映画「座頭市あばれ凧」

座頭市あばれ凧座頭市あばれ凧
勝新太郎                         久保菜穂子

今回は池広一夫監督1964年製作「座頭市あばれ凧」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第7作目になる。初めて甲州路に足を踏み入れた座頭市が、人情味のある仏の文吉と欲の深い安五郎の対立に、善悪明確なキャラクターの対立構図で物語を分かり易くしている。

座頭市シリーズ

座頭市あばれ凧座頭市あばれ凧
渚まゆみ                         遠藤辰雄
座頭市あばれ凧座頭市あばれ凧
江田島隆                        五味龍太郎

【ストリー】
甲州の宿場外れで功名心に燃えた旅のやくざ清六(江田島隆)から、鉄砲で射たれた座頭市(勝新太郎)は、彼を救い治療費までおいて行った名も知らぬ恩人を追って鰍沢へと旅発った。鰍沢は富士川を挟んで、津向の文吉(香川良介)と竹屋の安五郎(遠藤辰雄)が対立していた。文吉は、今年も河原で花火をあげて近在の人々を喜ばせようと、江戸の花火師久兵衛(左卜全)を招き、姉娘お国(久保菜穂子)を迎えにやったのだが、市を救ったのはこのお国であった。鰍沢についてこれを知った市は、お国に厚く礼を言い、自分はしがない按摩として文吉の家に厄介になった。吃安と仇名さる安五郎は、妹お仙(毛利郁子)が代官の妻、という立場を利用して、文吉の縄張りを狙い、ことある毎に文吉に因縁をつけていた。だが、柔和な文吉は取り合わず、血気にはやる乾分をなだめていた。そんなところに清六が文吉の家に帰って来た。清六は文吉の息子で、親姉妹にさんざんの迷惑をかけて出奔していたのだった、清六は市をみてびっくりした。彼は渡世人の中で名高い座頭市を討って、男をあげようとしたのだ。だが、盲目の市は清六と会っても己を射った人間だとは、知る由もなかった。この清六が、吃安の罠にかかって捕えられた。縄張りをよこすか、清六の命かというかけあいに、市は密かに吃安宅に侵入し無事清六を救出した。吃安は、風のごとく清六を擢っていった按摩が、兇状持で有名な座頭市と知って、代官所に座頭市召捕りの願いを出した。それを知った文吉は、市の身辺を慮って、事情を明かさず早立ちさせた。邪魔者の市が去ったとみるや、吃安一家は、用心棒の天玄(五味龍太郎)を先頭に、文吉宅に殴り込みをかけた。不意討ちをうけた清六、文吉はてもなく倒された。だが、戦勝に酔う吃安宅に疾風のごとく現われたのは、怒りに身をふるわせた座頭市の姿であった。

座頭市あばれ凧座頭市あばれ凧
毛利郁子、勝新太郎                勝新太郎、左卜全
座頭市あばれ凧座頭市あばれ凧
勝新太郎                      座頭市あばれ凧

題名:座頭市あばれ凧
監督:池広一夫
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:犬塚稔
撮影:竹村康和
照明:加藤博也
録音:大角正夫
音効:倉島暢
美術:西岡善信
装置:木村重雄
擬斗:宮内昌平
編集:谷口孝司
音楽:池野茂
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:小沢宏
色彩技術:野本一雄
スチール:藤岡輝夫
出演:勝新太郎、久保菜穂子、渚まゆみ、五味龍太郎、香川良介、遠藤辰雄、杉田康、毛利郁子、中村豊、左卜全、香川良介、江田島隆、水原浩一
1964年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー82分35mmフィルム
座頭市あばれ凧 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

映画「桜の樹の下で」


岩下志麻                       津川雅彦

今回は鷹森立一監督1989年製作「桜の樹の下で」をピックアップする。
本作は渡辺淳一氏原作の同名小説を映画化したもので、桜の樹の下に始まり、桜の樹の下で思いもよらぬ結末を迎える激しくも哀しい親子丼ぶりの物語。七瀬なつみさんのデビュー作であり、岩下志麻さんの妖艶さは美しかった。東映は「ひとひらの雪(1985年/監督:根岸吉太郎)」「化身(1986年)」「別れぬ理由(1987年/監督:降旗康男)」「失楽園(1997年)」などの渡辺淳一氏原作を映画化している。


七瀬なつみ

【ストリー】
京都にある老舗の料亭「たつむら」の女将・菊乃(岩下志麻)は、40半ばながらその美貌は歳を感じさせなかった。夫(寺田農)とは別居状態で娘の涼子(七瀬なつみ)と二人暮らし、時おり東京の出版社社長・遊佐恭平(津川雅彦)と大人の恋愛を楽しんでいる。「たつむら」の東京支店オープンの準備が進められ、大学を卒業した涼子は菊乃の許で見習いを始めた。春、京都の桜を見に来た遊佐を涼子か案内し、今度よその桜を見に連れていってほしいと頼んだ。東京支店の準備も大詰めとなり菊乃は遊佐と東京・三田のマンションを見に行った。暗闇の中で二人は愛し合い、菊乃は早く東京の人になりたいと思った。5月、涼子は遊佐にせがんで、二人は秋田へ飛び、角館の桜を見に行った。その晩、遊佐と涼子はホテルで結ばれた。それから涼子の様子が変わり、遊佐も菊乃を避けるようになった。東京支店の披露パーティーで菊乃は、遊佐と涼子が仲睦まじく手を握っているのを見て二人の仲を悟った。菊乃は母としてではなく女の意地から東京の店を涼子に任せ、遊佐に監視役を頼んだ。涼子は一人前の女となり、やがて遊佐の子を妊娠した。菊乃は京都で店を切り盛りしながら一人悩んでいた。そして菊乃は上京した際にマンションから飛び降り自殺を遂げた。その日、涼子は流産し、たぶん母が子供を連れていったのだと思った。涼子は桜の樹の下には屍体が埋められており、狂い咲きするのだという伝説を思い出し、遊佐と別れる決意をするのだった。


