映画「集団左遷」

集団左遷集団左遷
中村敦夫、柴田恭兵、河原崎建三            柴田恭兵、中村敦夫

今回は梶間俊一監督1994年製作「集団左遷」をピックアップする。
本作はバブル崩壊直後の大手不動産会社を舞台に、社員のリストラを強引に進めようとする会社側と見限られたサラリーマンたちが、意地とプライドを賭けて危機に立ち向かっていく姿を描いたものだ。90年代に入り東映は、アニメーション映画のヒットは続けるものの、劇映画のヒット作が出ず、日本映画の一時代を画した任侠映画が「首領を殺った男(1994年/監督:中島貞夫  出演:松方弘樹)」の興行不振を持って製作を中止した。それに代わる新路線としてサラリーマンを映画館に呼び込む”サラリーマン路線”を看板にしようと企業のリストラをテーマに本作の製作を決めた。しかし興行は大惨敗に終わり、路線化は中止された経緯がある。

集団左遷集団左遷
津川雅彦                         高島礼子

【ストリー】
バブル絶頂期に抱えた大量の不動産物権並びに余剰人員により企業経営の危機に瀕していた太陽不動産では、副社長である横山(津川雅彦)の提案により、大胆なリストラ計画が実行された。《首都圏特販部》という新規事業部を創設、そこに50人の余剰人員を送り込み、達成不可能な販売目標を課して人員削減を図ろうというものである。本部長にと横山から名指しされたのは、かつて横山の目にあまる不正を直訴しようとしたが揉み消された経歴を持つ篠田洋(中村敦夫)。その他、バブル期には活躍したがトラブルを抱え、総務部へ左遷されていた滝川(柴田恭兵)、娘の結婚を控え退職間近の花沢(小坂一也)、妻、良子(佳那晃子)の癌を機に家庭人間となった柳町(河原崎建三)らが送り込まれた。その中でかつて横山の愛人だったという今村春子(高島礼子)だけが唯一、自ら進んでやって来ていた。いったんは退職を考えた篠田は本来の仕事に目覚め滝川らと共に攻勢に転じるが、営業予算も宣伝費もゼロ、おまけに横山とその一派の執拗な嫌がらせに合い、秘かに情報も漏れて契約寸前の仕事を横取りされたりと、業績は一向に上がらない。だが、滝川が元恋人だった住宅情報誌の編集長・原俊子(萬田久子)に頼んで書いてもらった記事により、特販部が″左遷集団″としてセンセーショナルに扱われたことで逆に世間の注目を浴び、特販部内は活気づいていく。滝川は大型ディスカウント店チェーンのオーナー・藤尾(伊東四朗)に接近し倉庫と社員寮の契約を進めていくが、娘の将来のためにと横山のスパイとなっていた花沢が、社員寮として契約してもらおうとしていた厚木の分譲地に火を点けてしまい、篠田の必死の消火も空しく20戸のうち5戸が消失してしまう。事情を知った滝川は自分の過ちに気づいた花沢を連れ藤尾の元を訪ね、何とか契約にこぎつけることが出来たが、目標の売上には結局届かなかった。予定通り特販部員の首切りを主張する横山に対し、篠田は会社再建には特販部のような社員こそ必要で、自分の利益のみを考える役員こそ解任すべきだと主張。春子の証言により横山の数々の不正も遂に白日のもとに晒され、横山派は一掃される。それは社長や、親会社の意向でもあった。名誉を賭けた戦いは篠田らの勝利に終わった。

