映画「生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言」


倍賞美津子                       平田満

今回は森崎東監督1985年製作「生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言」をピックアップする。
本作の時代背景は、1979年に起きたスリーマイル島原発事故以降、原発に対する不安が世界的に高まり原発への信頼は急激に揺らぐ中、本作公開の翌年に歴史上最大の原発事故が、ロシアのチェルノブイリ原発で起きる。そして2011年3月11日に起こった東日本大震災は、15mの津波に襲われた東京電力福島第一原子力発電所は、1~5号機で全交流電源を喪失し、原子炉を冷却できなくなり、1号炉・2号炉・3号炉で炉心溶融(メルトダウン)が発生し、大量の放射性物質の漏洩を伴う重大な原子力事故である。これで原発は絶対安全という神話は根底から崩壊した。

本作は、時代を先取りし正しい視点に立った作品であり、原発ジプシー、ジャパユキサン(出稼ぎに来た女性外国人労働者)、コザ暴動(1970年12月20日)、校内暴力など深刻な社会問題をプロットに組み入れ、問題提起した優秀な作品だ。


倍賞美津子、原田芳雄               平田満、倍賞美津子、上原由恵

【ストリー】
旅回りのストリッパー、バーバラ(倍賞美津子)が名古屋に帰って来た。沖縄集落の中のタケ子(小林トシ江)が経営する飯み屋の二階が彼女の住居で、内縁の夫・宮里(原田芳雄)と親友のアイコ(上原由恵)が待っているはずだった。その日は、バーバラの弟の正(片石隆弘)とタケ子の娘、タマ枝(竹本幸恵)、和男(久野真平)の不良中学生三人が修学旅行からはずされた腹イセに積立金強奪騒動を起こし、人質の野呂教諭(平田満)が縛られ、物干し台に転がされていた。宮里は原発を転々と渡り歩く労働者・原発ジプシーでヤクザの仲間入りをしている。バーバラとは沖縄のコザ暴動以来の間柄で、彼女はそろそろ、二人で堅気の仕事に就いて結婚したがっていた。バーバラは宮里の顔を見るや、アイコのことを聞く。アイコは福井の美浜で原発労働者相手の娼婦をさせられていて、宮里の手引きで逃げて来たが、前日、美浜へ帰ってしまっていた。バーバラは、宮里がやくざに寝返ってアイコを帰したと思い込み、学校をクビになった野呂を鞄持ちとして再びドサ回りの旅に出た。そして、美浜に向かう。殺されたと思っていたアイコは元気だった。彼女は好きな男、安次(泉谷しげる)を葬ったところであった。学校を追われた正たちも宮里と共に美浜に来ていた。事故で死んだという安次は、本当は原発で作業中に廃液漏れで被爆し、事故隠しの為にボート小屋に監禁されたのだった。アイコは一計を案じ、安次を死んだことにして埋葬するが、後日、やくざの目を盗んで安次を墓から掘り出し、バーバラと野呂を仲人に墓場で結婚式をあげる。二人は浜を急ぐが、海上の船から銃で撃たれてしまう。バーバラや正たちは、アイコと同じ境遇にあるフィリッピン女性のマリア(ジュビー・シバリオス)にもやくざの魔の手が迫っているのを知り、マリアを連れて名古屋にもどる。そして、老船長(殿山泰司)の船でフィリピンまでマリアを連れて密航しようと考えた。マリアを追ってやって来たやくざの戸張(小林稔侍)は、宮里にアイコ殺しの代人として自首しろという。宮里は拒否し、戸張を銃で撃つが、暫く後、戸張の子分に撃たれてしまう。よろよろと外に出る宮里をやくざとつながっている鎧刑事(梅宮辰夫)が待っていた。そして、瀕死の宮里から銃をもぎ取ったバーバラが刑事めがけて発砲する。


