刺して死んでしまった。しかし、その直後の遠藤の秘書の電話から、黒幕が、間もなく欧州へ飛ぶ政財界の大立物北城(山形勲)と分った。数時間後、新田はカメラマン姿で空港に姿を現わした。送迎の混雑の中で、巧みに北城に近づいた新田は一瞬の間に北城を刺していた。事を終えて、貸しロッカーの所へ現われた新田は、そこに、爆薬を仕掛けたという情報で調査している数人の警官を見た。やがて、新田のロッカーから、札束のつまったケースが出された時、新田はそれに何の未練も残さず、見物人の嘆声をよそに人波の中に消えていった。


内田朝雄                      金内吉男、中谷一郎

題名:ある殺し屋の鍵
監督:森一生
企画:藤井浩明
原作:藤原審爾「消される男」
構成:増村保造
脚本:小滝光郎
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:海原幸夫
美術:太田誠一
擬斗:楠本栄一
編集:谷口登司夫
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:大洲斉
スチール:小山田輝男
出演:市川雷蔵(8代目)、佐藤友美、西村晃、山形勲、中谷一郎、内田朝雄、金内吉男、伊達三郎、伊東光一、玉置一恵、森内一夫
1967年日本・大映京都/シネスコサイズ・カラー79分35mmフィルム
ある殺し屋の鍵 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ある殺し屋の鍵

映画「河内のオッサンの唄 よう来たのワレ」


川谷拓三                      夏純子

今回は斎藤武市監督1976年製作「河内のオッサンの唄 よう来たのワレ」をピックアップする。
本作は、ミス花子のヒット曲「河内のオッサンの唄」を映画化したもので、第二弾最終作である。
1976年前半、斎藤監督によって第1弾「河内のオッサンの唄」が制作された。


田中邦衛                        岩城滉一

【ストリー】
飲んだくれでバクチ好きの河内のオッサン徳田松太郎(川谷拓三)も、年末ともなると女房連に尻をひっぱたかれ、やむなしモチ代をかせぎに大阪へと出かせぎに行く。フトコロも少しは、あったかくなって、河内への帰り道。ついうかれて、入ったアルサロで、助平根生を出した徳松ら長屋の連中は、サイコロバクチにひっかかり、せっかくの虎の子もスッテンテン。このまま帰ったら、カアチャンたちから、ドツかれるとワラをもつかむ思いで競艇場へと行った。そこで、バクチの大天才、通称・先生、鍋山慎一郎(田中邦衛)とめぐり会う。この先生の霊感を聞き、最後の金で大穴をあてる。意気揚々として河内へ帰った。ところが河内では一大事件がぼっぱつ中。徳松達の長屋の大家・忠三郎(室田日出男)、これがまた大のバクチ好き。忠三郎は、暴力団・難波組とのバクチに長屋の権利書を持ち出した。正月を前に家を取り上げられたら一大事。徳松達は再び先生の霊感をたよって窮地を切り抜けた。ところが、河内松原を一大風俗街として、大もうけをたくらんだ難波組は、次々と悪どい手口でのっとりをたくらんできた。一方、先生とは、実は一目惚れした女に会社の金、1,000万円を使い、公金横領犯として指名手配中の人物であった。そんなある日、アルサロのホステス陽子(伊佐山ひろ子)とひょんな事から知り合った徳松は、彼女が先生の一目惚れの相手であることを知った。徳松のはからいで二人は久し振りの再会。陽子は先生に対し、冷たい態度をとった。陽子に振られてしまった先生は、出直しを決意し、旅へ出発。てんやわんやの河内松原もひとだんらくと思ったのもつかのま、難波組の上部団体・横浜大東組から、鬼頭(成瀬正)という人物が派遣されて来た。長屋は再び危機を迎える。たこ焼き屋の千吉(榎兵衛)は、土地を買っていただけに強きの態度で出た。鬼頭はこの仙吉の土地の権利書をねらった。徳松はそんな鬼頭のやり口に、我慢ができなかった。そして、ついに彼は単身、仙吉の権利書を持って、大東組の本拠地・横浜へのりこんだ。仙吉の権利書をもって一か八かの勝負を賭ける徳松は、そこで先生と再会。これぞ救いの神とばかり徳松は、先生を引き連れ大東組の盆ゴザへと行く。美人の壷ふり、昇りの龍の銀子(篠ヒロコ)によって始った三番勝負。一番手をとられた先生には、以前の博才はなくなっていた。その時、偶然にも先生を追いかけ、この横浜へ来ていた陽子の姿が目にとまった。そのとたん、先生の直感力も冴え、残り二番の勝負に勝った。長屋の権利書を取りもどした徳松。よりをもどした先生と陽子。しかし、大東組はこの三人を持ちぶせていた。しかしこの危機は銀子によって救われた。徳松達は晴れて、河内松原に帰っていった。


伊佐山ひろ子                     篠ヒロコ

榎兵衛、川谷拓三、室田日出男、花柳幻舟          志賀勝

【追悼】
本シリーズの八百千枝子役を演じた舞踊家の花柳幻舟さんが、2019年2月28日 群馬県安中市の碓氷第三橋梁の下に倒れているところを発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。橋の上から転落したものとみられている。享年77歳。

題名:河内のオッサンの唄 よう来たのワレ
監督:斎藤武市
企画:坂上順
脚本:松本功、高田純、関本郁夫
撮影:出先哲也
照明:川崎保之丞
録音:長井修堂
美術:藤田博
装置:井保国夫
装飾:新井栄治
美粧:入江ニ
美容:石川靖江
衣裳:福崎精吾
擬斗:日尾孝司
記録:高津省子
編集:田中修
音楽:鏑木創 主題歌:ミス花子「河内のオッサンの唄 」
現像:東映化学
進行主任:志村一治
演技事務:石原啓二
助監督:福湯通夫
製作宣伝:小田和治
スチール:遠藤努
出演:川谷拓三、夏純子、岩城滉一、伊佐山ひろ子、田中邦衛、室田日出男、篠ヒロコ、花柳幻舟、志賀勝、ミス花子、中谷一郎、野口貴史、団巌、あき竹城、榎兵衛、田中筆子、成瀬正
1976年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
河内のオッサンの唄 よう来たのワレ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ミス花子                        川谷拓三、田中邦衛

1 2 3 5