集団左遷
「集団左遷」高島礼子、津川雅彦
集団左遷集団左遷
江波杏子                         萬田久子

題名:集団左遷
監督:梶間俊一
企画:坂上順
製作:佐藤和之、野村敏哉
原作:江波戸哲夫
脚本:野沢尚
撮影:鈴木達夫
照明:山口利雄
録音:林鉱一
音効:原尚 リーレコ:上田武志
美術:桑名忠之
装置:石貝桝夫
背景:松下潔
装飾:湯沢幸夫
衣裳:有馬達也
美粧:青井美和
配役:福岡康裕
記録:勝原繁子
編集:西東清明 ネガ編集:水間正勝
音楽:小玉和文 音楽プロデューサー:石川光
現像:東映化学
進行主任:菊池淳夫
製作進行:斎藤寛、原田良晴、松本佳子
助監督:香月秀之
監督助手:金祐彦、宮村敏正、山内健嗣
撮影助手:今井裕二、新妻宏昭、小林嘉弘
別班撮影:福本文一、西浦清、伊藤昭裕
撮影効果:多正行、川克憲、古川元裕
照明助手:石川末八、臼井将成、中島淳司、森野茂樹、堤義典
録音助手典佐藤聡、永井重生、新開賢
音効助手:真道正樹
編集助手典大園淳二
美術助手:福澤勝広、室岡秀信
装飾助手:片岸雅浩、高橋美香、吉田吉木
特殊効果:大平特殊通過、坂本佐幸
セット付:霜野勝行
スタイリスト:鈴木智子 (萬田久子)
ヘアメイク:馬場利弘 (萬田久子)
ヘアメイク助手:矢吹和子
車両:ホリオート
音楽事務:新井明美、薄井洋明
宣伝プロデューサー:舛添要一
宣伝担当:遠藤茂行、小出真佐樹、稲本千春、又木たみえ
スチール:遠藤功
出演:柴田恭兵、中村敦夫、津川雅彦、高島礼子、江波杏子、萬田久子、佳那晃子、神山繁、伊東四朗、小坂一也、河原崎建三、下絛アトム、北村総一朗、河原さぶ、丹波義隆、亀石征一郎、浜田滉一
1994年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー107分35mmフィルム
集団左遷 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

集団左遷集団左遷
佳那晃子                       小坂一也
集団左遷集団左遷
伊東四朗                     津川雅彦、神山繁

映画「新座頭市 破れ!唐人剣」


勝新太郎                         王羽

今回は安田公義監督1970年製作「新座頭市 破れ!唐人剣」をピックアップする。
本作は、座頭市シリーズの第22作で勝プロダクションとゴールデン・ハーベスト(香港)との合作になる。その為に日本公開版と香港公開版があり、ラストシーンの座頭市と王(王羽)の対決は、二通りになった。日本公開版は座頭市が勝ち、香港公開版は王剛が勝つというバージョンである。香港公開版は、香港のトップスターであるジミー・ウォング(王羽)の代表作、片腕必殺剣(獨臂刀)シリーズの第3作目としている。

