映画「大いなる驀進」

大いなる驀進大いなる驀進
中村賀津雄                       佐久間良子

今回は関川秀雄監督1960年製作「大いなる驀進」をピックアップする。
本作は「大いなる旅路」の姉妹編として東京~長崎間の寝台特急さくらを舞台にしている。国鉄(日本国有鉄道=JRの前身)の全面協力で制作された作品である。1967年には松竹制作で「喜劇 急行列車」「喜劇 初詣列車」「喜劇 団体列車」が瀬川昌治監督、主演を渥美清さん、佐久間良子さんで国鉄協力のもと作られている。いずれも今はない路線、列車など貴重な鉄道記録にもなっている。

大いなる驀進大いなる驀進
三国連太郎、中村賀津雄                 中原ひとみ

【ストリー】
東京--長崎間を驀進する特急さくら。専務車掌の松崎義人(三國連太郎)、列車給仕の矢島敏夫(中村賀津雄)、食堂車のウェイトレス松本芳子(中原ひとみ)らの乗務員、そして種々の乗客をのせて、列車は今日も長崎めざして驀進する。発車まぎわに慌しく乗り込んだのは矢島の恋人望月君枝(佐久間良子)だった。結婚するには列車給仕などしていられない、という矢島を君枝は必死になだめた。矢島を秘かに愛する芳子は二人の姿を淋しく見ていた。富士川鉄橋を渡る頃、車内巡視に廻った矢島は客の時定から殺人犯の同乗を密告された。殺人犯の七郎(直木明)は静岡駅で逮捕された。京都近くで車内に盗難事件が発生した。すりのカメレオンの松(花澤徳衛)の仕業らしかった。真夜中、列車は大阪駅に到着した。プロ球団の選手たちが下車し、血清を抱いた看護婦森原数子(久保菜穂子)とサブ(曽根晴美)という青年殺し屋が乗車した。発車間ぎわ、風速40メートルという台風襲来のニュースが入った。豪雨の中を驀進するさくらの中では、乗客の一人、炭坑主の吉田(小川虎之助)が自殺を図った。医者(小沢栄太郎)が岡山駅からかけつけ、命は助かった。台風は瀬戸内海沿岸に上陸し、松崎は間もなく前方に崖崩れを発見した。急停車する列車、松崎は騒然たる乗客をなだめると、シャベルを抱えて風雨の中にとび出した。乗務員も続いた。半ばふてくされて、とび出そうとしない矢島を、松崎は殴打した。崖崩れに埋もれた鉄路を救おうとして、必死に努力する人々の姿をみる矢島の胸底には、忘れていた感動がよみがえった。彼もシャベルをつかんでとび出した。君枝も、芳子も、数子までも鉄路の泥と闘った。何時間か後、さくらは再び驀進した。徳山駅では、下車した駈け落ちの男女が、迎えに出た男に叱咤されていた。下関で事件が起きた。殺し屋時定(波島進)が、殺し屋サブにめった斬りにされたのである。七郎の復讐らしかった。カメレオンの松は、台風と闘う鉄道員の姿に心を打たれたといって悔悛した。終着駅長崎はもうすぐである。君枝は矢島に鉄道員としての誇りを自覚させたことが嬉しかった。松崎が二人の仲人をするという。二人の前途を祝福するかのように、さくらは終着駅長崎にすべり込んだ。

大いなる驀進大いなる驀進
中村賀津雄                      大いなる驀進

題名:大いなる驀進
監督:関川秀雄
企画:坪井与、岡田寿之、加茂秀男
製作:大川博
脚本:新藤兼人
撮影:仲沢半次郎
照明:銀屋謙蔵
録音:大谷政信
美術:森幹男
編集:長沢嘉樹
音楽:斎藤一郎
進行主任:登石集一
助監督:山田稔
協力:日本国有鉄道
出演:中村賀津雄、三国連太郎、佐久間良子、中原ひとみ、久保菜穂子、小宮光江、曽根晴美、大村文武、花澤徳衛、上田吉二郎、大原幸子、八名信夫、沢彰謙、小沢栄太郎、小川虎之助、直木明、波島進
1960年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・スラー89分35mmフィルム
大いなる驀進 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

