映画「あに・いもうと」


京マチ子                      久我美子

今回は成瀬巳喜男監督1953年製作「あに・いもうと」をピックアップする。
本作は、成瀬監督が大映で撮った2作品(本作と「稲妻」)で当時、映画監督を志していた女優の田中絹代さんが監督見習いとして参加し、成瀬監督から映画作法、演出術を学んでいたそうだ。

【追記。訃報】
女優の京マチ子(本名・矢野元子=やの・もとこ)さんが、2019年5月12日に心不全のため都内の病院で亡くなったと、14日、東宝が発表した。享年95。京さんの生前の遺志により、この日、石井ふく子さん(92)ら数名の友人の立ち会いのもと、密葬が営まれた。石井さんによると、数年前、京さんがハワイへ赴き、自ら手配したお墓に入るという。京さんは49年に映画会社の大映に入社し、女優デビュー。映画「羅生門(1950年)」「雨月物語(1953年)」など数々の名作に出演した。遺作は2006年の舞台「女たちの忠臣蔵(石井ふく子演出)」。
スポーツ報知5/14(火) 17:25配信


森雅之、久我美子

【ストリー】
昔は川師の親方として名を売った赤座(山本礼三郎)も、堤防の工事を県にとられて以来落ち目である。それに娘のもん(京マチ子)が奉公先で学生の小畑(船越英二)と関係し、妊娠して家に戻って来たので、近頃特に機嫌が悪い。末娘のさん(久我美子)は姉の送金で看護婦の学校へ行っており、うどん屋の養子鯛一(堀雄二)と一緒になりたい気持があるが、もんの不始末が知れた以上望みはない。兄の伊之吉(森雅之)はもんを可愛がっていただげに余計腹が立ち、身重のもんへ悪態を浴びせ、居たたまれなくなったもんは居所も知らさず家を出て行く。或る日、小畑がお詑びに訪ねて来たが、伊之吉はその帰り途小畑を殴ってしまった。鯛一は他の女との縁組を迫られ、さんと駈け落ちしようと決心するが、さんは二人が勇気さえ持っていれば駈け落ちまでしなくてもとたしなめて学校へ帰ってゆく。--それから暫く赤座の家は、もんもさんも戻って来ず淋しげだった。翌年のお盆、久し振り二人が帰って来た。鯛一は結婚してうどん屋の若主人に納っており、さんも今はその話をひとごとに聞ける様になっていた。伊之吉はもんの顔を見ると相変らず悪態をつき、小畑を殴ったことまで言ってしまう。もんは今ではいかがわしい暮しで毎日を送っている女であり、伊之吉の悪態をも聞き流していたが、小畑が殴られたと聞いては黙っていられなかった。別に今更小畑とどうのこうのと考えはしないが。--翌日、もんとさんは又家を後にする。兄妹喧嘩はしてもやはり二人は家が懐しかった。


山本禮三郎、浦辺粂子                  船越英二

題名:あに・いもうと
監督:成瀬巳喜男
企画:三浦信夫
原作:室生犀星
脚本:水木洋子
撮影:峰重義
照明:安藤真之助
録音:西井憲一
音効:花岡勝次郎
美術:仲美喜雄
装置:小宮清
装飾:尾上芳夫
小道具:永川勇吉
衣裳:堀口照孝
結髪:篠崎卯女賀
記録:堀本日出
編集:鈴木東陽
音楽:齋藤一郎
製作主任:西沢康正
助監督:西條文喜
撮影助手:中尾利太郎
製作進行:坂根慶一
監督見習い:田中絹代
スチール:椎名勇
出演:京マチ子、久我美子、森雅之、山本禮三郎、浦辺粂子、船越英二、潮万太郎、堀雄二、宮島健一、本間文子、高品格
1953年日本・大映/スタンダードサイズ・モノクロ86分35mmフィルム
あに・いもうと -DVD-
2019年7月現在、DVDレンタルはありません。


浦辺粂子、森雅之

京マチ子

映画「ゼロの焦点」

ゼロの焦点
高千穂ひづる、久我美子
ゼロの焦点ゼロの焦点
久我美子                      有馬稲子

今回は野村芳太郎監督1961年製作「ゼロの焦点」をピックアップする。
松本清張氏原作の本作は、北陸地方を舞台に、太平洋戦争直後に端を発する時代の傷痕が生んだ連続殺人事件を描いたものだが2009年に犬童一心監督(出演:広末涼子、中谷美紀)でリメイクされた。
本作を観て確信を持った事がある。1970年代から今に於いても作り続けているテレビサスペンスドラマで、必ず犯人が断崖絶壁で事件の真相を告白して結末を迎えるというステロタイプのパターンは、本作のラストシーンの焼き増しである。視聴率があるから何の懐疑もなく粗製乱造する安物の映像=ビデオで撮ったテレビドラマとはそんなものだ。
本作は映画として脚本が良いだけでなく、シャープな演出、重厚なモノクロトーン、引き込まれる芝居 …. 優秀な作品である事は間違いない。今のテレビドラマを見る時間があれば、例えDVDでも特に邦画は1960年代の作品を観るべきだと思った。

