映画「白昼堂々」

白昼堂々白昼堂々
渥美清                        藤岡琢也

今回は野村芳太郎監督1968年製作「白昼堂々」をピックアップする。
本作はコメディと言うより人情劇になっているのは、名俳優達の心に残る演技が深みを持たせ、多くの登場人物が見事に描き分けられた演出が冴える作品だ。群像劇は散漫になりがちな作品が多いが、本作は例外である。

白昼堂々白昼堂々
倍賞千恵子                      生田悦子

【ストリー】
ワタ勝こと渡辺勝次(渥美清)は、名の通ったスリだった。しかし、敏腕なスリ係の刑事森沢(有島一郎)の説得もあり、堅気になって九州の炭坑で働いていた。ワタ勝は間もなくヤマがつぶれたのを機会に、仲間を集めてスリの集団組織をつくり上げたのだ。ワタ勝は東京のデパートに狙いをつけ、大仕掛けな万引きをやる計画を立てた。東京に向ったワタ勝は、盗品をさばくために昔のスリ仲間銀三(藤岡琢也)を口説いた。銀三は更生してデパートの警備員となり、女房の春子(三原葉子)は小さいながら洋品店を営んでいた。銀三は一人娘桃子(大貫泰子)のためにも、ワタ勝の誘いを断るべきだと思いながら、ついに自分の洋品店で盗品を捌くことになった。知恵者の銀三が仲間に加わったことで、万引集団の成果はうなぎ上りに上昇した。それも高級洋品の布地を一巻ごと万引きするという大掛りなものだった。東京、大阪、京都、北海道と、ワタ勝たちは全国を仕事場にしていたが、危なくなると九州のボタ山集落へ帰るという具合に、機動的である。デパート側が警備を強化しても、結局はワタ勝たちの素早さにかなわなかった。仲間が捕まると、専門の弁護士坂下(フランキー堺)に処理させるという具合。ある日、絶世の美人スリよし子(倍賞千恵子)が仲間に加わった。スリの鬼ワタ勝も彼女にはぞっこんまいり、見かねた銀三のとりもちでめでたく結婚した。一方、銀三やワタ勝がすっかり足を洗っていたものとばかり思っていた森沢は、万引集団が二人の手になるものと知って烈火の如く憤り、着々と捜査の輪をせばめていた。そんな時、ワタ勝は仲間があちこちで捕まり、しかも、よし子が仲間四人と名古屋で捕まったと知ってガックリした。盗品の捌きもストックがふえ出し、坂下が弁護料を大幅に値上げしてきている時でもあった。思いあまったワタ勝はデパートの売り上げ金二億円を奪うという、途方もない作戦を立てたのだ。デパートの警備員をやめた銀三は、その手助けは断ったがやはりなにかと援助するのだった。しかし、この計画は九分九厘まで成功しながら、森沢の炯眼の前に、あえなく潰えてしまった。銀三とワタ勝は逮捕された。しかし、二人ともくよくよしなかった。ワタ勝はよし子の手紙を読みながら、刑期の終るのを待っている。

白昼堂々白昼堂々
有島一郎                     フランキー堺

題名:白昼堂々
監督:野村芳太郎
製作:杉崎重美
原作:結城昌治
脚本:野村芳太郎、吉田剛
撮影:川又昂
照明:三浦礼
録音:栗田周十郎
調音:松本隆司
美術:梅田千代夫
編集:浜村義康
音楽:林光
現像:東洋現像所
製作主任:吉岡博史
助監督:吉田剛
スチール:長谷川宗平
出演:渥美清、倍賞千恵子、藤岡琢也、有島一郎、生田悦子、田中邦衛、新克利、フランキー堺、穂積隆信、高橋とよ、三遊亭歌奴、コント55号、大貫泰子、桜京美
1968年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー81分35mmフィルム
あの頃映画 「白昼堂々」 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

白昼堂々白昼堂々
コント55号                    渥美清、藤岡琢也

映画「遙かなる山の呼び声」


高倉健                        倍賞千恵子

今回は山田洋次監督1980年製作「遙かなる山の呼び声」をピックアップする。
本作は「男はつらいよ」シリーズの山田組スタッフ、キャストが高倉健さんを迎えて警察に追われる男と、牧場を切り回す母子の出会いと別れを、北海道の大自然を背景に描いた作品だ。ハリウッド西部劇「シェーン(SHANE/ジョージ・スティーヴンス監督1953年)」から着想を得たそうだが、民子の心の軌跡が薄く、全体に冗長だった。これは俳優ではなく脚本に問題があると私は思う。


