映画「河内のオッサンの唄 よう来たのワレ」


川谷拓三                      夏純子

今回は斎藤武市監督1976年製作「河内のオッサンの唄 よう来たのワレ」をピックアップする。
本作は、ミス花子のヒット曲「河内のオッサンの唄」を映画化したもので、第二弾最終作である。
1976年前半、斎藤監督によって第1弾「河内のオッサンの唄」が制作された。


田中邦衛                        岩城滉一

【ストリー】
飲んだくれでバクチ好きの河内のオッサン徳田松太郎(川谷拓三)も、年末ともなると女房連に尻をひっぱたかれ、やむなしモチ代をかせぎに大阪へと出かせぎに行く。フトコロも少しは、あったかくなって、河内への帰り道。ついうかれて、入ったアルサロで、助平根生を出した徳松ら長屋の連中は、サイコロバクチにひっかかり、せっかくの虎の子もスッテンテン。このまま帰ったら、カアチャンたちから、ドツかれるとワラをもつかむ思いで競艇場へと行った。そこで、バクチの大天才、通称・先生、鍋山慎一郎(田中邦衛)とめぐり会う。この先生の霊感を聞き、最後の金で大穴をあてる。意気揚々として河内へ帰った。ところが河内では一大事件がぼっぱつ中。徳松達の長屋の大家・忠三郎(室田日出男)、これがまた大のバクチ好き。忠三郎は、暴力団・難波組とのバクチに長屋の権利書を持ち出した。正月を前に家を取り上げられたら一大事。徳松達は再び先生の霊感をたよって窮地を切り抜けた。ところが、河内松原を一大風俗街として、大もうけをたくらんだ難波組は、次々と悪どい手口でのっとりをたくらんできた。一方、先生とは、実は一目惚れした女に会社の金、1,000万円を使い、公金横領犯として指名手配中の人物であった。そんなある日、アルサロのホステス陽子(伊佐山ひろ子)とひょんな事から知り合った徳松は、彼女が先生の一目惚れの相手であることを知った。徳松のはからいで二人は久し振りの再会。陽子は先生に対し、冷たい態度をとった。陽子に振られてしまった先生は、出直しを決意し、旅へ出発。てんやわんやの河内松原もひとだんらくと思ったのもつかのま、難波組の上部団体・横浜大東組から、鬼頭(成瀬正)という人物が派遣されて来た。長屋は再び危機を迎える。たこ焼き屋の千吉(榎兵衛)は、土地を買っていただけに強きの態度で出た。鬼頭はこの仙吉の土地の権利書をねらった。徳松はそんな鬼頭のやり口に、我慢ができなかった。そして、ついに彼は単身、仙吉の権利書を持って、大東組の本拠地・横浜へのりこんだ。仙吉の権利書をもって一か八かの勝負を賭ける徳松は、そこで先生と再会。これぞ救いの神とばかり徳松は、先生を引き連れ大東組の盆ゴザへと行く。美人の壷ふり、昇りの龍の銀子(篠ヒロコ)によって始った三番勝負。一番手をとられた先生には、以前の博才はなくなっていた。その時、偶然にも先生を追いかけ、この横浜へ来ていた陽子の姿が目にとまった。そのとたん、先生の直感力も冴え、残り二番の勝負に勝った。長屋の権利書を取りもどした徳松。よりをもどした先生と陽子。しかし、大東組はこの三人を持ちぶせていた。しかしこの危機は銀子によって救われた。徳松達は晴れて、河内松原に帰っていった。


伊佐山ひろ子                     篠ヒロコ

榎兵衛、川谷拓三、室田日出男、花柳幻舟          志賀勝

【追悼】
本シリーズの八百千枝子役を演じた舞踊家の花柳幻舟さんが、2019年2月28日 群馬県安中市の碓氷第三橋梁の下に倒れているところを発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。橋の上から転落したものとみられている。享年77歳。

題名:河内のオッサンの唄 よう来たのワレ
監督:斎藤武市
企画:坂上順
脚本:松本功、高田純、関本郁夫
撮影:出先哲也
照明:川崎保之丞
録音:長井修堂
美術:藤田博
装置:井保国夫
装飾:新井栄治
美粧:入江ニ
美容:石川靖江
衣裳:福崎精吾
擬斗:日尾孝司
記録:高津省子
編集:田中修
音楽:鏑木創 主題歌:ミス花子「河内のオッサンの唄 」
現像:東映化学
進行主任:志村一治
演技事務:石原啓二
助監督:福湯通夫
製作宣伝:小田和治
スチール:遠藤努
出演:川谷拓三、夏純子、岩城滉一、伊佐山ひろ子、田中邦衛、室田日出男、篠ヒロコ、花柳幻舟、志賀勝、ミス花子、中谷一郎、野口貴史、団巌、あき竹城、榎兵衛、田中筆子、成瀬正
1976年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
河内のオッサンの唄 よう来たのワレ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ミス花子                        川谷拓三、田中邦衛

