映画「黒部の太陽」


「黒部の太陽」三船敏郎

三船敏郎                                                   石原裕次郎

今回は熊井啓監督1968年公開「黒部の太陽」をピックアップする。
本作は、1962年に日活から独立し石原プロモーションを設立した石原裕次郎さんと1964年に東宝から独立し三船プロダクションを設立した三船敏郎さんの独立プロ二社の共同制作と劇団民藝の全面協力を得て1年以上の撮影期間を経て作られた。
電力会社やその下請け・関連企業に大量のチケットを購入して貰い観客動員に成功し、1968年の日本映画配給収入第1位(約16億円)、観客動員数は約730万人を獲得したそうだ。また本作の版権は石原プロモーションが所有し、石原裕次郎さんの遺言「映画館の大迫力の画面・音声で見て欲しい」で永らくビデオ化されていなかった。
(石原プロモーション創立50周年の2013年3月にDVD、Blu-ray版が発売)


「黒部の太陽」石原裕次郎

樫山文枝                                                                高峰三枝子

三船敏郎、日色ともゑ                                           宇野重吉、寺尾聰

【ストリー】
関西電力は黒部川上流に第四発電所を建設するため、太田垣社長(滝沢修)総指揮のもとに社運をかけて黒四ダム工事に当たることになった。間組の国木田(加藤武)と熊谷組の下請会社の岩岡源三(辰巳柳太郎)は、ともに現場責任者の北川(三船敏郎)を訪れ、ダム工事の難しさを知らされた。源三の息子剛(石原裕次郎)は、トンネル掘りのためにどんな犠牲も省りみない源三に反抗し、家を出て設計技師として図面をひいていた。国木田はそんな剛と、北川の長女由紀(樫山文枝)と見合いさせようと提案して、源三を驚かした。昭和31年8月、世紀の大工事といわれた黒四工事は、大自然との闘いの火蓋を切った。9月に入って剛は偶然、由紀と会い、親しさを増していったが、彼女が父の北川の身を心配するのを見て、源三の様子を見に黒部に向った。源三はめっきりと体が弱くなっていた。北川の黒四にかける熱意にほだされた剛は父に代ってトンネル掘りの指揮をとることになった。こうして工事が始って半年、犠牲者はすでに16人を数え、難工事であることが現場の人たちに不安を抱かせ始めた。翌年の4月、北川たちが恐れていた事態が起った。軟弱な花岡岩帯にぶつかったのだ。5月に入ってすぐ、山崩れと大量の水がトンネルを襲った。この危機を切り抜けるため、色々な技術プランが検討されたが、工事は一向に進まなかった。そんな折りも折り、北川は次女の牧子(日色ともゑ)が白血病にかかって入院し、生命はあと一年と知らされたが、大仕事をかかえているので、娘のそばについているわけにはいかなかった。現場は労務者が一人、二人と去っていく状態で、彼らの士気は上らなかった。一方、太田垣はあらゆる手を尽して危機を乗り切るため莫大な金を投入、技術陣の科学的な処置と、北川や源三たちの努力が実を結び、その年の12月、ついに難所を突破。翌年11月、剛は由紀と結婚した。そして2月、北アルプスを抜いてトンネルが開通した。その瞬間を躍り上って喜ぶ労務者たちの中で、北川は牧子の死を知らせる電報に接し、激しく慟哭した。昭和38年3月、黒四ダムは多数の犠牲を出して完成した。その日はちょうど北川の停年退職の日であったが、北川や剛たちはダムの偉容に、無限の感動を覚えていた。


黒部の太陽

トンネル工事のシーンは、愛知県豊川市の熊谷組の工場内に再現セットが作られた。出水を再現する420トンの水タンクがあり、切羽(トンネル掘削の最先端箇所)の奥から、多量の水が噴出するシーン(上画像)では水槽のゲートが開かれると、10秒で420トンの水が流れ出し、俳優もスタッフも本気で逃げたそうだ。


