映画「曽根崎心中」

曽根崎心中曽根崎心中
宇崎竜童                             梶芽衣子

今回は増村保造監督1978年製作「曽根崎心中」をピックアップする。
本作は近松門左衛門の原作を増村保造監督と白坂依志夫氏が脚色し映画化したものだ。
主演は、一見か弱いながらも芯の強い女(お初)を美しく演じた梶芽衣子さんと伝説のダウン・タウン・ブギウギ・バンドでデビューし、作曲家としても著名な宇崎竜童さんだ。増村保造監督は、ATG低予算映画で無駄をなくして見事に時代劇を完成させている。

曽根崎心中曽根崎心中
宇崎竜童、梶芽衣子

【ストリー】
大阪内本町の醤油屋・平野屋久右衛門の手代・徳兵衛(宇崎竜童)は、堂島新地天満屋の遊女・お初(梶芽衣子)と深くいいかわしていたが、天満屋の亭主の吉兵衛(木村元)とお内儀は、徳兵衛は律儀者だが、銭にならぬので深入りしないよう、事あるごとにお初に文句を言っていた。徳兵衛の正直さを見込んだ、彼の主人であり、伯父でもある久右衛門は、自分の妻の姪・おはると徳兵衛を一緒にさせようと考え、否応いわせぬために、徳兵衛の継母であるおさいを呼びつけ、銀二貫目を渡した。金にいとめのないおさいに、異存があるはずはなかった。久右衛門からこの話を聞いた徳兵衛は驚いた。母と勝手に相談して祝言をおしつけるとは、いくら旦那様でもひどすぎると、懸命に抗議する徳兵衛に、久右衛門は、新地の女郎と関り合いおはるを嫌うなら、この話を止めてもよいが、母親に渡した金を来月七日までに返す事、できない場合は、大阪から追放するという条件を持ち出した。大急ぎで田舎の母親のもとを訪れた徳兵衛は、やっとの思いでその金を取り戻した。一方、天満屋では、訪れぬ徳兵衛の事を心配し続けるお初に、好意を持たぬ客からの、身うけ話が持ち上っていた。田舎からの帰路、徳兵衛は偶然、親友の油屋九平次に出会った。青い顔をした九平次は博打に負け、自分の店を売らなければならない破目に陥っている事情を徳兵衛に話した。親友の窮状を見るに見かねた徳兵衛は、その金を、来月三日の朝までに返済するように約束し、九平次に貸した。この金が返らないと死ななければならないと念をおす徳兵衛に、必ず返すからと、九平次は証文を書いて徳兵衛に渡した。しかし、約束の三日の朝が来ても九平次は姿を現わさなかった。翌日、店を尋ねながらも九平次に会えなかった徳兵衛は、とりまきをつれて、九平次を追った。金の返済を強く要求する徳兵衛に、九平次は金を借りたおぼえもないとしらを切るのであった。徳兵衛は証文を見せるが、その証文の印は、以前に落したもので、お町衆にも改印届を出してある。九平次は逆に、落した印をひろって証文に押し、金を取る気かと、ひらきなおるのだった。激怒した徳兵衛は九平次につかみかかるが、逆に九平次に加勢した数人の連れにさんざん、なぐられてしまう。たまたま、田舎客に連れられて大阪三十三所の観音廻りをすませたお初もこの場に居会わせたが、どうすることも出来ぬままに、客に連れ去られてしまった。主人に金も返せず、衆人環視の場で恥辱を受けた以上、自害してこの不名誉を雪ぐほかはないと、こっそりと夜蔭にまぎれてお初の許を訪れた徳兵衛は、自分の決心を語る。お初もこれに同情して心中の決意を固め、ついに両人手を携えて曽根崎の森へと、向うのであった。

曽根崎心中曽根崎心中
左幸子

題名:曽根崎心中
監督:増村保造
製作:藤井浩明、木村元保、西村隆平
原作:近松門左衛門
脚本:増村保造、白坂依志夫
撮影:小林節雄
照明:佐藤勝彦
録音:太田六敏、宮下光威
美術:間野重雄
装飾:神田明良
衣裳:万木利昭
結髪:岡本政夫
時代考証:林美一
記録:村山慶子
編集:中静達治
音楽:宇崎竜童
現像:東洋現像所
製作担当:本間信行
助監督:近藤明男
出演:梶芽衣子、宇崎竜童、左幸子、井川比佐志、橋本功、灰地順、目黒幸子、木村元
1978年日本・行動社+木村プロ+ATG/スタンダードサイズ・カラー112分35mmフィルム
曽根崎心中 【初DVD化】
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

曽根崎心中曽根崎心中

1 3 4 5