座頭市シリーズ


勝新太郎、浜木綿子                    寺田路恵

【ストリー】
襲いくる杉戸一家のやくざを叩っ斬り、今日も、御法度の裏街道を旅していた座頭市(勝新太郎)は、瀕死の唐人から小栄(香川雅人)という子供を預けられた。街道筋で南部藩といさかいを起こして追われる身となった王(王羽)という唐人剣士が小栄の知人であることを知った市は王を救い小栄を渡してやった。一夜の宿に、と入った水車小屋で市は再び二人に出合い、小栄のカタコトの通訳で王が福龍寺に友人をたずねていくと知った市は、心よく案内役を買ってでた。寺へいく途中、親切な与作(花澤徳衛)、お米(寺田路恵)の親子から、懸賞金ほしさに王を追っている藤兵ヱ一家の探索が続いていることを知った市は、二人を親子にかくまってもらうことにした。王、小栄の食料を求めて町にでた間に、藤兵ヱ一家に襲われ、やっと市がたどりついた時はすでに与作夫婦は斬殺されお米、王、小栄の三人の姿は見えなかった。その足で藤兵ヱの家に馳け込んだ市は得意の居合でお米を助けだしたが、お米に裏切者との思いもかけぬ言葉をぶつけられて茫然とした。やりきれぬ思いを酒でまぎらわせる市に、酌婦お仙(浜木綿子)は、あでやかな姿で言いたってきたが、これも杉戸一家生き残りの為助と用心棒の片捧をかつぐ手管だった。スキをうかがい斬りつけてきた為助(森章二)らを、目にも止まらぬ居合で斬り捨てた市は、わずかな望みを胸に、福龍寺をたずね王、小栄の無事を聞き安心したものの、王が市を裏切者と思いこんでいるとは夢にも考えてはみなかった。だが王と小栄を売ったのは、親友と信じていた福龍寺の覚全(南原宏治)であり、覚全の手引きで不意を襲ってきた南部藩士に、不覚にも小栄を奪われてしまった王は、小栄奪回のために菩提ヶ原へ乗り込んでいき、南部藩士たちと凄惨な闘いを展開していった。一方お仙の宿に逃げ込んできたお米から、王、小栄の危機を告げられた市は、お米と少々頭のいかれた、波の市(三波伸介)、新七(伊東四朗)、亀(戸塚睦夫)の手を借りて策を練った。盲の利を生かし、夜の街道を急ぐ唐丸篭護送隊に斬り込んみ、小栄を救い出して、お米に託した市は、懸命に菩提ヶ原に向った。市を必死にはばむ藤兵ヱ一家は、荷車、分銅ぐさりなどの武器で市の行手をはばんだが怒りに燃えた市を倒すことはできなかった。藩士の死体の横たわる菩提ヶ原にたどりついた市の前に、死闘のあともなまなましい王の凄惨な姿が現われた。市は王の無事を喜んだものの、誤解のとけない王は、市に血だらけの剣を向けて闘いを挑んできた。語りかけることのできない目と話しかけても通じない言葉が、非情な剣の対決に二人を陥しいれた。勝負は一瞬のうちに決まり、王の体は静かに崩れ落ちていった。


南原宏治                勝新太郎、伊東四朗、三波伸介、戸塚睦夫

題名:新座頭市 破れ!唐人剣
監督:安田公義
製作:勝新太郎
原作:子母沢寛
脚本:安田公義、山田隆之
撮影:牧浦地志
照明:美間博
録音:大谷巖
音効:倉嶋暢
美術:西岡善信
擬斗:楠木栄一
編集:谷口登司夫
音楽:富田勲
現像:東洋現像所
製作補佐:西岡弘善
製作主任:眞田正典
助監督:太田昭和
スチール:大谷栄一
出演:勝新太郎、王羽(ジミー・ウォング)、浜木綿子、南原宏治、寺田路恵、安部徹、花澤徳衛、てんぷくトリオ(三波伸介、伊東四朗、戸塚睦夫)、佐々木孝丸、山本一郎、森章二、大前均、橋本力、香川雅人、汪玲
1970年日本・香港・勝プロダクション+ゴールデン・ハーベスト/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
新座頭市 破れ!唐人剣 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


勝新太郎                            王羽

王羽、勝新太郎                                                新座頭市 破れ!唐人剣

映画「唐獅子株式会社」


「唐獅子株式会社」予告編より

横山やすし                        伊東四朗

今回は曽根中生監督1983年製作「唐獅子株式会社」をピックアップする。
本作は、伝説の天才漫才師横山やすしさんを主演で、小林信彦氏原作の同名小説の映画化したものだ。当時、テレビのレギュラー番組だけで9本もある横山やすしさんは超多忙だった為に、撮影は、週3日で、トータル30日の香盤が組まれ、1983年9月中旬~11月中旬に東映東京撮影所内でのスタジオ撮影が行われ、撮影の中盤には1983年10月に数日、大阪と神戸でロケーション撮影が行われたそうだ。


