映画「薄化粧」


「薄化粧」緒形拳

緒形拳、藤真利子                  浅野温子、緒形拳

今回は五社英雄監督1985年製作「薄化粧」をピックアップする。
本作は実話を基にした西村望氏の原作を映画化したもので、緒形拳さんの抑えた演技が冴えるが、「復讐するは我にあり」に比べ、情念の迫力が足りないと感じた。これは構成が、時系列を曖昧にして、必死の追跡・逃走という大事な側面を薄めてしまっているのが原因ではないかと思う。逮捕直前のラストにカタルシスが全くなかった。しかし俳優陣の演技は、誰を見ても素晴らしく、決して悪い作品ではない。


川谷拓三                      大村崑、川谷拓三

【ストリー】
昭和23年、ある山奥の鉱業所。坂根藤吉(緒形拳)は坑夫として鉱山で働き、妻ふくみ(浅利香津代)、息子と3人で暮らしていた。そんなある日、鉱山で落盤事故が発生しその補償問題で鉱夫の代表として会社側と掛け合った坂根は、逆に多額の裏金を会社側から掴まされてしまう。坂根の運命の歯車が狂いだしたのはこのときからであった。裏金を元に金貸しをはじめた坂根は、事故で夫を亡くした地所テル子(浅野温子)に接近、親密な仲になる。そして、このことが原因で妻ふくみと一人息子を次々と惨殺。また、坂根は金を貸しているのをいいことに仙波徳一の妻すゑ(宮下順子)とも肉体関係を結び、すゑの一人娘弘子松本伊代()にまで手を出そうとする。しかし、弘子は坂根からたくみに金を引き出したあげくに、鉱業所の課長と結婚してしまう。小娘に翻弄されたことに気づいた坂根は、弘子の婚礼の夜、ダイナマイトを持ち出し、仙波家を木端微塵に吹き飛ばしてしまった。この爆破容疑で逮捕された坂根は、真壁刑事(川谷拓三)、松井刑事(大村崑)の執拗な追求に合い、ふくみ・喬殺しも発覚。留置場に入れられた坂根は突然、隠し持っていた剃刃で自殺をはかるが奇跡的に一命はとりとめた。昭和27年、坂根は刑務所を脱走。以後、素性を隠しながら各地の飯場を転々と渡り歩く、流浪の旅が続いた。一方、警察側も坂根逮捕に全力をあげ、真壁刑事が追跡を開始した。そんな逃亡生活の果てに、坂根は一人の薄幸の女・内藤ちえ(藤真利子)と巡り合う。坂根にとってちえは、初めて出会った菩薩のような女であった。ちえも坂根に強く魅かれ、やがてふたりは自然に親密な関係になっていった。ある日、ちえは照れる坂根に無理矢理、眉墨を引いた。最初はいやがっていた坂根だが、鏡を見るとそこには全く別人の自分があり、以後、出歩く時には必ず化粧をすることにした。しかしそんなふたりの仲も、捜査の輪を刻一刻とせばめる警察によって引きさかれてしまった。ちえは金持ちの旦那のところにかこわれ、坂根はまた旅へ。彼女は坂根の素性を風呂屋の手配書を見て全て知っていた。だが、坂根に強く魅かれるちえは別れる時に、彼に住所を教えた。そして、ちえのことを忘れられない坂根は彼女の元へ。久し振りにほんのつかの間の逢瀬をたのしんだ坂根はまた旅へ出るため夜のプラットホームへ行き、便所で化粧をすませでてくると、そこには彼のあとを追ってきたちえがいた。そしてふたりでの逃亡がはじまろうとした時、突然、警察のサーチライトが一斉に点灯した。


「薄化粧」緒形拳、浅野温子

緒形拳、浅野温子                    緒形拳、藤真利子

「薄化粧」藤真利子

題名:薄化粧
監督:五社英雄
製作:升本喜年、遠藤武志、西岡善信、宮島秀司、徳田良雄、高橋泰
原作:西村望「薄化粧」
脚本:古田求
撮影:森田富士郎
照明:美間博
録音:大谷巖
整音:星一郎
音効:本間明
美術:西岡善信
装飾:福井啓三
美粧:山崎邦夫
結髪:西林トミ
衣裳:松田一雄
特殊機械:西村伊三男
記録:野田多喜子
編集:市田勇
音楽:佐藤勝 主題歌:竹中直人、夏木マリ「MORE(追想)」
現像:東洋現像所 合成:デン・フィルムエフェクト
撮影機材:三和映材社、日本映機
製作主任:静川和夫
製作進行:西村維樹、酒井実
演技事務:内海透
助監督:南野梅雄
色彩計測:宮島正弘
照明助手:井上武
録音助手:小西進
美術助手:加門良一
編集助手:小磯真佐美
スチール:小山田幸生
出演:緒形拳、藤真利子、浅野温子、川谷拓三、竹中直人、柳沢慎吾、宮下順子、浅利香津代、大村崑、笑福亭松鶴、小林稔侍、菅井きん、花澤徳衛、萩原流行、松本伊代
1985年日本・五社プロダクション+映像京都+松竹/ビスタサイズ・カラー124分35mmフィルム
薄化粧 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


