映画「ハナ肇の一発大冒険」


ハナ肇                               入川保則、倍賞千恵子

今回は山田洋次監督1967年製作「ハナ肇の一発大冒険」をピックアップする。
本作は「喜劇 一発勝負」に続く”一発シリーズ”の第二弾になる。
1968年「ハナ肇の一発大冒険」1969年「喜劇 一発大必」と松竹大船撮影所で制作された。


野村昭子、武智豊子                         桜井センリ、犬塚弘

【ストリー】
東京の下町で肉屋を営む間貫一(ハナ肇)は、陽気な好人物で、客に人気があった。ある日、レストランで好物の特大ビフテキを食べている時、貫一は美しい女性亜子(倍賞千恵子)と会い、鞄の中のダイヤを悪漢の手から守ってほしいと頼まれた。平凡な日常の中で、美女を助ける役目などは、そうざらにあることではない。貫一は喜んで引受け、ライトバンで逃避行を開始した。悪漢の目をくらますため、千葉に出て、さらにフェリーボートで横須賀に渡り、横浜に向かった。彼女の目的地は富山で、そこで相手側にダイヤを渡せばいいのだった。しかし、悪漢は執拗に二人を追っていた。やがて、二人を乗せた車は信濃路に入った。貫一は美人を乗せ、晩秋の美しい紅葉の中で車を走らせているのでごきげんだった。途中、二人は腹痛で苦しんでいる登山者真田(入川保則)を助け、近くの温泉場に連れていった。その夜、ダイヤの入った鞄が悪漢に奪われてしまった。責任を感じた真田は単身悪漢を追跡し、格闘の末、鞄を取戻して帰ってきた。この騒ぎで悪漢は警察に逮捕された。亜子はもう鞄を狙われる心配がなくなったと、安堵の胸をなでおろした。真田と亜子を乗せた貫一の車は、一路、新雪に輝くアルプスの麓を富山に向かった。三人は途中で一軒の山小屋にたどり着いた。ところがそこには警察に追われた殺人犯が潜んでいて、真田は彼の銃弾に殺されてしまった。貫一と亜子は危うくその場を逃れ、警察に事件を報告した。やがて、車は富山に着いた。亜子は別れを悲しむ貫一の頬に優しく接吻すると去って行った。貫一は再び平凡な日々の生活に帰って行った。一力月後、フランスにいる亜子から美しい絵葉書が届いた。貫一はそれを見るたびに、亜子との冒険旅行を思い出すのである。


ハナ肇、なべおさみ                           中村晃子、ハナ肇

題名:ハナ肇の一発大冒険
監督:山田洋次
製作:脇田茂
脚本:山田洋次、宮崎晃
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:小尾幸魚
調音:佐藤広文
美術:重田重盛
装置:川添善治
編集:石井巌
音楽:坂田晄一
現像:東京現像所
製作主任:内藤誠
製先進行:池田善徳
監督助手:大嶺俊順
スチール:長谷川宗平
出演:ハナ肇、倍賞千恵子、入川保則、石井均、なべおさみ、野村昭子、武智豊子、久里千春、飯田蝶子、犬塚弘、桜井センリ、中村晃子、倍賞美津子
1967年日本・松竹+渡辺プロダクション/シネスコサイズ・カラー35mmフィルム
ハナ肇の一発大冒険 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