桑名正博                         甲斐智枝美

【ストリー】
3年ぶりに刑務所から出所した須磨組組員ダーク荒巻(横山やすし)は、島田組のチンピラに襲われ、九死に一生を得てようやく組の所在地にたどりついた。ところが、そこには、「唐獅子通信社」の見慣れない看板が……。親分の新し物病が始まったらしく、兄貴分の哲(伊東四朗)は専務と呼ばれ、組の様相は一変していた。翌日、ダークの出所祝が須磨邸で開かれた。シェフは親分の長男・安輝(木村一八)。コック姿で料理を運びやくざ稼業には全く関心がない。そこへ親分、義輝(丹波哲郎)の娘・輝子(斉藤ゆう子)が現れ、「これからはビデオの時代」と提案する。かくて、唐獅子ビデオの看板が掲げられた。さらに、親分は芸能社を作り、どこで見つけてきたのか新人歌手・伊吹ひとみ(甲斐智枝美)を東京のテレビ局主催のスーパースターコンテストで優勝させろと命令する。ところが、ひとみは体は魅力的だが、歌の方はカラッきしダメ。そして、ダークがマネージメント、原田(桑名正博)が歌のレッスンを担当することになった。デビュー曲も出来上がり、東京へ飛んだダークたちは、クラブでまずテレビ局のプロデューサーと評論家を買収する。そこに島田組が現われ、3人は捕まり、監禁された。翌朝、やっとの思いで抜けだしたダークたちは、コンテスト会場にギリギリで到着し、「唐獅子ロック」を歌ったひとみは優勝した。その夜、ダークの自分への愛の独り言を聞いたひとみは、彼に抱いてくれと告げるが断られ外に飛び出した。大阪に戻ったひとみは哲の前で、ダークにベタベタする。ある日、島田組がひとみのマンションにやって来た。居合わせたダークとひとみは逃げだし、やがてモーターボートでの闘争が始まった。そこに、島田組とダークの争いを心配していた栗林警部補(杉浦直樹)が助けに入り、足をゲガする。次の日、栗林を見舞ったダークとひとみは、奥さんに死なれ子供をたくさん抱えて困っている彼の姿を見た。坂津音楽祭当日、子供を連れてお祝いにかけつける栗林に、意を決してダークは「ひとみはあんたが好きだから嫁にもらってくれ」と頼む。そんなダークを哲が「よくやった。惚れた女を他人に渡すはのつらい」と慰めるのだった。


杉浦直樹                         丹波哲郎

題名:唐獅子株式会社
監督:曽根中生
企画:天尾完次
製作:井上眞介、木村政雄、林信夫
原作:小林信彦
構成:笠原和夫
脚本:内藤誠、桂千穂
撮影:鈴木耕一
照明:梅谷茂
録音:川島一郎
音効:原尚
美術:今保太郎
装置:開米慶四郎
装飾:岡万雄
背景:上田義明
美粧:武藤佳子
美容:石川靖江
衣裳:福崎精吾
擬斗:西本良治郎
刺青:毛利清二
記録:勝原繁子
編集:西東清明
音楽:甲斐正人 主題歌:山本譲二「ローリング・ストーン」
現像:東映化学
製作調整:山田光男
製作主任:酒井喬ニ
演技事務:鎌田賢一
音楽事務:新井明美
水中撮影:中村征夫
助監督:田中雄二
音楽プロデューサー:高桑忠男、石川光
カー・スタント:高橋レーシング
宣伝担当:松田仁、荒井一郎、西嶋光弘、藤沢正博
スチール:関谷嘉明
出演:横山やすし、伊東四朗、桑名正博、甲斐智枝美、丹波哲郎、杉浦直樹、佳那晃子、風祭ゆき、中島ゆたか、斉藤ゆう子、荒勢、小野ヤスシ、岡本信人、成瀬正孝、阿藤快、安岡力也、なぎら健壱、明石家さんま、島田紳助、木村一八
1983年日本・東映東京撮影所/ビスタサイズ・カラー102分35mmフィルム
唐獅子株式会社 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


斉藤ゆう子                        なぎら健壱

唐獅子株式会社

1 2 3