映画「昭和残侠伝 唐獅子仁義」


高倉健、待田京介                  藤純子、池部良

今回はマキノ雅弘監督1969年製作「昭和残侠伝 唐獅子仁義」をピックアップする。
“昭和残侠伝”シリーズ第5弾の本作の主な舞台は、「 唐獅子牡丹」編と同じ宇都宮北大谷の石切り場で大谷石の採掘利権をめぐる抗争という点で共通している。この二作品に様式美として差異はあるものの、高倉健さんと池部良さんの斬り込み道行は感動的だ。


志村喬                     志村喬、御木本伸介

高倉健                        藤純子

【ストリー】
昭和の初期。蔵前一家の代貸花田秀次郎(高倉健)は、雷門一家の親分を斬り、惨殺された親分と仲間の仇を討った。雷門一家の客分風間重吉(池部良)は、渡世の義理から、秀次郎と相対したものの左腕を落してしまった。五年後、刑を終えた秀次郎は、早速一家の生存者たちが世話になっている名古屋の石田一家に向った。しかし、雷門一家の仙太(曽根晴美)と辰(藤山浩二)は、その機会を狙っていた。秀次郎は、追跡され木曽路で二人の匕首をふり払ったものの、負傷してしまった。そんな秀次郎に手厚い看護をしたのが、芸妓おるい(藤純子)だった。やがて、秀次郎は小諸の林田一家代貸竜平(山本麟一)に匿われたが、この一件は雷門の同族樺島一家に知れ、竜平は秀次郎の犠牲になって殺された。その頃、樺島一家の親分岩蔵(河津清三郎)は、材木業に手をのばし、国有林の入札をめぐって、老舗浅野屋をバックアップする林田一家を叩こうとしていた。秀次郎は、浅野屋を樺島の妨害からたびたび救った。この秀次郎殺しを金で請負ったのは、渡世人の藤吉(待田京介)だった。だが、再三の挑戦にもかかわらず、はがたたなかった。そんな折、おるいの弟で林田一家の繁次(宮土尚治)が、恋人の芸妓お峰(夏珠美)を樺島一家の代貸の勘三(高野真二)に奪われたうえ殺されてしまった。樺島は重吉に繁次の命と交換に秀次郎を斬れと、命じていたが、約束など守る男ではなかった。さらに浅野屋の製材所にはダイナマイトを仕掛け林田(志村喬)をも狙撃した。秀次郎は、林田の最後をみとると間もなく、重吉の挑戦を受けた。そこへ駆けつけたおるいは、二人に樺島の罠を告げたが、次の瞬間には一家の兇弾に倒れるのだった。樺島一家に向う秀次郎。彼に重吉も従い、藤吉も立上った。樺島が秀次郎の長匕首に倒れたのは、それから間もなくのことだった。


河津清三郎                        左ト全

題名:昭和残侠伝 唐獅子仁義
監督:マキノ雅弘
企画:俊藤浩滋、吉田達
脚本:山本英明、松本功
撮影:坪井誠
照明:川崎保之丞
録音:小松忠之
美術:藤田博
装置:吉田喜義
装飾:武井正二
殺陣:日尾孝司
記録:宮本依子
編集:田中修
音楽:菊池俊輔 主題歌:「昭和残侠伝」高倉健
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学工業
製作主任:伊藤源郎
助監督:内藤誠
スチール:遠藤努
出演:高倉健、藤純子、池部良、待田京介、志村喬、河津清三郎、御木本伸介、小林千枝、夏珠美、山本麟一、曽根晴美、藤山浩二、亀石征一郎、宮土尚治、左ト全、高野真二
1969年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
昭和残侠伝 唐獅子仁義 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高倉健、池部良

映画「白昼の無頼漢」

白昼の無頼漢白昼の無頼漢
丹波哲郎                       中原ひとみ

今回は深作欣二監督1961年製作「白昼の無頼漢」をピックアップする。
本作は、深作欣二監督が東映の企画部長から「シルバーウィークの番組に穴が開くのでギャングものを1本、2週間で撮って欲しい」と依頼され、スタンリー・キューブリック監督「現金に体を張れ」を意識して作られたと思われるフィルム・ノワールである。

白昼の無頼漢白昼の無頼漢
久保菜穂子

【ストリー】
駐留軍のジェット基地出入りの宮原(丹波哲郎)は、かねてから頭に描いていた計画を実行にうつすため、四人の人物を古城のような別荘に招いた。基地に勤務する黒人兵トム・トウェイン(アイザック・サクソン)。基地でラジオ店を経営する金山正夫こと韓国人洪全成(春日俊二)。不良アメリカ人夫妻ジョン・ケンデイ(ダニー・ユマ)とアン(ラビィン・シェルトン)の四人である。宮原は妻の亜紀(久保菜穂子)とその弟三郎(曽根晴美)を紹介し、四人の前歴を披露した。どれもこれも屑ばかりだ。宮原は基地周辺に根を張るやくざ芝山(沖竜次)の仲介で趙から金を借り、金山とケンデイは護送車の通過時刻を確認。また、セスナを飛ばして機上から護送車の進行経路を航空写真に収めた。だが、人種的偏見からくるケンデイの黒人トムに対する仕打ち、トムがアンに寄せる好色な目付き、宮原は仲間割れの危険を感じて、二人の融和を図るため、特殊バーから混血娘の花子(中原ひとみ)を引き抜いてトムに当てがった。一方、芝山は自分の弟を殺した脱走兵のトムを探していた。決行の日は来た。花子は通行止めの標識によって護送車を誘導した。アンは色仕掛けで運転手をおびき出し、宮原達は運転手を殺し、金袋を亜紀の車に移した。その時、宮原達の行動を監視していた芝山一味が襲って来た。アンはその弾丸に倒れ、花子は亜紀と金袋を乗せたまま何処かへ持ち去った。引揚げた一同は、ケンデイが亜紀と肉体関係から二人だけの密計があったことを知って殴り殺してしまった。その夜、再び芝山達の襲撃があった。トムはその騒ぎに失踪した。宮原は、トムが花子と共に基地演習場外のゴースト・タウンに逃げたことを知った。一方、花子のために山小屋に閉じこめられた亜紀は、逃れて芝山達に寝返った。宮原と三郎はゴースト・タウンにトムと花子を追いつめた。その時、芝山一味が亜紀の案内で襲って来た。しかたなく宮原は、トムと手を握り芝山一味をダイナマイトで全滅さした。トムは一切の金銭的欲望を失っていた。ただひたすらに花子との生活を考え、香港へ脱出することだけを考えていた。だが、宮原は金の一人占めを図って、トム殺害の機を狙っていた。しかし、宮原には油断があった。瀕死の重傷の中で、亜紀はダイナマイトを抱きながら宮原、トム、三郎のところに転がりこんだ。ダイナマイトの爆発に皆消し飛んだ。一人生き残った花子と札束だけが、死の町にポツンと残っているだけだった。

