映画「喜びも悲しみも幾歳月」


佐田啓二、高峰秀子

今回は木下惠介監督1957年製作「喜びも悲しみも幾歳月」をピックアップする。
本作は戦前から戦後の燈台守一家の波乱に満ちた生活を描いたものだが、1956年に雑誌掲載された福島県塩屋埼灯台長の妻、田中きよさんの手記から題材を得て木下監督が脚本を執筆している。撮影は、観音崎、御前崎、安乗崎、野寒布岬、三原山、五島列島、瀬戸内海の男木島、女木島など全国で行われた。本作で「戦場のメリークリスマス(1983年/大島渚監督)」の撮影監督である成島東一郎氏が色彩技術(色彩計測=撮影チーフ助手)として参加されている。


佐田啓二、高峰秀子

【ストリー】
上海事件の昭和7年--新婚早々の若い燈台員有沢四郎(佐田啓二)ときよ子(高峰秀子)は、東京湾の観音崎燈台に赴任して来た。日本が国際連盟を脱退した年には、四郎たちは雪の涯北海道の石狩燈台へ転任になった。そこできよ子は長女雪野(有沢正子)を生み、2年後に長男光太郎(中村賀津雄)を生んだ。
昭和12年には波風荒い五島列島の女島燈台に転勤した四郎一家はともすると夫婦喧嘩をすることが多くなった。きよ子は家を出ようと思っても、便船を一週間も待たねばならぬ始末であった。気さくな若い燈台員野津(田村高広)は、そんな燈台でいつも明るく、台長の娘真砂子(伊藤弘子)を恋していたが、真砂子は燈台員のお嫁さんにはならないと野津を困らせた。昭和16年--太平洋戦争の始った年に有沢一家は、佐渡の弾崎燈台に移り、今は有沢も次席さんとよばれる身になっていた。B29が本土に爆音を轟かす昭和20年--有沢たちは御前崎燈台に移り、東京から疎開して来た名取夫人と知合った。まもなく野津といまは彼の良き妻の真砂子が赴任してきた。艦載機の襲撃に幾多の燈台員の尊い命が失われた。戦争が終って、野津夫婦も他の燈台へ転勤になった。それから5年--有沢たちは三重県安乗崎に移った。燈台記念日に祝賀式の終ったあと、美しく成長した雪野と光太郎は、父母に心のこもった贈物をするのであった。やがて雪野は名取家に招かれて東京へ勉強に出ていった。昭和28年には風光明眉な瀬戸内海の木島燈台に移った。ところが大学入試に失敗して遊び歩いていた光太郎は、不良と喧嘩をして死ぬという不幸にみまわれた。歳月は流れて--思い出の御前崎燈台の台長になって赴任する途中、東京にいる雪野と名取家の長男進吾(仲谷昇)との結婚話が持ち出された。やがて二人は結婚して任地のカイロに向う日、燈台の灯室で四郎ときよ子は、二人の乗っている船のために灯をともすのであった。そしてめっきり老いた二人は双眼鏡に見入った。そして、長い数々の苦労も忘れて、二人は遠去かる船に手を振った。旋回する燈台の灯に応えて、船の汽笛がきこえて来た。

題名:喜びも悲しみも幾歳月
監督:木下惠介
原作:木下惠介
脚本:木下惠介
撮影:楠田浩之
照明:豊島良三
録音:大野久男
美術:伊藤熹朔、梅田千代夫
装置:小林孝正
装飾:山崎鉄治
衣装:吉田幸七
編集:杉原よし
音楽:木下忠司 主題歌:若山彰「喜びも悲しみも幾歳月」
フィルム:イーストマン・コダック
現像:東洋現像所
色彩技術:成島東一郎
特殊撮影:川上景司
製作渉外:小倉武志
撮影渉外:手代木功
出演:高峰秀子、佐田啓二、中村賀津雄、桂木洋子、有沢正子、田村高廣、仲谷昇、伊藤弘子
1957年日本・松竹/スタンダードサイズ・カラー149分35mmフィルム
喜びも悲しみも幾歳月 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高峰秀子、佐田啓二

映画「風の視線」


園井啓介                        新珠三千代

今回は川頭義郎監督1963年製作「風の視線」をピックアップする。
本作は、松本清張氏原作のメロドラマであるが、冗長な流れで展開する三角関係で終始する。60年代の世相、男女の地位などが明確に反映された背景が現代ではありえず、逆におもしろかった。