大いなる驀進大いなる驀進
佐久間良子、中原ひとみ                大いなる驀進

映画「座頭市あばれ凧」

座頭市あばれ凧座頭市あばれ凧
勝新太郎                         久保菜穂子

今回は池広一夫監督1964年製作「座頭市あばれ凧」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第7作目になる。初めて甲州路に足を踏み入れた座頭市が、人情味のある仏の文吉と欲の深い安五郎の対立に、善悪明確なキャラクターの対立構図で物語を分かり易くしている。

座頭市シリーズ

座頭市あばれ凧座頭市あばれ凧
渚まゆみ                         遠藤辰雄
座頭市あばれ凧座頭市あばれ凧
江田島隆                        五味龍太郎

【ストリー】
甲州の宿場外れで功名心に燃えた旅のやくざ清六(江田島隆)から、鉄砲で射たれた座頭市(勝新太郎)は、彼を救い治療費までおいて行った名も知らぬ恩人を追って鰍沢へと旅発った。鰍沢は富士川を挟んで、津向の文吉(香川良介)と竹屋の安五郎(遠藤辰雄)が対立していた。文吉は、今年も河原で花火をあげて近在の人々を喜ばせようと、江戸の花火師久兵衛(左卜全)を招き、姉娘お国(久保菜穂子)を迎えにやったのだが、市を救ったのはこのお国であった。鰍沢についてこれを知った市は、お国に厚く礼を言い、自分はしがない按摩として文吉の家に厄介になった。吃安と仇名さる安五郎は、妹お仙(毛利郁子)が代官の妻、という立場を利用して、文吉の縄張りを狙い、ことある毎に文吉に因縁をつけていた。だが、柔和な文吉は取り合わず、血気にはやる乾分をなだめていた。そんなところに清六が文吉の家に帰って来た。清六は文吉の息子で、親姉妹にさんざんの迷惑をかけて出奔していたのだった、清六は市をみてびっくりした。彼は渡世人の中で名高い座頭市を討って、男をあげようとしたのだ。だが、盲目の市は清六と会っても己を射った人間だとは、知る由もなかった。この清六が、吃安の罠にかかって捕えられた。縄張りをよこすか、清六の命かというかけあいに、市は密かに吃安宅に侵入し無事清六を救出した。吃安は、風のごとく清六を擢っていった按摩が、兇状持で有名な座頭市と知って、代官所に座頭市召捕りの願いを出した。それを知った文吉は、市の身辺を慮って、事情を明かさず早立ちさせた。邪魔者の市が去ったとみるや、吃安一家は、用心棒の天玄(五味龍太郎)を先頭に、文吉宅に殴り込みをかけた。不意討ちをうけた清六、文吉はてもなく倒された。だが、戦勝に酔う吃安宅に疾風のごとく現われたのは、怒りに身をふるわせた座頭市の姿であった。

座頭市あばれ凧座頭市あばれ凧
毛利郁子、勝新太郎                勝新太郎、左卜全
座頭市あばれ凧座頭市あばれ凧
勝新太郎                      座頭市あばれ凧

題名:座頭市あばれ凧
監督:池広一夫
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:犬塚稔
撮影:竹村康和
照明:加藤博也
録音:大角正夫
音効:倉島暢
美術:西岡善信
装置:木村重雄
擬斗:宮内昌平
編集:谷口孝司
音楽:池野茂
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:小沢宏
色彩技術:野本一雄
スチール:藤岡輝夫
出演:勝新太郎、久保菜穂子、渚まゆみ、五味龍太郎、香川良介、遠藤辰雄、杉田康、毛利郁子、中村豊、左卜全、香川良介、江田島隆、水原浩一
1964年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー82分35mmフィルム
座頭市あばれ凧 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

