映画「忍ぶ川」



栗原小巻                        加藤剛

今回は熊井啓監督1972年製作「忍ぶ川」をピックアップする。
熊井監督が病気療養中に原作を読み1966年にシナリオを書きあげ、吉永小百合さん主演、日活での制作を企画するが、ヌードシーンなどの懸念で吉永さんの両親の反対があり、さらに日活自身がロマンポルノに転換して頓挫する。熊井監督は長い闘病生活のあと日活を退社してから東宝と俳優座の提携制作が11年を経て決まり、栗原小巻さんが志乃役に起用され、結果として成功した。
(ウィキペディア参照)


加藤剛、栗原小巻                   井川比佐志

【ストリー】
哲郎(加藤剛)と志乃(栗原小巻)は料亭“忍ぶ川”で知りあった。哲郎は“忍ぶ川”の看板娘だった志乃に、初めての合った時から惹かれ、“忍ぶ川”に通うようになった。ある夜、話が深川のことに及んだ時、志乃は、私の生まれた土地で、もう8年も行っていないと言う。哲郎は志乃を誘い、薮入りの日に深川を案内することになった。志乃は洲崎パラダイスにある射的屋の娘で、父は郭(信欣三)では“当り矢のせんせ”と呼ばれていが、志乃が12歳の時、戦争で一家は栃木へ移住したのだ。やがて志乃だけが、弟や妹たちをおいて東京に働きに出ていたのである。深川から帰った夜、哲郎は志乃に手紙を書いた。「今日、深川で言いそびれた私の兄弟のことを、ここに記します。私は六人兄弟の末っ子です・・・」哲郎には兄が二人、姉が三人いて、上の姉二人は自殺、長兄は失踪、次兄はしっかりもので、哲郎を大学へ入れてくれたが、3年前に自分で木材会社を設立するという名目で逐電していた。一番最初に次姉が自殺した日が、よりによって哲郎の6才の誕生日だったため、それ以来彼は誕生日を祝ったことがない。哲郎の身の上を打ち明けた手紙に、志乃からの返事が来た。「来月の誕生日には私にお祝いさせて下さい。」7月末、志乃に婚約者(滝田裕介)がいることを知らされた哲郎が志乃に問いただすと、婚約はしたけれど、気はすすまず、栃木の父も反対しているという。哲郎は志乃に、その人のことは破談にしてくれ、そして、お父さんにあんたの好みにあいそうな結婚の相手ができたと、いってやってくれと言うのだった。秋の終わり、志乃の父の容態が急変した。志乃からひと目、父に会ってくれとことづかった哲郎は、急ぎ栃木の志乃の元へ--。「いたらぬものですが、志乃のことはなにぶんよろしゅうお願い申します」といい残し志乃の父は死んだ。その年の大晦日、哲郎は志乃を連れて故郷へ帰って来た。体の悪い父(永田靖)、老いた母(瀧花久子)、そして目の不自由な姉(岩崎加根子)、残された哲郎の家族は皆、志乃を気に入ってくれた。そうしてあくる二日、哲郎の家族だけで哲郎と志乃の結婚式があげられた。初夜。馬橇の鈴のさえた音に、二人は裸のまま、一枚の丹前にくるまり、馬橇の通りすぎるのをいつまでも見ていた……。翌朝、新婚旅行に近くの温泉へ向かう汽車の中から志乃は「見える、見える、あたしのうち!」と子供のようにはしゃぐのだった。


信欣三                       栗原小巻、加藤剛

山口果林                         忍ぶ川

岩崎加根子                       滝田裕介

題名:忍ぶ川
監督:熊井啓
製作:佐藤正之、椎野英之
原作:三浦哲郎
脚本:長谷部慶次、熊井啓
撮影:黒田清巳
照明:岡本健一
録音:太田六敏
音効:東洋音響効果
美術:木村威夫
美粧:井上静枝
衣裳:東京衣装
記録:吉田榮子
編集:井上治、丹治光代
音楽:松村禎三
現像:キヌタラボラトリー
製作担当:森園忠
製作進行:藤澤穆
監督補佐:宮川孝至
助監督:佐川功
演出助手:森川一雄、相澤徹、鈴木光義、稲田直也
撮影助手:高尾義照、西條正、金徳哲
照明助手:佐澤仁郎、前田基男、尾村厚
美術助手:佐久間聡、上田文雄
演技事務:入澤清
製作宣伝:本間宏
題字:加茂牛道人
録音スタジオ:櫂の会
協力:米沢市役所、米沢新聞社
スチール:岩井隆志
出演:栗原小巻、加藤剛、永田靖、信欣三、岩崎加根子、滝花久子、稲葉義男、滝田裕介、井川比佐志、可知靖之、山口果林、菅井きん、木村俊恵、片山まゆみ、阿部百合子、鹿野浩四郎、大西加代子
1972年日本・東宝+俳優座/スタンダードサイズ・モノクロ120分35mmフィルム
忍ぶ川 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


