映画「帝銀事件死刑囚」

帝銀事件死刑囚帝銀事件死刑囚
内藤武敏                       信欣三

今回は熊井啓監督1964年製作「帝銀事件死刑囚」をピックアップする。
戦後の混乱期に発生した大量毒殺事件である帝銀事件の犯人として逮捕され、死刑が確定した平沢貞通氏の冤罪を扱った作品である。死刑宣告をされ、釈放されないまま、逮捕から獄死(1987年)までの39年間を死刑囚独房で過ごしたのだ。こんな不条理な事実を行う捜査当局、司法は、何なのだろうか?死刑制度の賛否は、被害者側の立場に立つと分からないでもないと思うが、冤罪で死の恐怖を39年間も受けた平沢貞通氏とその家族に対する報いは、誰が責任を取るのというのか?これは史実であり、フィクションではないのだ。

帝銀事件死刑囚帝銀事件死刑囚
笹森礼子                        井上昭文

【ストリー】
昭和23年1月26日の午後3時すぎ、豊島区の帝国銀行椎名町支店に、中肉中背の中年の男が訪れた。男は東京都衛生課、厚生省医学博士の名刺を出し、赤痢の予防薬と称して、進駐軍の命により予防薬を行員、家族16名に飲ませた。ピペットで白濁の液を茶碗に分ける手つきは、職業的な鮮かさであった。が、数分後、その液を飲んだ行員は、苦悶の絶叫とともに、血を吐いて倒れていった。犯人は、現金、証券18万円を奪って逃走した。警察、新聞、国民の眼は一斉に活動を始めた。昭和新報の敏腕記者、大野木(鈴木瑞穂)、笠原(庄司永建)、武井(内藤武敏)らも動き始めた。被害者のうち12名が死亡していた。毒物の捜査班は、犯人の使った青酸性化合物が、終戦直前、731部隊で極秘裡につくられた毒物と知った。武井は731の生き残り将校佐伯に会い、毒物について、追求したが、佐伯は語ろうとしなかった。デスクの大野木は、その直前GHQのバートン主席から、731部隊を追求するのをやめるよう注文された。一方、国木田警部補(陶隆司)ら名刺捜査班は、名刺の所有者である、モンタージュ写真に似た画家平沢貞通(信欣三)を逮捕した。事件直後、かなりな金を預金しているのだ。首実検の結果、大半は彼を否定し犯人と言いきる者は一人もいなかった。国木田と森田検事(草薙幸二郎)は、筆跡鑑定の結果クロをもって、執拗に食いさがった。9月、平沢はついに真犯人であることを自供した。しかし、彼はすぐそれをひるがえした。強圧的な肉体的、精神的尋問に耐えられず自白したというのだ。しかし、東京地方裁は、死刑を宣告し、東京高裁も死刑を確定した。だが、刑の執行は、いまだに行われない。彼は、仙台宮城刑務所に移送されているのだが……。娘の俊子(柳川慶子)は、国籍を捨てアメリカに渡っていった。そして、それからみつけられた数々の事実は、平沢のシロを証明するものばかりなのだが……。

帝銀事件死刑囚帝銀事件死刑囚
高品格

題名:帝銀事件死刑囚
監督:熊井啓
企画:柳川武夫
脚本:熊井啓
撮影:岩佐一泉
照明:吉田協佐
録音:古山恒夫
美術:千葉和彦
編集:丹治睦夫
音楽:伊福部昭
製作担当者:栗橋正利
助監督:渡辺昇
スチール:目黒祐司
出演:信欣三、内藤武敏、笹森礼子、柳川慶子、井上昭文、北林谷栄、平田大三郎、庄司永建、藤岡重慶、木浦佑三、伊藤寿章、長尾敏之助、草薙幸二郎、高品格、陶隆司
1964年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ108分35mmフィルム

帝銀事件死刑囚帝銀事件死刑囚
北林谷栄                         柳川慶子

映画「銀座の恋の物語」

銀座の恋の物語銀座の恋の物語
石原裕次郎                      浅丘ルリ子

今回は藏原惟繕監督1962年製作「銀座の恋の物語」をピックアップする。
本作は、1961年に発売された石原裕次郎さんと牧村旬子さんの同名デュエット曲がヒットした事から制作された古典的な純愛作品である。東京都中央区の銀座の街、和光の時計台、数寄屋橋交番などのロケに加え、当時日活撮影所にあったオープンセットも多く使われている。

