映画「網走番外地 南国の対決」


「網走番外地 南国の対決」高倉健

高倉健                        吉田輝雄

今回は石井輝男監督1966年製作「網走番外地 南国の対決」をピックアップする。
本作は網走番外地シリーズ第6作である。今回は網走刑務所を出所した橘真一(高倉健)が、先代組長の事故死に疑問を抱いて沖縄へ行き復讐するという内容だが、アメリカの占領統治下にあった沖縄が舞台で、製作当時はパスポートが必要、通貨単位はドル、自動車は右側通行などの背景が映し出されており、米軍のトラックやバスが絶え間なく走っていた。これらのシーンは貴重である。ロケ地は、那覇港、国際通り、泊港、名護湾、コザなど。

※沖縄がアメリカから日本に返還されたのは1972年。


田中邦衛、高倉健、大原麗子         田中邦衛、高倉健、千葉真一、由利徹

【ストリー】
竜神一家のために命を張って、網走刑務所に送り込まれた橘真一(高倉健)は、出所の日に先代親分が沖縄で事故死したことを知った。何か裏がありそうだ、そう考えた橘は直ちに沖縄へ向った。その途中の船で、橘は母を探して沖縄へ渡る一郎少年(町田政則)と、南(吉田輝雄)という男と知り合った。やがて沖縄へ着いた橘は、南が豪田一家の殺し屋でありまた、竜神一家の二代目を継いだ関森(沢彰謙)が豪田(河津清三郎)と手を結んで、こともあろうに先代親分と関係の深ったギボ建設を潰そうとしていることを知った。彼らの謀みを粉砕するため、橘は先ず、豪田組にもぐり込んで親分の死の真相を探っている大槻(田中邦衛)と樫山(由利徹)に連絡をとった。一方、豪田と関森は橘の動きに身の危険を感じて、南に橘を消すよう命じた。しかし、橘の気っぷに惚れ込んだ南にその気はなかった。そして二人は馴れあいの決闘をやって海に身を投げたのだが、それを見ていた豪田はまんまと騙されてしまった。やがて、橘は船員の佐竹(谷隼人)が親分の死の真相を握っていることを知ったが、佐竹は恋人の夏子(大原麗子)と共に豪田に捕えられていた。そんな時に網走から遥々駈けつけた鬼寅(嵐寛寿郎)が、南と共に佐竹を救い出した。しかし、南は関森に殺されてしまった。佐竹は、竜神親分が工事現場で、関森と豪田一味に殺されたことを話した。また、大槻と樫山の報告からその確信を得た橘は単身豪田一家に乗り込んだ。愛用の白柄のドスを握った橘を見て、豪田の手下は誰一人手向おうともしなかった。一瞬のうちに豪田と関森を斬った橘は、再び網走に送られることは知っていたが、明るい気持ちだった。橘のお蔭で母(三原葉子)を探し出した一郎や鬼寅に見送られて、親分の仇を討った橘は晴々とした顔で船に乗り込むのだった。


嵐寛寿郎、大原麗子、谷隼人           三原葉子、町田政則

題名:網走番外地 南国の対決
監督:石井輝男
企画:植木照男
原案:伊藤一
脚本:石井輝男
撮影:稲田喜一
照明:大野忠三郎
録音:井上賢三
美術:藤田博
編集:鈴木寛
音楽:八木正生
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学工業
製作主任:白浜汎城
助監督:野田幸男
スチール:遠藤努
出演:高倉健、吉田輝雄、嵐寛寿郎、田中邦衛、千葉真一、由利徹、谷隼人、大原麗子、河津清三郎、三原葉子、二本柳寛、潮健児、沢彰謙、町田政則
1966年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
網走番外地 南国の対決 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


