映画「雨あがる」


寺尾聰                        宮崎美子

今回は小泉堯史監督2000年製作「雨あがる」をピックアップする。
本作の脚本執筆中に骨折して療養生活に入り、完成させることなく亡くなった巨匠黒澤明監督の助監督として脚本執筆の手伝いをしていた小泉堯史氏の監督デビュー作である。小泉氏が黒澤監督から聞いた構想や残されたノートを参考に、補作して完成させた脚本を8ヶ月間の準備をしてからクランクインしたそうだ。以降、2002年「阿弥陀堂だより」2006年「博士の愛した数式」2008年 「明日への遺言」2014年「蜩ノ記」2020年公開予定「峠 最後のサムライ 」と作品を作られているが、全て35mmフィルムで撮られている。現在の日本の映画監督で、ムビオラやスタインベックでポジ編集を出来る方は希少であり、若い人は見たり触ったりした事もないと思うが、映し出された画は、デジタル映像では決して見れない奥深い世界がある。フィルムとはネガで撮影しポジで観るものであり、ネガ現像だけしてテレシネにするCM撮影などは本来のフィルム撮影ではない。

※黒澤明監督/1998年9月6日に享年88歳で亡くなられた。遺作は1993年製作「まあだだよ」
※日本では1985年頃を境にCM作品はフィルム納品(35mm→16mm)からデジタルテープ(D2)納品になり、ラッシュを取らずネガ・テレシネしてノンリニア編集する形態になった。


原田美枝子                       檀ふみ

【ストリー】
亨保時代。武芸の達人でありながら、人の好さが災いして仕官がかなわない武士・三沢伊兵衛(寺尾聰)とその妻・たよ(宮崎美子)。旅の途中のふたりは、長い大雨で河を渡ることが出来ず、ある宿場町に足止めされていた。ふたりが投宿する安宿には、同じように雨が上がるのを鬱々として待つ貧しい人々がいた。そんな彼らの心を和ませようと、伊兵衛は禁じられている賭試合で儲けた金で、酒や食べ物を彼らに振る舞う。翌日、長かった雨もようやくあがり、気分転換に表へ出かけた伊兵衛は若侍同士の果たし合いに遭遇する。危険を顧みず仲裁に入る伊兵衛。そんな彼の行いに感心した藩の城主・永井和泉守重明(三船史郎)は、伊兵衛に剣術指南番の話を持ちかけた。ところが、頭の固い城の家老たちは猛反対。ひとまず御前試合で判断を下すことになるが、そこで伊兵衛は、自ら相手をすると申し出た重明を池に落とすという大失態をしてしまう。それから数日後、伊兵衛の元にやってきた家老は、賭試合を理由に彼の仕官の話を断った。だが、たよは夫が何のために賭試合をしたかも分からずに判断を下した彼らを木偶の坊と非難し、仕官の話を辞退するのだった。そして、再び旅に出る伊兵衛とたよ。ところがその後方には、ふたりを追って馬を駆る重明の姿があった…。


仲代達矢                     寺尾聰、三船史郎

題名:雨あがる
監督:小泉堯史
製作:原正人、黒澤久雄
原作:山本周五郎
脚本:黒澤明
撮影:上田正治
照明:佐野武治
録音:紅谷愃一
音効:斎藤昌利
美術:村木与四郎
衣裳:黒澤和子
殺陣:久世浩
編集:阿賀英登
音楽:佐藤勝 音楽プロデューサー:斎藤昌利
フィルム:富士フィルム
撮影機材:シネオカメラ
現像:イマジカ
製作主任:木村利明
製作担当:熊田雅彦、鶴賀谷公彦
監督補佐:野上照代
助監督:鈴木康敬
撮影協力:斎藤孝雄
題字:黒澤明
アソシエイト・プロデューサー:桜井勉。吉田佳代
プロデューサー・アシスタント:荒木美也子
スチール:佐藤芳夫
【芸術文化振興基金助成事業作品】
出演:寺尾聰、宮崎美子、三船史郎、仲代達矢、吉岡秀隆、松村達雄、井川比佐志、加藤隆之、原田美枝子、檀ふみ、井川比佐志、頭師孝雄
2000年日本・アスミック・エース エンターテイメント/ビスタサイズ・カラー91分35mmフィルム
雨あがる -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「雨あがる」                  宮崎美子、寺尾聰

