映画「女衒 ZEGEN」


緒形拳                         倍賞美津子

今回は今村昌平監督1987年製作「女衒 ZEGEN」をピックアップする。
本作の構想は20年、香港、マカオ、台湾、マレーシアで大規模なロケ-ションを敢行し、明治後期から昭和初期にかけて東南アジアを舞台に活躍した女衒・村岡伊平治の半生を描いている。制作期間は2年にもわたったそうだ。1983年に東映で「楢山節考」が国際映画賞を齎した事から、本作は8億円の製作費を獲得した。撮影は1986年9月2日に香港からクランクインして1987年2月に最後の北海道ロケが行われクランクアップしたそうだ。内容は、これまでの今村監督作風と違い、大河ドラマ的冗長な展開で、面白味はなかった。興行的にも振るわなかったそうだ。


緒形拳、倍賞美津子                    小西博之

三木のり平、殿山泰司                   河原崎長一郎

【ストリー】
村岡伊平治(緒形拳)が大志を抱いて故郷・島原を捨ててから早や8年が経っていた。伊平治が長太(深水三章)、源吉(杉本哲太)と香港の港に降り立ったときの格好は髪は長くボサボサ、服はボロボロでまるでルンペン。もちろん金もなければ家もない。しかたなく大日本帝国領事館へ駆け込んだ。明治35年正月のことである。伊平治はそこで上原大尉(小西博之)から満州密偵としての役をもらい、シベリア大雪原へ向かった。やがて彼は奉天の女郎屋でトメ(池波志乃)という島原の女と出会い、幼馴染みのしほ(倍賞美津子)がシンガポールに奉公に出ていることを知った。香港へ戻った伊平治は越前屋の朝長(三木のり平)という知り合いを訪ねたが、なんと、しほは朝長の女房となっていた。朝長がシンガポールで身受けしてきたのだ。愛しいしほを買い戻した伊平治は、香港の海賊に捕まっている日本人の娘たちを助け出したのが縁で女衒を始めることになった。オナゴの貿易は国のためと張り切る伊平治は、南洋の島々に渡っては商売に励んだ。一方、しほはかつて海賊で今は英領マラヤのポートセッテンハムに力をもつ王(柯俊雄)に掛け合い、この地に女郎屋を開くことを許可させた。明治37年2月、対露宣戦布告の頃には伊平治は多くの子分を抱え、商売も繁盛、四つの娼館を経営するまでになった。明治45年、夏、伊平治は天皇の逝去に際し、切腹を試みたか失敗した。すぐに立ち直った伊平治は再び仕事に精を出すが、次第に反日感情が強くなり日本娼館も苦しい立場に立たされた。大正8年6月の廃娼制度の誕生は伊平治に決定的な打撃を与えた。世の中は大きく変わろうとしていた。多くの女たちは日本に帰ることを希望し、しほは王と愛し合うようになり伊平治の元を去った。このような時制に、王は伊平治の持つ娼館のすべてとしほを20万ドルで手に入れたのである。昭和16年12月、大平洋戦争が始まる頃、伊平治もすでに70歳に達していたが、彼の女衒根性はそう簡単に消えるものではなかった。日の丸を先頭に上陸してくる日本軍の隊列に向かって伊平治は「兵隊しゃーん、オナゴのことは俺に任しんしゃーい!」と叫んだのである。


緒形拳、寺田農                  緒形拳、倍賞美津子、柯俊雄

題名:女衒 ZEGEN
監督:今村昌平
企画:三堀篤、滝田五郎
製作:杉山義彦、武重邦夫、大庭二郎
脚本:今村昌平、岡部耕大
撮影:栃沢正夫
照明:岩木保夫
録音:紅谷愃一
音効:小島良雄 リーレコ:河野競司
美術:横尾嘉良
装飾:神田明良、沖村国男、高村裕司
造形:杉森憲之
化粧:井川成子、山崎邦夫
結髪:宮島孝子、丸山澄江
記録:石山久美子
編集:岡安肇 ネガ編集:岡安和子
音楽:池辺晋一郎
フィルム:アグファ(日本アグファ・ゲバルト)
現像:東映化学
撮影機材:三和映材社
製作担当:松田康史
製作主任:田上純司
製作補佐:室岡信明
製作進行:飯野久、椎井由紀子、今村広介
製作事務:仲主敏子
助監督:佐藤武光
監督助手:月野木隆、三池崇史
撮影助手:金沢裕、岡雅一、内田良一
照明助手:木村定広、三浦勇次郎、森下徹
録音助手:北村峰晴、塚本達朗
美術助手:稲垣尚夫、竹内公一
編集助手:小島俊彦、中葉由美子
邦楽指導:本條秀太朗
製作宣伝:滝島留一
宣伝プロデューサー:福永邦昭
スチール:加藤光男
出演:緒形拳、倍賞美津子、柯俊雄、三木のり平、小西博之、河原崎長一郎、池波志乃、風間舞子、熊谷真実、殿山泰司、寺田農、常田富士男、深水三章、杉本哲太、石井光三、柯俊雄、趙方豪、吉宮君子、神田紅、レオナルド熊
1987年日本・今村プロダクション+東映/ビスタサイズ・カラー124分35mmフィルム
女衒 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


