映画「ある殺し屋の鍵」


市川雷蔵                        佐藤友美

今回は森一生監督1967年製作「ある殺し屋の鍵」をピックアップする。
本作は、市川雷蔵さんが華麗な殺し屋を演じる和製フィルム・ノワールのシリーズ第二弾になる。
前作「ある殺し屋」に続き、撮影を巨匠宮川一夫氏が担当されている。


中谷一郎                        西村晃

【ストリー】
表向きは日本舞踊の師匠である新田(市川雷蔵)は、実は凄腕の殺し屋だった。彼の素姓は、彼と親しい芸者秀子(佐藤友美)も知らなかった。ある日新田は、石野組幹部荒木(金内吉男)から、政財界の秘密メモを握る脱税王朝倉(内田朝雄)を消してくれと頼まれた。2,000万の報酬で仕事を引受けた新田は綿密な調査の末、朝倉の泊るホテルのプールを仕事場と決めた。その日、何も知らずに朝倉と遊んでいた秀子に邪魔されはしたが、新田は針一本の武器で朝倉を殺した。証拠も、目撃者もない、瞬時のことだった。だが、石野組は新田を裏切り、彼を消そうとした。新田は危うくその手を逃れ、報酬だけは自分の手に入れると、再び自分を殺そうとした石野(中谷一郎)と荒木を始末した。このことから、新田は石野の背後に政界の大物が黒幕として存在することを知った。仕事の報酬である札束の入ったケースを貸しロッカーに預け、自分を利用して殺そうとした者の正体を探るために政治記者に化けた新田は、朝倉の弁護士菊野(伊東光一)の口から、この件に遠藤建設が絡んでいることをつきとめた。その遠藤(西村晃)が秀子のレジデンスに通っていることを知って、新田は遠藤を締めあげ、黒幕の名を聞き出そうとしたが、遠藤は刃物を持って新田を襲い、逆に自分の脇腹を刺して死んでしまった。しかし、その直後の遠藤の秘書の電話から、黒幕が、間もなく欧州へ飛ぶ政財界の大立物北城(山形勲)と分った。数時間後、新田はカメラマン姿で空港に姿を現わした。送迎の混雑の中で、巧みに北城に近づいた新田は一瞬の間に北城を刺していた。事を終えて、貸しロッカーの所へ現われた新田は、そこに、爆薬を仕掛けたという情報で調査している数人の警官を見た。やがて、新田のロッカーから、札束のつまったケースが出された時、新田はそれに何の未練も残さず、見物人の嘆声をよそに人波の中に消えていった。


内田朝雄                      金内吉男、中谷一郎

題名:ある殺し屋の鍵
監督:森一生
企画:藤井浩明
原作:藤原審爾「消される男」
構成:増村保造
脚本:小滝光郎
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:海原幸夫
美術:太田誠一
擬斗:楠本栄一
編集:谷口登司夫
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:大洲斉
スチール:小山田輝男
出演:市川雷蔵(8代目)、佐藤友美、西村晃、山形勲、中谷一郎、内田朝雄、金内吉男、伊達三郎、伊東光一、玉置一恵、森内一夫
1967年日本・大映京都/シネスコサイズ・カラー79分35mmフィルム
ある殺し屋の鍵 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ある殺し屋の鍵

映画「座頭市 牢破り」


勝新太郎                       三國連太郎

今回は山本薩夫監督1967年製作「座頭市 牢破り」をピックアップする。
本作は、勝プロダクション第一回作品で、“座頭市”シリーズ第16作目になる。俳優陣はベテランが勢揃いして山本薩夫監督が演出された事もあり、勧善懲悪の座頭市にならずに、刀による闘いでの人の生死を、観客に問いかける作りが良かった。

座頭市シリーズ


西村晃                        浜田ゆう子

【ストリー】
一宿一飯の恩義から富蔵親分(遠藤辰雄)の使いに立った座頭市(勝新太郎)は、相手の朝五郎親分(三國連太郎)の気っぷのいい態度に難題をまとめることができたのだが、朝五郎を追い落す機会だと、もめごとが起るのを待っていた富蔵の反感を買った。おまけに市が、百姓を大切にする朝五郎に惚れて頼まれもしないのにインチキ賭博の人質にとられていた百姓を富蔵の手から助け出したことから、頭にきた富蔵は子分の貞松(酒井修)や仁三郎(細川俊之)らに市を襲わせた。彼らが市の居合にかなうはずもなかった。市はその夜、千葉周作直伝の腕を持ちながら、国の大本は農にありと剣を捨てて土地の百姓たちと農業に励む大原秋穂(鈴木瑞穂)を知った。大原は剣の道は虚しいと、暗に市をさとした。しかし翌日、再び市を狙う富蔵たちに、市は手向わずにはおれなかった。富蔵を斬った市は再び旅に出た。アンマ仲間に入って安らかな日々を得たいと願った市だったが、成金にへつらう盲人の世界もいやらしいものだった。そんなある日、市の前に仁三郎が現われ、関八州出役の須賀(西村晃)から十手を預った朝五郎が百姓を痛めつけ、仁三郎の恋人志乃(浜田ゆう子)を須賀の妾にされたと語った。朝五郎の人柄を知る市は耳をかさなかった。ところが数カ月後、市は女郎屋で会った志乃から彼の言葉が正しかったことを知った。百姓をたぶらかし一揆を企てたとの理由で大原が縛についているとも知った市は、急ぎ村に戻った。村は荒れはて、須賀や新興商人の山源(松下達夫)と結託した朝五郎一家に、百姓たちは惨めな生活をしていた。朝五郎を信頼していた市にとって、これは意外なことだった。そんな市を朝五郎はせせら笑っていた。市は大原を助けようと朝五郎一家に殴り込んだが、一足ちがいに大原は江戸に送られた。その後を追った市は峠で一行に追いつき、須賀や朝五郎らと悽惨な闘いをまじえ、彼らを倒して峠を一面の血の海に染めた。市は大原を助けることができたものの、朝五郎に裏切られた。彼の心は、何か虚しく、またひとり、何処ともなく旅だっていくのだった。