吉岡秀隆

【ストリー】
北海道東部に広がる根釧原野にある酪農の町、中標津で、風見民子(倍賞千恵子)は一人息子の武志(吉岡秀隆)を育てながら亡夫の残した土地で牛飼いをしている。激しい雨の降るある春の夜、一人の男が民子の家を訪れ、納屋に泊めてもらった。その晩、牛のお産があり、男はそれを手伝うと、翌朝、去っていった。夏のある日、その男がまたやってきて、働かせてくれという。隣家の娘ひとみ(大竹恵)が手伝ってくれるが、男手のない民子はその男を雇うことにする。田島耕作(高倉健)と名乗る男はその日から納屋に寝泊まりして働きだした。武志は耕作にすぐになついていった。近所で北海料理店を経営する虻田(ハナ肇)は、民子に惚れていて、ある日、力ずくで彼女をモノにしようとして耕作に止められた。怒った虻田は兄弟を集めて、耕作に決闘を挑むが、簡単にやられてしまい、それからは、耕作を兄貴と慕うようになる。民子が腰痛を訴え、入院することになった。武志はさみしさから、耕作と一緒に納屋に寝るようになった。民子が退院して間もなく、従弟の勝男(武田鉄矢)が新婚旅行で新妻の佳代子(木ノ葉のこ)を連れてやって来た。数日後、耕作の兄の駿一郎(鈴木瑞穂)がやってきた。彼は耕作が起こした事件で教職を追われていたが、耕作の行く末を心配していた。その夜、兄の持ってきたコーヒーを飲みながら耕作は民子にここにとどまってもいいと胸の内を明かした。季節は秋に変り、土地の人達が待ちこがれる草競馬の時期となった。耕作も民子の馬で出場、見事、一着でゴールイン。興奮する民子、武志、観客たち。その中に、刑事の姿があった。刑事の質問にシラを切った耕作だが、その夜、民子にすべてを打ち明けた。耕作は二年前、妻が高利の金を貸りて自殺、それを悪し様に言う高利貸を殺し、逃げ回っていたのだ。家を出ていくという耕作に民子は止めるすべもない。夜更けに耕作が民子の家の戸をたたいた。ある決意をもって戸を開けた民子。だが、耕作は牛のぐあいが悪くなったと知らせにきたのだ。徹夜で牛の看病をした翌朝、耕作は家の前にとまったパトカーへ自分から歩いていった。冬、網走に向う列車の中に4年の刑を言い渡された耕作の姿があった。美幌の駅で耕作は虻田と民子の姿を見た。民子が町に出て、耕作の出所を待つために武志と新しい生活を始めたことを告げる虻田。夕焼けに染った雄大な雪原を耕作を乗せた列車が行く……。


ハナ肇                      武田鉄矢、木ノ葉のこ

高倉健、鈴木瑞穂                   渥美清

題名:遙かなる山の呼び声
監督:山田洋次
製作:島津清
脚本:山田洋次、朝間義隆
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:中村寛
調音:松本隆司
美術:出川三男
装置:小島勝男
装飾:町田武
衣装:松竹衣装
編集:石井巌
音楽:佐藤勝
現像:東洋現像所
製作主任:峰純一
製作補佐:小坂一雄
製作進行:玉生久宗
録音補佐:原田真一
助監督:五十嵐敬司
スチール:長谷川宗平
出演:高倉健、倍賞千恵子、吉岡秀隆、武田鉄矢、木ノ葉のこ、鈴木瑞穂、杉山とく子、下川辰平、ハナ肇、渥美清、畑正憲、大竹恵
1980年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー124分35mmフィルム
遙かなる山の呼び声 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


遙かなる山の呼び声

映画「幸福の黄色いハンカチ」

幸福の黄色いハンカチ幸福の黄色いハンカチ
高倉健                        倍賞千恵子

今回は山田洋次監督1977年製作「幸福の黄色いハンカチ」をピックアップした。
本作はピート・ハミル「黄色いリボン」を映画化したもので、北海道を舞台に刑務所帰りの中年男と偶然出会った若い男女が、それぞれの愛を見つけるまでを描いたロードムービーだ。国内の映画賞を独占した山田洋次監督の代表作でもある。