映画「桜の樹の下で」


岩下志麻                       津川雅彦

今回は鷹森立一監督1989年製作「桜の樹の下で」をピックアップする。
本作は渡辺淳一氏原作の同名小説を映画化したもので、桜の樹の下に始まり、桜の樹の下で思いもよらぬ結末を迎える激しくも哀しい親子丼ぶりの物語。七瀬なつみさんのデビュー作であり、岩下志麻さんの妖艶さは美しかった。東映は「ひとひらの雪(1985年/監督:根岸吉太郎)」「化身(1986年)」「別れぬ理由(1987年/監督:降旗康男)」「失楽園(1997年)」などの渡辺淳一氏原作を映画化している。


七瀬なつみ

【ストリー】
京都にある老舗の料亭「たつむら」の女将・菊乃(岩下志麻)は、40半ばながらその美貌は歳を感じさせなかった。夫(寺田農)とは別居状態で娘の涼子(七瀬なつみ)と二人暮らし、時おり東京の出版社社長・遊佐恭平(津川雅彦)と大人の恋愛を楽しんでいる。「たつむら」の東京支店オープンの準備が進められ、大学を卒業した涼子は菊乃の許で見習いを始めた。春、京都の桜を見に来た遊佐を涼子か案内し、今度よその桜を見に連れていってほしいと頼んだ。東京支店の準備も大詰めとなり菊乃は遊佐と東京・三田のマンションを見に行った。暗闇の中で二人は愛し合い、菊乃は早く東京の人になりたいと思った。5月、涼子は遊佐にせがんで、二人は秋田へ飛び、角館の桜を見に行った。その晩、遊佐と涼子はホテルで結ばれた。それから涼子の様子が変わり、遊佐も菊乃を避けるようになった。東京支店の披露パーティーで菊乃は、遊佐と涼子が仲睦まじく手を握っているのを見て二人の仲を悟った。菊乃は母としてではなく女の意地から東京の店を涼子に任せ、遊佐に監視役を頼んだ。涼子は一人前の女となり、やがて遊佐の子を妊娠した。菊乃は京都で店を切り盛りしながら一人悩んでいた。そして菊乃は上京した際にマンションから飛び降り自殺を遂げた。その日、涼子は流産し、たぶん母が子供を連れていったのだと思った。涼子は桜の樹の下には屍体が埋められており、狂い咲きするのだという伝説を思い出し、遊佐と別れる決意をするのだった。


寺田農                      二谷英明、津川雅彦

十朱幸代                    野坂昭如、津川雅彦、岩下志麻

題名:桜の樹の下で
監督:鷹森立一
企画:三堀篤
製作:瀬戸恒雄
原作:渡辺淳一
脚本:那須真知子
撮影:林淳一郎
照明:山口利雄
特機:加藤勝
録音:柿沼紀彦 リーレコ:岡村昭治
音効:原尚
美術:今保太郎
装置:浜中一文
装飾:平井浩一
背景:松下潔
スタイリスト:村井緑
きものデザイン:小泉清子
衣裳:増田和子
美粧:常盤ひとし、福田高広
振付:葉油脂もと枝
記録:今井文子
編集:西東清明 ネガ編集:橋場惠
音楽:小六禮次郎
現像:東映化学
進行主任:竹山昌利
製作進行:内山雅博、木次谷良助
演技事務:福岡康裕
助監督:長谷川計二
監督助手:井上隆、佐伯英二
撮影助手:井上明夫、上林秀樹、中川克也、斉藤博
照明助手:稲葉好治、三浦英治、石川末八、白井将成、三上日出志
特機助手:小野崎良雄、森田祐輔
録音助手:佐原聡、人見章久
音効助手:須田良三
美術助手:福澤勝広、室岡秀信
装飾助手:肥沼和男、永野洋 セット付:浅田稔彦
編集助手:高橋信之
スチール:加藤光男
出演:岩下志麻、七瀬なつみ、津川雅彦、十朱幸代、寺田農、山口果林、久保菜穂子、二谷英明、早川雄三、志喜屋文、山本緑、野坂昭如
1989年日本・東映東京撮影所/ビスタサイズ・カラー110分35mmフィルム
桜の樹の下で -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


岩下志麻                         桜の樹の下で

1 2 3 4