映画「こちら55号 応答せよ!危機百発」

こちら55号 応答せよ!危機百発こちら55号 応答せよ!危機百発
坂上二郎、萩本欽一(コント55号)              長山藍子
こちら55号 応答せよ!危機百発こちら55号 応答せよ!危機百発
倍賞美津子                        珠めぐみ

今回は野村芳太郎監督1970年製作「こちら55号 応答せよ!危機百発」をピックアップする。
本作は、当時人気沸騰中のコント55号(坂上二郎、萩本欽一)と野村芳太郎監督のコンビによる第5作である。

こちら55号 応答せよ!危機百発こちら55号 応答せよ!危機百発
財津一郎                       萩本欽一、由利徹
こちら55号 応答せよ!危機百発こちら55号 応答せよ!危機百発
皆川おさむ                        石立鉄男

【ストリー】
萩本金助(萩本欽一)は中学時代、村の駐在酒井大作(フランキー堺)の一人娘静子(長山藍子)に恋をするが、間もなく彼女は少年院の院長として転任する父親と共に九州へ去ってしまう。初恋はみごとに破れたが彼女への純情を貫ぬこうと決意し、やがて刑事となり東京の城南署に赴任する。そこで先輩の蟹形平次郎(坂上二郎)とコンビを組んで仕事をすることになるのだが、平次郎は少年時代、非行少年として少年院に収容され、そこで酒井院長の娘静子を知ることになり模範院生となって卒業後、静子をめとり今や前途有望なべテラン刑事である。このように奇しき運命によって結ばれた前途多難を思わせるコンビの初仕事は、管内で対立する血桜組と三日月組とのいさかいから生じた三日月組の代貸松崎(財津一郎)が尻をさされるという珍事件に始まった。犯人を追う二人の前にやがてチンピラヤクザ修一(石立鉄男)の線が浮かび、修一の妹マユミ(倍賞美津子)と知りあう。そして彼女の口から修一の恋人でラーメン屋に勤めている悦子(珠めぐみ)とも知りあった金助は修一逮捕のため悦子の勤め先のラーメン屋に張りこんでいるうちに、マユミに好意をよせるようになってしまうのだが、ふとしたきっかけで平次郎の妻が初恋の人であることを知って愕然とする。その頃、単独張込みに出かけた平次郎は偶然にも修一と悦子が明日開かれるピーターのリサイタル会場で落ち合うことを知り、当日二人はリサイタル会場に出かけるのだが、先手を打つように会場には血桜組と三日月組が待ちかまえ、修一と悦子に襲いかかる。修一と悦子の二人は必死の努力で無事逃げのび、翌日悦子に付き添われた修一が二人の前に自首し、事件は落着する。

こちら55号 応答せよ!危機百発こちら55号 応答せよ!危機百発
ピーター                        土居まさる
こちら55号 応答せよ!危機百発こちら55号 応答せよ!危機百発
加藤剛                    坂上二郎、萩本欽一(コント55号) 

題名:こちら55号 応答せよ!危機百発
監督:野村芳太郎
製作:升本喜年、浅井良二
脚本:野村芳太郎、ジェームス三木、吉田剛
撮影:川又昂
照明:三浦札
調音:栗田周十郎
整音:佐藤広文
美術:重田重盛
装置:中村良三
装飾:印南昇
衣裳:東京衣装
振付:一宮はじめ
編集:浜村義康
音楽:木下忠司
主題歌:坂上二郎「55号 平次の歌」 挿入歌:ピーター「夜と朝の間に」皆川おさむ「サッちゃん」
現像:東洋現像所
助監督:山根成之
製作主任:吉岡博史
製作進行:玉生久宗
スチール:赤井博且
出演:萩本欽一、坂上二郎、倍賞美津子、長山藍子、珠めぐみ、ピーター、石立鉄男、フランキー堺、財津一郎、加藤剛、吉田吉二郎、由利徹、桜京美、皆川おさむ、土居まさる
1970年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
こちら55号 応答せよ!危機百発 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

映画「コント55号とミーコの絶体絶命」

コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
コント55号(坂上二郎、萩本欽一)                   由美かおる

今回は野村芳太郎監督1971年製作「コント55号とミーコの絶体絶命」をピックアップする。
本作は、当時人気沸騰中のコント55号(坂上二郎、萩本欽一)と野村芳太郎監督のコンビによる第7作である。

【東宝製作】
1968年「コント55号 世紀の大弱点」監督:和田嘉訓
1969年「コント55号 人類の大弱点」監督:福田純
1969年「コント55号 俺は忍者の孫の孫」監督:福田 純
1969年「コント55号 宇宙大冒険」監督:福田 純

