映画「静かな生活」


佐伯日菜子                     渡部篤郎、佐伯日菜子

今回は伊丹十三監督1995年製作「静かな生活」をピックアップする。
本作は、大江健三郎氏の同名原作を映画化したものだが、映画としては、伊丹監督作品で最もつまらないと思った。興行的にも失敗した駄作である。DVDで初見だったが、見終えて「まさか」と思ったぐらい落胆した作品だった。

【伊丹十三監督作品】
1984年「お葬式
1985年「タンポポ
1987年「マルサの女
1988年「マルサの女2
1990年「あげまん
1992年「ミンボーの女
1993年「大病人
1995年「静かな生活
1996年「スーパーの女
1997年「マルタイの女


山崎努                         宮本信子

【ストリー】
絵本作家を目指すマーちゃん(佐伯日菜子)の家族は、作家であるパパ(山崎努)と優しく家族を束ねるママ(柴田美保子)、大学入試を控えた弟のオーちゃん(大森嘉之)、そして音楽の才に恵まれながら障害者である兄のイーヨー(渡部篤郎)の5人。ある年、家の下水を直そうとして失敗したパパは、家長としての威厳がないというプレッシャーに耐え切れず、おりから招かれていたオーストラリアの大学へ講師としてママと出向くことになった。留守を引き受けたマーちゃんは、イーヨーたちの面倒をみるのだが、痴漢事件やポーランド大使への意見運動、イーヨーの作曲した“捨て子”という曲騒動などが起こっててんやわんや。なかでもイーヨーの水泳レッスンにまつわる事件は、忘れ難いものとなってしまう。パパたちの出発後、マーちゃんはイーヨーを連れてプールに通うことになるのだが、そこでパパの昔の知り合いだという新井君(今井雅之)が、イーヨーのコーチを買って出てくれるのであった。新井君の指導は良く、イーヨーの水泳の腕はあがる一方。さらには、イーヨーに彼の大好きなテレビの天気予報のお姉さん(緒川たまき)まで紹介してくれ、彼にすっかり気を許す。ところがパパやパパの友人の団藤さん(岡村喬生)たちから、新井君の暗い過去を聞かされたマーちゃんは、誰もいないところで新井君に会わないよう忠告を受けた。しかし、それが新井君の気に障り、団藤さんが大怪我をさせられたばかりか、純情なマーちゃんまで暴行を受けそうになる。だが、マーちゃんの純潔を汚そうとする新井君にイーヨーが飛びかかり、決して新井君に勝ったわけではないけれど、マーちゃんを守り切るのだった。パパの精神状態も安定した頃、そんな事件の数々を綴ったマーちゃんの絵日記に、イーヨーは「静かな生活」というタイトルをつけるのだった。


結城美栄子、佐伯日菜子                 静かな生活

題名:静かな生活
監督:伊丹十三
製作:玉置泰
原作:大江健三郎
脚本:伊丹十三
撮影:前田米造
照明:加藤松作
特機:落合保雄
録音:小野寺修
音効:斎藤昌利、北田雅也 (東洋音響カモメ) リーレコ:神保小四郎
美術:川口直次
衣裳:岩崎文男
装飾:佐藤結樹 (ポパイアート)、尾関龍生、龍田哲児
小道具:大西桂子
スタイリスト:鈴木智子、豊平ちせ
化粧:梅沢文子
特殊メイク:江川悦子、寺田まゆみ
配役:田中忠雄
擬斗:高瀬将嗣、瀬木一将
操演:白熊栄次 (サプライズ)
記録:松澤一美
編集:鈴木晄
音楽:大江光 音楽プロデューサー:立川直樹
現像:イマジカ タイミング:小椋俊一
撮影機材:三和映材社
フィルム:富士フィルム (報映産業)
プロデューサー:細越省吾、川崎隆
応援撮影:浜田毅
製作担当:岩下真司
製作進行:森太郎、荒木正人
演技事務:穂盛伊佐雄
助監督:中嶋竹彦
監督助手:蝶野博、山口晃ニ、菅原文雄
撮影助手:栗山修司、井上恵一郎、仲村志宏
応援助手:上野彰吾、平康真二、小松高志
照明助手:林信一、田辺浩、大橋陽一郎、永田英則
特機助手:竹内純
録音助手:白取貢、松本昇和
美術助手:山崎秀満、新田隆之、川村泰代
編集助手:普嶋信一
装置組付:福田義昭
水中撮影:日本水中映像
ビデオ撮影:佐藤利明 (TAO)
フードスタイリスト:石森いずみ
スタジオ録音:石井ますみ、大野誠、下野留之
デジタル合成:島村達雄、山崎貴、渋谷紀世子 (白組)・金子俊夫、武坂耕ニ、鈴木等(イマジカ)
グラフィック・デザイン:佐村憲一
マーちゃんの絵:中嶋竹彦
製作デスク:吉川次郎
スタジオ:にっかつ撮影所
出演:山崎努、柴田美保子、渡部篤郎、佐伯日菜子、今井雅之、宮本信子、岡村喬生、左時枝、結城美栄子、緒川たまき、大森嘉之、原ひさ子、阿知波悟美、柳生博
1995年日本・伊丹プロダクション/ビスタサイズ・カラー121分35mmフィルム
静かな生活 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


