映画「疑惑」


岩下志麻                                 桃井かおり

今回は野村芳太郎監督1982年製作「疑惑」をピックアップする。
本作は、松本清張氏の同名小説の映画化で作者自身が脚色し、1978年に設立した自らの制作会社である霧プロダクションで作り上げた。本作において野村芳太郎監督が考えたラストは、ヒロインが最後救われるところで終わり。しかし清張はハッピーエンドの後にどんでん返しを用意すべきと主張し衝撃の結末が生まれたそうだ。

「原作をひと度映画会社やテレビ局に渡してしまえば、養子にやってしまうのと同じで、養家先でどのように扱われようと口出しすることはできない」松本清張映像の世界-霧にかけた夢-より


鹿賀丈史                              柄本明

【ストリー】
富山県新港湾埠頭で車が海中に転落、乗っていた地元の財閥、白河福太郎は死亡したが、後妻の球磨子はかすり傷ひとつ負わなかった。しかも、球磨子は過去に情夫と共謀して数数の犯罪を起こしていたことが判明。彼女は夫に三億円の保険金をかけており、この事故も、泳げない福太郎を殺すための擬装ではないかと誰もが疑った。北陸日日新聞の秋谷が積極的に報道を始めた。物的証拠がないまま球磨子は逮捕された。強気の球磨子は弁護士の原山を通じて、東京の花形弁護士、岡村に弁護を依頼するが、彼女の不利な立場に拒否され、原山も健康を理由に辞退。そして、女弁護士の佐原律子が国選弁護人として選ばれた。球磨子は同性でありながら自分とは違いすぎる立場にいる律子に反感を待った。律子も同じ気持だったが、ふとした偶然の事故から福太郎が自殺を企みようとしたことをつきとめた。球磨子は無罪となるが保険金は手に入らなかった。律子は真実をつきとめたが、球磨子を許すことは出来なかった。


仲谷昇                              小林稔侍

題名:疑惑
監督:野村芳太郎
製作:野村芳太郎、杉崎重美
原作:松本清張
脚本:野村芳太郎、松本清張、古田求
撮影:川又昂
照明:小林松太郎
録音:原田真一
調音:松本隆司
美術:森田郷平
装置:川添善治
装飾:磯崎昇
スタイリスト:矢野悦子
衣装:松竹衣装
美粧:八木かつら、馬場利弘
水中撮影:西山東男
編集:太田和夫
音楽:芥川也寸志、毛利蔵人
現像:東洋現像所
製作主任:福山正幸
製作進行:小松譲
監督助手:松原信吾
スチール:金田正
出演:岩下志麻、桃井かおり、鹿賀丈史、柄本明、小林稔侍、真野響子、森田健作、仲谷昇、小沢栄太郎、松村達雄、三木のり平、北林谷栄、伊藤孝雄、内藤武敏、名古屋章、河原崎次郎、丹波哲郎、山田五十鈴
1982年日本・霧プロダクション+松竹/ビスタサイズ・カラー127分35mmフィルム
疑惑 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


桃井かおり、岩下志麻

映画「座頭市 血煙り街道」

座頭市 血煙り街道座頭市 血煙り街道
勝新太郎                      近衛十四郎

今回は三隅研次監督1967年製作「座頭市 血煙り街道」をピックアップした。
座頭市シリーズ第17作の本作は、勝新太郎さんとサイレント時代からの時代劇スター近衛十四郎さんの殺陣シーンが壮絶である。これは剣術の心得がない役者には出来ない大立ち回りだ。

座頭市シリーズ

座頭市 血煙り街道座頭市 血煙り街道
座頭市 血煙り街道
座頭市 血煙り街道座頭市 血煙り街道
朝丘雪路                      中尾ミエ

【ストリー】
市(勝新太郎)が最初に多十郎(近衛十四郎)と会ったのは、五人のやくざに襲われた時だ。一瞬の居合斬りでやくざを倒した市を、多十郎が見ていたのだ。ある旅篭で、市は病死したおみね(磯村みどり)から、良太(斎藤信也)を預かった。おみねは夫庄吉(伊藤孝雄)を尋ねての旅の途中、病で倒れてしまったのだった。市は良太と共に前原にいるという庄吉を尋ねて、再び旅をつづけた。途中、旅芸人一座のともえ(朝丘雪路)と知り合った市は、一座が万造一家に無理難題をふっかけられた時、再び多十郎と会った。多十郎は万造一家に峰打ちをくらわせ、ともえの難儀を救ったのだった。やがて前原に着いた市は、庄吉が働いていたという窯焼きの太兵衛を訪ねたが、庄吉の行方は知れなかった。太兵衛の娘おみつ(高田美和)は、そんな市をいたわり、良太の面倒を見てくれた。ある日、代官手附の鳥越(小沢栄太郎)の肩をもんだ市は、鳥越の口から庄吉の名を聞いた。鳥越は土地のやくざ権造(小池朝雄)と組んで、御禁制の金粉、銀粉を使った絵皿を、腕のいい下絵描きの庄吉を軟禁して描かせていたのだった。鳥越の帰りを待伏せた市は、庄吉の居所を聞き出そうとしたが、その時現われた多十郎が鳥越を斬った。多十郎は、鳥越たちの悪事を探るため、前原に来た公儀の隠密だったのだ。一方、万事が公儀に露見したと悟った権造は、良太とおみつを人質にして高飛びの仕度にかかった。市は、権造一家に乗り込み、得意の居合いで、彼ら一味を倒した。しかし、市が庄吉や良太、おみつを救い出した時、多十郎が現われ、役目として、悪事を手伝った庄吉を斬ると言った。市は良太のために庄吉を斬らせたくはなく、多十郎と剣を交えた。その時、多十郎の同僚が庄吉を斬ろうとし、それを市は刀を横手に投げて倒した。素手になった市を多十郎は斬れなかった。多十郎はただ一言、負けたと言い残すと、折りから降り出した雪の中を足早やに去っていった。

