映画「人生劇場 飛車角」


鶴田浩二                     佐久間良子

今回は沢島忠監督1963年製作「人生劇場 飛車角」をピックアップする。
人生劇場は、1936年に内田吐夢監督が日活で製作したのが始まりで、東宝、大映でも製作されているが、物語の脇役に過ぎない飛車角こと小山角太郎に着目し、スピンオフ作品として作られたのが本作である。
当時の東映社長であり製作総指揮を執った岡田茂氏が、東映京都撮影所で時代劇を中心に活躍していた沢島忠監督を東映東京撮影所に呼び寄せ製作した。描かれた義理と人情と男の悲哀、その中で生きるヤクザ者の姿が、熱狂的な支持を集め大ヒットした。これからヤクザを主体に据えた新しいジャンル「ヤクザ映画」が生まれ、仁侠映画、実録路線、女ヤクザを生んで行ったという。


高倉健                      月形龍之介

【ストリー】
横浜の遊女だったおとよ(佐久間良子)と逃げのびて来た飛車角こと小山角太郎(鶴田浩二)は、小金親分(加藤嘉)の計らいで深川の裏町に住むことになった。そんなある日、小金一家と文徳組は喧嘩になった。一宿一飯の義理を持つ飛車角は、宮川健(高倉健)と熊吉を連れて文徳一家に殴りこんだ。そこで飛車角は文徳(沢彰謙)を刺し殺し、吉良常(月形龍之介)と名のる老人に救われた。吉良常は一目みて飛車角に惚れこんだ。小金の弟分奈良平(水島道太郎)の計らいでおとよと逢った飛車角は、警察に自首、五年の刑で前橋刑務所に服することになった。飛車角の帰りを待つおとよを、奈良平は深川不動の夏祭に誘った。その二人の目の前で小金親分が何者かに殺された。奈良平の冷たい笑いにおとよは総てを察した。おとよは逃げた。そのおとよを宮川が救った。そこで二人は同じような身の上であることを知って自然に結ばれた。だが、宮川はおとよが飛車角の女と知って愕然とした。そして悩んだ。そんな頃、恩赦で飛車角が刑務所を出た。吉良常一人が出迎えに出ていて、おとよと宮川のことを飛車角につげた。飛車角は男らしくおとよをあきらめ、吉良常の勧めるまま吉良へ足を運んだ。吉良で青成瓢(梅宮辰夫)吉と知り会った飛車角は、吉良で骨を埋めようと決心するのだった。吉良常が娘のように可愛がっている料理屋よしだやの娘お千代(本間千代子)も、そうした飛車角を慕うようになった。そうした飛車角のところに宮川とおとよが詫びを入れに来た。飛車角はだまって二人を許してやるのだった。そしてまた何カ月が過ぎた。仁吉まつりの権利をめぐって吉良常は、土地のテキ屋浜勝(山本麟一)と争うことになった。飛車角は単身浜勝おとずれ、仁吉まつりには指一本ふれないという証文をとりあげた。浜勝も飛車角の男らしい態度に手も足も出なかった。
そんなところへ熊吉がやって来た。男を立てようとした宮川が、小金親分を殺したのが奈良平だと知って、単身殴り込みをかけて殺されたというのだ。飛車角はお千代の止めるのもきかず東京へ飛んだ。お千代の泣き声を背にするのはつらかったが、吉良常は分ってくれると思ったのだ。「飛車角来たる!」奈良常一家は沸いた。一家総動員で飛車角を待ちうけていた。これを知ったおとよは、必死になって飛車角を止めたが、「あの世で逢おうぜ」と飛車角はずらりと並んだ刃の中へ飛びこんでいったのだった。


