映画「白蛇抄」


「白蛇抄」小柳ルミ子

小柳ルミ子                    杉本哲太、仙道敦子

今回は伊藤俊也監督1983年製作「白蛇抄」をピックアップする。
誘拐報道」「女囚さそり・シリーズ」の伊藤俊也監督と1971年「わたしの城下町」翌年「瀬戸の花嫁」などの歌謡曲でブレイクし「誘拐報道」で演技を絶賛された歌手の小柳ルミ子さんがタッグを組み、男たちの欲望のままに翻弄される哀しい過去を持つ女を描いている。展開の仕方が、すべてを台詞で説明し秘密を解き明かされるのに疑問を持ったが、小柳ルミ子さんの官能的な肢体に釘付けになり、疑問はどうでも良くなった。


小柳ルミ子、夏木勲               若山富三郎、小柳ルミ子

【ストリー】
石立うた(小柳ルミ子)は、2年前、京都で火事にあい、夫を失って絶望のあまり若狭の心中滝に身を投じた時、華蔵寺の住職懐海(若山富三郎)に助けられ、そのまま後妻として寺に住みついていた。懐海にはひとり息子昌夫(杉本哲太)がおり、彼は出家ずみの身で来年高校を卒業すると本山に行くことになっている。ある日、華蔵寺にうたの遠い親戚に当るという15歳の少女鵜藤まつの(仙道敦子)が引きとられてきた。この寺での初めての夜、まつのは異様な女の呻き声を耳にした。その声は隠寮から聞こえてきた。夜ごとうたの体に執着する懐海。それを覗き見する昌夫。彼はうたに惹かれていた。もうひとり村井警部補(夏八木勲)もうたが身を投げ救助された時に立ち会って以来、彼女に魅せられていた。投身の時、うたが抱いていた石骨の中味に疑問を抱いた村井は、石骨を取り戻そうとするうたに力づくで情交を迫った。その石骨はうたの死んだ赤ん坊であった。かけつけた昌夫は村井の後頭部に石を投げつけうたと共に逃げた。雨が降り出し、山小屋へ駆け込んだ二人はいつのまにか抱き合っていた。その日から昌夫は大胆になり、うたも日ごと昌夫の体に溺れていった。そうしたある日、懐海はうたと昌夫が密会している場所に動ける筈のない体を引きずっていって殺された。昌夫は本山に修業に出た。懐海の死に不信を抱いた村井は、まつのに死んだときの様子を問いただし、うたと昌夫が愛し合っていることを知った。うたは昌夫に会うべく京都に向ったが、昌夫もうたに会いたいために寺を飛び出していた。若狭に戻り、心中滝に立つうたの背後に村井が近づいて懐海を殺したのではないかと詰め寄った。口論のうち村井は足を滑らせて滝壷へ落ちた。華蔵寺に着いた昌夫にまつのは愛を告白するが、彼は振り切って外に飛び出した。そこにうたの姿が。本堂に走ったうたを昌夫は追うが、うたは「来たらあかん」と斧を持ちながら叫ぶ。斧を奪った昌夫が激昂してふりかざした下にうたは微笑みながら身体を入れてきた。血飛沫が舞った。昌夫も自殺し、心中を眼にしたまつのは本堂に火をつけた。


「白蛇抄」小柳ルミ子

「白蛇抄」若山富三郎、小柳ルミ子        杉本哲太、小柳ルミ子

「白蛇抄」小柳ルミ子

「白蛇抄」小柳ルミ子                                                          仙道敦子

題名:白蛇抄
監督:伊藤俊也
企画:天尾完次、松尾守、瀬戸恒雄
原作:水上勉
脚本:野上龍雄
撮影:森田富士郎
照明:山口利雄
録音:林鉱一
音効:原尚
美術:桑名忠之
装置:浜中一文
装飾:三谷巌
美粧:井上守
衣装:福崎精吉
記録:山之内康代
編集:西東清明
音楽:菊池俊輔
現像:東映化学
製作主任:小島吉弘
製作調整:山田光男
監督助手:森光正
演技事務:鎌田賢一
水中撮影:中村征夫
スチール:加藤光男
出演:小柳ルミ子、仙道敦子、杉本哲太、夏木勲(夏八木勲)、若山富三郎、鈴木光枝、宮口精二、北林谷栄、辻萬長、岡田奈々、大和田伸也
1983年日本・東映/ビスタサイズ・カラー118分35mmフィルム
白蛇抄 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「白蛇抄」小柳ルミ子