殿山泰司                         左とん平 

題名:生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言
監督:森崎東
製作:木下茂三郎
脚本:近藤昭二、大原清秀、森崎東
撮影:浜田毅
照明:長田達也
特機:NK特機
録音:武進
整音:席勇次郎
音効:帆苅幸雄 (東洋音響)
美術:高橋章
装飾:佐藤結樹、遠藤光男、中山誠
美粧:小張えり子 (STUDIO 717)
衣裳:京都衣裳
特効:大平火薬
記録:森田溶子
編集:菅野善雄 ネガ編集:辻井好子
音楽:宇崎竜童 主題歌:五木ひろし「あほう鳥」
現像:東洋現像所
撮影スタジオ:にっかつ撮影所
録音スタジオ:アオイスタジオ
プロデューサー:中沢敏明
製作担当:越智貞夫
製作進行:山口吉郎、中島一
企画協力:市川康満
監督補:下村優
助監督:武内孝吉
監督助手:室岡信明、元波正平、当摩寿史、早川喜貴
撮影助手:井上明夫、図書紀芳、田中潤
照明助手:渡辺孝一、岡尾正行、豊見山明長
録音助手:中村淳、飴田秀彦、岩橋政志
美術助手:正田俊一郎
編集助手:阿部浩英
スチール:竹内健二
出演:倍賞美津子、原田芳雄、平田満、片石隆弘、竹本幸恵、久野真平、小林トシ江、ジュビー・シバリオス、上原由恵、乱孝寿、梅宮辰夫、河原さぶ、小林稔侍、左とん平、殿山泰司、泉谷しげる
1985年日本・キノシタ映画+ATG/ビスタサイズ・カラー105分35mmフィルム
生きてるうちが花なのよ 死んだらそれまでよ党宣言 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


倍賞美津子

映画「君よ憤怒の河を渉れ」


高倉健                       中野良子

今回は佐藤純彌監督1976年製作「君よ憤怒の河を渉れ」最悪作品賞をピックアップする。
本作は、大映社長だった永田雅一氏の大映倒産後に映画プロデューサーとしての復帰第一作目であると共に高倉健さんの東映退社後の第一作目でもある。また中華人民共和国で文化大革命後に初めて公開された外国映画になったそうだ。
内容は原作に忠実なのかどうか分からないが、かなり酷くストリーの整合性が全くない。突っ込み所は山ほどあるが、こんな台本に日本を代表する俳優陣は淡々と演技をこなして行く姿が無念だった。総製作費5億円、製作日数6ヶ月だそうだが、日本映画産業が衰退したのは、テレビの蔓延だけが理由ではないと思わせる作品だ。唯一、倍賞美津子さんが色艶ぽかったのが印象に残った。そうは言うものの、ジョン・ウー監督が香港・中国合作映画「MANHUNT(日本語タイトル未定)」で福山雅治さん主演でリメイクするそうだ。