竹中直人、緒形拳                  菅井きん、浅野温子

松本伊代                         緒形拳

映画「暴力街」


安藤昇                          小林旭

今回は五社英雄監督1974年製作「暴力街」をピックアップする。
本作は、500人以上の構成員が在籍した安藤組の元組長であった安藤昇さんが主演である。
安藤昇さんは、1964年に安藤組解散後、1965年に自らの自叙伝を松竹で映画化した「血と掟」に主演し、映画俳優へ転向した。1967年には東映に移籍して「懲役十八年」で東映初出演をする。また五社英雄監督は、東映京都撮影所がホームグラウンドであった為、本作は東映東京撮影所で撮った唯一の作品になった。製作当時、岡田茂東映社長は、東映ポルノ路線から撤退し”今後は実録ものとギャングもの、それに歌謡路線を強化して行く”という新方針を打ち出した背景があった。


室田日出男、安藤昇、夏八木勲              赤座美代子

【ストリー】
もと関東東菊会幹部江川組々長・江川紘一(安藤昇)は、今では足を洗い銀座のクラブ・マドリッドを経営し、情婦の晃子(川村真樹)と平穏な生活を送っていた。関西西日本連合会が全国制覇の最後の拠点、東京・銀座に乗り出して来た。銀座の中心マドリッドに目をつけた西日本連合会だが、東菊会の剛原(高田繁司)も同幹部・矢崎竜二(小林旭)を指し向けて、マドリッド買収に乗り出した。しかし、江川はあくまでマドリッドを守る態度を示した。一方、東菊会たちの仕業に腹をすえかねた江川の配下の望月(室田日出男)たちは、江川に内密で江川組再建を企てた。望月はチンピラ数人で、東菊会経営の新興企画の新人歌手・天野マリ(中津川みなみ)を誘拐し、それを西日本連合会の仕業にみせかけ1億円の恐喝を行なった。そして、数日後、天野マリが死体で発見され、マスコミはこの事件の背後に関東・関西の暴力団の抗争がからんでいると騒ぎたてた。望月は1億円を手に入れ、元江川組々員・浜勇喜(夏八木勲)に金を預けた。そして望月、浜は江川に組再建を打診するが、江川は拒否する。一方、天野マリ誘拐が望月たちの仕業だと知った東菊会は、殺し屋を雇い望月たち江川の配下を殺した。今まで沈黙を保っていた江川は、配下の無残な死に様を見て、遂に剛原に喧嘩状をたたきつけた。それを知った浜は、かつての江川組々員に連絡し、解体屋をしているギザゴロの辰(菅原文太)を江川に紹介した。辰は解体屋をしながら、手製の銃を百挺余り作っていた。戦いの用意は整った。江川たちは、西日本連合会に対する作戦を練っている東菊会の幹部たち--諸木(小池朝雄)、二橋(葉山良二)、山岡(佐藤京一)、東松(八名信夫)、西田(土山登志幸)、そして矢崎の中に殴り込みをかけた。銃撃戦が繰り広げられ、江川と辰は山岡、東松、西田を殺し逃走するが、途中で辰は殺されてしまった。江川は、剛原の妻で、もと恋人の悠子に助けられ逃げのびる。一方、必死で江川を探す矢崎は、江川の情婦・晃子のアパートへ行き、江川をおびき出そうとした。江川は、罠にはまってしまったが一目散に逃げ、ある養鶏場に身を隠す。矢崎は、江川の逃げ場所を察知するが、単身で江川に対決を挑んだ。一方、剛原は江川の銃弾で倒れてしまったために、幹部の諸木が東菊会の会長に納まり、西日本連合会々長・島村と手を組んだ。そして、島村たちにとって邪魔な江川、矢崎の二人を殺す相談を秘かに進めていた……。


中津川みなみ                     川村真樹

安岡力也                       マダム・ジョイ

小池朝雄、葉山良二                  暴力街

題名:暴力街
監督:五社英雄
企画:吉田達
原案:五社英雄
脚本:掛札昌裕、中島信昭
撮影:山沢義一
照明:梅谷茂
録音:広上益弘
美術:中村修一郎
装置:小早川一
装飾:田島俊英
美粧:入江荘二
美容:石川靖江
衣裳:宮下貞子
擬斗:日尾孝司
記録:高津省子
編集:祖田富美夫
音楽:佐藤勝 挿入歌:中津川みなみ「恋はノンノン」
現像:東映化学
進行主任:東一盛
助監督:福湯通夫
演技事務:山田光男
スチール:遠藤努
出演:安藤昇、小林旭、夏八木勲、川村真樹、赤座美代子、小池朝雄、葉山良二、室田日出男、菅原文太、丹波哲郎、マダム・ジョイ、高田繁司、松井康子、中津川みなみ 、佐藤京一、八名信夫、安岡力也、土山登志幸、潮健児
1974年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー96分35mmフィルム
暴力街 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