映画「霧の子午線」


吉永小百合、岩下志麻                  岩下志麻

吉永小百合                       玉置浩二

今回は出目昌伸監督1995年製作「霧の子午線」をピックアップする。
本作は、日本映画の二大女優である吉永小百合さん岩下志麻さんの初共演が、公開当時に話題を呼び、巨匠木村大作氏の計算された美しい映像で、二大女優が美しく引き立っている作品だ。
だがしかし、原作なのか脚色なのか分からないが、全共闘運動を背景とした学生時代の八重(吉永小百合)と希代子(岩下志麻)にリアリティがなく、現実のニュース映像に挟まれる痴話沙汰に、時代を捉える視点がない事が分かる。本作が二大女優のW主演でなければ、観る価値はなく駄作と言えよう。


山本耕史                        林隆三

風間杜夫                       岩下志麻、筑紫哲也

【ストリー】
クローン病という難病に犯されたちぎり絵師の沢田八重(吉永小百合)は、二度目の手術を受けた2年後、東京から函館へ引っ越した。八重を出迎えたのは大学時代からの親友で学園闘争をともに闘った、「函館日報」の記者・鳥飼希代子(岩下志麻)だった。彼女には文化部の後輩である高尾耕介(玉置浩二)という年下の恋人がいた。しかし、耕介はちぎり絵を出版する八重を取材した日、彼女と肉体関係を持ってしまう。手術の醜い傷がもとで恋人と別れていた八重は、希代子に後ろめたさを感じながらも、自分を愛してくれる耕介に気持ちを寄せていった。ふたりの関係に感づいた希代子は、八重の命がそのことで燃え続けてくれるのならという思いから、咎める気持ちを押さえていた。ある日、八重にひそかな憧れを抱いていた希代子のひとり息子の光夫(山本耕史)は、耕介が八重の家から出て来るところを目撃する。光夫は八重に思いのたけをぶつけたが、彼女に手術の傷を見せられて愕然とする。その晩、八重は光夫に彼の本当の父親のことを話した。学生時代、八重の恋人だった淡路新一郎(林隆三)は、次第に希代子にも恋情を抱くようになり、彼女と肌を重ねてしまった。八重はそれを咎めず、3人で奇妙な生活を始めるが、そんな関係に耐え兼ねた新一郎はふたりを残して外国へ身を隠してしまったのだ。その後、希代子が妊娠していることが分かり、そうして生まれたのが光夫だった。新一郎がノルウェーのベンゲルンに住んでいることを知った希代子は彼のもとを訪ね、八重も心配して希代子の後を追った。ふたりはそれぞれの思いを語り合い、ダンスを踊るが、突然に八重が倒れ、そのまま帰らぬ人となった。親友を失った希代子はベンゲルンの湖に向かって、八重の名前を何度も叫んでいた。


岩下志麻、林隆三                岩下志麻、吉永小百合

題名:霧の子午線
監督:出目昌伸
企画:岡田裕介
製作総指揮:横山和幸
製作:東一盛、小島吉弘
原作:高樹のぶ子「霧の子午線」
脚本:那須真知子
撮影:木村大作
照明:礒野雅宏
特機:多正行
録音:横溝正俊
音効:原尚
整音:本田孜 リーレコ:岡村昭治
美術:今村力
装飾:若松孝市
装置:下田春男
背景:松下潔
衣裳:大久保冨美雄、杉山敦子
スタイリスト:高橋靖子(吉永小百合)、高橋匡子(岩下志麻)、市川みどり
ヘアメイク:西野行徳(吉永小百合)、浦田尚美(岩下志麻)
化粧:青井美和
配役:福岡康裕
記録:椎塚二三
編集:西東清明 ネガ編集:橋場恵
音楽:星勝 テーマ曲:玉置浩二 主題歌:中島みゆき「二隻の舟」
現像:東映化学
デジタル合成:東映化学デジタルテック、マリンポスト
進行主任:榊田茂樹
製作補佐:湊美也子
製作担当:山田稔
製作進行:原田良晴、松本佳子
撮影補佐:信坂利文
助監督:原田昌樹
監督助手:梅原紀旦、中島雄一、高橋浩
撮影助手:清久素延、山内匡、今井孝博
照明助手:立石和彦、魚住俊哉、
特機助手:川俣克憲、古川元裕、冨川英伸、金子康博、三田村拓、堤義典、真道正樹
録音助手:高野泰雄、加来明彦、竹田雅樹
美術助手:福澤勝広、室岡秀信、奥濃新
装飾助手:平井浩一、柳沢武、高橋美香
編集助手:佐々木健
ノルウェーロケ担当:冨永理生子
音楽事務:新井明美、薄井洋明
ポスター撮影:篠山紀信
スチール:渋谷典子
出演:岩下志麻、吉永小百合、玉置浩二、山本耕史、林隆三、井川比佐志、北條えみ子、風間杜夫、本田博太郎、筑紫哲也
1995年日本・東映東京撮影所/ビスタサイズ・カラー106分35mmフィルム
霧の子午線 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