原田芳雄                      池部良

下川辰平、田中邦衛                 大滝秀治

【ストリー】
東京地検検事・杜丘冬人(高倉健)は、ある日、新宿の雑踏の中で、見知らぬ女から「強盗殺人犯」と騒がれた。水沢恵子と名乗る彼女は、なおも「現金20万円とダイヤの指輪を盗まれ、強姦された」と叫んだ。その場で緊急逮捕された杜丘を、別の男寺田俊明が「この男にカメラを盗まれた」と供述した。勿論、杜丘には身に覚えのないことだったが、証拠が揃いすぎていた。完壁な罠だ。杜丘は、家宅捜査の隙をみて逃亡した。新聞は“現職検事が凶悪犯”“社丘検事即日免職”と書きたてた。杜丘は水沢恵子を捜しに彼女の郷里、能登へ向かった。恵子は本名を横路加代(伊佐山ひろ子)といい、寺田は彼女の夫の横路敬二(田中邦衛)と判明した。だが、その時にはすでに加代は殺されていた。杜丘は、加代あての手紙から、横路敬二が、北海道の様似に居ることを知り、北海道に飛んだ。杜丘の逮捕状は「強盗犯」から「横路加代殺人容疑」にきりかえられた。その頃、警視庁捜査一課の矢村警部(原田芳雄)は、横路の経歴を洗い、彼がモルモットやハツカネズミを飼育し、製薬会社の実験用に売りさばいていたことをつきとめたが、杜丘との関係はでてこなかった。北海道様似で、杜丘は横路の家を見つけたが、そこには刑事が待ちうけており、杜丘は警察の手を逃れて、日高山中の林の中に逃げ込んだ。だが、その杜丘を、散弾銃を待った二人の男が追って来た。逃げる杜丘はある事件を回想した--。
ホテルのレストランから飛び降り、即死した朝倉代議士。証人である政界の黒幕・長岡了介は飛び降り自殺だと言い、矢村警部は自殺説を主張し、杜丘は他殺説をとった。あの日、杜丘は朝倉の妾が経営している新宿の小料理屋に聞き込みに行った。そして、横路加代がいきなり--。矢村の追跡は執拗だった。その非常線を突破して、深い森の中に入り込んだ杜丘は、獣の罠に仕掛けてあった銃をとりはずした。その時、巨大な熊が、若く美しい女にいましも襲いかかろうとしていた。熊めがけて発砲した杜丘だが、その瞬間、銃も杜丘もはねとばされ、激流に落ちた。翌日、杜丘は、遠波牧場の寝室のベッドで目を覚ました。昨日、熊に襲われそうになった牧場の娘、真由美(中野良子)が、今度は杜丘を救ったのだった。真由美の父、遠波善紀(大滝秀治)は北海道知事選に立候補中だったので、一人娘が杜丘に好意をよせているのに困惑していた。が、彼の秘書の中山(岩崎信忠)が警察に通報した。真由美は杜丘を奥深い山の中の小屋にかくまった。しかし、食料を運ぶところを矢村に尾けられ、杜丘は逮捕された。その時、いつかの熊が三人を襲い、矢村が負傷した。杜丘と真由美は矢村を介抱したが、気がついた矢村がなおも杜丘を逮捕しようとしたので、杜丘は再び逃げた。岩場の穴に逃げ込んだ杜丘と真由美は二人の愛を誓い合った。一方、遠波は、娘のために知事選をあきらめ、杜丘を逃がす決心をした。牧場の周囲は警察が包囲しているため、自家用セスナ機を杜丘に提供した。操縦のできない杜丘だが、命を賭けた。止めるようにと絶叫する真由美を後にセスナは本州へと飛びたった。セスナは東京付近の海岸に着水し、杜丘は、警察の裏をかいて東京に潜入した。その頃、真由美も牧場の仕事で東京に来ており、杜丘が新宿で警察に包囲されていた時、馬を暴走させ杜丘を救出した。やがて、杜丘は横路が何者かに強制収容された精神病院に患者を偽って潜入。長岡了介が院長・堂塔に命じて、秘かに新薬の生体実験をしているのをつきとめた。やがて院長は自殺。今では杜丘に協力している矢村とともに杜丘は、長岡を射ち殺した。そして、検事に復職するように、と言う伊藤検事正に「二度と人を追う立ち場にはなりたくない」といって断わり、真由美とともに去って行くのだった。


岡田英次                      倍賞美津子

題名:君よ憤怒の河を渉れ
監督:佐藤純彌
企画:宮古とく子、並河敏
製作:永田雅一
原作:西村寿行
脚本:田坂啓、佐藤純彌
撮影:小林節雄
照明:高橋彪夫
録音:大橋鉄矢
美術:今井高司、間野重雄
記録:原益子
編集:諏訪三千男
音楽:青山八郎
フィルム:富士フィルム
現像:東京現像所
製作主任:桜井勉
助監督:葛井克亮
製作協力:徳間康快
スチール:柳沢英雄
出演:高倉健、中野良子、原田芳雄、池部良、大滝秀治、倍賞美津子、内藤武敏、岡田英次、西村晃、大和田伸也、下川辰平、伊佐山ひろ子、田中邦衛、岩崎信忠
1976年日本・松竹+永田プロ+大映/シネスコサイズ・カラー151分35mmフィルム
君よ憤怒の河を渉れ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


西村晃                   大和田伸也、高倉健、原田芳雄

映画「友よ、静かに瞑れ」


藤竜也                        倍賞美津子

今回は崔洋一監督1985年製作「友よ、静かに瞑れ」をピックアップする。
本作は北方謙三氏の同名小説を映画化したもので、罠にはまって留置所に入れられた友人を救出すべく行動する男を描いたハードボイルドドラマだ。無国籍な雰囲気だが、全編を名護市辺野古で撮っている。藤竜也さんが渋くてカッコイイに尽きる作品だった。


