映画「忍ぶ川」



栗原小巻                        加藤剛

今回は熊井啓監督1972年製作「忍ぶ川」をピックアップする。
熊井監督が病気療養中に原作を読み1966年にシナリオを書きあげ、吉永小百合さん主演、日活での制作を企画するが、ヌードシーンなどの懸念で吉永さんの両親の反対があり、さらに日活自身がロマンポルノに転換して頓挫する。熊井監督は長い闘病生活のあと日活を退社してから東宝と俳優座の提携制作が11年を経て決まり、栗原小巻さんが志乃役に起用され、結果として成功した。
(ウィキペディア参照)


加藤剛、栗原小巻                   井川比佐志

【ストリー】
哲郎(加藤剛)と志乃(栗原小巻)は料亭“忍ぶ川”で知りあった。哲郎は“忍ぶ川”の看板娘だった志乃に、初めての合った時から惹かれ、“忍ぶ川”に通うようになった。ある夜、話が深川のことに及んだ時、志乃は、私の生まれた土地で、もう8年も行っていないと言う。哲郎は志乃を誘い、薮入りの日に深川を案内することになった。志乃は洲崎パラダイスにある射的屋の娘で、父は郭(信欣三)では“当り矢のせんせ”と呼ばれていが、志乃が12歳の時、戦争で一家は栃木へ移住したのだ。やがて志乃だけが、弟や妹たちをおいて東京に働きに出ていたのである。深川から帰った夜、哲郎は志乃に手紙を書いた。「今日、深川で言いそびれた私の兄弟のことを、ここに記します。私は六人兄弟の末っ子です・・・」哲郎には兄が二人、姉が三人いて、上の姉二人は自殺、長兄は失踪、次兄はしっかりもので、哲郎を大学へ入れてくれたが、3年前に自分で木材会社を設立するという名目で逐電していた。一番最初に次姉が自殺した日が、よりによって哲郎の6才の誕生日だったため、それ以来彼は誕生日を祝ったことがない。哲郎の身の上を打ち明けた手紙に、志乃からの返事が来た。「来月の誕生日には私にお祝いさせて下さい。」7月末、志乃に婚約者(滝田裕介)がいることを知らされた哲郎が志乃に問いただすと、婚約はしたけれど、気はすすまず、栃木の父も反対しているという。哲郎は志乃に、その人のことは破談にしてくれ、そして、お父さんにあんたの好みにあいそうな結婚の相手ができたと、いってやってくれと言うのだった。秋の終わり、志乃の父の容態が急変した。志乃からひと目、父に会ってくれとことづかった哲郎は、急ぎ栃木の志乃の元へ--。「いたらぬものですが、志乃のことはなにぶんよろしゅうお願い申します」といい残し志乃の父は死んだ。その年の大晦日、哲郎は志乃を連れて故郷へ帰って来た。体の悪い父(永田靖)、老いた母(瀧花久子)、そして目の不自由な姉(岩崎加根子)、残された哲郎の家族は皆、志乃を気に入ってくれた。そうしてあくる二日、哲郎の家族だけで哲郎と志乃の結婚式があげられた。初夜。馬橇の鈴のさえた音に、二人は裸のまま、一枚の丹前にくるまり、馬橇の通りすぎるのをいつまでも見ていた……。翌朝、新婚旅行に近くの温泉へ向かう汽車の中から志乃は「見える、見える、あたしのうち!」と子供のようにはしゃぐのだった。


信欣三                       栗原小巻、加藤剛

山口果林                         忍ぶ川

岩崎加根子                       滝田裕介

題名:忍ぶ川
監督:熊井啓
製作:佐藤正之、椎野英之
原作:三浦哲郎
脚本:長谷部慶次、熊井啓
撮影:黒田清巳
照明:岡本健一
録音:太田六敏
音効:東洋音響効果
美術:木村威夫
美粧:井上静枝
衣裳:東京衣装
記録:吉田榮子
編集:井上治、丹治光代
音楽:松村禎三
現像:キヌタラボラトリー
製作担当:森園忠
製作進行:藤澤穆
監督補佐:宮川孝至
助監督:佐川功
演出助手:森川一雄、相澤徹、鈴木光義、稲田直也
撮影助手:高尾義照、西條正、金徳哲
照明助手:佐澤仁郎、前田基男、尾村厚
美術助手:佐久間聡、上田文雄
演技事務:入澤清
製作宣伝:本間宏
題字:加茂牛道人
録音スタジオ:櫂の会
協力:米沢市役所、米沢新聞社
スチール:岩井隆志
出演:栗原小巻、加藤剛、永田靖、信欣三、岩崎加根子、滝花久子、稲葉義男、滝田裕介、井川比佐志、可知靖之、山口果林、菅井きん、木村俊恵、片山まゆみ、阿部百合子、鹿野浩四郎、大西加代子
1972年日本・東宝+俳優座/スタンダードサイズ・モノクロ120分35mmフィルム
忍ぶ川 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


