映画「社葬」


緒形拳                          十朱幸代

今回は舛田利雄監督1989年製作「社葬」をピックアップする。
本作は、松田寛夫氏の綿密な取材を重ねて作り上げたオリジナル脚本で撮られている。
「新聞は、インテリが作り、ヤクザが売るんだ!」大新聞社での派閥抗争の話である。
太陽新聞社屋の外観は、富士フィルム本社ビルを使っていた。


中丸忠雄、小林昭二                  江守徹

若山富三郎                      佐藤浩市

【ストリー】
日本有数の大新聞「太陽新聞」のトップでは、会長派と社長派の間で権力争いが起こっていた。関東の地方紙だったのを全国紙にまで発展させたのは現社長・岡部憲介(高松英郎)の父の大介(故人)と現会長・太田垣一男(若山富三郎)だった。その会長派は太田垣の娘婿で専務取締役の添島(中丸忠雄)ほか松崎(根上淳)、栗山(小林昭二)、寺内(小松方正)、原口(加藤和夫)の各取締役。一方、社長派は岡部憲介ほか息子の恭介(佐藤浩市)、谷(加藤武)、徳永(江守徹)、深町(菅貫太郎)、三宅(有川正治)の各取締役。取締役販売局長として腕をふるう鷲尾平吉(緒形拳)は恭介の部下だったが、太田垣にも恩があり、派閥を嫌って中立的立場をとっていた。ある日、定例役員会で谷から緊急議題として太田垣の代表権と名誉会長職の解任が提出され、鷲尾が棄権したために一票差で可決されてしまった。太田垣はショックで倒れ、病院にかつぎ込まれた。社長派は皆勝ち誇った様子だったが、その晩、岡部憲介が料亭で芸者(井森美幸、)相手に腹上死してしまう。鷲尾も手伝わされて遺体は岡部邸へ運び込まれた。通夜の臨時役員会では葬儀委員長と社長人事をめぐって紛糾、翌日、太田垣が代表取締役名誉会長に復帰し、社葬葬儀委員長に就任。しかし、病気療養中のため実行委員長は鷲尾が務めることになった。前夜、太陽新聞では三友銀行の不正融資というビッグスクープが朝刊のトップを飾ろうとしていたが、徳永がもみ消していた。社長選出は無記名投票の結果、岡部恭介4票、添島隆治4票、白票3票で物別れとなった。鷲尾は以前に穂積で飲んでから女将の吉乃(十朱幸代)と男と女のつき合いをしていた。しかし、不倫旅行から帰ると、突然北陸の販売店が添島の差し金で納金拒否の態度をとった。徳永の命令で鷲尾が何とか事態を収拾したが、添島は株の失敗で大穴を空けて自殺未遂。憲介の死で社長派は劣勢、太田垣は病室に徳永を呼んで密約を交わした。報復人事はしないが、鷲尾の首を切れというものだった。鷲尾は徳永からの辞表提出要求を拒否し、穂積で恭介と会った。彼はすでに辞表を出していたが、三友銀行のスキャンダルや社葬の場で太田垣が徳永の社長就任を指名裁定することを鷲尾に話した。「なぜ自分だけがツメ腹を切らされなければならないのか」と怒った鷲尾は子飼いの部下の裏切りで相談役に落ちている前頭取野々村典正(芦田伸介)の協力を得、すべての情報をブラック・ジャーナリズムに流すと太田垣につめ寄った。社葬の当日、葬儀委員長の太田垣から指名された新社長は、岡部恭介だった。


藤真利子                       井森美幸

野際陽子                       吉田日出子

題名:社葬
監督:舛田利雄
企画:佐藤雅夫
製作:奈村協、妹尾啓太
脚本:松田寛夫
撮影:北坂清
照明:加藤平作
録音:堀池美夫
音効:永田稔、竹本洋二、和田秀明
美術:内藤昭、柏博之、松宮敏之
装置:太田正二
装飾:長尾康久
背景:西村三郎
衣裳:豊中健
美粧:名執愛次郎
結髪:山田真左子
スタイリスト:市原みちよ、金丸照美
ヘアーメイク:石田睦夫(十朱幸代)、直江広武(藤真利子)
和楽:中本哲
配役:葛原隆康
舞踏:藤間勘五郎
記録:森村幸子
編集:市田勇
音楽:宇崎竜童
現像:東映化学 合成:宮西武史
進行主任:長岡功
製作進行:下戸聡
演技事務:寺内文夫
助監督:藤原敏之
監督助手:五大院将貴、中川祐介
撮影助手:深沢伸行、清久素延、近藤義夫、坂口勇
照明助手:横山秀樹、本田純一、中島淳司、松本勝治、大坂光希、鈴木賢一
録音助手:松陰信彦、川口三郎
美術助手:今井高瑞、松宮敏之
装置助手:中小路認、大橋豊
衣装助手:宮川信男、森勲
編集助手:小磯眞佐美、坂口由美
宣伝:福永邦昭、荒井一弥、中村範子
スチール:久井田誠
出演:緒形拳、十朱幸代、佐藤浩市、藤真利子、井森美幸、江守徹、吉田日出子、野際陽子、若山富三郎、芦田伸介、小林昭二、高松英郎、小松方正、加藤武、北村和夫、中丸忠雄、根上淳、加藤和夫、菅貫太郎、有川正治、船越栄一郎、不破万作、イッセー尾形
1989年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー130分35mmフィルム
社葬 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