「白蛇抄」小柳ルミ子

映画「鬼龍院花子の生涯」


「鬼龍院花子の生涯」夏目雅子

夏目雅子                     仲代達矢、室田日出男

今回は五社英雄監督1982年製作「鬼龍院花子の生涯」をピックアップする。
本作は高知出身の直木賞作家・宮尾登美子氏の同名小説を初の映画化をしたもので、27歳という若さで惜しまれて亡くなった伝説の女優、夏目雅子さんの松恵役に拘った意欲作でもある。しかし、驚いた事に本作の製作経緯として女優の梶芽衣子さんが著書「真実(文藝春秋刊)」で次の様に述べている事実は看過出来ない。

…(中略)…本屋さんで気になった本を手に取ったなかで、ある人が勧めてくださったのが宮尾登美子さんの「鬼龍院花子の生涯」でした。土佐の任客・鬼龍院政五郎と周囲の女たちの生き様を描いた物語です。読み進めるうちに、以前にテレビドラマで見た若尾文子さん主演の「櫂」(1975年)を思い出しました。女性の視点で女衒の世界を描いた内容が新鮮で「櫂」はとても印象に残っていたのですが、その作風に同じ作家であることに気づいたのです。…(中略)…最初の企画としては「鬼龍院花子の生涯」のほうが通りやすいだろう。かなりどぎつい物語だけれども、あの親子の性や女の情念の世界を増村保造監督が描いたらどんなふうになるだろう。主人公の鬼政、鬼龍院政五郎を若山富三郎さんが演じたら素晴らしいだろうな。…(中略)…おこがましいとは思いながらも思い切って若山さんにお話ししたところ、ご賛同くださったのです。そこでさっそくシノプシス(あらすじ)をまとめ、キャスティングやスタッフ案を書き記した企画書をマネージャーの兼田に作成してもらいました。東映には「さそり」シリーズ続編をめぐる降板問題でご迷惑をおかけしたことがありましたので、この映画を絶対に当ててご恩返しができたら、という思いがありました。東映京都にしたのは、大正から昭和にかけての高知の話ということもあり東京よりふさわしいだろうと思ったからです。…(中略)…当時そうした企画の窓口となっていた奈村協プロデューサーを訪ねました。当時の奈村さんは宮尾登美子さんという作家をご存じなかったのですが企画書を預かってくださり、私たちはその返事を待つことにしました。ところがその返事はなかなかいただけず、東映がダメなら別のところに、大変だろうけど独立プロで製作してもいいとも思い始めた矢先のこと…。ある日突然、原作の映画化を勧めてくれた知人から電話がかかってきたのです。
…(中略)… 東映が「鬼龍院花子の生涯」の映画化を発表したというのです。…(中略)…そこに奈村さんから「こんなことになっちゃって…」と事務所に電話がかかってきました。奈村さんは発表された事実を改めて告げた後、「ほかの役ならどれでもいいって、五郎ちゃんが言っている」と言うのです。五郎ちゃんというのはプロデューサーの日下部五朗さんのことで、私が出演した作品にプロデューサーとして名前が入っていることはありましたが、一度もお会いしたことのない方です。……..。
「真実」梶芽衣子著 文藝春秋刊より(2018.3.12発刊)

私は、本作で企画・製作総指揮としてクレジットされている日下部五朗氏が、梶芽衣子さんが持ち込んだ企画をパクったという事実に驚愕した。これは世間には知られてない真実なのだろうか!?ただし本書は梶芽衣子さんの映画人生を時系列で綴ったものであり、本作の経緯に限った事で書かれてはいない事をお断りしておく。