辰巳柳太郎、武藤章生                                                佐野周二

題名:黒部の太陽
監督:熊井啓
企画:中井景
製作:三船敏郎、石原裕次郎
原作:木本正次「黒部の太陽」
脚本:井手雅人、熊井啓
撮影:金宇満司
照明:平田光治
録音:安田哲男、紅谷愃一
音効:杉崎友治郎
美術:平川透徹、山崎正夫、小林正義
編集:丹治睦夫
音楽:黛敏郎
現像:東洋現像所
製作補佐:銭谷功、小林正彦
製作担当:知久秀男
助監督:片桐直樹
色彩計測:宮崎秀雄
特別技術指導:熊谷組、笹島建設
協力:関西電力、間組、鹿島建設、熊谷組、大成建設、佐藤工業
スチール:飯高鋼
出演:三船敏郎、石原裕次郎、辰巳柳太郎、滝沢修、宇野重吉、寺尾聰、樫山文枝、日色ともゑ、川口晶、高峰三枝子、北林谷栄、二谷英明、山内明、志村喬、加藤武、大滝秀治、佐野周二、芦田伸介、岡田英次、鈴木瑞穂、下川辰平、下條正巳、佐野浅夫、清水将夫、武藤章生
1968年日本・三船プロダクション+石原プロモーション/シネスコサイズ・カラー196分35mmフィルム
黒部の太陽 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


黒部ダム

映画「五番町夕霧楼」



松坂慶子                                              奥田瑛二

今回は山根成之監督1980年製作「五番町夕霧楼」をピックアップする。
本作は、家族を養うために丹後からきた少女とその幼馴染である学生僧との悲恋を描いている。舞台は、1958年の売春防止法施行まで存在していた京都の五番町遊廓だ。ベタな展開の物語で、少々退屈するが、俳優陣の上質な芝居で成立している作品である。金閣寺炎上というキーワードで言うならば、市川崑監督が1958年に製作した「炎上」の方が印象に残る。


浜木綿子                         長門裕之

佐分利信                        奈良岡朋子

【ストリー】
与謝半島の突端にある樽泊で木樵をしている片桐三左衛門(佐野浅夫)の長女、夕子(松坂慶子)は肺病の母と三人の妹をかかえ、家族のために京都西陣の五番町夕霧楼で働くことになった。一年の歳月が流れ、西陣帯の織元・甚造(長門裕之)との水揚げも済み、夕子は五番町で一、二を争う売れっ妓になっていた。ある日、夕霧楼に夕子の幼友達で、京都で修業を積む青年僧正順(奥田瑛二)がやってきた。その日以来二人の逢瀬は続く。貧乏修業僧の正順にかわって、夕子が費用を払っていた。正順は夕子を訪ねると、歌を唄い、話をして、彼女に指一本触れずに帰っていく。しかし、その逢瀬にも終りがやってきた。夕子を妾にしようとしていた甚造が、正順が修業している鳳閣寺の慈州(佐分利信)に廓通い告げたのだ。夕子はその頃から体の不調を訴え、肺病を患い入院してしまう。一方、さい銭をもって豪遊する寺の長老たちの姿を見て、立派な僧になることを念じ続けてきた正順は失望していた。そして、慈州とぶつかり、寺を飛び出した。夕霧楼で、夕子の入院を聞いて正順は病院へ急いだ。寺以外に生きる場所のない正順の思いつめた姿に、夕子はただならぬものを感じた。正順は「復讐してやる!」と言うと夕子を抱いた。怒りと悲しみをぶつけるかのように夕子を抱く。正順に応えるかのように夕子もがむしゃらにしがみつく。激しく切なく燃える最初で最後の愛。鳳閣寺が炎上したのはその晩であった。怒りに震える手で寺に火をつけた正順は、仏像に体をくくりつけ夕子の名を叫びながら焼死していった。新聞で事件を知った夕子は、与謝へ帰り、正順を追って自ら生命を絶つのだった……


風吹ジュン                    根岸季衣、松坂慶子

佐野浅夫                         横内正

題名:五番町夕霧楼
監督:山根成之
製作:樋口清
原作:水上勉
脚本:中島丈博
撮影:坂本典隆
照明:八亀実
録音:平松時夫
調音:小尾幸魚
美術:横山豊
装置:森勇
装飾:剣持政司
衣裳:松竹衣装
考証:小泉清子(衣裳)
編集:石井巌
音楽:岸田智史、田辺信一 主題歌:岸田智史「五番町夕霧楼」
現像:東京現像所
製作補佐:中川完治
製作主任:峰順一
製作進行:中沢宣明、水島誉志次
助監督:長尾啓司
スチール:長谷川宗平
出演:松坂慶子、奥田瑛二、浜木綿子、長門裕之、奈良岡朋子、加藤嘉、佐分利信、佐野浅夫、横内正、風吹ジュン、根岸季衣、水島美奈子、宇佐美恵子、中島葵、中原早苗、織本順吉、山谷初男、林ゆたか、清水石あけみ、佐々木梨里、佐久田修
1980年日本・松竹/ビスタサイズ・カラー129分35mmフィルム
五番町夕霧楼 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