高松英郎                           加藤武

佐藤浩市、緒形拳                     社葬

映画「青春の門」

青春の門青春の門
松坂慶子、菅原文太

今回は五木寛之氏原作の「青春の門」東映1981年版蔵原惟繕監督・深作欣二監督の共作をピックアップする。
映画化は、浦山桐郎監督によって東宝で「青春の門(1975年)」「青春の門 自立篇(1977年)」が作られている。本作では松竹の専属であった松坂慶子さんが初めて東映で出演している。

青春の門青春の門
松坂慶子

【ストリー】
伊吹信介(佐藤浩市)は炭鉱地帯に生れた。父の重蔵(菅原文太)はヤマ騒動でダイナマイトを爆発させた犯人として検挙され、はげしい拷問に耐え抜いてヤマの英雄とみなされた人物で、その存在は北九州一帯に知れわたっていた。重蔵が、新興やくざ塙竜五郎(若山富三郎)とカフェーの女給タエ(松坂慶子)をはりあって大喧嘩となり、全身傷を負いながらも彼女を手に入れたことは多くの人の語り草になっている。そのタエが信介の二度目の母となった。二年後。竜五郎が関係している鉱山で落盤事故が起き、坑夫たちが坑内に閉じ込められてしまった。重蔵はダイナマイトを腹にまきつけ、竜五郎に見送られ、坑夫たちを救出に坑内に入った。多くの坑夫たちが救出されたが、重蔵は戻って来なかった。信介五歳の時だった。以来、タエは採炭の仕事をしながら女手一つで信介を育てた。信介も父の血を受けつぎ、負けん気の強い少年に成長。ある日、朝鮮人の子供と喧嘩し、一対一の勝負をつけるため、朝鮮人集落へ向かった。そこで、落盤事故で父に救出された金山(渡瀬恒彦)と出会った。その日から、金山は重蔵への恩義から信介母子の貧しい生活を助けるため、足しげく信介の家を訪れるようになった。しかし、その金山も戦場にかり出されていった。やがて終戦となった。満州から戻った竜五郎は、飯塚で一家を構え、信介母子の世話を申し出るが、タエは自分の手で信介を育てると言う。信介が中学に入った頃、金山がシベリアから帰って来た。金山は労働組合のリーダーとなり、朝鮮人労働者の差別撤廃を求め、あやまって炭鉱主を殺害、追われる身となる。その頃、タエは過労のため結核に蝕まれ、母子は竜五郎に引き取られることになった。幼なじみの織江(杉田かおる)が涙ながらに信介を見送る。飯塚の中学に進んだ信介は学校の音楽教師、梓旗江に慕情を寄せるが、かなわぬ思いを織江に求めた。情熱的な生き方を求める梓先生は田舎の生活に飽き足らず、信介に上京をすすめ、自ら飯塚の町を去っていく。信介はさびしさをまぎらわそうと、織江を訪ねた。だが織江は母親が死亡したため、貧しい家庭をささえきれず、小倉のキャバレーに勤めに出ていた。小倉に織江を訪ねた信介は、その夜、安旅館で男になった。数日後、竜五郎が朝鮮人労働者に撃たれた。一家の長太(時任三郎)が単身殴り込みに行くが、逆につかまってしまい、竜五郎が引き取りに行く。そこへ金山が立ちふさがる。二人の間に割って入った信介は長太をかついで去って行った。空に向け発砲する金山。これが信介に対する金山の訣別のしるしであった。自分で生きていこうと、信介は上京を決意、療養所のタエに報告する。一人前の男になったと喜んだタエは翌日、多量の血を吐いて他界してしまう。タエの葬式を終え、信介は竜五郎に置手紙を残し、東京へ旅立った。信介はすべての人間が一生に一度だけくぐり抜ける青春の門の入口に近づこうとしていた。

