映画「花くらべ狸道中」


市川雷蔵、勝新太郎                 若尾文子

今回は田中徳三監督1961年製作「花くらべ狸道中」をピックアップする。
本作は、「初春狸御殿(1959年)」に続いて市川雷蔵、勝新太郎、若尾文子トリオで送るオペレッタ「狸御殿もの」のバリエーション作品で、突っ込みどころ満載の和風ミュージカル作品である。ステージが狭いのか、ホリゾントが近すぎて遠近の美しさが出てないのが残念。内容も現代のセンスとテンポを期待する訳ではないが、夢の希釈されたメルヘンだ。エンディングの大映の新進女優によるレビューシーンはお宝だそうだ。


中田康子                     花くらべ狸道中

【ストリー】
狸の国の大王選挙で、江戸文福党の放った刺客、党主文福の娘きぬた(中田康子)と腹心茂十(宮坊太郎)らの刃に重傷を負った阿波徳島党の首領文左衛門(葛木香一)に代って雷吉(市川雷蔵)と新助(勝新太郎)が江戸へ行くことに決った。雷吉の恋人たより(若尾文子)は貧しいが純情娘、雷吉の身を案じて木の実の首かざりを餞別に贈った。雷吉に好意を持つ主人の娘しのぶ(近藤美恵子)はそれをみてがっかりする。雷吉、新助は弥次郎兵衛、喜多八になりすまし阿波を出発した。京は三条、池田屋へ宿をとった二人を見出したきぬたは、仇っぽい旅絵師お伝に化けて酒と女に甘い喜多八をグラマーで悩殺、あわや一命も危いところへ弥次郎の化身の街によって救われた。無一文で京を逃げだした二人は、桑名の賭場で弥次郎が賽に化けたため喜多八の勝ち放し、ゴキゲンなところへ現われたお伝がそれを喋ったため賭場は大騒動。弥次郎とはぐれた喜多八は、お伝や茂十の術策に俵につめられ川に投げこまれた。弥次郎も文福党一味に襲われるが、たよりのくれた首飾りが危険信号を発して、危いところを免れ、またそれによって喜多八を救った。その頃、雷吉恋しさにたよりは彼を追って江戸へ旅立った。それを知ったしのぶも江戸へ。重なる失敗に文福党は、大挙して箱根で網を張った。そこで展開された虚々実々の化けくらべでは、弥次喜多コンビの化け勝ちとなって難関を突破した。次の宿で祝盃をあげる二人にたよりがたずねて来たが、喜多八はお伝と思って追い返した。一人のたよりを捕えた文福党はそれをおとりに弥次喜多を捕まえてしまった。それをみて、たよりは泣き出した。そして、その涙は真珠の玉となって流れ弥次喜多をしばる縄は切れてしまった。さすがのお伝もたよりの美しい心に負けて牢の鍵をあけてやるのだった。いよいよ狸御殿で大王選挙が行われようとした時、現われた弥次喜多が激しい乱闘の末、文福(見明凡太朗)をとりおさえるが、彼らの罪を許し、これからは仲良くやっていこうと手をさしのべた。折から、徳島より傷いえた文左衛門が到着、大王の地位は彼に決定した。今や平和に戻った狸御殿では賑やかな狸祭りが始まっていた。


楠トシエ                      五月みどり

題名:花くらべ狸道中
監督:田中徳三
企画:辻久一
製作:武田一義
脚本:八尋不二
撮影:本多省三
照明:加藤博也
録音:海原幸夫
音効:倉嶋暢
美術:内藤昭
装置:林米松
技斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:浜口庫之助
現像:東洋現像所
製作主任:橋本正嗣
助監督:土井茂
色彩計測:白波瀬直治
スチール:藤岡輝夫
出演:市川雷蔵、勝新太郎、若尾文子、中田康子、近藤美恵子、五月みどり、楠トシエ、浦路洋子、宮川和子、小林勝彦、赤坂小梅、宮坊太郎、葛木香一、見明凡太朗
1961年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー79分35mmフィルム
花くらべ狸道中 -DVD-
2019年12月現在、DVDレンタルはありません。


