映画「東京夜曲」

東京夜曲東京夜曲
桃井かおり                      長塚京三

今回は市川準監督1997年製作「東京夜曲」をピックアップした。
市川準氏は、1975年CMプロダクション・キャップに入社後、1981年にフリーとなり、1984年市川準事務所を設立する。CM演出家として「禁煙パイポ」「NTTカエルコール」「金鳥タンスにゴン」「三井のリハウス」「ヤクルトタフマン」「サントリーオールド」など数多くのヒットCFを演出。
1985年にはカンヌ国際広告映画祭で金賞を受賞。CM界の第一線で活躍を続ける中、1987年に映画監督としての第一作「BU・SU」を発表。以降、 「会社物語」「病院で死ぬということ」「東京夜曲」などを手掛け国内外で高い評価を得た方だ。私事になるが、監督とは1979年頃に制作会社キャップのフィリピンロケ(CF)で ご一緒させて戴いた事がある。その後お会いする機会もなく2008年9月に59歳の若さで急死されてしまった。

東京夜曲東京夜曲
長塚京三                     上川隆也

【ストリー】
東京の下町にある上宿商店街に、数年前、家族を残して家を飛び出していたきりの浜中康一が帰ってきた。妻の久子は何事もなかったように夫を迎えるが、地元 住民のたまり場である“喫茶大沢”では、そんな浜中の噂話に花が咲く。どうも浜中はまっとうな仕事に就いていなかったようだ。久子を秘かに慕っている作家志望の青年・朝倉は、そんな話を聞くうち浜中に反感を感じ、浜中と久子の過去を探り始める。そして朝倉は、喫茶大沢を経営して いるたみと浜中が、かつて恋仲であったことを知った。さらに、たみが彼女に熱烈な想いを寄せていた大沢と結婚してしまって、その大沢が病死したころに浜中 が街を出ていったこともわかる。喫茶大沢の向かいには、浜中の父親が経営する“浜中電気”があり、帰ってからぶらぶらしていた浜中は、父親に借金があるこ とを知って、浜中電気で働き始めた。まるで商売っ気のない店の様子を見た浜中は、家電屋をやめてゲームソフト専門店を始める。この新しい商売は繁盛し、商 店街に新風を巻き起こした。やがて、浜中の店の従業員・野村と、喫茶大沢のアルバイトの中国人・ニンが結婚することになる。喫茶大沢でそのお祝いパー ティーを開いた夜、野村とつきあいのあったレコード屋の娘が野村やニンの姿を見つめる様子を目にした朝倉は、ひとつの推論に思い至った。浜中とたみが恋仲 にあって、大沢がたみに想いを寄せていた当時、久子は大沢のことが好きだったのではないか。朝倉はパーティーからの帰り道、募る彼女への想いに任せて久子 に真実を追求するが、彼ら4人には複雑な大人の恋愛模様があることを逆に思い知らされ、彼女への気持ちを断念する。一方、客の退けた喫茶大沢では、たみが 両親の住む岡山へ引っ越しすることを浜中に告げ、ふたりはどちらからともなく、引き寄せられるように肌を重ねてしまった。時は流れて夏になり、朝倉の本が 出版されることが決まって、これを機に彼は街を出ていく。同じ日、浜中の家には、岡山に去ったたみから桃が届いていた。

東京夜曲東京夜曲
桃井かおり、長塚京三               倍賞美津子

題名:東京夜曲
監督:市川準
脚本:佐藤信介
撮影:小林達比古
照明:中須岳士
録音:橋本泰夫
整音:多良政司
音効:伊藤進一、小島彩、東洋音響カモメ
美術:間野重雄
スタイリスト:下田眞知子
記録:石山久美子
編集:達富喜美男 、 石井香奈江
音楽:清水一登、れいち テーマ曲:市川量也、高田渡 選曲:武田康宏
撮影機材:ナック
照明機材:日本照明
現像:東京現像所
助監督:森宏治
スチール:原田大三郎
出演:長塚京三、倍賞美津子、桃井かおり、上川隆也、はやし・こぱ、朝霧鏡子、花沢徳衛、安部聡子
1997年日本・衛星劇場+松竹/イーストマンカラー・ビスタサイズ86分35mmフィルム
東京夜曲 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

東京夜曲東京夜曲
倍賞美津子、上川隆也                桃井かおり

映画「赤い橋の下のぬるい水」

赤い橋の下のぬるい水赤い橋の下のぬるい水
役所広司                                                                      清水美沙

