映画「喜劇 女は度胸」


「喜劇 女は度胸」倍賞美津子、河原崎建三

倍賞美津子                       河原崎建三

今回は森崎東監督1969年製作「喜劇 女は度胸」をピックアップする。
本作は森崎東監督のデビュー作であり、倍賞美津子さんの第一回主演作品になる。次の監督作品は、翌年に渥美清さん主演の人気シリーズ第2作「男はつらいよ・フーテンの寅」になる。世界観がまるで違う両作品だが、家族に対するシリアスなモチーフは、喜劇を前置きする必要はないと思った。


渥美清、花沢徳衛                          清川虹子

【ストリー】
桃山学(河原崎建三)は自動車修理工で、夜間大学の受験勉強に励んでいる。というのも、父泰三(花沢徳衛)は怠け者だし、母ツネ(清川虹子)は働く以外は生きる術を知らないし、ダンプカーの運転手をやっている兄勉吉(渥美清)は衝動的な若さを爆発させる動物のように思えたからだった。学はこんな人間の集った桃山家を「家庭」だとは思わなかった。彼は白い柵に囲まれた小さな芝生の庭のある「家庭」を夢みている。そんな学が恋をした。彼女の名前は白川愛子(倍賞美津子)、学は愛子にゲーテの詩集を贈り、二人で別の世界を築いてゆこうと心に決めた。そんなある日、勉吉が見覚えのある詩集を持って帰って来た。勉吉は酒くさい息で「あんないい子がコールガールやってんのかな……」と囁いた。学の疑惑に苦しめられる毎日が始まった。学は連れ込み旅館で問題の女に逢った。その子は愛子ではなかったが、友達からあの本を借りたという。学はホッとしたものの、恋人の仲間にこんな女がいるかと思うと気が狂わんばかりだった。学の苦しみを見て泰三は愛子の友人笑子(沖山秀子)に会った。この一件より勉吉は泰三と大喧嘩し、学も笑子とつき合っている愛子と絶交してしまった。それからというもの、泰三も勉吉も学でさえも寝るため以外には家に戻らなくなった。そんなある日、愛子と笑子が訪ねて来た。愛子は学と、笑子は勉吉とよりを戻しにやって来たのだ。二人を迎え入れたツネは、いつになく優しく「うちの倅と結婚してくれないかね……」と頼むのだった。


沖山秀子                    花沢徳衛、渥美清、久里千春、清川虹子

題名:喜劇 女は度胸
監督:森崎東
製作:上村力
原案:山田洋次
脚本:大西信行、森崎東
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:田中俊夫
調音:松本隆司
美術:熊井正雄
装置:関根安重
編集:浦岡敬一
音楽:山本直純 主題歌:倍賞美津子「恋の芽ばえ」
現像:東洋現像所
製作主任:馬道昭三
監督助手:大嶺俊順
進行:池田義徳
スチール:長谷川宗平
出演:倍賞美津子、河原崎建三、清川虹子、渥美清、沖山秀子、花沢徳衛、有島一郎(東宝・特出)、佐藤蛾次郎、春川ますみ、久里千春、中川香奈、大橋壮多
1969年日本・松竹大船撮影所/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
喜劇・女は度胸 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「喜劇 女は度胸」河原崎建三、倍賞美津子

清川虹子、花沢徳衛                     倍賞美津子、河原崎建三


京浜急行電鉄デハ230形 (空港線)

映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」

男はつらいよ お帰り 寅さん男はつらいよ お帰り 寅さん
吉岡秀隆                        後藤久美子

2019年12月27日に全国公開された山田洋次監督「男はつらいよ お帰り 寅さん」をTOHOシネマズ府中スクリーン8で30日に観て来た。本作はいわゆる総集編ではなく、満男(吉岡秀隆)と家族、初恋の人だったイズミ(後藤久美子)の現在形の中に寅次郎(渥美清)を思い起こすという内容だ。寅次郎(渥美清)の出演シーンは過去の48作からの4Kスキャンであり、無理な設定をせずに吟味して繋がれているのに好感が持てた。実写もデジタルシネマで撮影されている事と相まってトーンの統一が図られている。(少々Yが残ってたが)館内はシニア層の観客が圧倒的だったが、何故か渥美清さんが出てくるだけで笑いが起きる。今も寅次郎は映画の中で生き続けているなと実感した。

作品リスト

男はつらいよ お帰り 寅さん男はつらいよ お帰り 寅さん
美保純、倍賞千恵子、桜田ひより、佐藤蛾次郎       吉岡秀隆、後藤久美子、倍賞千恵子、前田吟

【ストリー】
小説家になる夢が叶った満男(吉岡秀隆)は、亡くなった妻の七回忌の法要で久しぶりに葛飾にある実家を訪れる。親戚がかつて営んでいた団子屋「くるまや」はカフェに生まれ変わっていたが、家族や親戚は昔と変わらず、満男は法事のあと、彼らとの会話に花を咲かせるなかで伯父・寅次郎(渥美清)との日々を思い出す。そんなある日、書店で新作のサイン会を行う満男の前に、初恋の相手イズミ(後藤久美子)が姿を現す。