花くらべ狸道中

映画「日本侠客伝 浪花篇」


鶴田浩二                     高倉健、長門裕之

今回のマキノ雅弘監督1964年製作「日本侠客伝 浪花篇」は、東映京都太秦撮影所で撮られた「日本侠客伝」シリーズ第2作になる。高倉健さんの人気を決定的なものにした東映任侠映画長期シリーズの草分け的存在「網走番外地」「昭和残侠伝」と並ぶ代表的シリーズだ。今回は大阪を舞台に “いなせ”の世界に生きる堅気の職人や博徒と、彼らを脅かす新興やくざや悪徳業者” との対立がドラマの主軸となり、主人公の高倉健さんは、ヤクザの本道を守る任侠の士として敵対する組織と闘う。


村田英雄                       八千草薫

【ストリー】
大正8年。横浜日東組の代貸し藤川宗次(高倉健)は、作業中に事故死した仲仕の弟勝男の骨を受け取りに大阪の浪花運送へやってきた。浪花運送は大坂南の博徒新沢一家が経営する荷受業で、社長の黒木(天津敏)は仲仕を借金で縛りへ牛馬のようにこきつかっていた。仲仕寅松(長門裕之)からその非道振りを訴えられた藤川は、黒木を痛めつけた。怒った新沢(大友柳太朗)は子分たちに藤川の後を追わせた。そんな藤川を救ったのは荷受業者半田(内田朝雄)とその弟分和田島(村田英雄)であった。半田たちの仕事を奪おうとする新沢は、半田の下に逃げこんだ藤川を利用して、いやがらせを始めた。だが太腹の半田は、そんなことには動じなかった。そんなとき海軍大演習に向う石炭輸送船が機関の故障で大坂港へ寄港し、半田組はその陸送を請け負った。いやがらせでは動ぜぬと見た新沢は、仲仕たちを一人拾円というケタ違いの日当で売収した。約束の時限は迫り、少人数で陸揚げする半田や和田島は窮地にたった。がこれを知った藤川は仲仕たちに新沢の謀略を説いてまわった。仲仕たちもこれにめざめ、金をたたき返すと藤川の後に続いた。作業は無事終った。しかしその夜、和田島は闇討にあい殺された。そんな時、新沢組の代貸し冬村(鶴田浩二)が刑を終えて出所した。冬村は組の横暴を認め、この結着は必ずつけると約束して、いきりたつ藤川を押えた。だが遊廓に働く冬村の女房千代(南田洋子)はいまでは新沢に身うけされ、新沢も冬村に冷かった。一方、子分寅松と恋人おしん(八千草薫)を添わせようと送りだした藤川のもとに、数日後寅松が死体となって送り返されてきた。おしんを横恋姦する黒木の子分金山(関山耕司)の仕業だった。怒りにふるえる藤川は単身新沢組に向った。が、そこはすでに屍の山であった。新沢に裏切られ、さらに寅松殺しにまきこまれて千代をも失った冬村の怒りの後であった。警察の包囲する中で二人は互いの心に温いものが通い合うのを感じていた。


鶴田浩二、南田洋子              高倉健、八千草薫、長門裕之

題名:日本侠客伝 浪花篇
監督:マキノ雅弘
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
脚本:野上龍雄、笠原和夫、村尾昭
撮影:三木滋人
照明:増田悦章
録音:墨関治
美術:富田治郎
装置:前川宗太郎
装飾:松原邦四郎
美粧:佐々木義一
結髪:西野艶子
衣装:三上剛
技斗:谷俊夫
記録:国定叔子
編集:河合勝巳
音楽:齋藤一郎
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学工業
製作主任:並木正夫
助監督:篠塚正秀
スチール:佐野秀雄
出演:鶴田浩二、高倉健、村田英雄、大友柳太郎、里見浩太郎、長門裕之、内田朝雄、南田洋子、八千草薫、五月みどり、天津敏、入江若葉、関山耕司、藤山寛美
1965年日本・東映京都/シネスコサイズ・カラー98分35mmフィルム
日本侠客伝 浪花篇 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


里見浩太郎、内田朝雄                 五月みどり

日本侠客伝 浪花篇

映画「男はつらいよ・寅次郎物語」


渥美清                     秋吉久美子(マドンナ役)

