映画「座頭市海を渡る」

座頭市海を渡る座頭市海を渡る
勝新太郎                      安田道代(大楠道代)

今回は池広一夫監督1966年製作「座頭市海を渡る」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第14作目になる。西部劇ティストの内容は、山賊対座頭市の対決と昔かな村民を描いているが、山形勲さんの山賊首領は嵌り役である。

座頭市シリーズ

座頭市海を渡る座頭市海を渡る
山形勲                         田中邦衛

【ストリー】
これまで斬った人々の菩提をとむらうため、座頭市(勝新太郎)は四国の札所めぐりを続けていた。船の中で暴力スリをこらしめたりした市だが、ある日、馬に乗って追ってきた栄五郎(井川比佐志)という男に斬りつけられ、止むなく彼を斬った。止むを得ないとはいえ、また人を斬った市の心は沈んだ。だから、栄五郎の家を訪ね、妹のお吉(安田道代)に腕を斬られた時、お吉の短刀をよけようともしなかったのだ。お吉は、実は優しい娘で、兄が殺されたと悟って咄嗟に市を斬ったのだが、今度はその市をかいがいしく介抱するのだった。お吉の話では、栄五郎が三十両の借金のために、土地の馬喰藤八(山形勲)から命じられて市を襲ったのだった。そして市を弟の仇と狙う新造(守田学)が藤八にそれを頼んだことが分った。また村の暴力一家の頭でもある藤八は、芹ケ沢の支配権を一手に握ろうと画策してもいた。だが、そこはお吉の土地だったから、藤八は邪魔なお吉に、女房になれと言ってきた。それを知った市はお吉の後見人となり真っ向うから藤八と対立したのだ。そんな二人を、名主の権兵衛(三島雅夫)は狡猾な計算で見守っていた。先ず市は栄五郎の香奠として、藤八に三十両を要求した。結局、競技で藤八の弓に居合で勝った市は三十両をせしめた。しかし、その帰途を藤八の子分が襲ったのだが、所詮市の居合に敵うはずもなかった。市とお吉は栄五郎の墓を建てて、しばらくの間楽しい日々を過ごした。そんなお吉に、恋人の安造(東野孝彦)が土地を捨てようと誘った。しかし、お吉は市を信じていた。やがて藤八は市に最後通牒をつきつけてきた。そしてその日、市はたった一人で藤八一家と対峙した。孤立無援の市を、村の人は助けようともしなかった。市は闘った、斬った、市は村人がきっと助けにくると信じて危機を切り抜けていた。やがて、安造が刀を手に現われた。そして安造が藤八の用心捧常念の槍に斃れた時、ついに、村人も市に加勢してきた。勇躍した市は一刀の下に藤八を斬った。そして市は、馬上から見送るお吉に別れを告げ夕焼空の彼方へと去って行った。

座頭市海を渡る座頭市海を渡る
三島雅夫                       座頭市海を渡る
座頭市海を渡る座頭市海を渡る
座頭市海を渡る                    勝新太郎

題名:座頭市海を渡る
監督:池広一夫
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:新藤兼人
撮影:武田千吉郎
照明:山下礼二郎
録音:大谷巖
音効:斎藤一郎
美術:西岡善信
擬斗:楠本栄一
編集:谷口登司夫
音楽:斎藤一郎
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:富嶋八蔵
スチール:小山田輝男
出演:勝新太郎、安田道代(大楠道代)、山形勲、五味龍太郎、千波丈太郎、井川比佐志、田中邦衛、三島雅夫、東野孝彦、伊達三郎、杉山昌三九、守田学、寺島雄作
1966年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー82分35mmフィルム
座頭市海を渡る -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

映画「座頭市の歌が聞える」

座頭市の歌が聞える座頭市の歌が聞える
勝新太郎                       小川真由美

今回は田中徳三監督1966年製作「座頭市の歌が聞える」をピックアップする。
本作は、“座頭市”シリーズ”第13作目になる。第一作より満を持しての再登場となる天知茂さんとの対決を見ることができる本作は、タイトルとは裏腹に座頭市自身は歌を歌わないが、道中で出会う座頭市と同じ、目が不自由な琵琶法師が、市にあれこれ禅問答のようなことを言う場面が際立つ作品である。

座頭市シリーズ

座頭市の歌が聞える座頭市の歌が聞える
天知茂                         佐藤慶

【ストリー】
座頭市(勝新太郎)は高崎で殺気を漂わせた浪人黒部玄八郎(天知茂)とすれ違った。市はその日、宿外れでやくざに襲われた為吉(堀北幸夫)を救ったが、すでに深手を負っていて、市に財布を託すと言切れた。市は盲目の琵琶法師(浜村純)と道連れになった。一の宮は祭礼なのに門前の店はほとんど閉じていた。おかん婆さん(吉川満子)の茶店に入った市は、おかんが為吉の母だと知った。市は為吉の息子太一(町田政則)に財布を渡した。町の人は板鼻権造(佐藤慶)一家の暴力に悩んでいた。権造一家は市にいやがらせをした。市はやむを得ず居合の妙技を見せた。太一はそんな市に憧れた。市は宿場女郎のお蝶(小川真由美)にあんまを頼まれた。二人は心の触れあうのを感じた。弥平爺さん(水原浩一)の上洲屋で、市は再び法師に会った。法師は太一がやくざに憧れるのは市のせいだと批判した。構造一家が押しかけてきた時、市は抵抗しなかった。だが、一家が上洲屋の娘お露(小村雪子)をさらおうとするのに怒って居合で斬った。それを太一は見ていた。お蝶の亭主は黒部玄八郎だった。玄八郎はお蝶を身受けするため、権造に五十両で市を斬ると約束した。一家は上洲屋に乱入し、おかんを人質にした。市は仕込杖を捨てた。しかし、一家は弥平を斬り、市をも斬ろうとした。市は太一の助けで仕込杖を手に入れた。だが権造の作戦で八方から太鼓が乱打され、市は聴覚を封じられた。市は法師が、修業とは死ぬことだといった言葉を想い出した。市の心の眼は澄みきった。そして必死に斬りまくり、最後に玄八郎と対決した。一瞬の後、玄八郎は倒れた。市は権造が町の人から無理にとった金を取返し、お蝶の身受けの金も取った。そして隙をみて斬り込んだ権造を斬った。法師は太一に、本当に偉い人はやくざでないと教えた。市はお蝶の家に五十両を届けて去った。お蝶が市の後を追いかけようと外に出た。その時すでに、市は朝焼けの道に消えていた。