今回は今村昌平監督2001年製作「赤い橋の下のぬるい水」をピックアップした。
本作は辺見庸氏の原作を映画化したものだが、「体内に水がたまると性交がしたくなり、快感と共に水を放出する」サエコというキャラクターが実におもしろい。そこは名匠今村昌平監督が、リストラされた中年サラリーマンとサエコとの自由奔放な愛の営みをコミカルに描いている。DVDでしか観てないのが残念と思うくらい小松原茂氏の撮影が実に良いトーンで計算されている。

赤い橋の下のぬるい水赤い橋の下のぬるい水
役所広司、清水美沙                                                  北村和夫

【ストリー】
失業中の中年男・笹野は、孤独な死を遂げた人生の師と仰ぐホームレスのタロウを偲ぶうち、彼が生前「能登半島の日本海に面した赤い橋のたもとの家の壺の中に、宝物を隠した」と言っていたのを想い出し、そこを訪ねてみようと思い立つ。果たして、その家には痴呆を患う老婆・ミツと、男性と性的に交わらないと体内に水が溜まり、悪いことをしてしまう不思議な体質の和菓子職人・サエコが暮らしていた。

赤い橋の下のぬるい水赤い橋の下のぬるい水
役所広司、清水美沙                                                  ガダルカナル・タカ

そんなサエコとひょんなことから関係を持った笹野は、その後、地元の若い漁師・新太郎の世話で漁師として町で暮らしながら、サエコから体に水が溜 まったと 連絡を受ければ彼女の元へ馳せ参じる日々を送るようになる。そして彼は、ミツもまたサエコのような体質であったこと、彼女がタロウの女であったことなどを 知る。そう、タロウの言っていたお宝とはミツのことだったのだ。それから暫くして、笹野はサエコが見知らぬ男・泰造と親しげに話すのを目撃する。実は、泰 造はサエコの体の秘密を知っており、好き者の客に彼女を引き合わせようとしていたのだ。それを知った笹野は、彼からサエコを奪い返すと、彼女と何度も愛し合うのであった。

赤い橋の下のぬるい水赤い橋の下のぬるい水
清水美沙                                                                  今村昌平監督

題名:赤い橋の下のぬるい水
監督:今村昌平
製作:豊忠雄、伊藤梅男、石川冨康
製作総指揮:中村雅哉
原作:辺見庸
脚本:冨川元文、天願大介、今村昌平
撮影:小松原茂
照明:山川英明
美術:稲垣尚夫
装飾:相田敏春 、 高橋光
録音:紅谷愃一
音響効果:大野映彦
衣裳:千代田圭介
編集:岡安肇
現像:イマジカ
音楽:池辺晋一郎
出演:役所広司、清水美沙、中村嘉葎雄、北村和夫、倍賞美津子、坂本スミ子、北村有起哉、清水美砂、ミッキー・カーチス、矢野宣、夏八木勲、ガダルカナル・タカ
2001年日本/ビスタサイズ・イーストマンカラー119分35mmフィルム
赤い橋の下のぬるい水 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

赤い橋の下のぬるい水赤い橋の下のぬるい水
Arriflex 535                 ANGENIEUX OPTIMO ZOOM LENS

今村昌平監督作品
1950年代
「盗まれた欲情」「西銀座駅前」「果しなき欲望」「にあんちゃん」
1960年代
豚と軍艦」「にっぽん昆虫記」「赤い殺意」「エロ事師たちより 人類学入門」「人間蒸発」「神々の深き欲望」
1970年代
「にっぽん戦後史 マダムおんぼろの生活」「 復讐するは我にあり
1980年代
「ええじゃないか」「楢山節考」「女衒 ZEGEN」「黒い雨」
1990年代
「うなぎ」「 カンゾー先生」
2000年代
「赤い橋の下のぬるい水」「11’09”01/セプテンバー11」

映画「復讐するは我にあり」

復讐するは我にあり復讐するは我にあり
緒形拳

今回は今村昌平監督1979年製作「復讐するは我にあり」をピックアップする。
「にっぽん戦後史 マダムおんぼろの生活」から9年ぶりの本作は、1970年に直木賞を受賞した佐木隆三氏の同名の原作を映画化したもので緒形拳の鋭い演技が冴え渡る作品だ。共演の三國連太郎、倍賞美津子、小川真由美が作品に厚みを持たせている。また映画化権を巡り、黒木和雄、深作欣二、藤田敏八と映画化権利取得を争った経緯があった。本作は3/2がロケーション撮影され残りが浜松でロケセット撮影、弁護士殺害シーンは実際の殺害事件の現場であるアパートで撮影されたそうだ。