瀧花久子、永田靖、岩崎加根子、加藤剛、栗原小巻       加藤剛、栗原小巻

加藤剛、栗原小巻

映画「 処刑の島」


新田昌                           岩下志麻

今回は篠田正浩監督1966年製作「処刑の島」をピックアップする。
本作は武田泰淳氏原作の「流人島にて」を石原慎太郎氏が脚色して映画化したものだ、
松竹退社後の篠田監督フリー第1作である。ロケーション撮影は、八丈島と八丈小島で行われている。
(八丈島フィルムコミッションHP参照)


三国連太郎                       新田昌、信欣三

【ストリー】
太平洋に本島と小島という孤島が浮んでいた。昔から“流人島”として知られ、戦後も感化院がある。ある日、本島に一人の男が現れ、セールスマンというふれこみで船主野本(富田仲次郎)に宿を頼んだ。この男は三郎(新田昌)といい20年前、島にいたことがあった。三郎の父西原弦一郎はアナーキストで、そのため三郎は父母と兄とを特務の憲兵毛沼曹長(三國連太郎)に惨殺されていた。軍はこの残虐行為を隠すため三郎と毛沼を島に流したのだった。毛沼が島に流されたことは、三郎は知らなかった。三郎はサブと呼ばれ牛や山羊を飼っている大嶽(=毛沼曹長)に牛馬以下にこきつかわれた。何度か脱走を企ったが、その度血みどろになる迄打たれた。仲間の松井(佐藤慶)は三郎を裏切るし、教師の黒木(信欣三)は小心な傍観者だった。ある日三郎は半死半生のまま大嶽に海へ投げ込まれた。その時漁師に助けられた三郎は、20年後再び島に現われたのだ。他所者が20年前の三郎だと知って驚く松井、今は土建会社の社長だった。荒涼としたこの島にも美しい娘がいた。亜矢(岩下志麻)といった。亜矢は感化院の少年に襲われたところを三郎に助けられ好意を抱いた。だが三郎の気持ちは複雑だった。亜矢は大嶽の娘だったのだ。やがて三郎は松井と対決した。松井はジープで三郎をひき殺そうとして崖から落ちて死んだ。そして三郎が老いぼれた大嶽を訪ねると、大嶽は三郎だと気つかず流人が彫った仏像を渡した。三郎も何故かためらいそのまま帰った。だが、仏像に浮び上がった大嶽の指紋は、毛沼軍曹の指紋写真とぴったり一致していた。翌日、恵を決した三郎は短刀を手にして大嶽に迫った。亜矢は必死で父をかばうのだった。三郎は結局、大嶽に指をつめさせることで結着をつけた。流人サブの墓を立てようと帰ってきた三郎の使命は終った。今こそ暗い過去は葬り去られたのだ。


木村俊恵                         信欣三

題名:処刑の島
監督:篠田正浩
企画:石原慎太郎
製作:石原慎太郎、米山彊、中島正幸
原作:武田泰淳「流人島にて」
脚本:石原慎太郎
撮影:鈴木達夫
照明:海野義雄
録音:西崎英雄
音効:本間明 録音所:太平スタジオ
美術:戸田重昌
装置:菊川常太郎
装飾:荒川大
編集:篠田正浩
音楽:武満徹
現像:東洋現像所
製作主任:岸田秀男
助監督:宮川照司
スチール:森山大道
出演:新田昌、岩下志麻、三国連太郎、信欣三、木村俊恵、佐藤慶、殿山泰司、小松方正、富田仲次郎、平松淑恵、氏家慎子
1966年日本・日生劇場プロダクション/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
処刑の島 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


