映画「やくざと抗争 実録安藤組」


安藤昇                        藤浩子

今回は佐藤純彌監督1973年製作「やくざと抗争 実録安藤組」をピックアップする。
前作「やくざと抗争」が予期せぬヒットを記録し、岡田茂東映社長が続編の製作を命じ「やくざと抗争 実録安藤組」というタイトルを付けた。安藤昇氏の原作・主演の第二弾であるが、「安藤組」が結成されるまでの自伝映画は、本作が初めてで、いわゆる“実録安藤組”シリーズの第一作であった。以降、東映は”実録”作品を量産することになる。


安藤昇、佐藤蛾次郎、安岡力也           室田日出男、内田朝雄

【ストリー】
昭和24年、渋谷。制帽をあみだにかぶり、学生服をラフにひっかけた大学生・矢頭(安藤昇)をリーダーとするチンピラたちと、愚連隊・ドス健(山本麟一)、橋場組は顔を合わせると喧嘩の毎日だった。そしてある日、矢頭はドス健に顔面深く斬り裂かれる。傷の痛みをこらえて歩き廻っていた矢頭は、幼な馴染みの早苗(藤浩子)と会い、看護を受ける。傷の癒えた矢頭は、橋場の兄弟分でもある児島(丹波哲郎)の仲裁を無視して、ドス健を襲い、仲間の三吉(佐藤蛾次郎)がドス健を殺してしまった。児島の助力も得て勢いづいた矢頭は次第に仲間を増し、橋場組の縄張りを侵略していき、ついに、橋場(諸角啓二郎)を殺し、縄張りを手中に収めた。そんな矢頭に関東桜会の榊原(内田朝雄)と大幹部・蓮見(渡辺文雄)が接近してきた。榊原は渋谷に進出するために、実子の勇吉(郷鍈治)を矢頭の兄弟分にしようと企だてたのである。それと知った矢頭は、地元の十文字一家と関東桜会を鉢合せさせようと画策する。まず、勇吉を痛めつけ、その身柄を十文字一家へ持ち込んだ。そして一方では関東桜会へ通報したのである。やがて矢頭にたぶらかされた大文字一家は関東桜会へ殴り込みをかけ、全滅してしまった。やがて、児島が現われ、矢頭に桜会との手打ちの話を持ってきた。その条件とは渋谷の縄張りを矢頭たちが仕切るというのである。ここに渋谷矢頭「安藤組」が結成されたのであった。


丹波哲郎                    安岡力也、江守徹、小林稔侍

題名:やくざと抗争 実録安藤組
監督:佐藤純彌
企画:俊藤浩滋、吉田達
原作:安藤昇
脚本:石松愛弘
撮影:仲沢半次郎
照明:川崎保之丞
録音:内田陽造
美術:中村修一郎
装置:石井正男
装飾:住吉久食蔵
美容:花沢久子
衣裳:内山三七子
擬斗:日尾孝司
記録:高津省子
編集:長沢嘉樹
音楽:日暮雅信 主題歌:安藤昇「血と命」「明日はない」
現像:東映化学
進行主任:入葉一男
助監督:深町秀煕
演技事務:石川通生
スチール:加藤光男
出演:安藤昇、藤浩子、丹波哲郎、佐藤蛾次郎、郷鍈治、安岡力也、深江章喜、内田朝雄、江守徹、山本麟一、諸角啓二郎、渡辺文雄、松井康子、今井健二、室田日出男、小林稔侍、八名信夫、小林千枝、相馬剛三
1973年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
やくざと抗争 実録安藤組 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


やくざと抗争 実録安藤組

映画「愛欲」


三國連太郎                         三田佳子

今回は佐藤純彌監督1966年製作「愛欲」をピックアップする。
本作は、東映が”網走番外地シリーズ“を連作していた1966年に、”東映が送る女性映画”として激しい愛の葛藤を描いた作品である。三國連太郎さんの演技の幅の広さに、今更ながら驚かされる。