ゼロの焦点ゼロの焦点
南原宏治、高千穂ひづる               西村晃

【ストリー】
禎子(久我美子)は新婚七日目に、社用で金沢へ旅立つ夫・鵜原憲一(南原宏治)を上野駅まで送っていった。それが、禎子が夫の姿を見た最後になってしまった。憲一はある広告社の金沢出張所長だったが、結婚を機会に東京本社に栄転となり、今度は後任の本多と事務引継ぎをするための金沢行きだった。予定の十二日をすぎても憲一は帰ってこなかった。十一日の夜金沢を発ったということなのに。会社で憲一の同僚(穂積隆信)を事情調査に金沢へ派遣することになったので、禎子も同行することにした。
しかし、憲一が金沢在任中に暮らしていたはずの下宿の所在さえ分らなかった。憲一が親しかったという室田耐火煉瓦の社長室田(加藤嘉)を訪ねた。室田も、夫人の佐知子(高千穂ひづる)も禎子を慰めてくれるだけで憲一の失踪については心当りがないという。手がかりが掴めないので、禎子は一旦帰京した。後のことは義兄の宗太郎(西村晃)が金沢へ来たので任せることにした。禎子は憲一が広告社に勤める前に一年半ほど立川署の巡査をしていたのを知った。憲一が風紀係としてパンパンの取締りに当っていたのも分った。禎子にはすべて初耳だった。金沢にいた宗太郎が死んだ。青酸カリ致死量による中毒だった。禎子はこの事件が憲一の失踪に関係があると思った。犯人がパンパン風の女だということは、憲一が風紀係だったことに結びつく。禎子は室田の会社を訪ねた時、受付にいた女がパンパン独特の癖のある英語を使っていたことを思い出した。室田の会社へ行ったが、その女田沼久子(有馬稲子)は三日ばかり前から休んでいるということだった。久子には曽根益三郎という内縁の夫があったが、十二月十二日に死亡しているという。憲一が失踪した日だった。曽根の生前の住所は能登の高浜町であった。禎子は高浜の町へ赴いた。曽根とは他ならない憲一であった。憲一は佐知子の秘密を握っているために殺されたのだった。佐知子は憲一が風紀係をしていた頃パンパンをやっていたのだ。今は名士となった彼女は、秘密を知る憲一を、秘密をかぎつけた宗太郎を殺したのである。禎子と佐知子は能登金剛の断崖で対決した--。

ゼロの焦点
能登金剛の断崖
ゼロの焦点
加藤嘉、高千穂ひづる、久我美子

題名:ゼロの焦点
監督:野村芳太郎
企画:若槻繁
製作:保住一之助
原作:松本清張
脚本:橋本忍、山田洋次
撮影:川又昂
照明:佐藤勇
録音:栗田周十郎
整音:堀川修造
美術:宇野耕司
装置:山本金太郎
装飾:宗田八郎
衣装:長嶋勇治
編集:浜村義康
音楽:芥川也寸志
製作主任:池田善徳
制作進行:沼尾鈞
監督助手:杉岡次郎
撮影助手:坂巻佐平
照明助手:高橋利丈
録音助手:小林英雄
スチール:小尾健彦
出演:久我美子、高千穂ひづる、有馬稲子、南原宏治、西村晃、沢村貞子、加藤嘉、永井達郎、桜むつ子、穂積隆信、十朱久雄、織田政雄、佐々木孝丸、高橋とよ
1961年日本・松竹/シネスコサイズ・モノクロ95分35mmフィルム
ゼロの焦点-DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ゼロの焦点ゼロの焦点
久我美子、沢村貞子

映画「酔いどれ天使」

酔いどれ天使酔いどれ天使
志村喬                         三船敏郎

今回は黒澤明監督1948年製作「酔いどれ天使」をピックアップする。
本作は、黒澤監督と三船敏郎さんが初めてコンビを組んだ作品である。
三船さんは1947年(昭和22年)の第1期東宝ニューフェイスを補欠採用され、同年公開の「銀嶺の果て(谷口千吉監督)」でデビューした。この作品で見せた野性的な魅力とスピーディーな演技に驚嘆した黒澤監督は、三船さんに惚れ込んで本作の準主役・松永役に起用した。そして”闇市”のオープンセットは、黒澤監督の師である山本嘉次郎監督の「新馬鹿時代」の”闇市”のオープンセットを再利用したそうだ。

酔いどれ天使酔いどれ天使
志村喬、三船敏郎                   志村喬、久我美子

【ストリー】
反骨漢だが一途な貧乏医師・真田(志村喬)は、闇市のやくざ・松永(三船敏郎)の鉄砲傷を手当てしたことがきっかけで、松永が結核に冒されているのを知り、その治療を必死に試みる。しかし若く血気盛んな松永は素直になれず威勢を張るばかり。更に、出獄して来た兄貴分の岡田(山本礼三郎)との縄張りや情婦(木暮実千代)を巡る確執の中で急激に命を縮めていく。弱り果て追い詰められていく松永。吐血し真田の診療所に運び込まれ、一旦は養生を試みるが、結局は窮余の殴り込みを仕掛けた末、返り討ちで死ぬ。真田はそんな松永の死を、毒舌の裏で哀れみ悼む。闇市は松永などもとからいなかったように、賑わい活気づいている。真田は結核が治癒したとほほ笑む女学生(久我美子)に再会し、一縷の光を見出した気分で去る。

酔いどれ天使酔いどれ天使
志村喬、中北千枝子                 木暮実千代

題名:酔いどれ天使
監督:黒澤明
製作:本木荘二郎
脚本:黒澤明、植草圭之助
撮影:伊藤武夫
照明:吉沢欣三
録音:小沼渡
音効:三縄一郎
美術:松山崇
編集:河野秋和
音楽:早坂文雄 挿入歌:笠置シヅ子「ジャングル・ブギ」
現像:東宝フィルムラボラトリー
演出補佐:小林恒夫
出演:志村喬、三船敏郎、山本礼三郎、木暮実千代、千石規子、中北千枝子、笠置シヅ子、久我美子、進藤英太郎、殿山泰司、飯田蝶子
1948年日本・東宝/スタンダードサイズ・モノクロ98分35mmフィルム
酔いどれ天使<普及版> [DVD]<普及版> [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

酔いどれ天使酔いどれ天使
飯田蝶子、中北千枝子               久我美子、志村喬

1 2