座頭市 血煙り街道座頭市 血煙り街道
斎藤信也、伊藤孝雄、高田美和             小池朝雄

題名:座頭市 血煙り街道
監督:三隅研次
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:笠原良三
撮影:牧浦地志
照明:山下礼二郎
録音:大谷巖
美術:下石坂成典
殺陣:宮内昌平
編集 :谷口登司夫
音楽:伊福部昭
現像:東洋現像所
製作主任:西沢鋭治
助監督:友枝稔議
スチール:大谷栄一
出演:勝新太郎、近衛十四郎、高田美和、朝丘雪路、中尾ミエ、坪内ミキ子、伊藤孝雄、小池朝雄、小沢栄太郎、なべおさみ、伊藤孝雄、磯村みどり、斎藤信也
1967年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・富士カラー86分35mmフィルム
座頭市 血煙り街道-DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市 血煙り街道座頭市 血煙り街道
「座頭市 血煙り街道」勝新太郎

映画「獣の戯れ」

獣の戯れ獣の戯れ
若尾文子                    伊藤孝雄、若尾文子
獣の戯れ獣の戯れ
若尾文子

今回は富本壮吉監督1964年製作「獣の戯れ」をピックアップする。
本作は三島由紀夫氏の同名小説を映画化したものだが、若尾文子さんの魅力=男を惑わす魔性に今更ながらパンチを喰らう作品だった。富本壮吉監督は大映で溝口健二、伊藤大輔、豊田四郎、成瀬巳喜男、島耕二ら各氏の助監督を経て1960年「暁の翼」で監督デビューし、フリーになってからTV朝日土曜ワイド劇場「家政婦は見た!」シリーズをヒットさせた事で知られていたが、1989年5月に62歳で亡くなっている。

獣の戯れ獣の戯れ
河津清三郎                 伊藤孝雄、若尾文子、河津清三郎

【ストリー】
草門優子は、夫の逸平が、乱行をきわめているにもかかわらず、一言も文句を言わない、貞淑な妻であった。幸二はそんな逸平が社長であった「美陶苑」でアルバイトをしていた学生だが、優子が逸平に虐待されているのを知り同情にも似た思慕を感じるようになっていった。ある日、逸平のあまりの乱行をみかねた幸二は、逸平の浮気の現場に優子を連れていった。しかし逸平は、すがりついて哀願する優子を逆になぐりつけた。怒りに燃えた幸二は持っていたスパナで逸平をなぐりつけ、不具の身としてしまった。そんな幸二に同情した優子は、服役を終って出所した、よるべのない幸二を、伊豆の別荘にむかえた。それから、三人の奇妙な同棲生活が始った。失語症の上、半身不随になった逸平は、すっかり人が変ってしまい、放心したような微笑を絶えずうかべていた。そんな逸平を優子は毎日散歩につれていくのだったが、あるとき優子に客が来て幸二がかわって逸平を散歩につれだした。そして途中、幸二は優子を愛していることを告白し、逸平のみだらな生活をなじった。しかし、逸平はただ「死にたい」というだけだった。その夜、伊豆は暴風雨となった。夫の寝言で眼をさました優子は、押えきれぬ欲情に身をまかせて幸二に迫った。しかし、幸二はふとふりかえった隣の部屋から、逸平が放心した微笑をうかべて二人をみつめているのを見て、夢中で逸平にとびかかった。暴風で明滅する光の中に逸平の冷いむくろが、横たわり、その前で激しく抱き合う幸二と優子の姿があった。

獣の戯れ獣の戯れ

題名:獣の戯れ
監督:富本壮吉
企画:藤井浩明
原作:三島由紀夫
脚本:舟橋和郎
撮影:宗川信夫
照明:安田繁
録音:渡辺利一
美術:間野重雄
編集:関口章治
音楽:入野義郎
スチール:柳沢英雄
出演:若尾文子、河津清三郎、伊藤孝雄、三島雅夫、加藤嘉
1964年日本・大映/シネスコサイズ・モノクロ94分35mmフィルム
獣の戯れ [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

獣の戯れ獣の戯れ