緒形拳                                女衒 ZEGEN

映画「風船」

風船風船
森雅之                         三橋達也

今回は川島雄三監督1956年製作「風船」をピックアップする。
本作は「鞍馬天狗」の原作者で知られる大佛次郎氏の毎日新聞連載小説「風船」を基に、川島雄三監督と当時チーフ助監督だった今村昌平氏が、”揺れ動く人間関係と人の心”を「風船」に見立てて脚色し、映画化した作品である。クランクインは、1955年12月5日に始まり、翌年2月7日にアップした。59日間の実働は41日で直接製作費は2,681万円、観客動員数は69,791人だったそうである。
(DVD版プロダクションノート参照)

作品リスト

風船風船
二本柳寛、芦川いづみ                 新珠三千代

驚くのは現代のアイドル顔負けの芦川いづみさんだ。チャーミングで清らかさがあり、今でも魅了される。
タイプの違う四人のヒロインを演じた新珠三千代さん、北原三枝さん、芦川いづみさん、左幸子さんが着ている衣裳を担当したのは、世界的デザイナーの森英恵さんである。
これまでもの日本映画の衣裳を手掛けてきたが、クレジットは本作が初めてだそうだ。
彼女の貢献に対する川島監督の計らいだったという。

風船風船
北原三枝                     左幸子、芦川いづみ

【ストリー】
かつて天才画家と謳われた村上春樹(森雅之)は実業界に転じ、今では写真工業会社の社長として確固たる地盤を築いていた。妻房子(高野由美)との間に一男一女があり、圭吉(三橋達也)は父の会社の部長をつとめ、珠子(芦川いづみ)は幼い頃に病んだ小児マヒのため身も心も弱く、部屋に閉じこもって絵画に親しむ日が多かった。恩師山口純峰画伯の告別式で春樹夫婦は純峰の息子都築正隆(二本柳寛)に再会した。彼は上海、シンガポール、パリを放浪していた男で、現在はナイトクラブのマネージャーである。圭吉の愛人山名久美子(新珠三千代)は、戦争で良人を失ってから酒場で働くうち、圭吉の世話を受けるようになった純情一途の女性である。正隆は自分と関係のあったシャンソン歌手三木原ミキ子(北原三枝)を、お坊ちゃん育ちの圭吉に接近させた。ミキ子はおもしのつけてない風船のような女で、圭吉は忽ち心を惹かれた。一方、商用で京都へ出かけた春樹は、戦時中、自分が下宿していた阿蘇家の娘るい子(左幸子)に会った。両親をなくした彼女は、弟の学資を得るため夜はバー、昼はヌード・スタジオで働いている健気さにうたれ春樹は同家の二階を借りることにした。圭吉の心がミキ子に傾いたと知って、久美子は悲しみの余り自殺した。京都から帰った春樹は圭吉の不行跡と誠意のなさに、激しい怒りを覚えずにはいられなかった。久美子の死によって、心に大きな打撃をうけたのは正隆だった。彼の人生の途上に、踏んでも蹴ってもなお縋りついてくる女があるとしたら、パリの女を、上海の女を求める必要はなかった筈である。圭吉も久美子を不愍に思い、父の会社を出て、ひとりで生きる決心をした。そして春樹は周囲の反対を押し切って京都を定住の地に選んだ。古都に長く伝わる舞扇作りに老後の生きかたを見出したのである。珠子が父を慕って京都へ着いたのは、夏祭の宵のことであった。