幸福の黄色いハンカチ幸福の黄色いハンカチ
武田鉄矢、桃井かおり

【ストリー】
欽也(武田鉄矢)が島勇作(高倉健)と逢ったのは、春の陽差しの強い網走の海岸であった。欽也は自分の車で、北海道の広い道をカッコイイ女の子を乗せて、ドライブするのが高校時代からの夢で、嫌な仕事も無理をして勤め、金をためて新車を買い求めた。東京からフェリーで釧路港へ、そして、あざやかな緑の根釧原野を欽也の赤い車は、ラジオの軽快なリズムに合わせて、ひた走った。欽也は網走の駅前で、一人でふらりと旅に出た朱実(桃井かおり)と知り合う。朱実は列車食堂の売り子で、同僚から誤解を受けて、やけくそになって旅に出たのだった。朱実は欽也の車に乗せてもらったものの、海岸で不意に欽也からキスを求められて、車から飛び出した。逃げ出した朱実をかばい、鋭い目付で欽也を睨んだ男、それが島勇作であった。欽也から見た勇作は、なんともいえない、いい男だった。しかし、欽也は啖呵を切った行きがかり上、勇作に挑むが、軽くあしらわれてしまう。そんなことがきっかけで、三人の旅は始まった。欽也が勇作に行く先を尋ねると、彼は暫らく考え、「夕張」と答えるだけだった。その夜、三人で泊まった宿で、欽也は、勇作が眠ったのを見定め、朱実の寝床に忍び込む。朱実は必死に抵抗し、大声で泣き出したため、目をさました勇作に、欽也は一喝を喰わされてしまった。翌日、欽也は毛ガニを買いこみ、一人で二匹もたいらげたことから、腹をこわしてしまう。車を運転していても、便所のあるところを見つけてはかけこむ始末である。そんなことで、十勝平野の美しい風景も欽也には共感が湧いてこなかった。大雪山が見える狩勝峠で、強盗犯人が逃亡したことから一斉検問が行なわれていた。欽也は免許証を見せるだけで済んだが、警官は勇作を不審に思い質問すると、一昨日刑期を終え、網走刑務所を出所したと彼は答えた。朱実と欽也は驚きのあまり、語る言葉もなかった。三人はパトカーで連行されるが、勇作が六年前、傷害事件をおこした際立合った温厚な渡辺課長(渥美清)の取りはからいで、何もなく富良野署から釈放される。走る車の中で勇作は重い口を開いて、朱実と欽也に過去を語り出した。--勇作は若い頃、九州に住んでいたが、三十歳を過ぎて考えを変え、夕張の炭抗で働らき始めた。その頃、町のスーパー・マーケットで働いていた光枝と恋をして結婚した。それから数年は幸福な日が続いた。そして光枝は妊娠するが、折角出来た赤ちゃんを流産してしまった。その夜、勇作は飲み屋で酔っぱらったチンピラに因縁をつけられる。あまりのしつこさに勇作は腹をたて、相手を殴ると、チンピラはそのまま死んでしまう。勇作は六年間、刑務所で過すが、光枝の面影は、勇作の心から離れなかった。刑期を終える直前、勇作は光枝に手紙を書いた。「俺は、お前が良い男と再婚して、幸せになっていることを望んでいる。この手紙がつく頃、俺は夕張に行くが、もしも、お前が今でも独りで暮しているなら、庭先の鯉のぼりの竿の先に黄色いハンカチをつけておいてくれ。そのハンカチを見たら俺は家に帰る。でもハンカチがなかったら、俺はそのまま夕張を去っていく」と。--その話を聞いた朱実と欽也は声をふるわせて泣いた。車は赤平、歌志内、砂川を過ぎて一直線に夕張に向かう。朱実と欽也の祈りをこめて、車は夕張の町に近づいた。しかし、勇作は引返そうと言い出す。陸橋を越え、車は大きくカーブを描き、街の坂を登っていった。その時、欽也と朱実の眼に映ったものは、角の家の狭い庭先に、不釣合いな高い旗竿の上から下まで並んだ何十枚もの黄色いハンカチであった。欽也と朱実は手と手を固く握りしめる。黄色いハンカチのなびく家から、光枝は出てきた。語りきれない愛の言葉を胸に秘め、静かで温かな勇作の眼は、じっと光枝を見つめている。六年の歳月も、二人を離すことはできなかったのだった。

幸福の黄色いハンカチ幸福の黄色いハンカチ
渥美清                      武田鉄矢、桃井かおり

題名:幸福の黄色いハンカチ
監督:山田洋次
製作:名島徹
原作:ピート・ハミル「黄色いリボン」
脚本:山田洋次、朝間義隆
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:中村寛、松本隆司
美術:出川三男
装置 :小島勝男
装飾 :町田武
衣裳 :松竹衣裳
編集:石井巌
音楽:佐藤勝
現像:東洋現像所
製作主任:峰順一
製作進行:玉生久宗
監督助手:五十嵐敬司
スチール:長谷川宗平
出演:高倉健、倍賞千恵子、桃井かおり、武田鉄矢、渥美清、太宰久雄、三崎千恵子、たこ八郎、小野泰次郎、谷よしの、岡本茉利、赤塚真人
1977年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー108分35mmフィルム
幸福の黄色いハンカチ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

幸福の黄色いハンカチ幸福の黄色いハンカチ
高倉健

1 2 3 4 16