映画「座頭市あばれ凧」

座頭市あばれ凧座頭市あばれ凧
勝新太郎                         久保菜穂子

今回は池広一夫監督1964年製作「座頭市あばれ凧」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第7作目になる。初めて甲州路に足を踏み入れた座頭市が、人情味のある仏の文吉と欲の深い安五郎の対立に、善悪明確なキャラクターの対立構図で物語を分かり易くしている。

座頭市シリーズ

座頭市あばれ凧座頭市あばれ凧
渚まゆみ                         遠藤辰雄
座頭市あばれ凧座頭市あばれ凧
江田島隆                        五味龍太郎

【ストリー】
甲州の宿場外れで功名心に燃えた旅のやくざ清六(江田島隆)から、鉄砲で射たれた座頭市(勝新太郎)は、彼を救い治療費までおいて行った名も知らぬ恩人を追って鰍沢へと旅発った。鰍沢は富士川を挟んで、津向の文吉(香川良介)と竹屋の安五郎(遠藤辰雄)が対立していた。文吉は、今年も河原で花火をあげて近在の人々を喜ばせようと、江戸の花火師久兵衛(左卜全)を招き、姉娘お国(久保菜穂子)を迎えにやったのだが、市を救ったのはこのお国であった。鰍沢についてこれを知った市は、お国に厚く礼を言い、自分はしがない按摩として文吉の家に厄介になった。吃安と仇名さる安五郎は、妹お仙(毛利郁子)が代官の妻、という立場を利用して、文吉の縄張りを狙い、ことある毎に文吉に因縁をつけていた。だが、柔和な文吉は取り合わず、血気にはやる乾分をなだめていた。そんなところに清六が文吉の家に帰って来た。清六は文吉の息子で、親姉妹にさんざんの迷惑をかけて出奔していたのだった、清六は市をみてびっくりした。彼は渡世人の中で名高い座頭市を討って、男をあげようとしたのだ。だが、盲目の市は清六と会っても己を射った人間だとは、知る由もなかった。この清六が、吃安の罠にかかって捕えられた。縄張りをよこすか、清六の命かというかけあいに、市は密かに吃安宅に侵入し無事清六を救出した。吃安は、風のごとく清六を擢っていった按摩が、兇状持で有名な座頭市と知って、代官所に座頭市召捕りの願いを出した。それを知った文吉は、市の身辺を慮って、事情を明かさず早立ちさせた。邪魔者の市が去ったとみるや、吃安一家は、用心棒の天玄(五味龍太郎)を先頭に、文吉宅に殴り込みをかけた。不意討ちをうけた清六、文吉はてもなく倒された。だが、戦勝に酔う吃安宅に疾風のごとく現われたのは、怒りに身をふるわせた座頭市の姿であった。

座頭市あばれ凧座頭市あばれ凧
毛利郁子、勝新太郎                勝新太郎、左卜全
座頭市あばれ凧座頭市あばれ凧
勝新太郎                      座頭市あばれ凧

題名:座頭市あばれ凧
監督:池広一夫
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:犬塚稔
撮影:竹村康和
照明:加藤博也
録音:大角正夫
音効:倉島暢
美術:西岡善信
装置:木村重雄
擬斗:宮内昌平
編集:谷口孝司
音楽:池野茂
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:小沢宏
色彩技術:野本一雄
スチール:藤岡輝夫
出演:勝新太郎、久保菜穂子、渚まゆみ、五味龍太郎、香川良介、遠藤辰雄、杉田康、毛利郁子、中村豊、左卜全、香川良介、江田島隆、水原浩一
1964年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー82分35mmフィルム
座頭市あばれ凧 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

映画「妖怪百物語」


藤巻潤                      吉田義夫、高田美和

今回は安田公義監督1968年製作「妖怪百物語」をピックアップする。
当時妖怪ブームを巻き起こした作品で、油すまし、ろくろ首、ぬらりひょんなど日本古来の妖怪たちが勢揃いするが、全く怖くない内容だったが、光学合成(オプチカル)処理はレベルが高い。


坪内ミキ子、高田美和                 ルーキー新一

【ストリー】
豪商利右衛門(神田隆)は豊前守(五味龍太郎)や町内の権力者を招き、百物語という怪談の会を催した。これは、怪談がひとつ終るごとに灯をひとつずつ消していくもので、最後の灯が消えたとき妖怪が出ると言われている。そのため、終りには、必ず、つきもの落しのおまじないをすることになっていた。利右衛門は寺社奉行の豊前守と結託して、貸した金のかたに下町の甚兵衛(花布辰男)の長屋を取り壊し、岡場所をつくろうとしていたのだが長屋の人たちの反対にあっていた。そこでこの会を催したのだが、百物語が終っても利右衛門はおまじないもせず、来客に小判の包みを土産にして帰した。異変はすぐに起った。来客はその帰途、“おいてけ堀”の不気味な声におどされ小判はすべて堀の中に吸い込まれていったのだ。一方、忍び込んでいた長屋の浪人安太郎(藤巻潤)は話の終る前に、小判の包みを持ち出して甚兵衛に渡していた。甚兵衛はその金で借金を返したが、利右衛門は甚兵衛を重助に殺させて証文を奮ってしまった。一方、甚兵衛の娘おきく(高田美和)は、好色な豊前守の餌食になりかけていたところを、安太郎に救われた。しかし、長屋は、作業員たちによって取り壊されようとしていた。その時、様々な妖怪が作業員の目にうつり、彼らはおびえて逃げ出してしまった。その知らせに、利右衛門と重助(吉田義夫)は現場に急いだが、甚兵衛を殺した場所から巨大な“大首”が現われ、この妖怪に翻弄されて、二人はお互に相手を刺して死んでしまった。ちょうどその頃、豊前守の家にも妖怪が現われていた。狂ったように妖怪を斬ろうとする豊前守を見ていた安太郎は、寺社奉行の不正の証拠書類をつきつけたが、絶望した豊前守は自害して果てた。安太郎は幕府の目付役だったのだ。