瀧花久子、永田靖、岩崎加根子、加藤剛、栗原小巻       加藤剛、栗原小巻

加藤剛、栗原小巻

映画「座頭市海を渡る」

座頭市海を渡る座頭市海を渡る
勝新太郎                      安田道代(大楠道代)

今回は池広一夫監督1966年製作「座頭市海を渡る」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第14作目になる。西部劇ティストの内容は、山賊対座頭市の対決と昔かな村民を描いているが、山形勲さんの山賊首領は嵌り役である。

座頭市シリーズ

座頭市海を渡る座頭市海を渡る
山形勲                         田中邦衛

【ストリー】
これまで斬った人々の菩提をとむらうため、座頭市(勝新太郎)は四国の札所めぐりを続けていた。船の中で暴力スリをこらしめたりした市だが、ある日、馬に乗って追ってきた栄五郎(井川比佐志)という男に斬りつけられ、止むなく彼を斬った。止むを得ないとはいえ、また人を斬った市の心は沈んだ。だから、栄五郎の家を訪ね、妹のお吉(安田道代)に腕を斬られた時、お吉の短刀をよけようともしなかったのだ。お吉は、実は優しい娘で、兄が殺されたと悟って咄嗟に市を斬ったのだが、今度はその市をかいがいしく介抱するのだった。お吉の話では、栄五郎が三十両の借金のために、土地の馬喰藤八(山形勲)から命じられて市を襲ったのだった。そして市を弟の仇と狙う新造(守田学)が藤八にそれを頼んだことが分った。また村の暴力一家の頭でもある藤八は、芹ケ沢の支配権を一手に握ろうと画策してもいた。だが、そこはお吉の土地だったから、藤八は邪魔なお吉に、女房になれと言ってきた。それを知った市はお吉の後見人となり真っ向うから藤八と対立したのだ。そんな二人を、名主の権兵衛(三島雅夫)は狡猾な計算で見守っていた。先ず市は栄五郎の香奠として、藤八に三十両を要求した。結局、競技で藤八の弓に居合で勝った市は三十両をせしめた。しかし、その帰途を藤八の子分が襲ったのだが、所詮市の居合に敵うはずもなかった。市とお吉は栄五郎の墓を建てて、しばらくの間楽しい日々を過ごした。そんなお吉に、恋人の安造(東野孝彦)が土地を捨てようと誘った。しかし、お吉は市を信じていた。やがて藤八は市に最後通牒をつきつけてきた。そしてその日、市はたった一人で藤八一家と対峙した。孤立無援の市を、村の人は助けようともしなかった。市は闘った、斬った、市は村人がきっと助けにくると信じて危機を切り抜けていた。やがて、安造が刀を手に現われた。そして安造が藤八の用心捧常念の槍に斃れた時、ついに、村人も市に加勢してきた。勇躍した市は一刀の下に藤八を斬った。そして市は、馬上から見送るお吉に別れを告げ夕焼空の彼方へと去って行った。

座頭市海を渡る座頭市海を渡る
三島雅夫                       座頭市海を渡る
座頭市海を渡る座頭市海を渡る
座頭市海を渡る                    勝新太郎

題名:座頭市海を渡る
監督:池広一夫
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:新藤兼人
撮影:武田千吉郎
照明:山下礼二郎
録音:大谷巖
音効:斎藤一郎
美術:西岡善信
擬斗:楠本栄一
編集:谷口登司夫
音楽:斎藤一郎
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:富嶋八蔵
スチール:小山田輝男
出演:勝新太郎、安田道代(大楠道代)、山形勲、五味龍太郎、千波丈太郎、井川比佐志、田中邦衛、三島雅夫、東野孝彦、伊達三郎、杉山昌三九、守田学、寺島雄作
1966年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー82分35mmフィルム
座頭市海を渡る -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

映画「遠野物語」


原陽子                      仲代達矢、隆大介

今回は村野鐵太郎監督1982年製作「遠野物語」をピックアップする。
本作は柳田國男氏の「遠野物語」と阿伊染徳美氏の「わがかくし念仏」をペースに 岩手放送開局30周年記念映画として制作された。撮影は岩手県遠野市(南部曲り家・千葉家、旧宮守村)、山形県鶴岡市(湯殿山注連寺・七五三掛桜)のロケセットで行われたそうだ。