岩下志麻                       夏木マリ

【ストリー】
大正10年、松恵(仙道敦子)は土佐の大親分・鬼龍院政五郎(仲代達矢)の養女となった。松恵は政五郎の身の回りの世話を命じられたが、鬼龍院家では主屋には正妻の歌(岩下志麻)が住み、向い家には妾の牡丹(中村晃子)と笑若(新藤恵美)が囲われており、その向い家に政五郎が出向く日を妾二人に伝えるのも幼い松恵の役割りだった。ある日、政五郎は女や子分たちを連れ土佐名物の闘犬を見に行った。そこで漁師の兼松(夏八木勲)と赤岡の顔役・末長(内田良平)の間で悶着がおき、政五郎の仲介でその場はおさまったが、末長は兼松の持ち犬を殺すという卑劣な手段に出た。怒った政五郎は赤岡に出むいたが、末長は姿を隠していた。帰りぎわ、政五郎は末長の女房・秋尾(夏木マリ)の料亭からつる(佳那晃子)という娘を掠奪した。この確執に、大財閥の須田(丹波哲郎)が仲裁に入り一応の決着はついたが、以来、政五郎と末長は事あるごとに対立することになる。これが機縁となってつるは政五郎の妾となり、鬼篭院の女たちと対立しながら翌年、女児を産んだ。花子と名付けられ、政五郎はその子を溺愛した。勉強を続けていた松恵(夏目雅子)は、女学校に入学した。昭和9年、土佐電鉄はストライキの嵐にみまわれ、筆頭株主である須田の命を受けた政五郎はスト潰しに出かけた。そこで政五郎はストを支援に来ていた高校教師の田辺恭介(山本圭)と知り合い意気投合、須田から絶縁されるハメに陥った。だが政五郎は意気軒昂、田辺を16歳になった花子(高杉かほり)の婿にし一家を継がせようとしたが、獄中に面接に行かされた小学校の先生となっていた松恵と田辺はお互いに愛し合うようになっていた。やがて出所した田辺は政五郎に松恵との結婚を申し出、怒った政五郎は田辺の小指を斬り落とさせた。そして数日後、政五郎に挑みかかられた松恵は死を決して抵抗、転勤を申し出、鬼龍院家を出た。16歳になった花子と神戸・山根組との縁談が整い、その宴の席で歌が倒れた。腸チフスだった。松恵の必死の看病も虚しく歌は死んだ。松恵は再び家を出、大阪で労働運動に身を投じている田辺と一緒に生活するようになった。だが、花子の婚約者がヤクザ同士の喧嘩で殺されたのを機に、田辺と共に鬼龍院家に戻った。南京陥落の提灯行列がにぎわう夜、花子が末長に拉致され、これを救おうとした田辺も殺された。政五郎が末長に殴り込みをかけたのはその夜のうちだった。それから2年後、政五郎は獄中で死んだ。そして数年後、松恵がやっと消息を知り大阪のうらぶれた娼家に花子を訪ねた時、花子も帰らぬ人となっていた。


中村晃子、新藤恵美                  佳那晃子

仙道敦子

佳那晃子、仲代達矢                   夏木マリ

題名:鬼龍院花子の生涯
監督:五社英雄
企画:日下部五朗、佐藤正之
製作:奈村協、遠藤武志
原作:宮尾登美子
脚本:高田宏治
撮影:森田富士郎
照明:増田悦章
録音:平井清重
整音:荒川輝彦
美術:西岡善信
装置:三浦公人
装飾:西田忠男、福井啓三
背景:西村三郎
衣装:松田孝
美粧・結髪:東和美粧
刺青:毛利清二
技斗:土井淳之祐
記録:田中美佐江
編集:市田勇
音楽:菅野光亮
和楽:中本敏生
製作主任:山本吉應
助監督:清水彰
演技事務:寺内文夫
スチール:小山田幸生
出演:仲代達矢、夏目雅子、岩下志麻、仙道敦子、佳那晃子、中村晃子、夏木マリ、山本圭、高杉かほり、新藤恵美、内田良平、小沢栄太郎、室田日出男、梅宮辰夫、成田三樹夫、丹波哲郎、夏八木勲
1982年日本・東映京都+俳優座映画放送/ビスタサイズ・カラー146分35mmフィルム
鬼龍院花子の生涯 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


丹波哲郎                        仲代達矢

夏目雅子、仲代達矢

映画「陽暉楼」


緒形拳                       池上季実子

今回は五社英雄監督1983年製作「陽暉楼」をピックアップする。
本作は宮尾登美子氏の同名小説が原作で脚本の高田宏治氏がストーリーを大きく改変した。西日本一を誇る土佐の高知随一の遊興、社交の場、陽暉楼を舞台に、そこでくり拡げられる様々な人間模様を描いている。