佐久間良子                        丹波哲郎

【ストリー】
麻生食品の宣伝課長・江崎哲也(三國連太郎)は、他の広告業界にも、その名をとどろかせる仕事の鬼だ。そんな生活力のたくましい江崎を銀座でも一流のバー“クライス”のマダム奈津子(三田佳子)は愛しぬいていた。が、ある日、江崎は京都に出張中、ふとしたことから、京都清水旅館の女王人、由喜(佐久間良子)に会った。由喜は数年前、夫と死別して以来、旅館の経営に打ちこみ、一人身のさびしさをまぎらわしていた。だから、江崎の男くささに魅かれた由喜は、恥も外聞も忘れて、江崎の胸の中にとびこんでいった。奈津子も女の本能から、由喜の存在を知ると、激しく由喜に嫉妬した。江崎の親友である麻生公輔(丹波哲郎)は、女のために、江崎の仕事が乱れるのを案じて、京都に由喜を訪ねて、江崎と別れてくれとたのんだ。しかし、すでに燃えあがった由喜の女心をしづめることはできなかった。が、このころを境に江崎の仕事ぶりは目に見えておちはじめた。そして、ある日、仕事と情事のジレンマに思い悩み、すっかりしょげかえった江崎を慰める奈津子に、江崎は突然結婚を申しこんだ。奈津子は信じられぬまま、うれし涙にくれた。が、二人の結婚話を聞いて駈けつけてきた由喜が、再び江崎の前に姿を現すと、江崎は婚約披露パーティを投げすてて、由喜と共に東京を離れた。だが、この江崎が会社を留守にした三日の間に、麻生食品のライバル会社は、江崎があたためていた、世界一周旅行の懸賞付新聞広告を出してしまった。責任を感じた江崎は会社を辞めた。むろん江崎にも、一人で十分やっていける自信もあった。が、江崎の事業は失敗した。自分の店を売ってまで、江崎を助けようとした奈津子は、江崎と由喜が愛し合っているのを知ると、服毒自殺を計った。そして、時を同じくして、由喜も江崎と共に心中を計った。だが、発見の早かった奈津子と、体力のある江崎は、命をとりとめた。由喜の墓前で再出発を誓った江崎は、奈津子のすがるような視線をあとに、いずことなく去っていった。


城野ゆき                         愛欲

題名:愛欲
監督:佐藤純彌
企画:俊藤浩滋、吉田達
脚本:森川英太郎、佐藤純彌
撮影:西川庄衛
照明:元持秀雄
録音:内田陽造
美術:北川弘
衣裳考証:上野芳生
衣裳デザイン:河野美智子
衣裳協力:外市株式会社
編集:長沢嘉樹
音楽:佐藤勝
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:白浜汎城
助監督:野田幸男
スチール:藤井善男
出演:三國連太郎、佐久間良子、三田佳子、丹波哲郎、江原真二郎、城野ゆき、芦田伸介、小瀬明、岡部正純、都健二、木川哲也、沢彰謙、相馬剛三、小林稔侍
1966年日本・東映/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
愛欲 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


三國連太郎、三田佳子                  三國連太郎

映画「人生劇場」


松坂慶子                       永島敏行

今回は深作欣二、佐藤純彌、中島貞夫、共同監督による1983年製作「人生劇場」をピックアップする。
尾崎士郎氏原作による”人生劇場”は、本作で13度目の映画化であるそうである。「青春編」「愛欲編」「残侠編」を東映の看板監督達が豪華出演陣を采配して製作したが、纏まりのない作品だった。