岩下志麻                          佐田啓二

【ストリー】
亜矢子(新珠三千代)は夫重隆(山内明)との愛なき結婚にすっかりつかれ果てていた。外国に赴任している夫の留守を、視力を失った母堂總子(毛利菊枝)と暮らしていた。そうした美貌の人妻亜矢子に、新進のカメラマン奈津井(園井啓介)は憧れを持っていた。だが、彼女のすすめるままに千佳子(岩下志麻)と簡単な見合結婚をしてしまった。千佳子は亜矢子の夫重隆に誘惑されて、短かい愛の交渉をもった暗い過去があった。この結婚にはこういった暗い影があった。亜矢子は、夫の留守中に知り合った大新聞の事業部の次長久世(佐田啓二)が、心のよりどころとなりそれが愛にかわっていた。久世は、画期的な企画に敏腕をふるって業界にその名を知られていたし、若い芸術家達に絶大な信頼があった。しかし、彼もまた亜矢子と同じように、愛なき結婚で結ばれた名前だけの妻(奈良岡朋子)と別居した生活を送っていた。そんなところへ、重隆が突然帰国してきた。この帰国は複雑な人間関係に大きな波紋を投げかけた。この帰国を知った千佳子は、荒廃した自分の中に真実の愛を確かめようとして重隆を訪れた。しかし、彼はただ千佳子の身体を求めるだけだった。彼女は現在の生活までも捨てようとした自分の愚かさを知って、奈津井のアパートから姿を消した。一方、久世の妻英子は夫と亜矢子の仲にしっと心をもやし、帰国早々の重隆に中傷した。重隆は亜矢子との離婚を認めず、最後まで彼女を苦しめようと図った。そんな時、重隆は密輸であげられた。亜矢子はこれで夫とは絶対別れられないと決心し、久世を川治温泉に誘って一夜を過ごした。そうした亜矢子の心を知って久世は、みずから進んで、佐渡の支局へ転勤した。そんな頃、荒んだ生活の奈津井のもとに千佳子が帰ってきた。若い二人はお互の愛の傷を見詰め合うことによって、新しい愛の生活に出発しようとする勇気と意志を持ったのだ。一方、英子は東京から佐渡へ渡る気になれず、自分から久世に別れを告げた。そして、獄窓の重隆も亜矢子との離婚に心から同意するようになっていた。亜矢子と久世の結ばれる日は、もう間近なのだ。


岩下志麻、新珠三千代                    山内明

奈良岡朋子                          園井啓介

題名:風の視線
監督:川頭義郎
製作:脇田茂
原作:松本清張
脚本:楠田芳子
撮影:荒野諒一
照明:飯島博
録音:松本隆司
整音:沼上精一
美術:岡田要
装置:佐須角三
装飾:深沢重雄
衣裳:吉田幸七
編集:杉原よ志
音楽:木下忠司
進行主任:峰順一
助監督:中新井和夫
撮影助手:内海収六
照明助手:荒木勝
録音助手:佐藤広文
渉外事務:秦野賢児
スチール:堺謙一
出演:岩下志麻、新珠三千代、園井啓介、佐田啓二、山内明、滝田裕介、奈良岡朋子、加藤嘉、高宮敬二、山内明、毛利菊枝、中村たつ、小林トシ子、松本清張
1963年日本・松竹/シネスコサイズ・モノクロ105分35mmフィルム
風の視線 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


園井啓介、岩下志麻                     風の視線

映画「カルメン故郷に帰る」


高峰秀子                        高峰秀子、小林トシ子

今回は木下恵介監督1951年製作「カルメン故郷に帰る」をピックアップする。
本作は、日本初の国産カラー映画として有名な作品だ。
映画撮影は、ネガフィルムで撮影するのが定石だが、本作は、新開発の外式リバーサルフィルムで撮影したそうだ。
つまりポジである。現像後にポジ・ポシブリントしてラッシュにしたと思われるが、カラーバランスやコントラスト、色温度、カブリなどの調整は相当に難しい。(当時は三層式カラーネガは未発表)その為、カラー撮影が終わってから白黒ネガで同一カットを撮影し、”白黒版”も作られた。カラー撮影の保険目的外に、公開時に東京・横浜・名古屋・大阪・京都以外の都市では”白黒版”で公開されたそうだ。

この国産カラーフィルム・メーカーとは、1934年の創業から映画用白黒フィルムを製造していた富士フイルムだ。

本作のリバーサルフィルムは、ASA感度は6程度なので、全てド・ピーカンのロケが9割を占め、スタジオセット(校長先生の部屋と丸十の作った舞台)に大光量のライトが使われた事は容易に推測出来る。当時の映画用白黒フィルムはASA25の感度であったから、その4倍の明るさが必要になる。