村田英雄                    村田英雄、高倉健

題名:人生劇場 飛車角
監督:沢島忠
企画:岡田茂、亀田耕司、吉田達
原作:尾崎士郎
脚本:直居欽哉
撮影:藤井静
照明:川崎保之丞
録音:大谷政信
美術:進藤誠吾
殺陣:谷俊夫
編集:田中修
音楽:佐藤勝 主題歌:村田英雄「人生劇場」
現像:東映化学
製作主任:白浜汎域
助監督:田口勝彦
出演:鶴田浩二、高倉健、佐久間良子、月形龍之介、村田英雄、梅宮辰夫、本間千代子、曽根晴美、山本麟一、田中春男、加藤嘉、潮健児、水島道太郎、沢彰謙
1963年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
人生劇場 飛車角 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


人生劇場 飛車角」高倉健、佐久間良子      鶴田浩二、高倉健

映画「喜劇 初詣列車」


渥美清                                 佐久間良子

今回は瀬川昌治監督1967年製作「喜劇 初詣列車」をピックアップする。
本作は、東映が1967年に東宝や松竹の喜劇映画に対抗し、国鉄の全面協力で製作した喜劇列車シリーズの第3作(最終作)だ。翌年からスタートする松竹の「男はつらいよシリーズ」の渥美清さんが、寅さんを演じる前に撮られたシリーズである。尚、前作は「喜劇 急行列車」「喜劇 団体列車」である。


城野ゆき                             楠トシエ、中村玉緒

川崎敬三                              小松政夫、渥美清

【ストリー】
国鉄の車掌の新作(渥美清)は、妻幸江(中村玉緒)と、平凡だが幸せな毎日を送っていた。ある日、列車の中で幼な馴染みの美和子(佐久間良子)と会った新作は、何故か沈みがちな彼女を元気づけた。幼い頃から新作の憧れの的だった美和子は、新潟地震で父母を失い、芸者になりながら、行方不明になった弟の研吉(小松政夫)を探しているということだった。新作はそんな美和子のために、何かと相談相手になってやるのだった。ところが、事情を知らない幸江は、そんな新作を見て、浮気をしているのではないかと疑い出したのである。新作はそれに構わず、研吉を探すために四方八方を駆けずり回った。彼は、研吉とは恋仲で、行方知れずになった研吉を探している房子(城野ゆき)と会った。房子の言葉から、研吉が平凡な生活に愛想をつかしてフーテンになったらしいと知った新作は、前衛芸術家の溜り場、ソープランド、深夜スナックなどを探し歩いた。ある日、彼はついにフーテン姿の研吉を探しあてた。根の正直な新作は、フーテンの心理は理解出来なかったが、ともかくも普通の平凡な生活にこそ、本当の幸せがあるのだと熱心に説き、はては自らフーテン姿になって、研吉の心を理解しようと努めるのだった。一方、幸江は新作が女にもてるはずはない、と思いながらも、やはり心おだやかではなく、新作の弟夏男(川崎敬三)に頼んで、夫の行状を調べてもらったりした。そんな時、研吉を連れた新作が、フーテンの飲むクスリを飲み、フラフラになって家に帰ってきた。新作の姿に驚いた幸江は、気が狂ったのではないかと泣いたり、医者を呼んだり、大騒ぎを演じた。そこへ新作から、研吉発見の知らせを受け取った美和子がやってきた。美和子から事情を聞いた幸江は、すっかり今までの誤解をといた。研吉も、新作の尽力で鉄道弘済会に勤めることが決った。やがて正月が来た。春に式を挙げることに決った研吉と房子を伴ない、新作夫婦はお伊勢参りに出発した。ちょうど彼らの乗った新幹線の列車の窓からは、二見ケ浦から昇る新年の太陽が望まれた。


若水ヤエ子、西村晃                     左卜全、渥美清

題名:喜劇 初詣列車
監督:瀬川昌治
企画:秋田亨、加茂秀男
製作:大川博
脚本:舟橋和郎
撮影:西川庄衛
照明:元持秀雄
録音:井上賢三
美術:北川弘
編集:祖田富美夫
音楽:河辺公一
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:伊藤源郎
助監督:高桑信
スチール:丸川忠士
出演:渥美清、中村玉緒、佐久間良子、川崎敬三、小松政夫、城野ゆき、楠トシエ、西村晃、財津一郎、若水ヤエ子、財津一郎、左卜全
1967年日本・東映/シネスコサイズ・カラー91分35mmフィルム
喜劇 初詣列車 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


