映画「狂った野獣」


渡瀬恒彦                              星野じゅん

今回は中島貞夫監督1976年製作「狂った野獣」をピックアップする。
本作の制作予算は2,000万円で、撮影用に購入した車がバス1台とパトカー8台。主演の渡瀬恒彦さんは、撮影の為に大型免許を取得し、バスの転倒シーンは自ら買って出てスタントマンは使わなかったそうだ。東映カーアクション路線は、本作と「暴走パニック 大激突」の2作だけで、共に興行は振るわずその後は続かなかった。

※バスが50万円で足回りのメンテナンスに100万円。
※パトカーは車検切れギリギリで10万円以下。
※俳優のギャラは100万円以上は渡瀬さんだけで、他の役者は極端に安かった。
(ウィキペディア参照)


川谷拓三                          片桐竜次、川谷拓三

【ストリー】
テストドライバーの速水(渡瀬恒彦)は、テスト中に事故を起こし会社をクビになってしまう。数日後、速水は友人の女性ドライバーの岩崎美代子(星野じゅん)を誘い、大阪の宝石店を襲い数千万円相当の宝石強奪に成功、警察の追手をくらますために別々に逃亡した。速水は宝石を持って府営バスに乗り込み、逃走は完全に成功したかのように思われた……。ところが、そのバスに、銀行強盗に失敗して警察に追われている谷村(川谷拓三)と桐野(片桐竜次)が乗り込み、バスを占拠してしまったのだ。愕然とする速水、バスの運転手で心筋梗塞を患う官本(白川浩二郎)、そして乗客たち--駆け出し女優の立花かおる、主婦の戸田政江(荒木雅子)、ホステスの小林ハルミ(中川三穂子)、大工の西勲(松本泰郎)、小学校教師の松原啓一(野口貴史)、その松原の教え子で彼と浮気を続ける河原文子(三浦徳子)、チンドン屋の極楽一郎(志賀勝)、良子(丸平峰子)、達たち、無職の老人・半田市次郎(野村鬼笑)、塾に通う小学生の加藤(細井伸悟)と田中(秋山克臣)、総勢13名である。谷村、桐野は乗客を人質にしたため、恐怖を感じた乗客たちは徐々にエゴをむき出し、車内のパニック状態はエスカレートしていく。やがて、速水は隙を見て脱出を試みるが、逆に宝石泥棒であることを見破られてしまう。警察は各国道沿に非常線を張るが、バスは次々と非常線を突破し、その後をパトカー、白バイが追った。一方、速水の乗ったバスがバスジャックされたと知った美代子も、オートバイでバスを追走した。やがてバスの運転手の宮本は持病の心筋梗塞で倒れたため、速水が運転することになったが、緊張のために眼は徐々にかすんでいった……。


挿入歌:三上寛「小便だらけの湖」

題名:狂った野獣
監督:中島貞夫
企画:奈村協、上阪久和
脚本:中島貞夫、大原清秀、関本郁夫
撮影:塚越堅二
照明:北口光三郎
美術:森田和雄
録音:溝口義正
装置:吉岡茂一
装飾:白石義明
美粧:枦川芳昭
結髪:中村美千代
衣装:高安彦司
擬斗:土井淳之祐
記録:森村幸子
編集:神田忠男
音楽:広瀬健次郎 挿入歌:三上寛「小便だらけの湖」
製作主任:長岡功
助監督:藤原敏之
演技事務:上田義一
スチール:木村武司
出演:渡瀬恒彦、星野じゅん、川谷拓三、片桐竜次、室田日出男、志賀勝、橘麻紀、中川三穂子、三浦徳子、荒木雅子、白川浩二郎、松本泰郎、野口貴史、丸平峰子、野村鬼笑、秋山克臣、細井伸悟、三上寛、笑福亭鶴瓶
1976年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー78分35mmフィルム
狂った野獣 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


渡瀬恒彦、川谷拓三                      狂った野獣


狂った野獣

映画「シルクハットの大親分」


若山富三郎                       春川ますみ

今回は鈴木則文監督1970年製作「シルクハットの大親分」をピックアップする。
本作は、”緋牡丹博徒シリーズ“でお馴染みの人気者熊虎親分(若山富三郎)を主人公にしたスピンオフ企画第一弾になる。
同年に第二弾「シルクハットの大親分 ちょび髭の熊」が制作された。


清川虹子                        伊吹吾郎 

【ストリー】
頃は明治。日露戦大勝に湧く内地一党とともに凱旋してきた、四国道後の侠客、熊虎親分(若山富三郎)はさぞかし大観迎をうけると思いきや、出迎えたのは妹清子(丸平峰子)と代貸の二人だけで大いにつむじを曲げた。その上、大陸で軍の高官と結託して、金品をピンハネしていた悪党、熊本鎮台一家総長、谷垣伝次(遠藤辰雄)の歓迎会が盛大に開かれると聞いて、激怒し、会場を大混乱におとしいれるのだった。陸軍中佐、鬼頭太一郎(天津敏)を掌握する鎮台と赤馬一家の親分、大坪駒造(関山耕司)は遼東半島における新要塞構築の工事請負一任を約束させていたが、酔った鬼頭にからまれる芸者蝶子(春川ますみ)の危機を救った熊虎は、彼女に迫られほうほうの態で逃げ出した。そして、ひょんなことから熊虎は陸軍省防衛部長・松村良徳(菅井一郎)から遼東半島の要塞構築についての作業員と食糧調達に一役買ってくれと頼られ、感涙にむせんだ。新しい仕事の下準備に九州へ乗り込んだ熊虎に、鎮台の執拗な妨害が始まった。そんなとき、熊虎を勇気づけたのは堂島のおたか(清川虹子)の陣中見舞だった。鎮台は態虎から作業員を奪う餌にと、内地の女達を船で国外へ連れ出そうとしていた。これを知った熊虎は勇躍船中にもぐり込むが、ハシカに感染、危機に瀕した。ところが、銃声一発、颯爽と現われた緋牡丹のお竜(藤純子)さんの活躍で熊虎は救出された。女達を奪われた鎮台の報復は死のダイナマイト爆発となってあらわれた。熊虎一家や作業員はもとより、お竜の身内新二郎(伊吹吾郎)、そして蝶子までもがその犠牲となった。鬼神と化した熊虎は、折から現われたお竜に“兄弟いくで!”と吠えると、鎮台めがけて斬り込んでいった。


潮健児                                                             天津敏、関山耕司、遠藤辰雄

題名:シルクハットの大親分
監督:鈴木則文
企画:俊藤浩滋、松平乗道
脚本:高田宏治
撮影:わし尾元也
照明:中山治雄
録音:渡部芳丈
美術:井川徳道
装置:稲田源兵衛
装飾:山田久司
美粧:田中利男
結髪:横田美佳代
衣裳:松本俊和
擬斗:土井淳之裕
記録:石田照
編集:神田忠男
音楽:津島利章 主題歌:若山富三郎「シルクハットの大親分」
進行主任:渡辺操
助監督:依田智臣
スチール:諸角義雄
出演:若山富三郎、藤純子(富司純子)、伊吹吾郎、春川ますみ、清川虹子、天津敏、遠藤辰雄、関山耕司、菅井一郎、武智豊子、吉川晴美、潮健児、志賀勝、丸平峰子
1970年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
シルクハットの大親分 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


若山富三郎                    藤純子、若山富三郎


「シルクハットの大親分」藤純子

「シルクハットの大親分」藤純子