二本柳寛、三原葉子、町田政則         嵐寛寿郎、高倉健、千葉真一

「網走番外地 南国の対決」大原麗子

映画「南国土佐を後にして」


小林旭                      浅丘ルリ子、小林旭

今回は齋藤武市監督1959年製作「南国土佐を後にして」をピックアップする。
本作は、ペギー葉山さんの同名ヒット・ソングを背景にした歌謡ドラマだ。
この作品の成功を契機として後の「渡り鳥シリーズ」が始まったそうだ。


南田洋子                     中原早苗

【ストリー】
“ダイスの眼”と異名をとる賭博の名手原田譲司(小林旭)は、刑期満了を期に母のぶと恋人春江の待つ故郷高知に向った。刑務所で聞いたペギー葉山の“南国土佐を後にして”が、彼に特攻隊で死んだ兄を思い出させ、彼は心を改めたのだ。亡き兄の許婚者だった、今は東京の料亭つかさを経営しているはま子(南田洋子)は、この歌が好きで昔よく歌っていた。譲司が帰郷すると、春江(浅丘ルリ子)は借金のためヤクザの北村(内田良平)と結婚しなければならぬ身の上となっていた。譲司は港湾事務所に勤め始めるが前科が知られて職を追われた。再び東京に出ようとする譲司をとめる春江に、北村一味の短刀が迫った。が、その時譲司のかつての仲間会津(二本柳寛)が現れて二人を救った。東京に出た譲司は、ペギー葉山に会って勇気づけられ、はま子のもとに下宿して職を探した。ある夜、北村に追れた春江が高知から逃げてきた。追って東京にやってきた北村は、100万円の借用証をつきつけて、譲司をおどした。仲間の会津を呼んだ譲司は、その金のために、もう一度ダイスを振る決意をした。ナイトクラブ“モカ”の一室で、譲司は一世一代の勝負にのりだした。そこにかつて譲司の就職を断わったことのある大川証券の社長が麻子(中原早苗)とともにやってきた。勝負は、譲司と大川(金子信雄)の対となり、金額は100万円につり上った。丁度その時、ペギー葉山の歌う“南国土佐を後にして”が譲司の耳にひびいてきた。とたんに出たダイスの目はオール・ワンだった。百万円を手に入れた譲司は、その金を北村にかえして彼等一味をたたきのめした。かけつけた春江と譲司は固く抱き合った。春江に、故郷の母親のことをたのんだ譲司は、今は心も晴れ晴れと、ひとり警視庁に歩を運ぶのだった。


西村晃、小林旭、二本柳寛               内田良平

題名:南国土佐を後にして
監督:齋藤武市
企画:茂木了次
原作:川内康範
脚本:川内康範、斎藤武市
撮影:高村倉太郎
照明:大西美津男
録音:米津次男
美術:佐谷晃能
記録:白鳥あかね
編集:近藤光雄
音楽:小杉太一郎
現像:東洋現像所
製作主任:林本博佳
助監督:神代辰巳
色彩計測:幸田守雄
スチール:坂東正男
出演:小林旭、浅丘ルリ子、ペギー葉山、中原早苗、高野由美、二本柳寛、西村晃、南田洋子、金子信雄、内田良平、河上信夫
1959年日本・日活/シネスコサイズ・カラー78分35mmフィルム
南国土佐を後にして -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ペギー葉山

【追記・訃報】
訳詞した「ドレミの歌」や「学生時代」「南国土佐を後にして」など知られる歌手のペギー葉山(ぺぎー・はやま)さんが2017年4月12日午前11時55分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。83歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で行う。後日お別れの会を開くという。(スポニチアネックス)


南田洋子、浅丘ルリ子                 小林旭

映画「ギターを持った渡り鳥」

ギターを持った渡り鳥ギターを持った渡り鳥
小林旭                         宍戸錠

今回は斎藤武市監督1959年製作「ギターを持った渡り鳥」をピックアップする。
本作は、無国籍アクションという独自のジャンルを誕生させた小林旭さんの”渡り鳥シリーズ”の第一弾だ。以降1962年まで合計8作が作られた。本作は、函館港、七財橋、旧函館区公会堂、函館市地域交流まちづくりセンター、函館山ロープウェイ、函館山などの函館ロケーションが行われ、ホールを含む室内は日活調布撮影所セットの様だ。