城野ゆき、小松政夫                          国鉄165系電車

映画「次郎長三国志 甲州路殴り込み」


鶴田浩二                   長門裕之、里見浩太朗、品川隆二

今回はマキノ雅弘監督1965年製作「次郎長三国志 甲州路殴り込み」をピックアップする。
いわゆる”次郎長もの”は、1952年から1954年に東宝で9本製作され、1963年からマキノ雅弘監督によって東映で製作された本作は「次郎長三国志(1963年)」「続・次郎長三国志(1963年)」「次郎長三国志 第三部(1964年)」に続く第4(最終)作となった。


南田洋子                       里見浩太朗

【ストリー】
清水港次郎長(鶴田浩二)、お蝶(佐久間良子)夫婦のもとに、渡世人小政(里見浩太朗)が次郎長一家の投げ節お仲(安城百合子)の消息をもって駈けつけた。お仲は赤鬼金平の仇討ちに次郎長一家を狙う、甲府猿屋勘助(石山健二郎)の行動を探ぐりに行ったのだが、折から勘助の所へ草鞋を脱いでいた小政の眼力で人質として捕われたのだ。小政は次郎長と勘助のもめごとを知らず、一宿一飯の恩義を感じながらも、勘助の汚いやり方に怒り、次郎長に事の仔細を知らせたのだった。小政の案内で旅姿も颯爽と甲州路を急ぐ次郎長一家、これに江尻の大熊も乾分、お蝶を連れて加わった。大勢の乾分を連れて待ち伏せた勘助だったが、遂に次郎長の手で鮮血にまみれ、お仲は無事救出された。渡世仁義の掟でも喧嘩は喧嘩、兄貴分の大熊と別れて、次郎長一家は病弱なお蝶を連れ、兇状旅に出た。こんな次郎長一家の姿を見た石松は、勘助殺しの下手人として自首して出ると言っては、次郎長お蝶に涙さすのだった。小政はこの次郎長一家の固い結束を見て、自分も乾分にと頼みこんだ。旅なれないお蝶の発熱をみかねた乾分たちは、昔次郎長が助けた関取りの八尾ケ嶽久六を訪ねた。久六は今は十手を握るやくざの親分となり、次郎長一家を親切げに迎い入れたが、久六の本心は賞金を狙っての芝居であった。途中でそれに気づいた石松らはお蝶を石松の幼友達七五郎の恋女房、お園に預けた。献身的なお園の看病に、次郎長一家は心をなごませた。数日後お仲が久六の賭場で荒稼ぎした金を持って訪ねた時、お蝶はも早やこの世の人ではなかった。が、かくまってくれていれば、お蝶は死ななかったのにと憤る乾分たち真新しい墓標の前でお蝶への弔合戦を次郎長に迫った。不意の殴り込みに、久六一家はひとたまりもなく叩き斬られた。御用提灯の波の中、お蝶の遺髪を抱いて、次郎長一家は清水へと急いだ。その中にお仲、お園に七五郎の顔もあった。


安城百合子

題名:次郎長三国志 甲州路殴り込み
監督:マキノ雅弘
企画:俊藤浩滋、橋本慶一
原作:村上元三
脚本:マキノ雅弘、山内鉄也
撮影:山岸長樹
照明:増田悦章
録音:渡部芳丈
美術:鈴木孝俊
装置:木津博
装飾:宮川俊夫
美粧:佐々木義一
結髪:西野艶子
衣装:三上剛
技斗:足立伶二郎
記録:梅津泰子
編集:宮本信太郎
音楽:菊池俊輔
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:福井良春
助監督:折田至
スチール:諸角義雄
出演:鶴田浩二、佐久間良子、南田洋子、大木実、里見浩太朗、長門裕之、待田京介、山本麟一、山城新伍、品川隆二、田中春男、安城百合子、石山健二郎
1965年日本・東映/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
次郎長三国志 甲州路殴り込み -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


次郎長三国志 甲州路殴り込み

1 2