青春の門青春の門
鶴田浩二                      若山富三郎

題名:青春の門
監督:蔵原惟繕・深作欣二
企画:高岩淡、日下部五朗、奈村協
原作:五木寛之
脚本:野上龍雄
撮影:仲沢半次郎、中島徹
照明:増田悦章、海地栄
録音:平井清重、今出光
整音:荒川輝彦
美術:井川徳道、内田欣哉、小林勝美
記録:森村幸子、黒川京子
編集:鈴木晄、市田勇
音楽:山崎ハコ
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
助監督:土橋亨、李学仁、長岡鉦司、高司暁、比嘉一郎、原田真二
スチール:木村武司
出演:菅原文太、松坂慶子、佐藤浩市、杉田かおる、若山富三郎、鶴田浩二、渡瀬恒彦、小林稔持、時任三郎
1981年日本・東映/ビスタサイズ・カラー140分35mmフィルム
青春の門 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

青春の門青春の門
杉田かおる                    佐藤浩市

映画「64-ロクヨン-」


64-ロクヨン- (前編) 佐藤浩市             永瀬正敏

今回は瀬々敬久監督2016年製作「64-ロクヨン- 」をピックアップする。
本作は横山秀夫氏の同名ベストセラーを映画化したもので、昭和天皇の崩御により僅か7日間しかなかった昭和64年に発生し、未だ未解決となっている少女誘拐殺人事件の解明に挑む刑事と彼を取り巻く人々の物語だ。公開当時、劇場に足を運ぼうかどうか思案した作品だったが、DVDで前後編を見終わって「とても3,600円(1,800X2)を出して見る映画」ではないと思った。俳優の芝居は総じて良いのだが、テレビドラマ寄りで冗長な物語の展開と長すぎる尺(240分)に閉口する。私はこの脚本で長尺にする意味が分からない。それも前後編で入場料二重取りだ。監督は1986年に獅子プロダクションで助監督からスタートし、僅か3年の経験でピンク映画監督デビューをした瀬々敬久氏で、本作の興行収入は前後編で36.8億円だったそうだ。キャッチコピーに「映画史に残る傑作の誕生。慟哭の結末を見逃すな。」とあるが、私は「ふざけるな!」と言いたい。


64-ロクヨン- (前編) 鶴田真由            夏川結衣、佐藤浩市

64-ロクヨン- (前編) 奥田瑛二              瑛太

【ストリー】
[前編:121分]
7日間で幕を閉じた昭和最後の年、昭和64年。そのわずかな間に少女誘拐殺人事件が発生。それは刑事部で“ロクヨン”と呼ばれ、少女の死亡、未解決のままという県警最大の汚点を残し14年が過ぎ去った……。時効まであと1年と迫る平成14年。当時“ロクヨン”の捜査にあたった刑事・三上義信(佐藤浩市)は、警務部広報室に広報官として異動する。三上は時効が迫ったロクヨン解決のために動き出すが、そこに巨大な壁が立ちはだかる。記者クラブとの確執、キャリア上司との対立、刑事部と警務部の軋轢……。そんななか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生する……。
[後編:119分]
昭和最後の年、昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件は刑事部で“ロクヨン”と呼ばれ、被害者が死亡し未解決のままという県警最大の汚点となっている。その事件から14年が過ぎ、時効が近づいていた平成14年、“ロクヨン” の捜査にもあたった敏腕刑事・三上義信(佐藤浩市)は、警務部広報室に広報官として異動する。記者クラブとの確執、キャリア上司との闘い、刑事部と警務部の対立のさなか、ロクヨンをなぞるような新たな誘拐事件が発生する。そして三上の一人娘の行方は……。


佐藤浩市64-ロクヨン- (後編)                緒形直人

題名:64-ロクヨン- (前編・後編)
監督:瀬々敬久
企画:越智貞夫
製作:木村理津、大原真人、渡邉敬介、浅野博貴、伊藤正昭
原作:横山秀夫
脚本:瀬々敬久、久松真一
撮影:斉藤幸一
照明:豊見山明長
録音:高田伸也
音効:北田雅也
美術:磯見俊裕
装飾:柳澤武
衣装:纐纈春樹
結髪:那須野詞
記録:江口由紀子
編集:早野亮
音楽:村松崇継 主題歌:小田和正「風は止んだ」
エグゼクティブプロデューサー:平野隆
ラインプロデューサー:武石宏登
共同プロデューサー:藤井和史
VFXスーパーバイザー:立石勝
製作担当:篠宮隆浩
助監督:海野敦
助成:文化庁文化振興費補助金
出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、筒井道隆、鶴田真由、赤井英和、菅田俊、烏丸せつこ、小澤征悦、金井勇太、芳根京子、菅原大吉、柄本佑、椎名桔平、滝藤賢一、奥田瑛二、仲村トオル、吉岡秀隆、瑛太、永瀬正敏、三浦友和
2016年日本・コブラピクチャーズ/シネスコサイズ・カラー121分(前編)119分(後編)デジタルシネマ
64-ロクヨン- (前編・後編) -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


三浦友和、佐藤浩市                64-ロクヨン- (後編)

1 2