森下愛子                   松方弘樹、室田日出男

【ストリー】
大正7年、東京で早稲田の貧乏学生の日々を送る青成瓢吉(永島敏行)にとって、故郷、三州吉良には、いろいろな想いがある。没落したとはいえ、男の誇りだけは失っていない父、瓢太郎(三船敏郎)の心意気、幼なじみ、おりん(叶和貴子)との淡い初恋、そして、何くれとなくかばってくれた侠気の男、吉良常(若山富三郎)など。特にこの吉良常は、瓢吉が原因で起った喧嘩で人を殺め、獄窓につながれていった。その頃、瓢吉は吹岡や横井たちと知り合い、やがて大隈重信夫人銅像建設反対運動など、一連の学生運動に熱中していく。そんな瓢吉は、はじめての女であるお袖(松坂慶子)と知り合った。お袖も瓢吉の純粋さに惚れこみ、二人は急速に燃え上がる。しかし、学生運動は内部分裂を繰り返し、瓢吉は大学を捨てる決意をする。その頃、横浜、本牧の侠客、飛車角(松方弘樹)はおとよ(中井貴恵)という女郎に惚れぬいていた。そして、おとよに身受け話が持ち上がり、二人は開港60周年の港祭りの夜、足抜けを実行し、兄弟分、奈良平に紹介され、小金一家に身を寄せる。一方、瓢吉は作家を目指しながらも、お袖との愛欲の日々からも抜け出せず、イラ立ちも感じていた。そして、中学時代の名物先生、黒馬(菅貫太郎)と再会、女流作家を目指す小岸照代(森下愛子)と出会う。その頃、出所した吉良常は故郷、三州に戻ると、瓢太郎は瓢吉に遺書を残して自殺してしまう。父の死の報せを受けた瓢吉は帰郷、久しぶりに吉良常、母やおりんと再会する。飛車角とおとよは小金の世話でささやかな世帯を持っていたが、丈徳一家と出入りが起り、飛車角は義理を果たすため、丈徳を斬った。しかし、出入りの最中に、奈良平はおとよを売ってしまい、怒った飛車角は奈良平も斬ってしまい、逃げこんだ近くの寺で、小説に取り組む瓢吉と吉良常に出会った。吉良常の説得で自首した飛車角は懲役七年の刑を受け前橋刑務所に入った。文学にいそしむ瓢吉と照代は懸賞小説の一席、二席を分ち合い、これを機に同棲生活に入る。瓢吉と別れて以来、流浪の生活を送っていたお袖は、玉の井の「鱶野」の女郎になるが、そこで、やはり売られてきたおとよと知り合った。そのおとよは、小金一家の宮川と再会、飛車角に通じるものを感じ、深い仲にはまりこんでいく。一方、瓢吉に中国大陸取材旅行の話が入り、出版社に打ち合せに向かうが、その時、変り果てたお袖と出会った。逃げ出したお袖は、その後、行方不明となる。お袖の身を案じ、中国行を断念する瓢吉。再びさすらいの旅に立つ吉良常。道ならぬ愛に苦しむおとよと宮川。そして出所し、おとよを探す飛車角。人々の様々な想いをからませ、年月が過ぎていく。


「人生劇場」松坂慶子、永島敏行

「人生劇場」

「人生劇場」

「人生劇場」松方弘樹、中井貴恵

三船敏郎                        若山富三郎

題名:人生劇場
監督:深作欣二、佐藤純彌、中島貞夫
企画:高岩淡、佐藤雅夫、豊島泉、斎藤一重、高杉修
原作:尾崎士郎
脚本:野上龍雄、深作欣二、佐藤純彌、中島貞夫
撮影:安藤庄平、並木宏之、北坂清
照明:中山治雄、海地栄、金子凱美
録音:中山茂二、平井清重、荒川輝彦
美術:佐野義和、井川徳道
装置:三浦公久、野尻裕
装飾:窪田治
背景:西村三郎
衣装:森譲、黒木宗幸、宮崎智恵子
美粧・結髪:東和美粧
技斗:土井淳之祐
記録:田中美佐江、石田照、中野保子
編集:市田勇
音楽:甲斐正人 主題歌:内藤やす子「こころ乱して運命かえて」
現像:東映化学
製作主任:野口忠志、菅田浩
助監督:土橋亨、武久龍一、藤原敏之
スチール:中山健司、金井謹治
出演:永島敏行、松坂慶子、中井貴恵、風間杜夫、森下愛子、叶和貴子、奥田瑛二、風間杜夫、平田満、三船敏郎、若山富三郎、松方弘樹、成田三樹夫、西村晃、平田満、菅貫太郎、萩原流行、蟹江敬三、片桐竜次、平田満
1983年日本・東映/ビスタサイズ・カラー138分35mmフィルム
人生劇場(1983) -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


成田三樹夫                   松方弘樹、中井貴恵

松坂慶子

1 2 3