本作の後に三層式カラーネガの開発と改善、コダックに先駆けて高感度フィルムの開発を精力的に進めて国内外の名作映画で使用されるまでに至った富士フイルムだが、2013年春、突然に映画用撮影フィルムの製造をすべて中止した。
これで79年間の国産映画用撮影フィルムの歴史は閉じたのだ。現在の選択肢は、イーストマン・コダックのみである。

現在、富士フイルムはアーカイブ用映画ィルム「ETERNA-RDS・IS-100 (米アカデミー科学技術賞を受賞)」を製造している。これは、カラー画像の3色分解(セパレーション)を行い、安定した黒白画像(銀像)として記録するためのアーカイブ用フィルム。現像はD-96またはD-97を推奨している。

※日本最初のカラー映画は、1937年製作「千人針(監督:三枝源次郎 撮影:漆山祐茂 制作:大日本天然色映画 39分)」であるが、フィルムは国産ではない。恐らくアグファカラー(ドイツ)ではないかと思う。
※写真フィルムで種別を例えると外式がコダクローム、内式がエクタクロームになる。
※1970年代までテレビニュース映像は、16mm内式リバーサルフィルムで撮影されていた。


笠智衆、望月美惠子                 井川邦子、佐野周二

【ストリー】
浅間山麓に牧場を営んでいる青山の正さん(坂本武)の娘きん(高峰秀子)は、東京から便りをよこして、友達の朱実(小林トシ子)を一人連れて近日帰郷すると言って来た。しかも署名にはリリイ・カルメンとしてある。正さんはそんな異人名前の娘は持った覚えが無いと怒鳴るので、きんの姉のゆき(望月美惠子)は村の小学校の先生をしている夫の一郎(磯野秋雄)に相談に行った。結局校長先生(笠智衆)に口を利いてもらって正さんをなだめようと相談がまとまった。田口春雄(佐野周二)は出征して失明して以来愛用のオルガン相手に作曲に専心していて、妻の光子(井川邦子)が馬力を出して働いているが、運送屋の丸十(小沢栄)に借金のためにオルガンを取り上げられてしまい、清に手を引かれて小学校までオルガンを弾きに来るのだった。その丸十は、村に観光ホテルを建てる計画に夢中になり、そのため東京まで出かけて行き、おきんや朱実と一緒の汽車で帰って来た。東京でストリップ・ダンサーになっているおきんと朱実の派手な服装と突飛な行動とは村にセンセーションを巻き起こし、正さんはそれを頭痛に病んで熱を出してしまった。校長先生も、正さんを説得したことを後悔している。村の運動会の日には、せっかくの春雄が作曲した「故郷」を弾いている最中、朱実がスカートを落っこどして演奏を台無しにしてしまった。春雄は怒って演奏を中止するし、朱実は想いを寄せている小川先生が一向に手ごたえがないので、きんと二人でくさってしまう。しかし丸十の後援でストリップの公演を思い立った二人はまたそれではりきり村の若者たちは涌き立った。正さんは、公演のある夜は校長先生のところへ泊りきりで自棄酒を飲んでいたが、公演は満員の盛況で大成功だった。その翌日きんと朱実は故郷をあとにした。二人の出演料は、そっくり正さんに贈り、正さんは、不孝者だが、やっぱり可愛くてたまらない娘の贈物をそっくり学校へ寄付した。丸十は儲けに気を良くしてオルガンを春雄に只で返してやった。春雄は一度腹を立てたおきんたちにすまないと思い、光子と一緒に汽車の沿道へ出ておきんと朱実に感謝の手を振った。


笠智衆、坂本武、望月美惠子                高峰秀子、小林トシ子

題名:カルメン故郷に帰る
監督:木下恵介
企画:日本映画監督協会
製作総指揮:高村潔
製作:月森仙之助
脚本:木下恵介
撮影:楠田浩之
照明:豊島良三
録音:大野久男
美術:小島基司
装置:山本金太郎
装飾:守谷筋太郎
衣装:浜野庄太郎
結髪:佐久間とく
床山:斎藤美津雄
記録:磯崎金之助
編集:杉原と志
音楽:木下忠司、黛敏郎 主題歌:高峰秀子
フィルム・現像:富士フィルム
製作補:桑田良太郎
製作進行:新井勝次
助監督:小林正樹、松山善三、川頭義郎、二本松嘉瑞
色彩技術:富士フィルム(小松崎正枝、赤澤定雄)
撮影助手:高村倉太郎、成島東一郎
出演:高峰秀子、佐野周二、笠智衆、井川邦子、坂本武、小林トシ子、望月優子、佐田啓二、小沢栄、磯野秋雄
1951年日本・松竹大船撮影所/スタンダードサイズ・富士カラー86分35mmフィルム
カルメン故郷に帰る -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高峰秀子、小林トシ子                   カルメン故郷に帰る

1 2 3