岩下志麻、吉永小百合                 岩下志麻

映画「夢」


今回は黒澤明監督1990年製作「夢」をピックアップする。
本作は黒澤監督自身が見た“夢”の世界を八つのオムニバス形式で描いたものだ。
黒澤監督は当初、合成場面は従来通り、すべてオプチカル合成で行うつもりであったが、フランシス・フォード・コッポラ監督の助言で、HDデジタル合成を初めて導入し、その特殊効果にはジョージ・ルーカス氏のILM (INDUSTRIAL LIGHT & MAGIC)、デンフィルム・エフェクトの中野稔氏が担当し「八月の狂詩(1991年)」「まあだだよ(1993年)」でも継承されたそうだ。また本作は、アメリカのワーナー・ブラザースが配給権を有している為に国内で上映可能なプリントは、東京国立近代美術館フィルムセンターに保存されている1本だけである事から「デルス・ウザーラ(1975年)」同様に日本でのフィルム上映の機会は希少の様だ。
——————————————————————————————————————
題名:夢
英題:AKIRA KUROSAWA’S DREAMS
監督:黒澤明
脚本:黒澤明
撮影:斎藤孝雄、上田正治
照明:佐野武治
録音:紅谷愃一
音効:三繩一郎、斎藤昌利
美術:村木与四郎、櫻木晶
小道具:浜村幸一
衣装:ワダエミ
化粧:上田庄七郎
結髪:中尾さかい
デジタル合成:ILM (INDUSTRIAL LIGHT & MAGIC)
マットペイント:上杉裕世、Caroleen Green
合成技術:中野稔(デンフィルム・エフェクト)
編集:黒澤明 ネガ編集:南とめ
音楽:池辺晋一郎
フィルム:イーストマン・コダック(日本コダック)
撮影機材:パナビジョン(三和映材社)
照明機材:リーカラートラン社、エンジニアライティング
現像:イマジカ
提供:スチーブン・スピルバーグ(アンフリン・エンターテーメント)
アソシエイト・プロデューサー:アラン・H・リーバート、飯泉征吉
プロデューサー:黒澤久雄、井上芳男
プロダクションマネージャー:野上照代
プロダクションコーディネーター:末弘巌彦
製作担当:丹波邦夫
製作主任:熊田雅彦
監督補佐:本多猪四郎
チーフ助監督:小泉堯史
助監督:米田興弘、酒井直人、杉野剛、早野清治、田中徹、ヴィットリオ・ダッレ・オーレ
撮影協力:原一民
スチール:原田大三郎
出演:寺尾聰、倍賞美津子、原田美枝子、根岸季衣、井川比佐志、いかりや長介、笠智衆、頭師佳孝、山下哲生、マーティン・スコセッシ、油井昌由樹、常田富士男、カトリーヌ・カドゥ
1990年日本・アメリカ・黒澤プロダクション/ビスタサイズ・カラー121分35mmフィルム
黒澤明「夢」-DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


倍賞美津子

【日照り雨】
江戸時代を思わせる屋敷の門前で、幼い私は突然の日照り雨にあう。畑仕事帰りの母から冗談交じりに「外へ出ていってはいけない。こんな日には狐の嫁入りがある。見たりすると怖いことになる」と言われるが、誘われるように林へ行くと道の向こうから花嫁行列がやってくる。しかし、木陰で見とれている私の存在を次第次第に意識するそぶりを見せつけてくる行列に、居たたまれなくなって自宅に逃げ帰ってしまう。帰り着いた屋敷は一転して冷たく閉ざされ、門前に立つ母は武家の女然として短刀を渡し、自ら始末を付けるよう告げ、引っ込んでしまう。閉め出された私はさまよう内に、丘の上から雨上がりの空を見上げるのだった。
出演:5歳の私:中野聡彦 私の母:倍賞美津子 狐の嫁入り:舞踊集団菊の会