妖怪百物語

題名:妖怪百物語
監督:安田公義
企画:八尋大和
脚本:吉田哲郎
撮影:竹村康和、田中省三
照明:伊藤貞一、美間博
録音:大角正夫
音効:倉嶋暢
美術:西岡善信、加藤茂
造型:八木正夫、エキスプロダクション
線画:ピー・プロダクション
技斗:楠本栄一
特技監督:黒田義之
特撮:森田富士郎
編集:菅沼完二
音楽:渡辺宙明
現像:東洋現像所
製作主任:西沢鋭治
助監督:太田昭和
スチール:小山田輝男
出演:藤巻潤、高田美和、坪内ミキ子、平泉征、ルーキー新一、林家正蔵、吉田義夫、浜村純、神田隆、五味龍太郎、花布辰男
1968年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー79分35mmフィルム
妖怪百物語 -DVD販売-
妖怪百物語[DMMレンタル]


妖怪百物語                  坪内ミキ子、藤巻潤、高田美和

映画「やくざ坊主」


勝新太郎                     小川真由美

今回は安田公義監督1967年製作「やくざ坊主」をピックアップする。
主演の勝新太郎さんは、この年”座頭市シリーズ”3本、”兵隊やくざシリーズ”2本、「悪名一代(監督:安田公義 共演:田宮二郎、森光子)」「にせ刑事(監督:山本薩夫 共演:加東大介、吉村実子)」」と本作の計8作品に出演している。翌年「続やくざ坊主(監督:池広一夫 共演:朝丘雪路、松尾嘉代)」も大映京都で製作されている。


久保菜穂子                    勝新太郎、成田三樹夫

【ストリー】
江戸のあるボロ寺に、刺青をした破戒坊主、竜全が転りこんで来た。たまたま、その寺で、聖天一家と蛇の目一家の出入りがあり、聖天は相手を全滅させて岡場所の縄張りを握ったが、竜全はその聖天に会い、縄張りをゆすった。怒って斬りかかる聖天を、竜全はあっさり火箸で片づけてしまった。二組のやくざを消した竜全は町の人気者になり、早速、売れっ妓のお辰に言い寄ったが、汚い格好の竜全に、お辰は振り向きもしなかった。竜全は次の日から、寺男の権六、島破りの三次を使って、寺で連れ込み宿を開業、そのうえ、ゆすり、賭場の開帳と、悪徳商売を始め、大儲けをした。小判の顔を拝んだお辰は、今度は前とは打って変り、竜全に対しては愛想がよかった。ある日、岡場所に目をつけた第三のやくざ井桁一家が、ひそかに機会を狙い、竜全に近づいてきた。そして竜全の所業を見て寺社奉行に密告、彼を捕えさせようとしたが、竜全は咄嗟の機転でその場を逃れた。そんなとき、金貸しに騙されて身を売ろうとしたお鶴を助けた竜全は、代償に彼女の身体をいただいたのだが、やがてお鶴は、権六の隠し金を盗んだ三次と共に寺を去った。一方、竜全は、井桁の用心棒柏に狙われ、また同心近藤の追及に商売もうまく行かなくなってきた。そのため、近藤の不正を探し出して脅したが、近藤を操っているのは処刑されたはずの大悪党猪八であり、猪八とは女郎屋巴屋の勘助の正体と知った。近藤はやがて猪八に殺され、悪徳坊主竜全は岡場所と寺を賭けて猪八、井桁、柏と対決することになった。竜全は、傷つきながらも、彼ら一味を倒したのだが、次の朝、役人たちの手で岡場所も、寺も立入禁止にされてしまった。再び無一文となった竜全は権六と共に新規まきなおしを計ってこの町を去っていった。

題名:やくざ坊主
監督:安田公義
企画:奥田久司
脚本:高岩肇
撮影:森田富士郎
照明:加藤博也
録音:林土太郎
美術:加藤茂
技斗:宮内昌平
編集:山田弘
音楽:曽根幸明
現像:東洋現像所
製作主任:吉岡徹
助監督:太田昭和
スチール:大谷栄一
出演:勝新太郎、成田三樹夫、小川真由美、三木本賀代、久保菜穂子、多々良純、小松方正、渡辺文雄、五味龍太郎、山本一郎
1967年日本・大映/シネスコサイズ・カラー84分35mmフィルム
やくざ坊主 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


久保菜穂子、小松方正                 勝新太郎

1 2 3