鈴木瑞穂                        細川俊之

題名:座頭市 牢破り
監督:山本薩夫
企画:伊藤武郎、宮古とく子
製作:永田雅一
原作:子母沢寛
脚本:中島丈博、松本孝二、 猿若清方
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:林土太郎
美術:西岡善信
擬斗:土井茂
記録:藤岡輝夫
編集:菅沼完二
音楽:池野成
現像:東洋現像所
製作主任:西沢鋭治
助監督:土井茂
スチール:藤岡輝夫
出演:勝新太郎、三國連太郎、西村晃、浜田ゆう子、鈴木瑞穂、細川俊之、石山健二郎、遠藤辰雄、藤岡琢也、松下達夫、玉川良一、京唄子、鳳啓助、古川緑九、伊達三郎、酒井修
1967年日本・勝プロダクション+大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
-座頭市 牢破り -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


勝新太郎「座頭市 牢破り」

映画「座頭市海を渡る」

座頭市海を渡る座頭市海を渡る
勝新太郎                      安田道代(大楠道代)

今回は池広一夫監督1966年製作「座頭市海を渡る」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第14作目になる。西部劇ティストの内容は、山賊対座頭市の対決と昔かな村民を描いているが、山形勲さんの山賊首領は嵌り役である。

座頭市シリーズ

座頭市海を渡る座頭市海を渡る
山形勲                         田中邦衛

【ストリー】
これまで斬った人々の菩提をとむらうため、座頭市(勝新太郎)は四国の札所めぐりを続けていた。船の中で暴力スリをこらしめたりした市だが、ある日、馬に乗って追ってきた栄五郎(井川比佐志)という男に斬りつけられ、止むなく彼を斬った。止むを得ないとはいえ、また人を斬った市の心は沈んだ。だから、栄五郎の家を訪ね、妹のお吉(安田道代)に腕を斬られた時、お吉の短刀をよけようともしなかったのだ。お吉は、実は優しい娘で、兄が殺されたと悟って咄嗟に市を斬ったのだが、今度はその市をかいがいしく介抱するのだった。お吉の話では、栄五郎が三十両の借金のために、土地の馬喰藤八(山形勲)から命じられて市を襲ったのだった。そして市を弟の仇と狙う新造(守田学)が藤八にそれを頼んだことが分った。また村の暴力一家の頭でもある藤八は、芹ケ沢の支配権を一手に握ろうと画策してもいた。だが、そこはお吉の土地だったから、藤八は邪魔なお吉に、女房になれと言ってきた。それを知った市はお吉の後見人となり真っ向うから藤八と対立したのだ。そんな二人を、名主の権兵衛(三島雅夫)は狡猾な計算で見守っていた。先ず市は栄五郎の香奠として、藤八に三十両を要求した。結局、競技で藤八の弓に居合で勝った市は三十両をせしめた。しかし、その帰途を藤八の子分が襲ったのだが、所詮市の居合に敵うはずもなかった。市とお吉は栄五郎の墓を建てて、しばらくの間楽しい日々を過ごした。そんなお吉に、恋人の安造(東野孝彦)が土地を捨てようと誘った。しかし、お吉は市を信じていた。やがて藤八は市に最後通牒をつきつけてきた。そしてその日、市はたった一人で藤八一家と対峙した。孤立無援の市を、村の人は助けようともしなかった。市は闘った、斬った、市は村人がきっと助けにくると信じて危機を切り抜けていた。やがて、安造が刀を手に現われた。そして安造が藤八の用心捧常念の槍に斃れた時、ついに、村人も市に加勢してきた。勇躍した市は一刀の下に藤八を斬った。そして市は、馬上から見送るお吉に別れを告げ夕焼空の彼方へと去って行った。

座頭市海を渡る座頭市海を渡る
三島雅夫                       座頭市海を渡る
座頭市海を渡る座頭市海を渡る
座頭市海を渡る                    勝新太郎

題名:座頭市海を渡る
監督:池広一夫
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:新藤兼人
撮影:武田千吉郎
照明:山下礼二郎
録音:大谷巖
音効:斎藤一郎
美術:西岡善信
擬斗:楠本栄一
編集:谷口登司夫
音楽:斎藤一郎
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:富嶋八蔵
スチール:小山田輝男
出演:勝新太郎、安田道代(大楠道代)、山形勲、五味龍太郎、千波丈太郎、井川比佐志、田中邦衛、三島雅夫、東野孝彦、伊達三郎、杉山昌三九、守田学、寺島雄作
1966年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー82分35mmフィルム
座頭市海を渡る -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

1 2 3 5