【桃畑】
敷の広間で姉の雛祭りが行われている。遊びに来た姉の友人たちにお団子を運ぶが、6人来たはずなのに5人しかいない。姉におまえの勘違いだと笑われ、華やかな笑い声に戸惑って台所に逃げ出すと、裏口に同じ年頃の少女が立っている。逃げる少女を追って裏山の桃畑跡に辿りつくと、そこには大勢の男女がひな壇のように居並んでいた。彼らは木霊で、桃の木を切ってしまったお前の家にはもう居られないと告げ、責める。しかし、桃の花を見られなくなったのが哀しいと告げる私に態度を和らげ、最後の舞を披露してどこかへ去って行く。後には桃の若木が一本だけ、花を咲かせていた。
出演:少年の私:伊崎充則 桃の精:建みさと 姉: 鈴木美恵 雛人形達:二十騎の会


寺尾聰

【雪あらし】
大学生の私は、吹雪の雪山で遭難しかけていた。3人の山仲間と共に3日間歩き続けたあげく、疲労困憊して崩れ込んだまま幻覚に襲われる。朦朧とした意識の中、美しい雪女が現れ、誘うように問いかけてくる。「雪は暖かい、氷は熱い」と囁かれ、薄衣を被せるように深い眠りへと沈められそうになるが、危ういところで正気に返り、仲間達と山荘を目指し歩き始める。
出演:私: 寺尾聰 雪女:原田美枝子 パーティの仲間:油井昌由樹

【トンネル】
敗戦後、ひとり復員した陸軍将校が部下達の遺族を訪ねるべく、人気のない山道を歩いてトンネルに差し掛かると、中から奇妙な犬が走り出てきて威嚇してきた。追われるように駆け込んだトンネルの暗闇で私は、戦死させてしまった小隊の亡霊と向き合うことになる。自らの覚悟を語り、彷徨うことの詮無さを説いて部下達を見送った私はトンネルを出るが、またあの犬が現れ、吠えかかってきた。私はただ、戸惑うしか無かった。
出演:野口一等兵:頭師佳孝 少尉:山下哲生 第三小隊:二十騎の会

【鴉】
中年になった私がゴッホのアルルの跳ね橋を見ていると、いつしか絵の中に入っていた。彼はどこにいるのか。彼は「カラスのいる麦畑」にいた。苦悩するゴッホが自作の中を渡り歩く後を、私はついて行く…。
出演:私: 寺尾聰 ゴッホ:マーティン・スコセッシ(監督)
※この章では、ショパンの「雨だれの前奏曲」が使用されている。また、台詞は英語とフランス語(日本語は字幕のみ)で演じられている。

【赤富士】
大音響と紅蓮に染まった空の下、大勢の人々が逃げ惑っている。私は何があったのかわからない。足下では、疲れ切った女性と子供が座り込んで泣いている。見上げると富士山が炎に包まれ、灼熱し赤く染まっている。原子力発電所の6基の原子炉が爆発したという。居合わせたスーツの男は、懺悔の言葉を残すと海に身を投げた。やがて新技術で着色された、致死性の放射性物質が押し寄せる。私は赤い霧を必死に素手で払いのけ続けた…。
出演:私: 寺尾聰 発電所の男:井川比佐志 子供を抱えた女:根岸季衣


寺尾聰

【鬼哭】
霧が立ち込める溶岩荒野を歩いている私を、後ろから誰かがついてくる。見ると、1本角の鬼である。世界は放射能汚染で荒野と化し、かつての動植物や人間は、おどろおどろしい姿に変わり果てていた。鬼の男もかつては人間で農業を営んでいたが、価格調整のため収穫物を捨てた事を悔やんでいた。変わり果てた世界で何処へ行けばいいのか惑う私は、苦しみながら死ぬこともできない鬼に『オニニ、ナリタイノカ?』と問われ、ただ逃げ出すことしか出来なかった。
出演:私: 寺尾聰 鬼:いかりや長介 鬼達:二十騎の会


寺尾聰、笠智衆

【水車のある村】
私は旅先で、静かな川が流れる水車の村に着く。壊れた水車を直している老人に出会い、この村人たちが近代技術を拒み自然を大切にしていると説かれ、興味を惹かれる。話を聞いている内に、今日は葬儀があるという。しかしそれは、華やかな祝祭としてとり行われると告げられる。戸惑う私の耳に、賑やかな音色と謡が聞こえてくる。村人は嘆き悲しむ代わりに、良い人生を最後まで送ったことを喜び祝い、棺を取り囲んで笑顔で行進するのであった。
出演:私: 寺尾聰 老人:笠智衆 洗濯女:カトリーヌ・カドゥ 村人:常田富士男
※この章は長野県の大王わさび農場で撮影された。

夢(AKIRA KUROSAWA’S DREAMS)

夢(AKIRA KUROSAWA’S DREAMS)

1 2 3 4 5