男はつらいよ お帰り 寅さん男はつらいよ お帰り 寅さん
後藤久美子、吉岡秀隆、浅丘ルリ子           池脇千鶴、吉岡秀隆

題名:男はつらいよ お帰り 寅さん
監督:山田洋次
製作:深澤宏
原作:山田洋次
脚本:山田洋次、朝原雄三
撮影:近森眞史
照明:土山正人
録音:岸田和美
美術:倉田智子、吉澤祥子
美術監修:出川三男
音楽:山本直純、山本純ノ介
オープニング主題歌:桑田佳祐 主題歌:渥美清
編集:石井巌 、 石島一秀
撮影機材:アリフレックス アレクサ
現像・4Kスキャン:東京現像所
出演:渥美清、倍賞千恵子、前田吟、吉岡秀隆、後藤久美子、桜田ひより、夏木マリ、浅丘ルリ子、美保純、佐藤蛾次郎、池脇千鶴、笹野高史、橋爪功、小林稔侍、濱田マリ、竹山隆範
2019年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー115分デジタルシネマ
公式サイト

男はつらいよ お帰り 寅さん男はつらいよ お帰り 寅さん
倍賞千恵子、美保純、桜田ひより              渥美清

映画「やくざと抗争 実録安藤組」


安藤昇                        藤浩子

今回は佐藤純彌監督1973年製作「やくざと抗争 実録安藤組」をピックアップする。
前作「やくざと抗争」が予期せぬヒットを記録し、岡田茂東映社長が続編の製作を命じ「やくざと抗争 実録安藤組」というタイトルを付けた。安藤昇氏の原作・主演の第二弾であるが、「安藤組」が結成されるまでの自伝映画は、本作が初めてで、いわゆる“実録安藤組”シリーズの第一作であった。以降、東映は”実録”作品を量産することになる。


安藤昇、佐藤蛾次郎、安岡力也           室田日出男、内田朝雄

【ストリー】
昭和24年、渋谷。制帽をあみだにかぶり、学生服をラフにひっかけた大学生・矢頭(安藤昇)をリーダーとするチンピラたちと、愚連隊・ドス健(山本麟一)、橋場組は顔を合わせると喧嘩の毎日だった。そしてある日、矢頭はドス健に顔面深く斬り裂かれる。傷の痛みをこらえて歩き廻っていた矢頭は、幼な馴染みの早苗(藤浩子)と会い、看護を受ける。傷の癒えた矢頭は、橋場の兄弟分でもある児島(丹波哲郎)の仲裁を無視して、ドス健を襲い、仲間の三吉(佐藤蛾次郎)がドス健を殺してしまった。児島の助力も得て勢いづいた矢頭は次第に仲間を増し、橋場組の縄張りを侵略していき、ついに、橋場(諸角啓二郎)を殺し、縄張りを手中に収めた。そんな矢頭に関東桜会の榊原(内田朝雄)と大幹部・蓮見(渡辺文雄)が接近してきた。榊原は渋谷に進出するために、実子の勇吉(郷鍈治)を矢頭の兄弟分にしようと企だてたのである。それと知った矢頭は、地元の十文字一家と関東桜会を鉢合せさせようと画策する。まず、勇吉を痛めつけ、その身柄を十文字一家へ持ち込んだ。そして一方では関東桜会へ通報したのである。やがて矢頭にたぶらかされた大文字一家は関東桜会へ殴り込みをかけ、全滅してしまった。やがて、児島が現われ、矢頭に桜会との手打ちの話を持ってきた。その条件とは渋谷の縄張りを矢頭たちが仕切るというのである。ここに渋谷矢頭「安藤組」が結成されたのであった。


丹波哲郎                    安岡力也、江守徹、小林稔侍

題名:やくざと抗争 実録安藤組
監督:佐藤純彌
企画:俊藤浩滋、吉田達
原作:安藤昇
脚本:石松愛弘
撮影:仲沢半次郎
照明:川崎保之丞
録音:内田陽造
美術:中村修一郎
装置:石井正男
装飾:住吉久食蔵
美容:花沢久子
衣裳:内山三七子
擬斗:日尾孝司
記録:高津省子
編集:長沢嘉樹
音楽:日暮雅信 主題歌:安藤昇「血と命」「明日はない」
現像:東映化学
進行主任:入葉一男
助監督:深町秀煕
演技事務:石川通生
スチール:加藤光男
出演:安藤昇、藤浩子、丹波哲郎、佐藤蛾次郎、郷鍈治、安岡力也、深江章喜、内田朝雄、江守徹、山本麟一、諸角啓二郎、渡辺文雄、松井康子、今井健二、室田日出男、小林稔侍、八名信夫、小林千枝、相馬剛三
1973年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
やくざと抗争 実録安藤組 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


やくざと抗争 実録安藤組

1 2 3 19