安藤昇、菅原文太                    安藤昇

映画「櫂」


緒形拳                        十朱幸代

今回は五社英雄監督1985年製作「櫂」をピックアップする。
鬼龍院花子の生涯」「陽暉楼」に続き「高知三部作」の完結編である本作は、原作の宮尾登美子氏、脚色の高田宏治氏と五社英雄監督が組んだ文芸巨編で、大正初期から昭和10年代までの高知を舞台に、女衒の一家とそれに関わる様々な人間の波瀾にとんだ事件の数々を描いたものだ。

※女衒(ぜげん)は主に若い女性を買い付け、遊郭などで性風俗関係の仕事を強制的にさせる人身売買の仲介業であり、人買の一種である。


名取裕子                     真行寺君枝

緒形拳、十朱幸代                 真行寺君枝

名取裕子                     真行寺君枝

【ストリー】
大正3年、初夏の高知。縁町界隈で芸妓・娼妓紹介業を商う富田岩伍(緒形拳)は商用で大阪・神戸をまわって、旅の途中で拾った少女・菊(石原真理子)を連れて帰ってきた。富田の家には岩伍と喜和(十朱幸代)の間に病弱な長男・竜太郎(井上純一)、きかん坊の次男・健太郎(田中隆三)の息子があり、それに番頭格の庄(左とん平)、女中の鶴、若い衆の米と亀がいる。金使いの荒い岩伍のせいで、人知れず貧乏所帯をきりまわす喜和に、またひとつ菊の養育という苦労が重なった。ある日、喜和は岩伍に命じられるまま、赤貧にあえぐ裏長屋の巻に米を届けた。折悪しくそこは赤痢騒ぎ、しかも巻の無残な死骸を見た喜和は不覚にも気を失って倒れた。死んだ巻の娘・豊美を芸事修業のため、岩伍が大貞楼にあずけたのは、それから間もなくのことだった。そして大正15年5月。菊は19歳の美しい娘に成長していた。大貞楼にあずけられた豊美は名も染勇と改め、高知一の芸者になっていた。健太郎、竜太郎も19歳、17歳とそれぞれ成長していたが、喜和の心痛は竜太郎の病弱、健太郎の放蕩だった。この頃、岩伍は40歳中ばの男ざかり、豊栄座に招いた娘義太夫の巴吉と肉体関係をもっていた。かねてより女衒という恥かき稼業を嫌っていた喜和はそのことが原因で実家である小笠原家に戻っていたがそこに大貞楼の女将、大貞が訪れ、とりなしを計った。巴吉と岩伍は別れさせるが二人の間にできた子供は喜和が育てるべきだ、と。喜和はあまりの理不尽さに身体がふるえた。喜和が緑町の家に帰ってから間もなく、岩伍と対立する谷川一家の賭場で刃傷沙汰を起こし、弟をかばった竜太郎が多量の血を吐いて息を引き取った。そして一方、岩伍の子を産み落とした巴吉は高知を去り、綾子と名付けられた赤ん坊の育事は喜和の仕事となった。昭和11年5月。綾子は11歳の愛くるしい少女に成長したが、喜和は病いに倒れた。手術の末、奇跡的に命はとりとめたものの、髪を次第に失っていく悲運に見まわれた。岩伍は今では大成し、朝倉町に移っていたがそこに照という女を住まわせていた。ある日、今は父親の仕事を手伝っている健太郎は岩伍の意向で喜和に隠居を命じた。喜和は綾子を連れて実家に身を寄せたが、追い打つように岩伍からの離縁話、そして綾子を返せという達し。今では綾子だけが生きがいとなっている喜和はこれを拒否、岩伍の殴打が容赦なく飛ぶ。そのとき綾子が出刃包丁で岩伍に斬りかかった。こんな骨肉の争いがあって間もなく、喜和は大貞の意見を入れ、身を切られるような気持ちで綾子を岩伍のもとに返す決心をした。別れの日、橋のたもとで喜和は綾子が岩伍の家に入るまで見送った。喜和はひとり、岩伍の家に背を向けた。


石原真理子、井上純一             左とん平、成田三樹夫

題名:櫂
監督:五社英雄
企画:日下部五朗、奈村協、遠藤武志
原作:宮尾登美子
脚本:高田宏治
撮影:森田富士郎
照明:増田悦章
録音:荒川輝彦
美術:西岡善信
装置:野尻裕
装飾:西田忠男
背景:西村三郎
衣裳:森護
美粧・結髪:東和美粧
擬斗:土井淳之祐
刺青:毛利清二
記録:田中美佐江
編集:市田勇
音楽:佐藤勝 主題歌:小椋佳
現像:東映化学
進行主任:山本吉應
監督補佐:清水彰
助監督:長岡鉦司
スチール:渋谷典子
出演:緒形拳、十朱幸代、名取裕子、石原真理子、井上純一、真行寺君枝、白都真理、草笛光子、藤山直美、島田紳助、高橋かおり、島田正吾、成田三樹夫、左とん平、ハナ肇、園佳也子、片桐竜次、田中隆三
1985年日本・東映/ビスタサイズ・カラー134分35mmフィルム
櫂 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


十朱幸代、ハナ肇、、園佳也子

1 2 3