寺田農                      二谷英明、津川雅彦

十朱幸代                    野坂昭如、津川雅彦、岩下志麻

題名:桜の樹の下で
監督:鷹森立一
企画:三堀篤
製作:瀬戸恒雄
原作:渡辺淳一
脚本:那須真知子
撮影:林淳一郎
照明:山口利雄
特機:加藤勝
録音:柿沼紀彦 リーレコ:岡村昭治
音効:原尚
美術:今保太郎
装置:浜中一文
装飾:平井浩一
背景:松下潔
スタイリスト:村井緑
きものデザイン:小泉清子
衣裳:増田和子
美粧:常盤ひとし、福田高広
振付:葉油脂もと枝
記録:今井文子
編集:西東清明 ネガ編集:橋場惠
音楽:小六禮次郎
現像:東映化学
進行主任:竹山昌利
製作進行:内山雅博、木次谷良助
演技事務:福岡康裕
助監督:長谷川計二
監督助手:井上隆、佐伯英二
撮影助手:井上明夫、上林秀樹、中川克也、斉藤博
照明助手:稲葉好治、三浦英治、石川末八、白井将成、三上日出志
特機助手:小野崎良雄、森田祐輔
録音助手:佐原聡、人見章久
音効助手:須田良三
美術助手:福澤勝広、室岡秀信
装飾助手:肥沼和男、永野洋 セット付:浅田稔彦
編集助手:高橋信之
スチール:加藤光男
出演:岩下志麻、七瀬なつみ、津川雅彦、十朱幸代、寺田農、山口果林、久保菜穂子、二谷英明、早川雄三、志喜屋文、山本緑、野坂昭如
1989年日本・東映東京撮影所/ビスタサイズ・カラー110分35mmフィルム
桜の樹の下で -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


岩下志麻                         桜の樹の下で

映画「憲兵と幽霊」


中山昭二、久保菜穂子                       天知茂

今回は中川信夫監督1958年製作「憲兵と幽霊」をピックアップする。
新東宝ティストに満ちた本作は、日本軍悪徳憲兵のホーラー・サスペンスものである。
天知茂さんの鬼畜憲兵役が印象に残り、構成も他の新東宝作品よりテンポが良かった。


三原葉子                               三村俊夫

【ストリー】
田沢憲兵伍長(中山昭二)と明子(久保菜穂子)は、波島憲兵少尉(天知茂)の嫉妬をよそに結婚した。翌年の夏、憲兵隊から機密書類が盗まれた時、波島と腹心の部下高橋軍曹(三村俊夫)は、罪を田沢にかぶした。明子と母(宮田文子)を拷問されて、田沢は偽りの自白を強いられ、銃殺された。射手として兄の銃殺に立会い、自分の無実と呪いの言葉を叫ぶ兄の姿をみた田沢二等兵(中山昭二:二役)は、復讐を誓って憲兵を志願した。波島は、国賊とののしられ、生活に苦しむ明子に毒牙をのばし、母を自殺に追いやった末、遂に彼女を征服した。浪島は、大陸における日本軍の配置図を、中国側の張覚仁(芝田新)に手渡すため大陸に渡ったが、途中の船中で、部屋に入ってきた高橋軍曹の顔が、亡き田沢伍長にみえて、これを軍刀で殺してしまう。彼は死体を行李に詰めて海に投じた。大陸について憲兵隊に出頭した波島は、皮肉にも小森中佐(中村彰)に、大物スパイ張覚仁の逮捕を命じられた。部下として同行を言渡されたのは、今は憲兵となった田沢上等兵だった。しかし波島の連絡によって、現場では身代りとして金成日(国創典)が捕えられたのみだった。金成日は、自分は張覚仁でないことを主張し、証人として知合いの日本人看護婦を呼んだ。それは明子だった。彼女も復讐のために大陸にきていたのだ。取調べ室で対決させられることになった波島は、金成日を殺して張のもとに逃れ、張の情婦で自分と通じている紅蘭(三原葉子)と、共謀して張を殺し、逃走した。しかし、憲兵隊の手は彼等を逃さなかった。田沢の母の顔に見えた紅蘭をつき放し、墓地に追いつめられた波島は、その一つ一つが田沢の顔にみえる十字架に行手をはばまれ、逮捕された。軍法会議の重罰が波島を待っていた。今は心晴れて陸軍病院の病室に田沢上等兵を見舞った明子は、戦争が終って、二人とも無事であったらという条件で、田沢上等兵の求婚を承諾した。


「憲兵と幽霊」万里昌代

万里昌代

題名:憲兵と幽霊
監督:中川信夫
企画:津田勝二
製作:大蔵貢
脚本:石川義寛
撮影:西本正
照明:関川次郎
録音:片岡造
美術:黒沢治安
編集:後藤敏男
音楽:江口夜詩
製作主任:永野裕司
助監督:石川義寛
出演:中山昭二、久保菜穂子、天知茂、三原葉子、万里昌代、宮田文子、中村彰、胡美芳、三村俊夫(村上不二夫)、芝田新、村山京司、国創典、高村洋三
1958年日本・新東宝/シネスコサイズ・モノクロ75分35mmフィルム
憲兵と幽霊 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


憲兵と幽霊

1 2 3