室田日出男                    常田富士男、藤竜也

【ストリー】
沖縄の小さな港町・多満里。一人の男がホテル“フリーイン”に車を止めた。40歳前後の一見うらぶれた感じのする男・新藤(藤竜也)。彼は旧友・坂口(林隆三)がこの町の再開発を企てている下山建設の社長に刃物で襲いかかって逮捕された、という新聞記事を読んで、はるばるやって来たのだった。フリーインはその坂口が経営するホテルで、彼は下山建設の大規模な買収に応じず、執拗ないやがらせや脅迫にも屈しなかった。その坂口を逮捕したのは下山建設と癒着している徳田刑事(室田日出男)だ。新藤は坂口の一人息子・竜太(六浦誠)と連れだって、坂口にレモンを差し入れた。フリーインは、フロント係・小宮(高柳良一)が坂口の留守をあずかり、それに町のクラブ“KENDO”を経営する坂口の愛人・志摩(倍賞美津子)とそこで働く時枝、静子(中村れい子)、留美(伊藤麻耶)、冴子(JILL)が住みついていた。新藤は事件の真相を探るべく単独で動きだした。まず下山建設の開発部長・高畠(原田芳雄)にジャブを入れる。しかし、ボクサーくずれの高畠は動じる様子もない。次に徳田刑事。小心な徳田は下山建設との癒着を指摘されると、動揺しながらも権力をカサに着て逆に新藤や志摩たちを脅す。事件の真相が分かった。下山の部下たちに拉致された竜太を救出しようと坂口が単身、乗り込んだのだった。竜太が事情を警察に言いさえすれば、坂口は釈放されるのだが、竜太は報復が恐くて言い出せないのだ夜。寝ていた新藤は突然、下山建設のチンピラ・石井に拳銃をつきつけられ、外に連れ出された。その危機を救ったのは意外にも高畠だ。彼は男として、坂口や新藤の心情が理解できるが、立場上、二人と対立しなければならないことに、忸怩たる思いを抱いていた。新藤が必死になって坂口を釈放させようとするのには理由があった。船医の新藤は坂口の命が肺ガンであと数ヵ月だと知っていたのだ。坂口が動けるうちに、今一番したいことをやらせたい--。新藤は徳田と下山建設との癒着の証拠を徳田につきつけて坂口を釈放しようとする。深夜、新藤は下山建設の事務所に行く。高畠が新藤を待ち構えていた。凄絶な死闘の末、新藤は証拠書類を手にした。坂口が釈放された。新藤、竜太が坂口を迎え、その様子を下山をはじめ下山建設の社員たちが見守る。坂口は無言で下山に接近し、突然、ポケットに手を入れた。恐怖におののいた下山は、いきなり拳銃を発射した。崩れ落ちる坂口の手からレモンがころがり落ちた。新藤は目をそむけようとする竜太に、父親の死に様の一部始終を見せつけた。


林隆三                      原田芳雄、藤竜也

題名:友よ、静かに瞑れ
監督:崔洋一
製作総指揮:角川春樹
製作:黒澤満、紫垣達郎
原作:北方謙三
脚本:丸山昇一
撮影:浜田毅
照明:井上幸男
特機:NK特機
録音:北村峰晴
整音:小野寺修
美術:小川富美夫
擬斗:國井正廣
記録:内田絢子
編集:鈴木晄
配役:飯塚滋
音楽:梅林茂
撮影機材:三和映材社
現像:東映化学
助監督:成田裕介
スチール:加藤輝男
出演:藤竜也、倍賞美津子、原田芳雄、宮下順子、中村れい子、室田日出男、林隆三、佐藤慶、高柳良一、六浦誠、伊藤麻耶、JILL
1985年日本・角川春樹事務所・東映セントラルフィルム/ビスタサイズ・カラー103分35mmフィルム
友よ、静かに瞑れ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


六浦誠、藤竜也

1 2 3 4