倍賞美津子                          ハナ肇の一発大冒険

映画「日本一の色男」


「日本一の色男」団令子

植木等                           白川由美

淡路恵子                        植木等、団令子

今回は古澤憲吾監督1963年製作「日本一の色男」をピックアップする。
本作は、植木等さん主演の”日本一”シリーズ第1弾で全10作が制作された。
クレージーキャッツの映画は、東宝だけだと思っていたら大映で2作品撮っていた。1962年に弓削太郎監督「スーダラ節 わかっちゃいるけどやめられねぇ」と枝川弘監督「サラリーマンどんと節 気楽な稼業と来たもんだ」を制作したが、ヒットには結びつかなかった。そこで所属事務所(渡辺プロダクション)の渡辺晋社長は、当時サラリーマン喜劇や歌謡映画でヒットを飛ばしていた東宝に話を持ちかけ「ニッポン無責任時代」が大ヒットに繋がった。無責任シリーズに続いて本作から日本一シリーズが始まる訳だが、淡路恵子さん、団令子さん、草笛光子さん、白川由美さん、浜美枝さん、藤山陽子さんと大挙マドンナ達の布陣に当時の勢いを感じる。


淡路恵子、団令子、草笛光子、白川由美、浜美枝

ハナ肇                           犬塚弘

【ストリー】
厳粛なる女学校の卒業式でツイストを踊り出した音楽教師の光等(植木等)、即刻クビの宣言となったのはもちろんだ。学校を飛び出た光はローズ化粧品のセールスマンにもぐりこみ、セールスNo,1の丸子(団令子)に喰い下ってお得意を紹介しろと頼む。光の図々しさに呆れた丸子は自分が手古ずった女政治家のコチ(京塚昌子)を紹介するが、光は見事3万円のセットで5万円頂戴し、その晩には女史が夫の権田原(ハナ肇)に薦めた二号の芸者雪桜(草笛光子)をも難なく攻略。翌日は雪桜の張り合っているバーのマダム春子(白川由美)の店に行き、彼女の本当のパトロン、大東生命の高取社長(由利徹)を聞き出しホステス達の化粧品代を支払わせた。高取がナオミ(浜美枝)というチャームスクールの生徒を可愛がっていると聞いた光は講師に化けて彼女に近づくが、ライバルのチェリー堂と契約を結んでいる校長の道江(淡路恵子)に見破られてしまった。だが、大東生命ビルの新築を知るや高取を訪ね、ビルの一部をチャームスクールにして道江を校長に、ナオミを副校長にと口説いた。高取は早速その気になり、ローズ化粧品との契約にも道江に文句のあろうはずがない。光が今までに稼いだ金は売上げの35%の収入85万円、今度の契約で315万円、ご機嫌の道江からお礼にと100万円、しめて500万円なり。ある日、道江の部屋に雪桜、春子、ナオミら、光に参っている連中を集め、彼は丸子を連れて乗り込んだ。大混乱の一同、中に割って入った光はポケットから写真を取り出し“これは僕の婚約者、奇病にかかった彼女(藤山陽子)をアメリカへやって手術をうけさせ、お陰で病気は治り今日帰って来ます。皆さんに儲けさせて貰った500万円で借金も返せました。では皆さんご機嫌よう”と部屋を飛び出していった。


谷啓                           京塚昌子

日本一の色男                     植木等、草笛光子

題名:日本一の色男
監督:古澤憲吾
製作:安達英三郎、渡邊晋
脚本:笠原良三
撮影:小泉福造
照明:大野晨一
録音:増尾鼎
整音:下永尚
美術:村木与四郎
衣裳:鈴木身幸
編集:黒岩義民
現像:東洋現像所 合成:松田博
音楽:宮川泰、萩原哲晶
製作担当:根津博
監督助手:野長瀬三摩地
スチール:吉崎松雄
出演:植木等、団令子、白川由美、草笛光子、浜美枝、淡路恵子、谷啓、ハナ肇、犬塚弘、桜井センリ、安田伸、石橋エータロー、田崎潤、由利徹、藤山陽子、中真千子、京塚昌子、人見明、久里千春
1963年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー93分35mmフィルム
日本一の色男 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