今回は山田洋次監督1987年製作「男はつらいよ・寅次郎物語」をピックアップする。
第39作となる本作のロケ地は、奈良県吉野、和歌山県、三重県志摩市賢島、伊勢市二見町などで行われ、封切り時の観客動員は143万4,000人、配給収入は10億5,000万円だったそうだ。当時のロードショー入場料金は1,500円、併映は「女咲かせます(監督:森崎東 出演:松坂慶子、役所広司、平田満、川谷拓三、田中邦衛)」であった。


美保純                  秋吉久美子、渥美清、松村達雄、笹野高史
※本作は美保純さん演じる桂あけみが出演する最後の作品となった。

【ストリー】
秋晴れの昼さがり「とらや」を秀吉(伊藤祐一郎)という男の子が訪ねて来た。秀吉は寅次郎(渥美清)の香具師仲間“般若の政”とふでの子供だった。しかし政は女・酒・賭博に溺れたあげく、ふで(五月みどり)に蒸発された。それからの政は秀吉を連れて放浪の生活を送っていたが、病に冒されこの世を去ってしまった。「俺が死んだら寅を頼れ」という遺言に従い、秀吉は郡山から柴又へやって来たのだ。事情を聞いて「とらや」の皆はびっくりするが、間もなく寅が帰ってきた。寅と秀吉の母親捜しの旅が始まった。大阪の天王寺では誘拐犯と間違えられて派出所に連行されたりしたが、おふでさんが新和歌浦のホテルで働いていることをつきとめた。しかし、訪ねるとそこにはおらず吉野に移ったという。寅は元気のない秀吉を励まし、吉野へ行くがそこにもふではいなかった。その晩、秀吉は旅の疲れから高熱を出し、旅館で寝込んでしまった。子供を扱い慣れない寅次郎は大あわてだが、たまたま隣室にいた高井隆子(秋吉久美子)という女性が看病を手伝ってくれた。医者(松村達雄)も往診に来て、翌朝、熱は下がり秀吉は元気になった。その日、3人は仲睦まじく近くの観光名所などをめぐった。寅は隆子に不思議な縁を感じた。旅館の主人(笹野高史)の勘違いもあって2人はこの数日、「とうさん」「かあさん」と呼び合っていたのだ。隆子は化粧品のセールスマンとして働いていたが、美貌のわりには幸福とはいえない女だった。隆子と別れ、寅と秀吉の旅は続いた。吉野からふでが働いているという伊勢・志摩へやって来た。連絡船を降り、目当ての真珠店へ行くとふではいたが、病気のため海岸の病院で療養中とのことだった。久しぶりに対面する母と子を見て、寅はホッとするのだった。寅は引きとめられたが、秀吉が自分に未練をもってはいけないと連絡船の乗り場へと急いだ。そして心を鬼にして「おじさんと一緒に柴又へ帰りたい」という秀吉を叱るのだった。正月に隆子が「とらや」を訪ねてきた。秀吉をはさんで「とうさん」「かあさん」と呼び合っていた当時のエピソードで皆、盛り上がっている。ふでからは「秀吉と2人で幸せに暮らしています」と年賀状がきていた。年が明けて寅次郎は二見が浦で、露店を開いていた。仲間のポンシュウ(関敬六)と雑談している寅の前をふでと秀吉と連絡船の船長(すまけい)が仲睦まじく歩いていた。


吉岡秀隆、美保純           前田吟、下條正巳、太宰久雄、倍賞千恵子、三崎千恵子

題名:男はつらいよ・寅次郎物語
監督:山田洋次
企画:小林俊一
製作:島津清
原作:山田洋次
脚本:山田洋次、朝間義隆
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:鈴木功
調音:松本隆司
美術:出川三男
編集:石井巌
音楽:山本直純 主題歌・唄:渥美清
撮影機材:パナビジョン
フィルム:富士フィルム
現像:東京現像所
製作主任:峰順一
製作進行:副田稔
助監督:五十嵐敬司
スチール:長谷川宗平
出演:出演:渥美清、秋吉久美子、倍賞千恵子、前田吟、三崎千恵子、太宰久雄、笠智衆、佐藤蛾次郎、下條正巳、美保純、吉岡秀隆、五月みどり、松村達雄、伊藤祐一郎、笹野高史、イッセー尾形、河内桃子、正司敏江、すまけい、関敬六
1987年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー101分35mmフィルム
公式サイト
男はつらいよ・寅次郎物語 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


五月みどり                     秋吉久美子

1 2