今井雅之、佐伯日菜子                 静かな生活

映画「かぐらめ」



武田梨奈                        大杉漣

今回は奥秋泰男監督2015年製作「かぐらめ」をピックアップする。
本作は山梨県都留市の市制60周年協賛事業として制作され、日本の伝統芸能”獅子神楽”の舞い手である父とその娘の葛藤や愛情を描いた作品だ。主演は、TVCM「セゾンカード(2014年)」で”頭突きによる瓦割り”で強烈なインパクトを残した武田梨奈さん。このCM制作を行ったプロダクションであるヌーヴォが本作を制作している。監督は都留市で育ちグラフィックデザイン出身で同社代表の奥秋泰男氏。
ベタなストリー展開に重みを持たせてくれたのは、 惜しくも2018年2月に急逝した大杉漣さん、本作が遺作となった今井雅之さん(2015年5月逝去)だ。その意味で貴重な作品になった事は確かだが、私は今まで主演作品を観て来た武田梨奈さんの俳優としての進化が嬉しかった。益々期待出来る女優さんだと思う。
撮影はデジタルシネマキャメラで撮影しているが、中間部の色彩が良い。このネガテレシネした様なトーンの維持は、他のデジタルシネマキャメラで撮った作品よりフィルムライクだった。


2014年TVCM「クレディセゾン 頭は使いよう。カードも使いよう。」編

筒井真理子                    武田梨奈、今井雅之

黒川芽以                       上條恒彦

【ストリー】
小学生の時に最愛の母・百合子(筒井真理子)を亡くした菊地秋音(武田梨奈)は、母が亡くなる日、父・恭次郎(大杉漣)が母を看とらず「獅子神楽」を舞っていたことを忘れられずにいた。それ以降、秋音と父の間には深い溝が生じ、高校卒業と同時に秋音は故郷の山梨を離れるが、東京での生活は行き詰まるばかりであった。一方、恭次郎も妻の死による悲しみから抜け出せないでいた。ある日、秋音は百合子の13回忌に5年ぶりに実家に戻ってくる。だがそこには恭次郎の見合い相手で、どこか百合子に似た斉藤陽子(筒井真理子[二役])がいた……。そんな中、60年に一度の大例祭が近づく町では、ベテランの舞い手である恭次郎が最後の神楽獅子の舞を披露することになったが、突如恭次郎の体に異変が生じる……。


大杉漣、大河内奈々子

題名:かぐらめ
監督:奥秋泰男
製作:前信介
脚本:難波望
撮影:岩永洋
照明:加藤大輝
録音:西山徹
音効:伊藤進一
整音:大野誠(日活)
美術:佐々木伸夫、吉田敬(フジアール)
衣装:大森茂雄、加藤友美(ビッグウッド)
美粧:南場千鶴、柴田広美
編集:奥秋泰男
音楽:五十嵐宏治 主題歌:片平里菜「姿」
エグゼクティブプロデューサー:清家端
アシスタントプロデューサー:山中羽衣
助監督:齊藤勇起
協賛:山梨県都留市市制60周年協賛映画
スチール:飯田えりか、飯本貴子
出演:武田梨奈、大杉漣、筒井真理子、今井雅之、上條恒彦、朝加真由美、黒川芽以、瀬駒妃、大河内奈々子、森岡龍、白須慶子、信太昌之、滝沢涼子、足立智允
2015年日本・ヌーヴォ/シネスコサイズ・カラー112分デジタルシネマ
かぐらめ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


大杉漣                        武田梨奈

かぐらめ

映画「ストロベリーナイト」

ストロベリーナイト
竹内結子

今回は佐藤祐市監督2013年製作「ストロベリーナイト」をピックアップする。
cinema eos
本作は、フジテレビ系列で放映された同名テレビドラマシリーズの劇場版なのだが、キヤノンのCINEMA EOS C500を使用して撮影しているので観た。EOS C500にはCODEX DIGITAL社のCanon Cinema RAWの収録に対応した「Onboard S Recorder」のレコーダーと組み合わせて撮影されたそうだ。
EOS C500は、885万画素、ISO320~20,000、4K Cinema RAWのダイナミックレンジというフィルムルックなラチチュードとLog特性を達成しているデジタルシネマキャメラである。本作以外にも堤幸彦監督「くちづけ(2013年)」成島出監督「草原の椅子(2013年)」で実績がある。