江波杏子                    滝田裕介、藤村志保、原陽子

【ストリー】
明治37年、日露戦争の頃。岩手県南部遠野郷の豪農、佐々木家の一人娘小夜(原陽子)は、17歳になった。この日、霊山・早池峰の麓の寺では、オシラサマの祭りが行なわれていた。オシラサマとは養蚕の神で、馬に乗り天に昇った玉依伝説以来の信仰である。その夜、佐々木家では旅の琵琶法師乙蔵(仲代達矢)を招いていた。澄んだ琵琶のひと打ちで始まる「清悦物語」。その琵琶の音に門の前でじっと耳を傾けていた若者がいる。3年間の兵役を終えて、いま帰ってきた武夫(隆大介)である。武夫の家は、かつては佐々木家と並ぶ豪農であったが、父の代で没落し、いまでは佐々木家の小作として働いている。武夫も帰って来た翌日から佐々木家の馬小作となった。厩舎には、長男初太郎(役所広司)が目をかけている白馬がいた。その白馬には不吉な印<星>があった。武夫の前に小夜が現われ声をかけるが、武夫は頭を下げるとそのまま行ってしまう。二人は子供の頃から許婚の間柄だったが、武夫の家の没落で自然消滅、それでも小夜の思いは変わらないようであった。やがて日露戦争が激しくなり、小夜には縁談が持ちこまれる。思いあまった彼女は、武夫に相談しようとするが「住む世界が違います」と突っぱねられた。早池蜂の八幡神社の祭りの日、佐々木家の白馬は神馬に見たてられ、そして遠野独特の神楽舞いが始まった。この数日後、小夜は草刈り場で働く武夫を訪ね本心を問うが、武夫は何も言わず帰ろうとした。その手を押さえる小夜、だが彼は小夜の手を振りほどくのであった。そこへやってきた初太郎に、乱暴されたと小夜は言う。その夜、彼女は厩舎をたずねた。闇の中の武夫は、初太郎に鞭で打たれて傷だらけだった。思わず後ずさる小夜を、武夫は初めて抱きしめた。この後、武夫の姿は村から消えた。そして、ある夜乙蔵が小夜を訪ね、武夫からの預り物だと言って美しい柄の着物がたたまれている包みを渡す。この日から小夜は、何か心に決めたようで、両親にはっきりと縁談を断り、粉雪の舞う中、裸足でお百度を踏む。怒った両親は娘を部屋にとじこめた。ある夜、厩舎の白馬が柵をこわして走りだし、小夜も武夫から贈られた晴着を着て原野へと走り出した。失踪に気づいた家の者たちは騒ぎだす。その頃、早池峰山の稜線には、青白い炎に包まれて疾駆する白馬があった。その背ではロシア戦線にいるはずの武夫が、純白の軍服に身を包み、しっかりと小夜を抱いていた。白馬はたてがみをなびかせて、天に向かって駆けぬけていった。


原陽子、仲代達矢                    役所広司

題名:遠野物語
監督:村野鐵太郎
企画:河野逸平、原正人
製作:太田俊穂、佐藤正之、村野鐵太郎
原作:柳田國男「遠野物語」、阿伊染徳美「わがかくし念仏」
脚本:高山由紀子
撮影:吉岡康弘
照明:山田和夫
録音:日吉裕治
音効:小倉信義
美術:間野重雄、神田明良
装飾:中道正伸
結髪:小田節子
衣装:新井喜一(京都衣装)
編集:諏訪三千男 ネガ編集:青木千恵
記録:宮崎信恵
音楽:姫神せんせいしょん
現像:東洋現像所
プロデューサー:菅原正、久原正之
製作担当:林秀樹
製作助手:北島和久、渡辺螢子
監督補:笠倉隆
撮影補:馬場順一
助監督:鈴木政信、吉岡敏朗
撮影助手:下元哲
照明助手:熊谷茂、浅井勉、大里耕治
美術助手:正田俊一郎
編集助手:磯谷実
琵琶指導:川野虎雄
俳優担当:北川義浩、進藤淳一
協力:岩手県、遠野市、和賀町、山形県朝日村
スチール:西川ひろし
出演:隆大介、原陽子、江波杏子、仲代達矢、藤村志保、滝田裕介、役所広司、片桐夕子、峰岸徹、川口敦子、井川比佐志、菅井きん、葉山良二、長岡輝子
第35回サレルノ国際映画祭グランプリ受賞
1982年日本/スタンダードサイズ・カラー110分35mmフィルム
遠野物語 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


江波杏子、原陽子                    遠野物語

1 2 3 4