映画「サンダカン八番娼館 望郷」


「サンダカン八番娼館 望郷」栗原小巻

栗原小巻                        田中絹代

今回は熊井啓監督1974年製作「サンダカン八番娼館 望郷」をピックアップする。
本作は、ボルネオの島へと売春の出稼ぎに渡った“からゆきさん”と呼ばれる日本人少女たちの、悲惨な実態を描き、事実の持つ圧倒的な説得力に感嘆する。本作が遺作となった日本映画を代表する女優、田中絹代さんが渾身の演技を魅せてくれる。


高橋洋子                        浜田光夫

【ストリー】
女性史研究家・三谷圭子(栗原小巻)は、今、ボルネオの北端にあるサンダカン市の近代的な街に感慨を込めて佇んでいる。ここは、その昔、からゆきさんが住んでいた娼館の跡であり、サキ(高橋洋子)が現在もそこにいるような錯覚すら覚えるのだった……。圭子とサキの出会いは3年程前になる。からゆきさんの実態を調べていた圭子は、天草を訪ねた時、身なりの貧しい小柄な老婆と偶然めぐりあった。それがサキ(田中絹代)であった。圭子は、サキがからゆきさんであった、との確信を強め、また、サキの優しい人柄にひきつけられ、波瀾に富んだであろう過去を聞き出すために、サキとの共同生活を始めた。やがて、サキはその重い口を徐々に開いて、その過去を語り出した……。サキの父は彼女が4歳の時に世を去り、母は父の兄と再婚した。サキが12歳の時、サンダカンで娼館を経営する太郎造(小沢栄太郎)はサキに外国行きをすすめ、前金300円を渡した。サキはその金を兄・矢須吉(浜田光夫)に送金し、人手に渡った畑を買い戻して幸福な生活をするように願い、村の仲間、ハナ(中川陽子)、ユキヨ(梅沢昌代)と共にサンダカンへと発った。当時のサンダカンは、英領北ボルネオにおける最大の港町で、日本人の経営する娼館が九軒あり、一番館、二番館と名づけられており、太郎造の店は八番館であった。八番館に着いて一年後、サキは客を取るように言い渡された。借金はいつの間にか2,000円にふくれあがり、13歳のサキにその借金の重みがズッシリとのしかかり、地獄のような生活が始った。だが、そんな生活の中にもサキは、ゴム園で働いている竹内秀夫(田中健)との間に芽生えた愛を大切に育てていった。そしてある日、太郎造が急死し、女将のモト(神保共子)はサキたち4人を余三郎(梅野泰靖)に売り渡した。余三郎はサキたちをプノンペンへ連れて行こうとするが、新しく八番館の主人となったおキクの尽力で、サキとフミだけはサンダカンにとどまることになった。おキク(水の江滝子)が主人となってからは、八番館は今までと違って天国のようだった。そして秀夫との愛に酔いしれたサキだったが、ある日突然、秀夫はゴム園の娘との結婚を告げ、サキに別れを告げた。サキの初恋は砂上の楼閣のように、もろくも崩れ去った。数年を経て、おキクはひょっこり現われた余三郎との口論の最中倒れた。おキクはサンダカンで死んだ日本人を弔うために共同墓地を作っていた。おキクを葬ったサキは帰国したが、母は既に死に、兄の矢須吉もサキが外国帰りということで外聞を気にして避けるようになっていた。天草はサキにとって、もはや故郷ではなくなっていた。その後渡満したサキは結婚、男の子を生んだ。だが戦争は夫も財産も奪った。やがて帰国したサキは、息子と京都で暮すが、彼が20歳を過ぎた頃、サキ一人で天草へ帰された。結婚するにはからゆきさんの母親が邪魔になるのだろう……。圭子とサキの生活は3週間続いた。だが、村人は二人への疑惑を燃え上がらせた。圭子がサキの実態を書けば村の醜聞が知れ渡るからだ。圭子は取材を断念するとともに、自らの素姓を明かしてサキに詫びた。だが、サキは圭子を慰め、温い愛情で勇気づけるのだった……。そして今、圭子はジャングルの中でおキクや秀夫の墓を発見した。望郷にかりたてられて死んでいった日本人たち。だが、それらの墓は、祖国・日本に背を向けて立てられていた……。


