映画「ある殺し屋の鍵」


市川雷蔵                        佐藤友美

今回は森一生監督1967年製作「ある殺し屋の鍵」をピックアップする。
本作は、市川雷蔵さんが華麗な殺し屋を演じる和製フィルム・ノワールのシリーズ第二弾になる。
前作「ある殺し屋」に続き、撮影を巨匠宮川一夫氏が担当されている。


中谷一郎                        西村晃

【ストリー】
表向きは日本舞踊の師匠である新田(市川雷蔵)は、実は凄腕の殺し屋だった。彼の素姓は、彼と親しい芸者秀子(佐藤友美)も知らなかった。ある日新田は、石野組幹部荒木(金内吉男)から、政財界の秘密メモを握る脱税王朝倉(内田朝雄)を消してくれと頼まれた。2,000万の報酬で仕事を引受けた新田は綿密な調査の末、朝倉の泊るホテルのプールを仕事場と決めた。その日、何も知らずに朝倉と遊んでいた秀子に邪魔されはしたが、新田は針一本の武器で朝倉を殺した。証拠も、目撃者もない、瞬時のことだった。だが、石野組は新田を裏切り、彼を消そうとした。新田は危うくその手を逃れ、報酬だけは自分の手に入れると、再び自分を殺そうとした石野(中谷一郎)と荒木を始末した。このことから、新田は石野の背後に政界の大物が黒幕として存在することを知った。仕事の報酬である札束の入ったケースを貸しロッカーに預け、自分を利用して殺そうとした者の正体を探るために政治記者に化けた新田は、朝倉の弁護士菊野(伊東光一)の口から、この件に遠藤建設が絡んでいることをつきとめた。その遠藤(西村晃)が秀子のレジデンスに通っていることを知って、新田は遠藤を締めあげ、黒幕の名を聞き出そうとしたが、遠藤は刃物を持って新田を襲い、逆に自分の脇腹を刺して死んでしまった。しかし、その直後の遠藤の秘書の電話から、黒幕が、間もなく欧州へ飛ぶ政財界の大立物北城(山形勲)と分った。数時間後、新田はカメラマン姿で空港に姿を現わした。送迎の混雑の中で、巧みに北城に近づいた新田は一瞬の間に北城を刺していた。事を終えて、貸しロッカーの所へ現われた新田は、そこに、爆薬を仕掛けたという情報で調査している数人の警官を見た。やがて、新田のロッカーから、札束のつまったケースが出された時、新田はそれに何の未練も残さず、見物人の嘆声をよそに人波の中に消えていった。


内田朝雄                      金内吉男、中谷一郎

題名:ある殺し屋の鍵
監督:森一生
企画:藤井浩明
原作:藤原審爾「消される男」
構成:増村保造
脚本:小滝光郎
撮影:宮川一夫
照明:中岡源権
録音:海原幸夫
美術:太田誠一
擬斗:楠本栄一
編集:谷口登司夫
音楽:鏑木創
現像:東洋現像所
製作主任:小沢宏
助監督:大洲斉
スチール:小山田輝男
出演:市川雷蔵(8代目)、佐藤友美、西村晃、山形勲、中谷一郎、内田朝雄、金内吉男、伊達三郎、伊東光一、玉置一恵、森内一夫
1967年日本・大映京都/シネスコサイズ・カラー79分35mmフィルム
ある殺し屋の鍵 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ある殺し屋の鍵

映画「懲役太郎 まむしの兄弟」


菅原文太、川地民夫                    佐藤友美

今回は中島貞夫監督1971年製作「懲役太郎 まむしの兄弟」をピックアップする。
“まむしの兄弟シリース”は、東映京都撮影所で1971年から1975年にかけて9作品が、菅原文太さんと川地民夫さん主演で制作された。 本作はシリーズ第1作になる。
【まむしの兄弟シリース】
1971年「懲役太郎 まむしの兄弟」監督:中島貞夫
1971年「まむしの兄弟 お礼参り」監督:本田達男
1972年「まむしの兄弟 懲役十三回」監督:中島貞夫
1972年「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」監督:中島貞夫
1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」監督:山下耕作
1973年「まむしの兄弟 恐喝三億円」監督:鈴木則文
1974年「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」監督:工藤栄一
1974年「極道VSまむし」監督:中島貞夫 主演:若山富三郎 ※コラボ作品
1975年「まむしと青大将」監督:中島貞夫
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


安藤昇                          葉山良二

【ストリー】
前科12犯、通称ゴロ政こと政太郎(菅原文太)が2年ぶり12回目の懲役を終え、兄弟分勝次(川地民夫)の出迎えで出所した。二人は神戸の新開地の北部を縄張りとする七友会山北組と西部の滝花組の乱斗に直面、相手かまわず暴れ込んだり、高級レストランでイヤがらせをしたり無軌道ぶりを発揮する。福原で風俗嬢の花江(三島ゆり子)、洋子(女屋実和子)とねんごろになり、そのアパートにしけ込んでいるところへ、山北組代貸の友枝(林彰太郎)が、政と勝に滝花組代貸の梅田(葉山良二)殺しを依頼してくる。二人は梅田を狙ったが、七友会最高幹部早崎(安藤昇)の出現で中断されてしまった。怒った政は、早崎と勝負をするために、郷里の小豆島に帰った早崎の後を追ったが、その貫禄の前に手も足も出なかった。そうしたある日、七友会の二代目を早崎が継ぐと知った山北組々長は七友会を脱会、滝花組を叩きつぶす計画を進めた。山北組のマシンガンが梅田を襲ったのは数日後。梅田はまきぞえのゆき(山田圭子)をかばって他界した。傷ついたゆきを見舞い、怒り狂った政と勝は、かけつけた早崎を挑戦するように罵倒する。じっと耐える早崎はある決意をしていた。政と勝は、山北組にトラックを走らせた。早崎は山北組々長に解散を命じ、組長の自首をすすめた。だが卑劣な山北は子分たちに早崎に襲わせた。その場にダイナマイトを手にした政と勝が乗り込んで来たのだ。山北組のマシンガンにふらつきながらも山北の心臓に匕首を突き刺す早崎だったが、そのまま息絶える。突進する政と勝、その背には見事な大蛇の刺青。政と勝は修羅場に飛び込んだが、マシンガンを浴びてのけぞる勝。政のドスが、次々に友枝たち子分を倒していく。しかし、銃弾を受けた政の目はかすんでくる。早崎に負けまいと墨で書いた二人の刺青が、雨にうたれてどろどろと溶け始めている。


佐藤友美                         山田圭子

菅原文太、三島ゆり子              川地民夫、女屋実和子

題名:懲役太郎 まむしの兄弟
監督:中島貞夫
企画:俊藤浩滋、橋本慶一
脚本:高田宏治
撮影:赤塚滋
照明:北口光三郎
録音:中山茂二
美術:富田治郎
装置:米沢勝
装飾:柴田澄臣
美粧・結髪:東和美粧
衣裳:高安彦司
擬斗:土井淳之祐
記録:田中美佐江
編集:神田忠男
音楽:菊池俊輔
進行主任:伊藤彰将
助監督:本田達男
スチール:諸角義雄
出演:菅原文太、川地民夫、佐藤友美、安藤昇、葉山良二、女屋実和子、三島ゆり子、山田圭子、天津敏、河野秋武、林彰太郎、谷村昌彦、成瀬正孝、川谷拓三
1971年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
懲役太郎 まむしの兄弟 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


天津敏                     菅原文太、川地民夫