映画「世界大戦争」

世界大戦争世界大戦争
フランキー堺                       宝田明
世界大戦争世界大戦争
星由里子                           乙羽信子

今回は松林宗恵監督1961年製作「世界大戦争」をピックアップする。
本作は、冷たい戦争と呼ばれた自由主義陣営と共産主義陣営との世界的対立構造と1947年の米国のマーシャル・プラン以降のヨーロッパに於ける東西軍事ブロックの確立、そして1961年にキューバ危機が起こり、ほんとうに核戦争の危機が迫った時代に作られた真に迫った作品である。当時の製作費で3億円、構想3年、4千名を越すエキストラ、そして特撮班が総力を挙げて水爆に見舞われた東京の姿を描き出している。東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、モスクワが、核ミサイルによって破壊されるクライマックスシーンは、天地を逆にしたミニチュアの下から圧縮空気を吹き出させる方法で撮影されたそうだ。

世界大戦争世界大戦争
笠智衆、白川由美                     山村聡

【ストリー】
世界各地に連鎖反応的に起りつつある侵略と闘争は、全人類の平和を危機に追いつめていた。核戦争の鍵を握る同盟国側と連邦国側は、一触即発の状態を続けていた。戦争が始まったら、間違って押したボタン一つからでも音速の十倍以上で飛んでくるミサイルが、全人類を灰にし、地球は取返しのつかないことになってしまう。全人類が一つになって原水爆禁止のための何かをしなければならないのだ。アメリカ・プレス・クラブの運転手田村茂吉(フランキー堺)は裸一貫からささやかな幸せを築いてきた。娘冴子(星由里子)と二階にいる通信技師高野(宝田明)とは恋人同士で原水爆のことを真剣に考えていた。貨物船笠置丸船上で、突然夜空にオレンジ色から紫紅色へと膨らむ不思議な物体を見た高野は、冴子のもとへの帰途、胃潰瘍手術で九死に一生を得た船のコック長江原(笠智衆)を見舞った。彼は保母をやっている娘早苗(白川由美)や子供達に囲まれて生きる素晴しさを感じていた。連邦軍基地で核弾頭を装填したミサイルが手違いで発射されそうになった折、同盟国ICBM陣地でも作業員のミスからダイナマイトが暴発、核弾庫の誘爆の危機に襲われた。そうなれば世界は破滅だと判断した司令官は命を賭して起爆装置をはずした。皆、一兵卒に至る迄心から平和を念じているのだが……平和の願いはパリ首脳会談に託された。記者ワトキンス(ジェリー伊藤)を車で送った茂吉はこれらの状勢は金儲けのための株の変動への期待としか考えられなかった。そして神経痛に顔を歪めるお由(乙羽信子)に代って、庭にチューリップの球根を埋めてやるのだった。バーング海上で連邦軍と同盟軍編隊機の衝突から戦闘状態に入り、くすぶり続けた各地の侵略と闘争は再開され、日本政府は徒らに平和と停戦を呼び続けるのみだった。日本国内基地から飛び立った連邦軍爆撃機への報復として、同盟国の原子爆弾はロケットを発射し、東京は混乱の巷と化し、恐怖は全ての人を捉えた。保育園では早苗がなす術もなく、逃げまどう人々の心には平和を願い続けたのになぜ殺されねばならないのだ!と一様に去来した。冴子は無電機で高野の送信をキャッチした。「コーフクダッタネ……」やがて火球が東京を包み第三次世界大戦が勃発、巨大なビルは破片となって散り、全てが数万度の熱に晒された。ニューヨークでもパリでもモスコーでも……津波の後の静かな洋上を笠置丸は再び東京へ向っていた。東京の最期を見たのは高野達乗組員だけだろう。流れくる放射能のために生きて戻ることは不可能でも高野は帰りたいと思った。全世界がもっと早く声を揃えて戦争を反対すればよかったものを……あらゆる良識を無視して世界大戦は勃発し、そして終ったのだ。