【松竹製作】監督:野村 芳太郎
1968年「コント55号と水前寺清子の神様の恋人」
1968年「白昼堂々」※ゲスト出演
1969年「コント55号と水前寺清子のワン・ツー・パンチ 三百六十五歩のマーチ」
1969年「チンチン55号ぶっ飛ばせ!出発進行」
1970年「こちら55号応答せよ!危機百発
1970年「俺は眠たかった!!」※製作・監督・脚本・音楽・主演:萩本欽一(浅井企画・松竹)
1970年「コント55号と水前寺清子の大勝負」
1971年「コント55号とミーコの絶体絶命」
1971年「泣いてたまるか」※主演:坂上二郎 監督:宮崎晃
1972年「初笑いびっくり武士道」

コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
太地喜和子、萩本欽一                  財津一郎
コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
小松政夫                        三原葉子

【ストリー】
坂本次郎(坂上二郎)・金作(萩本欽一)の兄弟は湘南市役所なんでもやる課勤務である。父は戦死、母は台風で死亡。その時次郎は16歳、金作は8歳であった。次郎は金作の手をひいて上京、苦労の末、金作を大学にやった。次郎は、世の中は金だという信念を持っているだけにケチである。従って女には縁がない。一方、金作はなかなかのプレイボーイで、ある日新宿のゴーゴーバーで県会議員の妾腹の娘田所桃代(太地喜和子)と知り合った。翌日、金作は市役所の亀山助役(花澤徳衛)に呼ばれた。桃代が結婚したいというのだ。助役や沼田課長(財津一郎)は、自分たちの昇進のチャンスとばかりこの結婚を急がせた。15年勤務の次郎を通り越して金作は係長に抜擢された。金作はふとしたキッカケで知りあった中川秀子(由美かおる)という、病身の母(浦里はるみ)と妹のために昼間はガソリン・スタンド、夜はゴーゴーバーで働きながら家計を切りまわしている溌刺とした心根の優しい娘にすっかり心を奪われてしまった。ある日次郎は胃に激痛を感じた。そして、勝手に癌だと思い込んだ。金作も、他人のことを話している杉本医師(なかにし礼)の言葉を聞き違え、兄は癌だと錯覚してしまった。その日から金作は一生懸命兄につくした。次郎は余命いくばくもない人生を楽しもうと500万円の預金を解約した。そんなある日、次郎は、ポケットに石をつめ込んで海に身を投じたが勤め帰りの秀子に助けられた。気がついた時は病院のベットの上で、秀子が母の手術代に困っていることを知り金をだそうとしたが、300万円余りの大金は自殺行の時、波にさらわれてしまった。兄弟が相談した手術代の捻出方法は、このまま次郎が死んだことにして香典を集めることだった。数日後、通夜の客たちは香典を持って集まった。そんな夜でも桃代の甘い攻撃は続いた。金作が「不謹慎な!」と桃代を殴り飛ばしたことから押し入れに隠れていた次郎が飛びだして大騒ぎとなった。かくして兄弟の金集めの苦心は水泡にきしたのである。しかし、金作は、次郎が秀子を愛していることを知ると身を引く決心をした。やがて、次郎が癌でないことが判明した。それも自殺行のあとの入院でわかったもので次郎も知っていたことである。金作はむしょうに腹が立ち次郎にかみついたが、秀子のとりなしで仲直りした。それから数カ月後、「次郎ラーメン」の屋台が店開きした。商売は順調であった。そして、秀子の母の手術も、兄弟の苦面した金で無事に終った日、秀子が選んだフィアンセは兄弟のどちらでもなく杉本先生だったのだ。二人のショックはあまりにも大きかった。

コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
花澤徳衛                      コント55号(萩本欽一、坂上二郎)   
コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
倍賞美津子                           田中邦衛
コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
太地喜和子                    坂上二郎、和田アキ子

題名:コント55号とミーコの絶体絶命
監督:野村芳太郎
製作:杉崎重美、浅井良二
脚本:野村芳太郎、山根成之、大西信行
撮影:川又昂
照明:三浦礼
録音:栗田周十郎
調音:松本隆司
美術:重田重盛
装置:中村良三
装飾:印南昇
衣裳:東京衣装
編集:浜村義康
現像:東洋現像所
音楽:中村八大 挿入歌:由美かおる「地球の裏側」「タバコの火を消して」「風に吹かれて」 和田アキ子「天使になれない」
製作主任:吉岡博史
製作進行:宗本弘美
助監督:山根成之
スチール:赤井博且
出演:坂上二郎、萩本欽一、由美かおる、太地喜和子、花澤徳衛、財津一郎、小松政夫、倍賞美津子、三原葉子、田中邦衛、三木のり平、武智豊子、浦里はるみ、佐々木梨里、和田アキ子、なかにし礼
1971年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
コント55号とミーコの絶体絶命 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