風船風船
1956年「風船」監督:川島雄三
風船風船

題名:風船
監督:川島雄三
製作:山本武
原作:大佛次郎
脚本:川島雄三、今村昌平
撮影:高村倉太郎
照明:大西美津男
録音:橋本文雄
美術:中村公彦
衣装:森英恵
編集:中村正
音楽:黛敏郎
助監督:今村昌平
出演:森雅之、三橋達也、芦川いづみ、北原三枝、新珠三千代、左幸子、二本柳寛、高野由美
1956年日本・日活/スタンダードサイズ・モノクロ110分35mmフィルム
風船 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

風船風船
芦川いづみ、新珠三千代                森雅之、高野由美

映画「あした来る人」

あした来る人あした来る人
月丘夢路                      三國連太郎

今回は川島雄三監督1955年製作「あした来る人」をピックアップする。
本作は終戦後に日活が製作再開一周年とされた作品で、井上靖氏の原作を映画化したものだ。この60年前に作られた作品は、戦前の軍国主義から敗戦で民主主義に変わったとはいえ、当時の観客には衝撃的な内容だったと思う。「新しき時代の愛情の在り方を訴える文芸巨篇」というコピーの本作だが、今観ても遜色のないテンポは、川島雄三監督ならでわだろう。この時、三國連太郎さんが32歳だった。

作品リスト

【追記・訃報】
本作に主演の月丘夢路さんが2017年5月3日、肺炎のため東京都内の病院で死去(享年95歳)した。広島市出身。月丘さんは宝塚音楽学校へ入学。予科、本科を経て、宝塚大劇場で初舞台を踏み、大映映画「新雪」でデビュー。宝塚退団後、大映、松竹で活躍し、日活映画へ。その間、100本以上の映画に出演し、その後フリーとなった。2014年には「宝塚歌劇の殿堂100人」に選ばれた。

あした来る人あした来る人
山村聰                        三橋達也

【ストリー】
実業家梶大助のホテルへ彼の娘八千代の紹介で、曾根二郎という青年がカジカの研究資金を出して貰うためにやって来た。心よく迎え入れた梶も、決して金を出すとは云わなかった。八千代は夫克平に不満を持っていたが、その夜も遅くなって一匹の小犬をかかえて帰ってきた彼と冷い戦争をはじめ、八千代は大阪の実家へ戻ってしまった。克平は八千代がいなくなってから、相棒の三沢やアルさんとカラコルム山脈征服の計画を実行しようとしていた。ある日例の小犬を見ず知らずの女性が連れているのを見つけた。なつかしさに近寄ると、それは洋裁店に働く杏子だった。八千代は梶に叱られて東京に戻ってきたが、克平の登山計画をなじった。梶の世話を受けていた杏子は、それが克平の義父とも知らず、克平と結婚したい旨打明けた。名前を云わなかったため梶も色々と杏子を励ますのであった。克平は鹿島槍登山に出掛け、直後新聞がその遭難を伝えてきた。早速杏子は遭難現場に急行したが、克平は無事で思わず二人は抱き合った。克平が帰宅したとき曾根が来ていた。その後八千代が余りに曾根をほめるのと、遭難のことに冷淡であったため、克平も感情を害したが、八千代は杏子と彼の仲を知ってのことであった。曾根の取持ちも空しく克平の心も最早八千代にはなかった。その頃杏子は偶然八千代に会い、克平が梶の娘の夫であることを知って悩んだ。克平は遂に山の征服の雄途に乗り出すべく羽田を出発した。結婚のことは最後まで云い出せなかった杏子だった。

あした来る人あした来る人
新珠三千代                新珠三千代、山村聰(小石川植物園)

題名:あした来る人
監督:川島雄三
製作:山本武
原作:井上靖
脚本:菊島隆三
撮影:高村倉太郎
照明:大西美津男
録音:福島信雄
美術:中村公彦
記録:秋山みよ
編集:中村正
音楽:黛敏郎
製作主任:林本博佳
助監督:今村昌平、浦山桐郎
出演:月丘夢路、新珠三千代、山村聰、三國連太郎、三橋達也、小沢昭一、金子信雄
1955年日本・日活/スタンダードサイズ・モノクロ115分35mmフィルム
あした来る人 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

あした来る人あした来る人
三國連太郎                     月丘夢路

1 2 3