五番町夕霧楼

映画「お葬式」


山崎努                         宮本信子

今回は伊丹十三監督1984年製作「お葬式」をピックアップする。
本作は、伊丹監督が妻である宮本信子さんの父親の葬式で喪主となった実体験を基に、僅か1週間で脚本を書き上げ、神奈川県湯河原町にある伊丹監督の別荘(元自宅)をロケセットにして、ATG作品でありながら、1億円の製作費で作りあげた監督デビュー作である。製作費は、伊丹監督がCM出演した愛媛県の一六本舗(製菓会社)が出資したそうだ。

【伊丹十三監督作品】
1984年「お葬式
1985年「タンポポ
1987年「マルサの女
1988年「マルサの女2
1990年「あげまん
1992年「ミンボーの女
1993年「大病人
1995年「静かな生活
1996年「スーパーの女
1997年「マルタイの女
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


菅井きん                        財津一郎

笠智衆                        大滝秀治

【ストリー】
井上佗助(山崎努)、雨宮千鶴子(宮本信子)は俳優の夫婦だ。二人がCFの撮影中に、千鶴子の父が亡くなったと連絡が入った。千鶴子の父、真吉(奥村公延)と母、きく江(菅井きん)は佗助の別荘に住んでいる。その夜、夫婦は二人の子供、マネージャーの里見(財津一郎)と別荘に向かった。一行は病院に安置されている亡き父と対面する。佗助は病院の支払いを里見に頼み、20万円を渡すが、費用は4万円足らず、その安さにおかしくなってしまう。佗助にとって、お葬式は初めてのこと、全てが分らない。お坊さんへの心づけも、相場というのが分らず、葬儀屋の海老原(江戸家猫八)に教えてもらった。別荘では、真吉の兄で、一族の出世頭の正吉(大滝秀治)が待っており、佗助の進行に口をはさむ。そんな中で、正吉を心よく思わない茂(尾藤イサオ)が、千鶴子をなぐさめる。そこへ、佗助の愛人の良子(高瀬春奈)が手伝いに来たと現れる。良子はゴタゴタの中で、佗助を外の林に連れ出し、抱いてくれなければ二人の関係をみんなにバラすと脅した。しかたなく、佗助は木にもたれる良子を後ろから抱いた。そして、良子はそのドサクサにクシを落としてしまい、佗助はそれを探して泥だらけになってしまう。良子は満足気に東京に帰り、家に戻った佗助の姿にみんなは驚くが、葬儀の準備でそれどころではない。告別式が済むと、佗助と血縁者は火葬場に向かった。煙突から出る白いけむりをながめる佗助たち。全てが終り、手をつなぎ、集まった人々を見送る佗助と千鶴子。


高瀬春奈、山崎努

宮本信子、尾藤イサオ、菅井きん              お葬式

題名:お葬式
監督:伊丹十三
製作:玉置泰、岡田裕
脚本:伊丹十三
撮影:前田米造、浅井慎平(モノクロ部分)
照明:加藤松作
特機:落合保雄
録音:信岡実
音効:小島良雄 リーレコ:河野競司
美術:徳田博
装飾:山崎輝、畠山和久、河端賀恵子
衣裳:岩崎文男
美粧:小沼みどり
スタイリスト:小合惠美子、熊谷澄子
配役:笹岡幸三郎
記録:堀北昌子
編集:鈴木晄 ネガ編集:冨田功
音楽:湯浅譲二
現像:東洋現像所
撮影機材:三和映材社
録音スタジオ:にっかつスタジオセンター
プロデューサー:細越省吾
製作担当:藤田義則
製作進行:伊藤正敏、佐藤丈樹
演技事務:宮前寿美子
助監督:平山秀幸
演出助手:泰衛、上野勝
撮影助手:福沢正典、栗山修司、村石直人
照明助手:沖田秀則、本橋義一、三枝隆之、松岡康彦
録音助手:北村峰晴、塚本達郎、細井正次
編集助手:米山幹一
スチール:宮本唯志
出演:山崎努、宮本信子、菅井きん、大滝秀治、財津一郎、高瀬春奈、江戸家猫八、尾藤イサオ、岸部一徳、笠智衆、奥村公延、友里千賀子、津村隆、西川ひかる、海老名美どり、双葉弘子、吉川満子、藤原釜足、田中春男、香川良介、佐野浅夫、津川雅彦、小林薫
1984年日本・伊丹プロダクション+ニューセンチュリープロデューサーズ+ATG/スタンダードサイズ・カラー124分35mmフィルム
お葬式 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


お葬式

1 2 3 5