コント55号とミーコの絶体絶命コント55号とミーコの絶体絶命
浦里はるみ、由美かおる              コント55号とミーコの絶体絶命

映画「喜劇 女は度胸」


「喜劇 女は度胸」倍賞美津子、河原崎建三

倍賞美津子                       河原崎建三

今回は森崎東監督1969年製作「喜劇 女は度胸」をピックアップする。
本作は森崎東監督のデビュー作であり、倍賞美津子さんの第一回主演作品になる。次の監督作品は、翌年に渥美清さん主演の人気シリーズ第2作「男はつらいよ・フーテンの寅」になる。世界観がまるで違う両作品だが、家族に対するシリアスなモチーフは、喜劇を前置きする必要はないと思った。

【追記・訃報】
「喜劇・女は度胸」「時代屋の女房」など庶民の反骨精神を明るく描いてきた映画監督の森崎東(もりさき・あずま)さんが2020年7月16日死去した。92歳だった。1956年に松竹入社。野村芳太郎や山田洋次の助監督に付き、69年、「男はつらいよ」第1作の脚本を山田とともに執筆する。初監督は同年、山田の原案になる泥臭い人情ドラマ「喜劇・女は度胸」。翌年には「男はつらいよ フーテンの寅」を監督するが、過激な描写が寅さんの雰囲気に合わないとして、シリーズからはずされる。その後、「喜劇・女は男のふるさとヨ」「喜劇・女生きてます」など人情豊かな喜劇を監督。「喜劇ではなく怒劇」と自ら称するように、社会から虐げられている庶民の怒りを代弁する作品を生涯撮り続けた。75年フリーになり、「黒木太郎の愛と冒険」を発表するも不遇が続く。83年に古巣松竹で撮った夏目雅子主演の「時代屋の女房」がヒット。85年の「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」も話題を集めた。04年の「ニワトリはハダシだ」で芸術選奨文部科学大臣賞。認知症の母親の介護を明るくつづった13年公開の「ペコロスの母に会いに行く」が、キネマ旬報ベスト・テンの1位に選ばれた。これが最後の作品になった。
2020.7/17(金)12:00配信 朝日新聞デジタル


渥美清、花沢徳衛                          清川虹子

【ストリー】
桃山学(河原崎建三)は自動車修理工で、夜間大学の受験勉強に励んでいる。というのも、父泰三(花沢徳衛)は怠け者だし、母ツネ(清川虹子)は働く以外は生きる術を知らないし、ダンプカーの運転手をやっている兄勉吉(渥美清)は衝動的な若さを爆発させる動物のように思えたからだった。学はこんな人間の集った桃山家を「家庭」だとは思わなかった。彼は白い柵に囲まれた小さな芝生の庭のある「家庭」を夢みている。そんな学が恋をした。彼女の名前は白川愛子(倍賞美津子)、学は愛子にゲーテの詩集を贈り、二人で別の世界を築いてゆこうと心に決めた。そんなある日、勉吉が見覚えのある詩集を持って帰って来た。勉吉は酒くさい息で「あんないい子がコールガールやってんのかな……」と囁いた。学の疑惑に苦しめられる毎日が始まった。学は連れ込み旅館で問題の女に逢った。その子は愛子ではなかったが、友達からあの本を借りたという。学はホッとしたものの、恋人の仲間にこんな女がいるかと思うと気が狂わんばかりだった。学の苦しみを見て泰三は愛子の友人笑子(沖山秀子)に会った。この一件より勉吉は泰三と大喧嘩し、学も笑子とつき合っている愛子と絶交してしまった。それからというもの、泰三も勉吉も学でさえも寝るため以外には家に戻らなくなった。そんなある日、愛子と笑子が訪ねて来た。愛子は学と、笑子は勉吉とよりを戻しにやって来たのだ。二人を迎え入れたツネは、いつになく優しく「うちの倅と結婚してくれないかね……」と頼むのだった。


沖山秀子                    花沢徳衛、渥美清、久里千春、清川虹子

題名:喜劇 女は度胸
監督:森崎東
製作:上村力
原案:山田洋次
脚本:大西信行、森崎東
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:田中俊夫
調音:松本隆司
美術:熊井正雄
装置:関根安重
編集:浦岡敬一
音楽:山本直純 主題歌:倍賞美津子「恋の芽ばえ」
現像:東洋現像所
製作主任:馬道昭三
監督助手:大嶺俊順
進行:池田義徳
スチール:長谷川宗平
出演:倍賞美津子、河原崎建三、清川虹子、渥美清、沖山秀子、花沢徳衛、有島一郎(東宝・特出)、佐藤蛾次郎、春川ますみ、久里千春、中川香奈、大橋壮多
1969年日本・松竹大船撮影所/シネスコサイズ・カラー90分35mmフィルム
喜劇・女は度胸 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「喜劇 女は度胸」河原崎建三、倍賞美津子

清川虹子、花沢徳衛                     倍賞美津子、河原崎建三

京浜急行電鉄デハ230形 (空港線)

1 2 3 5