岩下志麻                        処刑の島

映画「人生劇場 飛車角と吉良常」


鶴田浩二                         藤純子

今回は内田吐夢監督1968年製作「人生劇場 飛車角と吉良常」をピックアップする。
尾崎士郎氏の自伝小説「人生劇場」は尾崎本人をモデルにした青成瓢吉を主人公とした長編小説だが、長編の各所を活かし、この作品以前に7作、現在までに14作、映画会社や監督を変えて制作され続けている。本作は、内田吐夢監督が永年の念願であった「人生劇場・残侠篇」の任侠道の美しさを、東映オールスターを配してダイナミックに謳いあげた超大作任侠映画の傑作である。


松方弘樹                      藤純子、高倉健

【ストリー】
大正14年。8年ぶりに上海から故郷に戻った吉良常(辰巳柳太郎)は、亡き主人青成瓢太郎の子瓢吉(松方弘樹)を尋ね、東京に出た。瓢吉は文士になるため勉強していたが、中学時代の恩師黒馬(信欣三)と同居していた。吉良常も瓢吉の家に腰をおろすことになった。その頃、砂村の小金一家と貸元大横田の間にひと悶着が起った。飛車角が大横田(遠藤辰雄)がやっているチャブ女おとよ(富司純子)を足抜きさせ、小金一家に匿ったからである。飛車角は宮川(高倉健)や小金(若山富三郎)らと殴り込みに加わり、大横田の身内丈徳(天津敏)を斬って勝利を収めた。しかし、飛車角は兄弟分の奈良平が裏切っておとよを連れ出したことから、奈良平(名和宏)を斬った。そのため飛車角は巡査に追われ、瓢吉の家に逃げ込んだのだった。吉良常はすぐさま何が起ったかを悟り、静かに飛車角に自首を勧めた。自首する直前、飛車角はおとよに会い、小金と大横田が手打ちになったのを知った。しかし、おとよはそのまま行方をくらましたのである。4年の歳月が流れた。宮川は玉ノ井の女に惚れ、毎日通っていた。宮川の知らないことだったが、それはおとよだった。仲間はそれと知って忠告した。小金一家にとって飛車角は大恩人なのだ。しかし、おとよに惚れ込んだ宮川は二人で逃げようとしていた。一方、吉良常はおとよに、飛車角に面会に行くよう勧めた。だが、おとよの心はもう飛車角にはなかったのだ。苦悩するおとよは、瓢吉の青春の想い出となったお袖(左幸子)と共に姿をくらました。やがて飛車角が特赦で出所した。すでに小金は病気で世を去り、丈徳の跡目を継いだデカ虎に寺兼(大木実)も殺されていた。そのころ瓢吉は懸賞小説に当選し、大陸に渡ることになった。吉良常は、瓢吉が男として名を上げるまで墓は建てるな、と遺言して自殺した瓢太郎のために、今こそ墓を建てる時だと思って飛車角と共に吉良港に発った。飛車角はそこで、おとよと再会、ともに昔を偲んだのだが、時の流れに離ればなれになったお互いの気持ちを、どうすることも出来なかった。故郷に戻った吉良常は長年の疲れで病床に伏し、やがて瓢太郎かたみのピストルを銀杏の梢に向けて撃ちつづけながら、その生涯を閉じたのだった。その折り、飛車角を丈徳の仇を狙うデカ虎(山本麟一)、そのデカ虎を狙う宮川も吉良港にやってきた。宮川は単身、デカ虎が草鞋を脱いだ杉源一家に殴り込みをかけ、全身を斬りきざまれながら果てた。そのことを知った飛車角は杉源一家とデカ虎と渡りあい宮川の仇を討ったのだった。飛車角は宮川の死体をおとよに託すとただ一人、吉良港を去って行った。


左幸子、山城新伍                 藤純子、鶴田浩二

題名:人生劇 飛車角と吉良常
監督:内田吐夢
企画:俊藤浩滋、大久保忠幸、吉田達
製作:大川博
原作:尾崎士郎
脚本:棚田吾郎
撮影:仲沢半次郎
照明:梅谷茂
録音:小松忠之
美術:藤田博
装置:松野大三郎
装飾:上原光雄
殺陣:日尾孝司
記録:高津省子
編集:長沢嘉樹
音楽:佐藤勝
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:白浜帆城
助監督:三堀篤
出演:鶴田浩二、若山富三郎、藤純子、中村竹弥、大木実、松方弘樹、左幸子、辰巳柳太郎、高倉健、島田正吾、山城新伍、八名信夫、信欣三、遠藤辰雄、天津敏、名和宏
1968年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー109分35mmフィルム
人生劇 飛車角と吉良常 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


人生劇 飛車角と吉良常

1 2 3