ギターを持った渡り鳥ギターを持った渡り鳥
浅丘ルリ子                    金子信雄、宍戸錠

【ストリー】
港町にギター背中に流れて来た伸次(小林旭)は、喧嘩で危い流しのサブ(野呂圭介)を救ったことから親分の秋津(金子信雄)にひきあわされた。秋津は自分の娯楽センター拡張のため、親切ごかしに金を貸し利子の期限切れを種に暴力的に土地を立退かせていた。伸次の腕力と嚇しはマーケットの住民をふるえあがらせた。秋津は沖合にある小島にもセンターを作る関係上丸庄漁業に伸次を使にたてた。しかし庄司の女房澄子(中原早苗)が秋津の実妹と知るとこの仕事を断った。会った時から伸次に惹かれていた秋津の娘由紀(浅丘ルリ子)は叔母のために手を引いた彼に一層の好意を寄せた。ある日神戸の田口組のジョージ(金子信雄)がヤクの密輸を沖合で取引きするので舟をかりに来た。秋津の用心棒馬場(弘松三郎)は丸庄のあかつき丸を担保にとりあげた。秋津組とジョージは取引きのため沖合に出た。挨拶がわりのダイス遊びで見せた伸次の手さばきに、ジョージは彼とどこかで会ったような感じを持った。そこで厭がる伸次にむりやり拳銃を弾たせた。“判ったお前は神戸市警のデカだ。昔俺の舎弟を殺してサツを首になった奴だ”二人が拳銃を構えた時巡視艇が廻って来た。決闘は明晩までのばされることになった。その夜庄司(木浦佑三)が溺死体となって発見された。サブの口から秋津の仕業と知った伸次は秋津と手を切る決心をした。翌晩再び海に出た。密輸取引きが終り二つの影が向い合った。その瞬間を狙って馬場の拳銃が二人に向って火を吐いた。伸次は海に消えた。ジョージは傷つきながら馬場を倒した。
組のことを知り過ぎた伸次を消し密輸を一人占めしようとする秋津のたくらみであった。秋津の事務所へ伸次は飛び込んでいった。が秋津は拳銃を構えて待っていた。しかし何時の間にか裏口よりやってきたジョージに倒された。パトカーのサイレンが近づいた。ビリヤード場で対峙する二人。二人の拳銃が火を噴く。バシッとジョージの拳銃がフッ飛んだ。負けを認めたジョージを沼田刑事(二本柳寛)が逮捕に来る。別の日、復職を進める沼田に伸次は死んだ女の墓参りに佐渡に向かうと告げる。伸次の旅立ちに由紀たちが見送りに来る。また戻ってくると言って旅立つ伸次だが、由紀はそれが嘘だと判っていた…。

ギターを持った渡り鳥ギターを持った渡り鳥
金子信雄                        小林旭

題名:ギターを持った渡り鳥
監督:斎藤武市
企画:児井英生
原作:小川英
脚本:山崎巖、原健三郎
撮影:高村倉太郎
照明:大西美津男
録音:米津次男
美術:坂口武玄
記録:白鳥あかね
編集:近藤光雄
音楽:小杉太一郎
現像:東洋現像所
製作主任:桜井宏信
監督助手:神代辰巳
色彩計測:幸田守雄
スチール:式田高一
出演:小林旭、浅丘ルリ子、宍戸錠、中原早苗、渡辺美佐子、金子信雄、二本柳寛、白木マリ、野呂圭介、弘松三郎、天草四郎
1959年日本・日活/シネスコサイズ・カラー77分35mmフィルム
ギターを持った渡り鳥-DVD-

本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。
ギターを持った渡り鳥ギターを持った渡り鳥
小林旭、浅丘ルリ子
ギターを持った渡り鳥

1 2