世界大戦争世界大戦争
世界大戦争(THE LAST WAR)
世界大戦争世界大戦争
フランキー堺、星由里子、乙羽信子            東野英治郎

題名:世界大戦争
英題:THE LAST WAR
監督:松林宗恵
製作:藤本真澄、田中友幸
脚本:八住利雄、木村武
撮影:西垣六郎
照明:森弘充
特機:矢島袈裟夫、加賀見正友
録音:矢野口文雄
整音:下永尚
音響:北沢靖 (パースペクタ立体音響)
美術:北猛夫、安倍輝明
大道具:小川重太郎、田中喜一、大谷忠雄
舞台組付:徳竹信義
小道具:建守末好、佐伯慎也
衣裳:岩井正晴
結髪:鈴木和子
記録:米山久江
編集:岩下広一
音楽:団伊玖磨
現像:東洋現像所 合成:向山宏
製作担当:森本朴
製作進行:江口英彦
演技事務:松山元計
助監督:田実泰良
監督助手:岩内克己、砂原博泰、千葉隆司
撮影助手:永井仙吉、志田篤弘、宝田武久、入口勝男
照明助手:秋池深仁、大口良雄、宮下義雄、北川忠利
録音助手:田中信行、山田守、影山修
美術助手:育野重一、鈴木一八、秋森直美
【特殊技術】
監督:円谷英二
撮影:有川貞昌、富岡素敬
美術:渡辺明
照明:岸田九一郎
特機:中代文雄
火薬:山本久蔵、渡辺忠昭
石膏:利光貞三、安丸信行
造型・造形:利光貞三、八木康栄、八木勘寿、開米栄三
光学撮影:幸隆生、徳政義行
合成撮影:三瓶一信、鵜飼啓一
合成作画:石井義雄、塚田猛昭
光学作画:幸隆生、飯塚定雄、茂田江津子、黒川博通
編集:石井清子
製作担当:成田貫
製作進行:関和郎
助監督:浅井正勝
スチール:田中一清
出演:フランキー堺、宝田明、星由里子、乙羽信子、白川由美、笠智衆、ジェリー伊藤、東野英治郎、山村聡、上原謙、河津清三郎、中村伸郎、中北千枝子、富永裕子、阿部浩司
1961年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー110分35mmフィルム
世界大戦争 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

世界大戦争世界大戦争
星由里子、宝田明                      星由里子
世界大戦争世界大戦争
世界大戦争(THE LAST WAR)

映画「喜劇 駅前金融」


フランキー堺                         森繁久彌、淡島千景

今回は佐伯幸三監督1964年製作「喜劇 駅前金融」をピックアップする。
本作は、”駅前シリーズ(1958年~1969年)”の第12作になる。
尾崎紅葉の「金色夜叉」を下敷きにしたパロディを喜劇としてまとめた内容だが、フランキー堺さんのトランペット演奏が見れる貴重な作品である。


伴淳三郎、乙羽信子                   三木のり平、沢村貞子

【ストリー】
場末の繁華街にある金成ビルの管理人伴野孫作(伴淳三郎)と女房のかね子(乙羽信子)は、ホステスや近所の商人相手の高利貸をする金の盲者だ。ある日、ゴールデン・フジのホステスNO1の染子(池内淳子)が、次郎(フランキー堺)のために金を貸りに来た。次郎には、恩師で会計学の権威前川博士(加東大介)の一人娘由美(大空真弓)というフィアンセがいた。だが書生時代前川から見込まれた次郎も、学者を嫌ってバンドマンになった今、前川夫妻の頭痛の種であった。染子はそんなこととは露知らず次郎にぞっこんまいってしまった。そんなある日、前川夫妻は、40歳にして経理士の資格を取った森田徳之助(森繁久彌)を祝うと称して、成金の高岡三平(三木のり平)と由美を料亭“しまの家”で会わせた。三平と徳之助は大学が同期であったが由美の前でダイヤの指輪をちらつかせる三平に、祝の席を奪われてしまった。翌日、染子が工面した金を持って徳之助の所に現われた次郎は、三平の話を聞くとしょげこんだ。アパートへ帰った次郎を、由美が待っていた。由美は、「キャバレー勤めを止めて家に帰って欲しい」と次郎を口説いた。一方、徳之助は、“しまの家”の経理士となった。女将圭子(淡島千景)は、独身の徳之助に、何かと誘惑の手をさしのべた。徳之助は、金成ビルの持主、金成剛造(有島一郎)の妻藤子(淡路恵子)にふられて以来、独身を通してきたのだった。そんな徳之助の所へ、次郎が前川から由美との話を破談にして欲しいと言われたと、血相をかえてやって来た。徳之助に入れ知恵された次郎は、翌朝、由美と母親花子(沢村貞子)を追って伊豆へ向った。三平と由美の部屋へ躍り込んだ次郎は、由美を表につれ出した。三平と結婚の約束を交わしたという由美に、次郎は金の力で負けた恨みを、金で晴そうと、伴野夫妻に弟子入りして高利貸修業に励んだ。やがて時がたち、由美は三平と結婚し、徳之助と圭子も結婚した。だが、景気のよかったゴールデンフジもつぶれ、金成ビルも危機に陥入った。この不景気風は三平のうえにものしかかり、会社はつぶれ、伴野もかね子に逃げられ、徳之助も圭子のケチ哲学に耐えられず家出を決行した。一方次郎は、この変動に気持を変え、またダンスホールのバンドマンとなった。ダンス音楽の流れる町に、由美と三平は屋台をひいて歩いていた。