銀座の恋の物語銀座の恋の物語
ジェリー藤尾                     江利チエミ

【ストリー】
伴次郎(石原裕次郎)はジャズ喫茶のピアノひきの宮本(ジェリー藤尾)と一つ部屋を仕切って同居する絵かきで、「銀座屋」の針子秋山久子(浅丘ルリ子)を愛していた。そして二人は一緒に考えた“銀座の恋の物語”を大事に胸に秘めていた。次郎と宮本は苦しい生活の中で助けあった。次郎は久子の肖像画作成に没頭した。一方、宮本はバーテンたちの企みで、クラブをクビになってしまった。次郎は久子と結婚するために信州の母のところへいくことになった。田舎行きの為、次郎は今まで売ろうとしなかった久子の肖像画を春山堂に売り払った。出発の日新宿へ見送りにいった久子は、横からとびだした車にはねられてしまった。久子は事故現場から姿を消したままになっていた。次郎にはやけ酒の日が続いた。ある日、宮本のピアノをひきあげにきた月賦屋を次郎と宮本は悪酔いが手伝って殴り、留置所にいれられた。次郎と宮本が釈放されて帰ってみると、二人の家は消えてなくなり、「銀座屋建築用地」の立札。宮本は憤り、次郎のとめるのもきかず、何処かへきえ去った。幾週かがすぎ次郎は久し振りで宮本にあった。宮本は豪華なアパートに住み、次郎の描いた久子の肖像画をもっていた。宮本の部屋からでた次郎はデパートに流れる久子の声を耳にした。久子は記憶喪失症になっていた。次郎は久子の記憶回復につとめ、二人の記憶がつながる肖像画を買いとりに、宮本の所へ行ったが彼は絵を手ばなさないといった。その時電話がなり、宮本は蒼然と外へとび出していった。彼は偽スコッチ製造の主犯だった。彼はひそかに久子をおとずれ、例の肖像画をおいて、そそくさとでていった。数日後、春山堂で次郎の個展がひらかれ、会場に流れる“銀座の恋の物語”のメロディに久子の記憶は回復した。

銀座の恋の物語銀座の恋の物語
ジェリー藤尾、井上昭文、石原裕次郎        下條正巳、石原裕次郎

題名:銀座の恋の物語
監督:藏原惟繕
企画:水の江瀧子
脚本:山田信夫、熊井啓
撮影:間宮義雄
照明:藤林甲
録音:福島信雅
美術:松山崇
記録:大和屋叡子
編集:鈴木晄
現像:東洋現像所
音楽:鏑木創 主題歌:石原裕次郎、牧村旬子「銀座の恋の物語」
製作主任:亀井欽一
助監督:西村昭五郎
色彩計測:竹内茂三
スチール:井本俊康
出演:石原裕次郎、浅丘ルリ子、江利チエミ、ジェリー藤尾、和泉雅子、清水将夫、深江章喜、清川虹子、高品格、河上信夫、三崎千恵子、井上昭文、南風洋子、下條正巳
1962年日本・日活/シネスコサイズ・カラー 93分35mmフィルム

銀座の恋の物語銀座の恋の物語
石原裕次郎                    浅丘ルリ子、石原裕次郎
銀座の恋の物語

映画「その人は遠く」

その人は遠く
「その人は遠く」芦川いづみ
その人は遠くその人は遠く
芦川いづみ                     和泉雅子、山内賢

今回は堀池清監督1963年製作「その人は遠く」をピックアップする。
私は芦川いづみさんを「硝子のジョニー野獣のように見えて(1962年蔵原惟繕監督)」で “この純粋無垢な美しさとはかなさ”は「 (1954年フェデリコ・フェリーニ監督)」のジュリエッタ・マシーナと肩を並べるのではないだろうか?
“現代のアイドル顔負けの芦川いづみさんに魅了された” と、以前、映画女優・芦川いづみさんを評したが、本作の出演シーンに何度もときめいた。これがファン心理の典型なのは分かっているが、現役若手女優でこの様な人が存在しないのが寂しい。

その人は遠くその人は遠く
山内賢、芦川いづみ                 信欣三、小夜福子

【ストリー】
高校3年生の岡田量介(山内賢)は大学入試を来年に控え、試験勉強に明け暮れている。母一人子一人の静かな生活を破ったのは、遠い親戚で国文科を卒業した才女の奈津子(芦川いづみ)だった。彼女の父親が急死したため、量介の家に来ることになったのだ。奈津子は量介が想像していた以上に美しく、岡田家は花が咲いたように明るくなった。同時に、奈津子のことが気になる量介は勉強に身が入らなくなった。まめまめしく働く奈津子を見て「花嫁修業中だからね」と微笑む母・久子(小夜福子)の言葉を聞き、量介は淋しさを感じた。ある日、奈津子が自分で彫ったという鎌倉彫のベン皿をくれた。翌日、量介はお礼に奈津子を東京見物に連れていき、二人は楽しい時間を過ごした。やがて試験シーズンとなり、合格発表の朝、奈津子のもとへ親せきから縁談話が届いた。量介は悲しくなり、大学合格も嬉しくなかった。しかし奈津子の縁談はまとまり、大沢(井上昭文)という大学教授と秋に結婚した。翌年の夏、量介は奈津子が幸福か自分の目でたしかめるため、大阪にある大沢と奈津子の新居を訪ねた。大沢に甘える奈津子の姿をみて、いたたまれぬ気持で帰京した量介を新たな悲しみが襲った。デパートへ買い物にいった久子が心臓麻痺で倒れたところを、車が撥ねたのだ…。

その人は遠くその人は遠く
芦川いづみ、山内賢                  井上昭文

題名:その人は遠く
監督:堀池清
企画:大塚和
原作:藤原審爾「遠い人」
脚本:金子担、青山民雄
撮影:姫田真佐久
照明:岩木保夫
録音:古山恒夫
美術:中村公彦
編集:丹治睦夫
音楽:西山登
製作主任:山野井政則
助監督:橋本裕
スチール:坂東正男
出演:芦川いづみ、和泉雅子、山内賢、下元勉、井上昭文、小夜福子、小園蓉子、信欣三、佐々木すみ江、堺美紀子、原恵子、市村博、紀原土耕、玉村駿太郎
1963年日本・日活/シネスコサイズ・モノクロ83分35mmフィルム

その人は遠くその人は遠く
芦川いづみ                      その人は遠く

1 2 3 5