CINEMA EOS
CINEMA EOS C500+CN-E30-300mm T2.95-3.7 L SP

私は、HDビデオカメラで生々しく撮影されたテレビドラマを見る事は一切ないので、原作を読む事もなく本作を期待せずにCINEMA EOSの映像評価だけしようと先入観なしに観たが、映画として中々おもしろかった。フィルムルックな撮影、照明、美術、特機が良かったのとベテラン俳優陣に支えられた竹内結子さん、西島秀俊 さんも魅力的だった。それに2015年5月に急死された今井雅之さん(54歳没)の渋い芝居に心が止まった。本作は、監督のセンスが良いのと脚本が優秀なのかなと思った。

ストロベリーナイトストロベリーナイト
西島秀俊                                             竹内結子、宇梶剛士
ストロベリーナイトストロベリーナイト
染谷将太、大沢たかお                遠藤憲一
ストロベリーナイトストロベリーナイト
三浦友和                      柴俊夫

【ストリー】
雨の夜、中野東署管内で男の死体が見つかり、警視庁捜査一課・姫川玲子(竹内結子)のもとに、入院中の上司・今泉(高嶋政宏)から連絡が入る。被害者は29歳の小林充という男性。龍崎組傘下“仁勇会”の下部組織“六龍会”の構成員だった。体中の多数の刺し傷、縦に切り裂かれた左目という犯行方法が、5日前に起きた三鷹の殺人事件、3日前の業平橋の殺人事件と一致。連続殺人事件と見た警察は、姫川班の管轄である中野東署に合同特別捜査本部を設置。三鷹、業平橋との合同捜査となる。
姫川班の他、玲子のライバル・日下(遠藤憲一)、組対四課、昇任で異動したはずの井岡(生瀬勝久)など捜査員たちが次々と会議室に集まる。各事件の被害者がすべて広域指定暴力団・龍崎組の構成員だったため、事件は内部抗争の可能性が高いとされた。会議終了後、玲子は偶然“小林充を殺したのは柳井健斗(染谷将太)”という不審なタレコミを受ける。3つの事件は果たして連続殺人事件なのか?玲子の頭を疑問がよぎるが、管理官の橋爪(渡辺いっけい)からは、“捜査線上に柳井健斗の名前が出てきても一切触れるな”という命令が下る。納得できない玲子は、姫川班と井岡を部下の菊田(西島秀俊)に託し、単独捜査を開始。菊田は石倉(宇梶剛志)、葉山(小出恵介)、湯田(丸山隆平)ら姫川班のメンバーとともに玲子の単独行動をサポートする。やがて玲子が辿り着いたのは、柳井健斗の家族を襲った9年前の悲しい事件。数日後、玲子は柳井の知り合いで成稜不動産の営業部長を名乗るマキタ(大沢たかお)という男に出会う。だが、その正体は龍崎組若頭補佐・極清会会長の牧田勲。連続殺人事件の渦中の人物だった。この出会いが玲子の人生を大きく変えてゆくことになる。一方、複雑に絡まった一連の事件は、警察の威信を揺るがし、捜査は思いがけない方向へ……。辿り着いた真実の先に玲子が見たものとは……?

ストロベリーナイトストロベリーナイト
今井雅之                       武田鉄矢

題名:ストロベリーナイト
監督:佐藤祐市
原作:誉田哲也「インビジブルレイン」
脚本:龍居由佳里 林誠人
撮影:川村明弘
照明:阿部慶治
特機:大塚伸一
録音:金杉貴史
美術:塩入隆史
美術進行:藤野栄治
記録:藤島理恵
編集:田口拓也
音楽:林ゆうき 選曲:藤村義孝
製作総指揮:種田義彦
プロデューサー:成河広明、土屋健、高丸雅隆、江森浩子
製作:高丸雅隆、土屋健、江森浩子、成河広明
制作担当:持田一政
助監督:本間利幸
カラリスト:高梨剣
出演:竹内結子、西島秀俊、大沢たかお、小出恵介、遠藤憲一、津川雅彦、宇梶剛士、高嶋政宏、武田鉄矢、鶴見辰吾、生瀬勝久、三浦友和、金子ノブアキ、金子賢、遠藤憲一、石橋蓮司、柴俊夫、今井雅之、渡辺いっけい、染谷将太、田中哲司、丸山隆平
2013年日本/シネスコサイズ・カラー127分デジタルシネマ
ストロベリーナイト DVDスタンダード・エディション
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

ストロベリーナイトストロベリーナイト
西島秀俊                       竹内結子

竹内結子
竹内結子