映画「ラーメン大使」


フランキー堺                      船越英二

今回は島耕二監督1967年製作「ラーメン大使」をピックアップする。
本作は、東宝専属俳優だったフランキー堺さんが、1958年から1969年まで制作された”駅前シリーズ(全24作)”の「喜劇 駅前満貫(監督:佐伯幸三)」と「喜劇 駅前学園(監督:井上和男)」の間に大映で制作された人情喜劇である。同年の他作品と比べて、感覚が古いなという印象だった。


渚まゆみ                        高毬子

【ストリー】
大小さまざまな船が停泊している横浜港に着いた貨物船で中国服を着た男が日本にやってきた。王さん(フランキー堺)である。古びた頭陀袋を堤げて、感慨無量の面持ちである。28年前、中国で極貧の生活を送っていた王さんは、一兵卒の山川(星ひかる)という日本人にお金を借り、今、その恩返しをしようと日本にきたのである。しかし、山川という名前だけでは探しようがない。王さんはクリーニング店の六さん(三角八郎)や長島巡査(船越英二)の世話で「万来軒」に住み込み、根気よく山川さんを探すことにした。たちまち王さんは人気者になってしまった。たどたどしい日本語も人気の原因だったが、何よりも王さんのチャーシューメンがおいしかったからである。そんな間に、訪ねてみた山川さんがとんだ人違いだったりしたが、ある日、ひょんなことから100万円を盗んだドロ棒を捕えたことから、王さんは全国に紹介されることになった。ところが、ニュースを聞いて現われたのは、山川組の親分で、王さんに金を貸したという。しかし、この親分は戦争中、刑務所に入っていたことが分った。その他、王さんの善意を利用しようとする人が次々に現われて、彼は弱ってしまった。しかも旅券の期限が迫っていた。万来軒のおしげ婆さんや六さんも奔走してくれたが、なかなか本物の山川さんには会えなかった。ところが、ある日、たったひとつの手掛りをもとに訪ねてみると、王さんの前に現われた老人こそは、探し求める山川さんたった。山川さんは実は、23円50銭を王さんに貸したのである。二人は再会を喜び、やがて、王さんの帰国の日には、六さんや長島巡査も駆けつけ、王さんは満足そうな笑顔を浮べて故国へ帰っていった。


春川ますみ                     若水ヤエ子

題名:ラーメン大使
監督:島耕二
企画:藤井浩明
原作:花登筐
脚本:舟橋和郎、花登筐
撮影:渡辺徹
照明:泉正蔵
録音:三枝康徐
美術:高橋康一
記録:沓掛恒一
編集:鈴木東陽
音楽:大森盛太郎
現像:東京現像所
製作主任:真鍋義彦
助監督:遠藤重行
スチール:沓掛恒一
出演:フランキー堺、船越英二、渚まゆみ、高毬子、春川ますみ、若水ヤエ子、人見きよし、星ひかる、中村是好、市村俊幸、丸井太郎、三角八郎
1967年日本・大映/シネスコサイズ・カラー83分35mmフィルム
ラーメン大使 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


フランキー堺、船越英二              ラーメン大使

映画「不良番長 王手飛車」


梅宮辰夫                     不良番長 王手飛車

今回は内藤誠監督1970年製作「不良番長 王手飛車」をピックアップする。
本作は、梅宮辰夫さん主演の不良番長シリーズ第6弾になる。
第1作「不良番長」のチーフ助監督を務めていた内藤誠さんが、1969年「不良番長 送り狼」に続いて監督した作品である。



菅原文太                        榊原史子

【ストリー】
不良グループ・カポネ団は出所後、解散して正業についていたが、女子大総長の学者(由利徹)の提案で経営コンサルタントを開業した。口八丁の神坂(梅宮辰夫)らにとってうってつけの仕事で商売は大繁昌。神坂は小さな土建会社の社長になっている滝川(菅原文太)と数年ぶりに再会した。滝川は東亜開発の社長大崎(安部徹)にリベートを贈りマンション建設発注を受け、張切っていた。が、予定用地の買収は遅々として進まず、神坂が買収交渉を引き受けた。なかでも、印刷工場の女主人飯塚秋子(榊原史子)と職人の桜井(山城新伍)は頑強な反対者だった。秋子は交渉を有利にしようとした滝川に200万円の手形をパクられ、金策に苦慮していた。秋子に惚れた神坂は200万円用立てる約束をし、大崎から脅し取った。一方、滝川建設にマンション建設の入札で破れた大門組々長は、大崎と滝川のからくりを知ると、大崎を強迫、東亜開発の工事を一手に引きうけた。大門の買収交渉は一層強暴で、桜井は重傷、秋子も仕事が出来なくされた。夢を砕かれた滝川は、東亜開発が売り出そうとするマンションを一足先に売り稼ぎまくった。大門組の報復はすさまじく、滝川の事務所は銃弾で蜂の巣、秋子の工場には爆弾、滝川は手に入れた金を奪われた。御殿場に集結した神坂以下カポネ団と滝川はゴルフに興じる大崎、大門一味を総攻撃、弾丸を見舞った。


梅宮辰夫、谷隼人                    梅宮辰夫、由利徹

題名:不良番長 王手飛車
監督:内藤誠
企画:吉田達、矢部恒
脚本:松本功、山本英明
撮影:星島一郎
照明:大野忠三郎
録音:広上益弘
美術:江野慎一
装置:吉田喜義
装飾:佐藤善昭
擬斗:日尾孝司
記録:勝原繁子
編集:長沢嘉樹
音楽:八木正生 主題歌:梅宮辰夫「番長シャロック」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:清河朝友
助監督:伊藤俊也
スチール:加藤光男
出演:梅宮辰夫、菅原文太、谷隼人、由利徹、榊原史子、夏珠美、渡辺文雄、山城新伍、長沢純、鈴木ヤスシ、藤岡重慶、安部徹、人見きよし、大泉滉、小林稔侍、相馬剛三
1970年東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
不良番長 王手飛車 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山城新伍                      鈴木ヤスシ、長沢純

渡辺文雄                            菅原文太

不良番長 王手飛車