復讐するは我にあり復讐するは我にあり
三國連太郎                   倍賞美津子

【ストリー】
日豊本線築橋駅近くで専売公社のタバコ集金に回っていた柴田種次郎、馬場大八の惨殺死体が発見され、現金41万円余が奪われていた。かつてタバコ配給に従 事した運転手榎津厳が容疑者として浮かんだ。榎津は駅裏のバー「麻里」のママ千代子を強姦、アパートに連れこんで関係を強要し続けるなど、捜査員の聞き込 んだ評判も悪い。二ヵ月前までは、ヌードダンサー上りで「金比羅食堂」をやっていた吉里幸子と同棲、母子家庭をガタガタにもした。数日後、宇高連絡船甲板 に幸子と両親宛ての榎津の遺書と、一足のクツが見つかり、投身自殺の形跡があった。偽装と疑った警官が別府市・鉄論で旅館を営む榎津の実家を訪れると、老 父鎮雄、病身の母かよ、妻加津子は泣きながら捜査の協力を誓う。一家は熱心なカトリック信者だが、戦争中、厳は網元をしていた父が軍人に殴られ、無理矢理 舟を軍に供出させられた屈辱の現場を目撃して、神と父への信仰を失い、預けられた神学校で盗みを働き、少年刑務所へ送られた。その後も犯罪と服役を繰り返 し、その間に加津子と結婚した。結婚後、加津子も入信したが、榎津に愛想をつかし離婚、その後、尊敬する義父の懇望に従い再入籍。榎津は出所する度に父と 加津子との仲を疑い、父に斧を振り上げるなど、一家の地獄は続いた。浜松に現われた榎津は貸席「あさの」に腰をすえ、大学教授と称して静岡大などに出没、 警察をあざ笑うような行為を重ねる。千葉に飛んだ榎津は裁判所、弁護士会館を舞台に老婆から息子の保釈金をだまし取り、知り合った河島老弁護士を殺して金 品を奪った。この頃になると警察史上、最大といわれる捜査網が張り張り巡らされていた。浜松に戻った榎津の素姓に「あさの」の女主人ハルやその母、ひさ乃 も気づき始めた。しかし、榎津に抱かれるハルは「あんたの子を生みたい!」とその関係に溺れ、元殺人犯で競艇狂いのひさ乃も榎津を逃そうとする。だが、そ んな母娘を榎津は絞め殺し、「あさの」の家財を売り飛ばし、電話まで入質して逃亡資金を貯え、七十八日後、九州で捕まるまで詐欺と女関係を繰り返した。絞 首台に上がる直前、最後の面会に来た父に榎津は「おやじ……加津子を抱いてやれ……。
人殺しをするならあんたを殺すべきだった」と毒づく。残された一家に も重い葛藤があった。死の床にある母は「私も女じゃけえ、お父さんを加津子に渡しとうなか」と言い続けた。父も地獄のような家を守ってきた嫁が心底かわい く、信仰とのはざまに悩みぬく。そんな義父を加津子は無性に好きだった。榎津の処刑後、別府湾を望む丘に、骨壷から、榎津の骨片を空に向って投げる、鎮雄 と加津子の姿があった。

復讐するは我にあり復讐するは我にあり
倍賞美津子、三國連太郎               白川和子

題名:復讐するは我にあり
監督:今村昌平
製作:井上和男
原作:佐木隆三
脚本:馬場当
撮影:姫田真佐久
照明:岩木保夫
美術:佐谷晃能
録音:吉田庄太郎
記録:八巻慶子
編集:浦岡敬一
現像:東洋現像所
音楽:池辺晋一郎
助監督:新城卓
監督助手:北西洋一、森安建雄、中田信一郎
撮影助手:門倉祐一、丸池納、原一男、鈴木悟
スチール:石黒健治
出演:緒形拳、三國連太郎、ミヤコ蝶々、倍賞美津子、小川真由美、清川虹子、殿山泰司、絵沢萠子、白川和子
1979年日本・松竹+今村プロダクション/ビスタサイズ・カラー140分35mmフィルム
復讐するは我にあり デジタルリマスター版 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

復讐するは我にあり復讐するは我にあり
復讐するは我にあり

1 2 3 4