団令子、草笛光子、淡路恵子、浜美枝、淡路恵子、白川由美              1963年の国立競技場

映画「紅の流れ星」

紅の流れ星
藤竜也、渡哲也
紅の流れ星
浅丘ルリ子
藤竜也、渡哲也紅の流れ星
浅丘ルリ子                      浅丘ルリ子、藤竜也

今回は舛田利雄監督1967年製作「紅の流れ星」をピックアップする。
日活の無国籍アクションティストの本作は、兵庫県神戸市の元町、神戸港・麻耶埠頭・桟橋、諏訪山、三ノ宮駅、三ノ宮ガード下、南京街、福原、六甲山ホテルなどでロケーションが行われた。私は神戸で生まれ年少期を過ごしたので懐かしい風景だった。
舛田利雄監督は、フランス映画「望郷(PEPE LE MOKO/監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ/主演:ジャン・ギャバン/1937年)」をオマージュした「「赤い波止場(出演:石原裕次郎、北原三枝)」を1958年に製作しているが、本作は、日活アクションが消えゆく寸前にそのリメイクとして作られたそうだ。

紅の流れ星紅の流れ星
藤竜也、渡哲也                   奥村チヨ、杉良太郎

【ストリー】
1年前、加島組の親分を射殺して東京を逃げ出した五郎(渡哲也)は神戸の関興業の用心棒に納っていた。酒、女に不自由のない気ままな生活の中で、五郎はしかし、宇須刑事(藤竜也)や、加島の仇と五郎を狙う沢井(宍戸錠)の目を警戒せねばならなかった。ある日、関と取引きしていた宝石商の小島(山田真二)が行方不明になり、小島の婚約者と名乗る啓子(浅丘ルリ子)が五郎を訪ねてきた。一風変ったところのある啓子に興味を覚えた五郎は共に小島探しに駆け回ったが、いつか彼女を愛するようになった。そんな時、沢井が五郎をつけ狙って後を追っていたのだが、五郎の弟分の竹越(杉良太郎)がそれを知り、ひとりで沢井を倒すべく、モーターボートで沖へ連れだした。だが、竹越は、逆に沢井に殺されてしまった。一方、五郎は六甲山麓で発見された死体が小島であること、犯人が関と、幹部の田辺であることを知り、啓子に知らせた。当の啓子はその知らせに何の反応も示さず、一緒に寝てもいい、と言い出して五郎を驚かせるのだった。たまたま宇須刑事と会った五郎は、竹越が沢井に殺されたことを知って憤った。その足で沢井と対決した五郎は、あっ気なく相手を倒した。その頃、関は小島殺しの秘密が五郎に知られたことから、彼を邪魔に思い、消そうとしていた。その情報を秘かに探り出したバー「海猫」のマダムは、五郎を海外に逃がす手筈を整えたが、五郎はそれに応じなかった。五郎の心を占めているのは啓子のことだけだった。だが、啓子は五郎の求愛に頷きながら、沢井殺しの犯人として五郎を宇須刑事に密告していたのだった。朝モヤの立ち込める波止場で拳銃を乱射しながら警官隊に向って行った五郎は、一発の銃弾に崩れ落ちていった。

紅の流れ星紅の流れ星
松尾嘉代                          宍戸錠

題名:紅の流れ星
監督:舛田利雄
企画:園田郁毅
脚本:池上金男、舛田利雄
撮影:高村倉太郎
照明:熊谷秀夫
録音:福島信雅
美術:木村威夫
記録:熊野煕子
編集:井上親弥
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:岡田康房
助監督:小沢啓一
色彩計測:舟生幸
特殊撮影:日活特殊撮影部
スチール:浅石靖
出演:渡哲也、浅丘ルリ子、藤竜也、宍戸錠、杉良太郎、奥村チヨ、松尾嘉代、谷村昌彦、山田真二、木島一郎、久里千春
1967年日本・日活/シネスコサイズ・カラー97分35mmフィルム
紅の流れ星 -DVD-
2017年6月現在、DVDレンタルはありません。

紅の流れ星紅の流れ星
藤竜也

紅の流れ星紅の流れ星

1 2