浅野温子                      倍賞美津子

【ストリー】
大正元年冬、太田勝造(緒形拳)と駆け落ちした豊竹呂鶴(池上季実子)は追手の手にかかり死亡。20年後、二人の間に生まれた房子(池上季実子)は、陽暉楼の芸妓・桃若として大変な売れっ子になっていた。陽暉楼の女将・お袖(倍賞美津子)は、呂鶴と勝造を張り合った勝気な女だったが、呂鶴の娘をあえて預り高知一の芸妓に仕上げ、自分のあとを継がせるつもりでいる。勝造は「芸妓紹介業」の看板を出し、今では“女衒の大勝”と呼ばれる存在になっていた。家には後添いのお峯(園佳也子)と、実子で盲目の忠(玉野叔史、井田國彦)がいたが、最近、大阪に珠子(浅野温子)という女を囲っている。珠子は、勝造の心の中の呂鶴の影に悩み、自ら陽暉楼に身を売ろうとしたが、お袖に断わられた。その時、陽暉楼で会った桃若に呂鶴の面影を見、嫉妬にかられた珠子は遊廓・玉水の明日楼に身を売る。ある日、大阪・稲宗一家の賭場で勝造は、丸子(佳那晃子)という芸者に出会う。以前から高知進出を企てていた稲宗(小池朝雄)は、丸子を陽暉楼に送り込み、主人・山岡を篭絡し抱きこもうと画策していた。稲宗の指し金で、丸子は山岡(北村和夫)を誘い込み陽暉楼の芸妓となる。四国一の大ダンスホールに商工会々頭・前田(丹波哲郎)、南海銀行副頭取・佐賀野井(田村連)らとやって来た陽暉楼の面々は、珠子ら玉水の娼婦たちと居あわせる。やがて、珠子と桃若の間に険悪な空気が走った。佐賀野井から誘いをうけ約束の場所に駆けつけた桃若は、珠子との凄まじい決闘の結果、髪は乱れ、体中水びたしであった。そんな彼女を佐賀野井は抱きしめ、桃若は初めて愛の歓びを知る。その頃、陽暉楼を守るため、動きまわる勝造を稲宗一家の者が襲った。やがて、稲宗の手は珠子にまでのび、珠子は高知から大阪・飛田へと鞍替えさせられた。一命をとりとめた勝造は、お袖から稲宗の策略でピンチに立たされていること、桃若の妊娠を知らされる。桃若の相手は、パトロンの四国銀行協会々長・堀川(曽我廼家明蝶)でなく別の男だという。そして、お袖は道後温泉に遊ぶ山岡、丸子のもとに行き、力ずくで丸子を追い払う。一方、勝造は珠子をとり戻し、その足で稲宗の代貸し、三好(成田三樹夫)のところに行き、山岡の博打の借金をたたき返し、稲宗一家との縁をたち切った。桃若は、前田から佐賀野井が三年間ヨーロッパへ行ったことを知らされショックをうけるが、子供を生もうと決心し、悩んだ末、堀川に子供は彼の子でないと打ち明けた。そんなことは承知で子供は認知しようと考えていた堀川は、自分の気持ちを踏みにじられたことに激怒し、縁切りを言い渡す。珠子は、勝造の希望通り秀次(風間杜夫)と一緒になり、高知に店を出すことになった。そして、桃若は女の子を生み弘子と名づける。桃若は、子供のために懸命に働くが、ある日、稽古の最中、突然倒れた。結核で身を蝕ばまれていたのだ。病院に見舞った珠子は、弘子を治るまであずかると言うが、芸妓の世界の習いとして、すでに弘子はお袖の世話で里子に出ていた。お袖は、弘子を返してくれとの勝蔵の頼みに、桃若の勝手な振舞をののしる。桃若の容態は悪化し、臨終の枕もとに弘子を伴って駆けつける勝造。その夜、秀次・珠子の店を勝造が訪れ桃若の死を告げた。その時、稲宗の手下が店を襲い、ドスに倒れて秀次は死んでいった。そして、大阪駅・三等待合室。勝造は切符を二枚珠子に渡し、用事が済むまでここで待つよう言い残し出て行く。勝造は床屋にいる稲宗、三好らを射殺するが、逃げる途中、追手に刺され絶命した。深夜の駅では、いつまでも勝造を待ち続ける珠子の姿があった。


小池朝雄、荒勢、成田三樹夫

陽暉楼

題名:陽暉楼
監督:五社英雄
企画:佐藤正之、日下部五朗
製作:奈村協、遠藤武志
原作:宮尾登美子
脚本:高田宏治
撮影:森田富士郎
照明:増田悦章
録音:平井清重
整音:荒川輝彦
美術:西岡善信、山下謙爾
装置:野尻裕
装飾:渡辺源三
背景:西村三郎
衣装:森譲、豊中健
美粧・結髪:東和美粧
技斗:土井淳之祐
記録:田中美佐江
編集:市田勇
音楽:佐藤勝
製作主任:山本吉應
監督補佐:清水彰
舞踏振付:藤間勘五郎
スチール:中山健司
出演:緒形拳、池上季実子、浅野温子、倍賞美津子、佳那晃子、風間杜夫、二宮さよ子、小池朝雄、成田三樹夫、熊谷真実、仙道敦子、西川峰子、市毛良枝、北村和夫、園佳也子、丹波哲郎、田村連、曽我廼家明蝶、内藤武敏、小林稔侍、玉野叔史、井田國彦
1983年日本・東映+俳優座映画放送/ビスタサイズ・カラー144分35mmフィルム
陽暉楼 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


浅野温子                     北村和夫、佳那晃子