浜田光夫、高橋洋子               栗原小巻、中谷一郎

題名:サンダカン八番娼館 望郷
監督:熊井啓
製作:佐藤正之、椎野英之
原作:山崎朋子「サンダカン八番娼館- 底辺女性史序章」
脚本:廣澤栄、熊井啓
撮影:金宇満司
照明:椎葉昇
録音:太田六敏
美術:木村威夫
音楽:伊福部昭
編集:中静達治
現像:東洋現像所
製作担当:内山甲子郎
監督補:宮川孝至
助監督:相澤徹
スチール:岩井隆志
出演:栗原小巻、田中絹代、高橋洋子、浜田光夫、中谷一郎、水の江滝子、田中健、岩崎加根子、水原英子、小沢栄太郎、砂塚秀夫、岸輝子、山谷初男、梅野泰靖、菅井きん、藤堂陽子、柳川由紀子、中川陽子、梅沢昌代、神保共子、牧よし子
1974年日本・俳優座映画放送+東宝/スタンダードサイズ・カラー121分35mmフィルム
第25回ベルリン国際映画祭主演女優賞受賞(田中絹代)
サンダカン八番娼館 望郷 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


水の江滝子                       小沢栄太郎

山谷初男                        田中健

栗原小巻、田中絹代                 菅井きん、高橋洋子

映画「ずべ公番長 ざんげの値打ちもない」


大信田礼子                      賀川雪絵

今回は山口和彦監督1971年製作「ずべ公番長 ざんげの値打ちもない」をピックアップする。
本作は、大ヒットした北原ミレイさんの「ざんげの値打ちもない」を主題曲に、大信田礼子さん演じる影山リカが暴れる女番長”シリーズ第4作で最終作になる。

【ずべ公番長 シリーズ】
1970年「ずべ公番長 夢は夜ひらく
1970年「ずべ公番長 東京流れ者
1971年「ずべ公番長 はまぐれ数え唄
1971年「ずべ公番長 ざんげの値打ちもない
以上の4本が山口和彦監督、大信田礼子さん主演で作られた”お色気アクション”ものだ。


伴淳三郎                     渡瀬恒彦、中谷一郎

【ストリー】
一年振りで赤城学園から出所したリカ(大信田礼子)は、新宿に戻ってきた。リカは、赤城学園で知りあったみどり(片山由美子)の父村木(伴淳三郎)が経営する自動車修理工場で働くことになった。村木は、みどりと同棲している不良学生浜田(滝俊介)の借金のために、村木の土地と工場乗っ取りを狙う暴力団大矢組から迫害を受けていに。一方、アルサロで働く長子(橘ますみ)、センミツ(集三枝子)、ツナオ(左とん平)や、ラーメン屋で働くおゆき(市地洋子)ら昔の仲間と再会したりカは、マリの消息も知った。マリ(賀川雪絵)は、大矢組の客分だった夫圭一(中谷一郎)が病気になり冷たくあしらわれたためにヌード・スタジオで働いているという。一方、大矢(金子信雄)は、浜田に博奕の借金を背負わせ、その金を村木から出させるように仕向けた。村木の留守に家に忍びこんで、金を持ち出そうとしたみどりをとがめたのはリカだった。浜田の借金の取り立てに失敗した大矢は、みどりを人質にして、土地の権利書との交換を要求してきたが、かって、ヤッパの鉄と異名をとった村木は、単身大矢組に乗り込み、みどりを救出した。だが、大矢も黙ってはいなかった。大矢は、足を洗いたいと申し出た圭一に最後の仕事を命じた。マリのために、故郷に帰って出なおそうと考えていた圭一は、目先の金に目がくらみ村木を刺したが、その圭一も、大矢のために殺された。勘忍袋の緒が切れたリカとみどり、マリ、長子、センミツたちは、圭一の弟竜二(渡瀬恒彦)と大矢組のビルに殴り込んだ。


たこ八郎、大信田礼子             大信田礼子、集三枝子、笠置シヅ子

題名:ずべ公番長 ざんげの値打ちもない
監督:山口和彦
企画:吉峰甲子夫、高村賢治
脚本:宮下教雄、山口和彦
撮影:仲沢半次郎
照明:元持秀雄
録音:長井修堂
美術:藤田博
装置:吉田喜義
装飾:酒井喬ニ
擬斗:日尾孝司
記録:宮本依子
編集:長沢嘉樹
音楽:津島利章 主題歌:北原ミレイ「ざんげの値打ちもない」
現像:東映化学
製作主任:東一盛
助監督:深町秀煕
スチール:藤井善男
出演:大信田礼子、橘ますみ、賀川雪絵、片山由美子、集三枝子、市地洋子、伴淳三郎、左とん平、中谷一郎、渡瀬恒彦、金子信雄、南利明、滝俊介、たこ八郎、笠置シヅ子、大泉滉、北原ミレイ
1971年日本・東映/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
ずべ公番長 ざんげの値打ちもない -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


左とん平                       片山由美子

ずべ公番長 ざんげの値打ちもない           北原ミレイ

ずべ公番長 ざんげの値打ちもない

1 2 3 4