白昼の無頼漢白昼の無頼漢

題名:白昼の無頼漢
監督:深作欣二
企画:大賀義文
脚本:佐治乾
撮影:星島一郎
照明:原田政重
録音:大谷政信
美術:近藤照男
編集:田中修
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
音楽:河辺公一
製作主任:渋谷幹雄
助監督:田口勝彦
スチール:遠藤努
出演:丹波哲郎、中原ひとみ、曽根晴美、久保菜穂子、八代万智子、春日俊二、沖竜次、須藤健、柳永二郎、亀石征一郎、久地明、ダニー・ユマ、アイザック・サクソン、ラビィン・シェルトン、サイ・ティラー
1961年日本・ニュー東映/シネスコサイズ・モノクロ82分35mmフィルム
白昼の無頼漢 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

白昼の無頼漢白昼の無頼漢
丹波哲郎

映画「関東女やくざ」

関東女やくざ
三条魔子、安田道代、渚まゆみ
関東女やくざ関東女やくざ

今回は井上昭監督1968年製作「関東女やくざ」をピックアップする。
本作は安田道代さん、渚まゆみさん、三条魔子さんと当時の艶女が、お色気アクションタッチで活躍するという内容で嬉しいのだが、出演者のレガシーだけで特に”ギターの底からナイフが飛び出す”はチープ過ぎた。東映の「野良猫ロック」の様なパワーがなく物足りなかった。

関東女やくざ関東女やくざ
渡辺文雄

【ストリー】
神崎みな子(大楠道代)は、兄の忠一の行方を探すために、同僚の白浜たまき(渚まゆみ)、藤川よし枝(三条魔子)と組んで関西の港街を流していた。ところが、この界隈を牛耳る畑中一家は、再三みな子たちの流しを妨害し、自分の経営するクラブの専属にしようとしていた。業を煮やしたみな子は、早速畑中一家の若親分吉蔵(渡辺文雄)を訪ねた。ダイスでその決着を挑まれたみな子は、鮮やな手捌きで勝負に勝った。が、その帰りを畑中一味が待伏せていた。みな子は危ういところを畑中一家の客分、天野(細川俊之)に救われたが、吉蔵の卑怯な仕打ちに、憤怒をおさえられなかった。そんな折、みな子は、ヒョンなことから兄に会った。みな子のボーイフレンドで、交通事故にあった作曲家志望の田村(石山律)を最初に見つけ、病院に運びこんだのが奇しくも探し求めていた忠一だったのだ。
忠一は、縄張り争いから花房一家の大幹部を刺し、その刑期を終えたものの、入獄中、彼の属する明星一家と花房一家との間に成立した、自分の身柄を花房一家の自由に任せるという手打ちに不満だった。そして、今は偽名を使ってホルモン焼屋を経営し、近く身二つになる洋子(水町由香里)と楽しい日々を送っていた。ところが、忠一は坂口はじめ畑中一家に追及を受けていた。畑中一家と花房一家とは兄弟分の関係にあったのだ。兄の危険を感じたみな子は、忠一に洋子の故郷である九州への里帰りを勧める一方、兄夫婦を守ってほしいと天野に頼んだ。しかし、天野の返事は意外に冷たかった。それもそのはず、彼は花房一家の刺客でもあったのだ。
忠一の居どころを知った天野は電話で呼びだした。忠一は翌朝五時の決闘に応じた。みな子は自分の軽率さを悔いたが、時すでに遅く、兄の目覚し時計を遅らせ、自らは男装をして現場へ現われた。みな子は軽傷を負った。相手をみな子と知って驚いた天野は、駆けつけた忠一とともに、黙って見逃してやるのだった。

関東女やくざ関東女やくざ
細川俊之                      石山律

題名:関東女やくざ
監督:井上昭
企画:辻久一
脚本:藤本義一
撮影:牧浦地志
照明:古谷賢次
美術:上里忠男
録音:林土太郎
技斗:楠本栄一
編集:山田弘
音楽:渡辺岳夫 主題歌:渚まゆみ「女ながれ者」
製作主任:小沢宏
スチール:藤岡輝夫
出演:安田道代(大楠道代)、渚まゆみ、三条魔子、細川俊之、石山律 渡辺文雄、亀石征一郎、水町由香里
1968年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・モノクロ74分35mmフィルム
関東女やくざ-DVD-
2016年11月現在、DVDレンタルはありません。

関東女やくざ関東女やくざ