座頭市の歌が聞える座頭市の歌が聞える
勝新太郎、浜村純                   座頭市の歌が聞える

題名:座頭市の歌が聞える
監督:田中徳三
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:高岩肇
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:海原幸夫
美術:西岡善信
擬斗:宮内昌平
編集:菅沼完二
音楽:伊福部昭
現像:東洋現像所
制作主任:村井昭彦
助監督:太田昭和
スチール:大谷栄一
出演:勝新太郎、天知茂、小川真由美、佐藤慶、浜村純、東三千、吉川満子、小村雪子、水原浩一、伊達三郎、堀北幸夫、町田政則
1966年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー82分35mmフィルム
座頭市の歌が聞える -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

座頭市の歌が聞える座頭市の歌が聞える
勝新太郎                       座頭市の歌が聞える

映画「続・座頭市物語」


勝新太郎                        城健三朗(若山富三郎)

今回は森一生監督1962年製作「続・座頭市物語」をピックアップする。
本作は、前作「座頭市物語」のヒットにより直ちに製作された続編になる。
勝新太郎さんの兄で東映から大映に移籍した城健三朗(若山富三郎)が、劇中でも市の兄・与四郎を演じている。

座頭市シリーズ


水谷良重                         万里昌代

【ストリー】
下総、取手川の渡しでやくざ達が一人のあんま(市=勝新太郎)を川へ突き落そうとした。瞬間、勘造(水原浩一)が顔を斬られた。驚愕した仲間の森助(伊達三郎)らは市を取り囲んだ。が、突然、片腕の浪人与四郎(城健三朗=若山富三郎)が邪魔に入り退散させた。去って行く彼を無言で見送る市。二人の間には何か曰くがありそうだ。座頭市は大名黒田越前守(春本富士夫)のもみ治療の帰途、家中の侍に襲われた。狂っている殿様の秘密を封ずる手段だ。が、居合斬りの名人座頭市は一瞬三人を斬り捨てた。あわてた黒田家臣は市暗殺の賞金を出した。張り切った与四郎の子分三蔵(中村豊)は市に斬りかかったが、なぜか与四郎は手出しをしない。ただ市がお節(水谷良重)を抱いて去って行くのを見ているだけだ。その夜、座頭市はお節と一夜を明かして今度逢う時は、昔の恋人お千代の身代りでなくお節自身として来ると約した。そしてお節の世話で舟をやとい水路笹川へ向った。飯岡助五郎(柳永二郎)の鉄火場で、かつて座頭市と相思相愛だったおたね(万里昌代)が、飯岡一家がお尋ね者渚の与四郎召捕りと市を斬る策略を知った。彼女は市が来ているという西光寺へ駈けつけた。そこには以前笹川飯岡の喧嘩で平手造酒を斬った市が回向をつとめていた。黒田家から市を斬るよう命ぜられた勘兵衛一家は、市を取り巻き斬りかかったがもとより彼の敵ではない。ついに勘兵衛一人になってしまった。それを見た与四郎は勘兵衛から斬り賃二十両をせしめて抜刀した。彼は市の実兄であり、市の女お千代を奪ったことがあった。が、お千代が死んだと知ると矢庭に与四郎を切った。ちょうどそこへ助五郎を先導とする八州捕方の一団が来た。市は与四郎をかばって水中に姿を消した。まもなく、市たちが溺れ死んだと嘲笑し合っていた助五郎と勘兵衛たちの行手に、抜刀を下げて立ちふさがった黒い影は。その痛快な啖呵と凄じい剣法でまぎれもない座頭市その人だった。


「続・座頭市物語」万里昌代

「続・座頭市物語」勝新太郎

題名:続・座頭市物語
監督:森一生
企画:久保寺生郎
原作:子母沢寛
脚本:犬塚稔
撮影:本多省三
照明:伊藤貞一
録音:林土太郎
音効:倉島暢
美術:太田誠一
装置:城修
擬斗:宮内昌平
編集:谷口孝司
音楽:斎藤一郎
製作主任:大管実
助監督:井上昭
スチール:浅田延之助
出演:勝新太郎、城健三朗(若山富三郎)、水谷良重、万里昌代、中村豊、柳永二郎、沢村宗之助、山路義人、水原浩一、伊達三郎、春本富士夫
1962年日本・大映京都撮影所/シネスコサイズ・モノクロ72分35mmフィルム
続・座頭市物語 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「続・座頭市物語」万里昌代

城健三朗(若山富三郎)、勝新太郎

「続・座頭市物語」撮影風景        ※上の画はクリックすると別画面で拡大されます。

1 2 3 4