フランキー堺、加東大介                       大空真弓

題名:喜劇 駅前金融
監督:佐伯幸三
製作:佐藤一郎、金原文雄
脚本:長瀬喜伴
撮影:岡崎宏三
照明:榊原庸介
録音:長岡憲治
整音:西尾昴
美術:小野友滋
編集:広瀬千鶴
音楽:広瀬健次郎
現像:東京現像所
製作担当:大久保欣四郎
監督助手:秦幸三郎
スチール:横山愈
出演:森繁久彌、伴淳三郎、フランキー堺、三木のり平、淡島千景、淡路恵子、大空真弓、池内淳子、乙羽信子、有島一郎、加東大介、沢村貞子、松尾和子、山茶花究、山東昭子
1965年日本・東京映画/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
喜劇 駅前金融 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


淡路恵子                    松尾和子、和田弘とマヒナ・スターズ

映画「喜劇 駅前女将」


森繁久彌                           伴淳三郎

今回は佐伯幸三監督1964年製作「喜劇 駅前女将」をピックアップする。
「待ってました! 豪華20大スターの超娯楽大作!」と宣伝された本作は、当時の有名喜劇俳優陣、女優陣を大挙して作られた。喜劇を通じて当時の世相を鋭く描いている。劇場公開時の同時上映作品は、成瀬巳喜男監督「乱れる」だった。


フランキー堺                        淡島千景、森繁久彌、 森光子

【ストリー】
両国駅前にある酒屋「吉良屋」の主人徳之助(森繁久彌)と柳橋に寿司屋をもつ「孫寿司」の主人孫作(伴淳三郎)は兄弟の間柄で、徳之助の女房満子(森光子)は孫作の妹である。この二人は大の仲良しで、いつも行動を共にしている。徳之助には、錦糸町でバーを経営するごひいきの藤子(淡路恵子)がいるが、この藤子にダブル・ベットを買ってやったことから、家庭騒動が起きそうな気配だ。或る日、徳之助は孫作から、かつての恋人景子(淡島千景)の消息を知らされた。今は夫とも死別し両国に帰って来た景子のために、店をもたせようと徳之助は奔走した。そんな時、孫作の家では大騒動がもちあがった。孫作の家に「マゴサク」とネームの入ったガウンと「フジコ」とネームの入った下着が届いたのだ。怒った妻の千代(京塚昌子)はフジコなる女を捜す為、満子の所に走った。それがあのダブルベット事件の足立藤子と同一人と睨んだ満子は、早速錦糸町におもむき、バー「ふじ」で孫作も徳之助も現行犯でつかまえた。徳之助のおかげで全部自分の責任にされた孫作は、おさまらなかった。そこで孫作は満子に景子のこと、そして養子縁組と思っていた次郎(フランキー堺)の相手、染太郎(池内淳子)も実は景子の妹だと告白した。とんだとばっちりをうけた次郎と染太郎は置き手紙をして駈け落ちした。行く先は、伯父の力造のいる銚子だ。徳之助と満子、孫作と千代それに景子(淡島千景)と菊太郎(沢村貞子)の奇妙な関係の六人は呉越同舟で一路銚子へと向った。が、力造(加東大介)の家でも、二人を捜してもう6時間もたつという。しょんぼりした力造の家では、満子も折れて、次郎と染太郎はめでたく結婚を認められた。丁度そこえのんきに帰って来た二人。三枝(中尾ミエ)の音頭で大漁節の歌声の中、次郎のかわりに養子に行く、力造の息子和男(峰健二)と二人のカップルが明るく出発していった。


森繁久彌、淡島千景、沢村貞子、京塚昌子、森光子

加東大介                            大空真弓

池内淳子、フランキー堺                      峰健二(峰岸徹)、池内淳子

題名:喜劇 駅前女将
監督:佐伯幸三
製作:佐藤一郎、金原文雄
脚本:長瀬喜伴
撮影:黒田徳三
照明:比留川大助
録音:長岡憲治
整音:西尾昇
美術:狩野健
編集:広瀬千鶴
音楽:松井八郎
現像:東京現像所
製作担当:大久保欣四郎
助監督:松本あきら
協力:銚子民芸千鳥会
スチール:大谷晟
出演:森繁久彌、伴淳三郎、フランキー堺、森光子、三木のり平、山茶花究、淡島千景、淡路恵子、池内淳子、加東大介、京塚昌子、大空真弓、乙羽信子、沢村貞子、中尾ミエ、峰健二(峰岸徹)
1964年日本・東京映画/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
喜劇 駅前女将 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


中尾ミエ                           淡路恵子、森繁久彌

1 2 3