映画「まむしの兄弟 懲役十三回」


菅原文太                         川地民夫

今回は中島貞夫監督1972年製作「まむしの兄弟 懲役十三回」をピックアップする。
“まむしの兄弟シリース”は、東映京都撮影所で1971年から1975年にかけて9作品が、菅原文太さんと川地民夫さん主演で制作された。 本作はシリーズ第3作になる。

【まむしの兄弟シリース】
1971年「懲役太郎 まむしの兄弟」監督:中島貞夫
1971年「まむしの兄弟 お礼参り」監督:本田達男
1972年「まむしの兄弟 懲役十三回」監督:中島貞夫
1972年「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」監督:中島貞夫
1973年「まむしの兄弟 刑務所暮し四年半」監督:山下耕作
1973年「まむしの兄弟 恐喝三億円」監督:鈴木則文
1974年「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」監督:工藤栄一
1974年「極道VSまむし」監督:中島貞夫 主演:若山富三郎 ※コラボ作品
1975年「まむしと青大将」監督:中島貞夫
※各作品のリンクは、予約投稿で表示しないページがありますが、後日表示されます。


天知茂                     菅原文太、川地民夫、潮健児

【ストリー】
昭和10年13回目の服役を終えたゴロ政(菅原文太)と勝(川地民夫)は、刑務所内で兄弟分になった浅草菊村一家の弥之助(天知茂)を頼って東京へと向う。東京駅についた政と勝は、神戸から来た殺し屋と間違えられ、出迎への男どじょう辰(潮健児)の案内で、浅草へ連れていかれる。吉原東竜会の親分岩淵(天津敏)が関西同友会から狙われ、殺し屋潜入の情報を得た辰は、二人を骨抜きにして手柄をたてようとしていたのだ。二人にレビューを見せたり、カフェーで飲ませたりの大サービス。ところが吉原遊廓へ二人を送りこんだところまではよかったが、その頃、岩淵は本物の刺客に襲われた。松浦楼に置いてきぼりされた無一文の二人は遊興費代りに小間使いとして働かされるハメとなる。政は何とか金を作ろうと、東竜会の賭場に出かけるが、辰に発見され、簀巻きにされて隅田川へ投げ込まれる。だが運よく山谷の女スリお熊(高橋とよ)に助けられる。政は岩淵を脅迫するが、その度胸を買われ、菊村一家を痛めつけてくれと頼まれてしまう。一方、客の用足しにでた勝は、伝法院境内で政と会い、衆議一決。二人はそれぞれ預った金を持ってドロンを決め込むが、お熊にあり金全部をすられてしまう。それとは知らず古着屋で洋服を新調した二人は店主から盗人呼ばわりされ、かけつけた東竜会の組合員と大乱闘。そこへ仲裁に入ったのが弥之助だった。政は弥之助からもらった金で、かねてより岡惚れのレビューガール雪子(光川環世)のアパートに押しかけるが、雪子は、東竜会の借金で追われる情夫譲次(荒木一郎)から呼びだしがかかり、生まれたばかりの子供を政に預けて九州へ逃げる。その頃、菊村一家では先代の追善興行として浪曲大会を催そうとするが、岩淵は浅草中の小屋主をおどして劇場を押さえてしまう。ある日、雪子が譲次に棄てられて浅草に戻ってきたが、これを嗅ぎつけた東竜会は借金の代りに雪子を松浦楼へ売りとばす。政と勝は、松浦楼へかけつけて彼女を奪い返したが、岩淵はその足抜きを理由に弥之助を殺してしまう。サイドカーを奪った政と勝は狂気の如く東竜会へと殴り込む。


雷門ケン坊、高橋とよ                  小池朝雄

題名:まむしの兄弟 懲役十三回
監督:中島貞夫
企画:俊藤浩滋、橋本慶一、佐藤雅夫
原案:斯波道男
脚本:高田宏治、中島貞夫
撮影:増田敏雄
照明:中山治雄
録音:堀場一朗
美術:井川徳道
装置:米沢勝
装飾:清水悦男
美粧・結髪:東和美粧
衣裳:豊中健
擬斗:谷明憲
記録:田中美佐江
編集:神田忠男
音楽:広瀬健次郎
フィルム:富士フィルム
進行主任:眞沢洋士
助監督:依田智臣
演技事務:西秋節生
スチール:中山健司
出演:菅原文太、川地民夫、光川環世、三島ゆり子、天知茂、嵐寛寿郎、小池朝雄、高橋とよ、雷門ケン坊、天津敏、荒木一郎、北村英三、潮健児、谷村昌彦、村井国夫、武智豊子、女屋実和子、集三枝子、志賀勝
1972年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
まむしの兄弟 懲役十三回 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


光川環世                       天知茂、嵐寛寿郎

映画「昭和残侠伝 吼えろ唐獅子」


高倉健                         松方弘樹

今回は佐伯清監督1971年製作「昭和残侠伝 吼えろ唐獅子」をピックアップする。
本作は “昭和残侠伝”シリーズ” の第8弾で、レギュラー陣に松方弘樹さん、鶴田浩二さんが加わりスケールアップした作品になっているが、重厚感が足りない気がした。折しも1971年は大映が倒産した年でもあり、深刻な日本映画の混迷が始まった年であった。


池部良                        松原智恵子

【ストリー】
長い獄中生活を終えた秀次郎(高倉健)は、前橋の黒田一家にワラジをぬいだことから、風間文三(松方弘樹)という若衆を追って長野へと旅立った。文三は、対立する一家の親分を殺し、旅にだされたが黒田(葉山良二)の女房おみの(光川環世)までが、文三の後を追って逃げたことから黒田の怒りをかったのだ。小諸で文三を捜しだしたものの、おみのは一足先に、金沢に住む文三の兄重吉(池部良)のもとへ旅立った後だった。金沢の町は、地元三州政治一家と稲葉一家が、工事の入札をめぐって不穏な空気に包まれていた。秀次郎は稲葉一家にワラジをぬぎ、又、文三はおみのが旅の途中、病気にかかり政治一家の厄介になっていることを知る。早速、政治一家におみのをひき取りにいった秀次郎は、昔の恋人加代(松原智恵子)が政治(鶴田浩二)の女房になっていることを知ると愕然とする。
入札も間近に迫ったある日、稲葉は、工事の権利を握るため役人を買収し、政治をうった。一方、金沢にやってきた黒田も、稲葉と盃をかわし、政治一家を潰そうと計画した。政治が警察に連行されたことを知った文三は、これ以上、一家に迷惑をかけまいと、おみのを連れ出すが、黒田組に見つかり捕えられて、それがもとでおみのは危篤状態に落ち入ってしまう。そんなおみのに憐れみを感じる秀次郎は、文三とおみのを一緒にしてやるように頼み込む。黒田はこのことに恩義を押しつけ、釈放された政治を殺すように命じる。秀次郎は、これが黒田の罠とも知らず、文三とおみののことを条件に政治を斬った。が、それから数時間後、文三とおみのが黒田のために殺されたことを知らされる。
しばらく後、ドス持った秀次郎と風間重吉は稲葉一家に向った。


光川環世                        葉山良二

高倉健、鶴田浩二                  高倉健、松方弘樹

題名:昭和残侠伝 吼えろ唐獅子
監督:佐伯清
企画:俊藤浩滋、吉田達、寺西國光
脚本:村尾昭
撮影:星島一郎
照明:川崎保之丞
録音:広上益弘
美術:藤田博
装置:石井乙彦
装飾:佐藤義昭
美粧:入江荘二
美容:宮島孝子
衣装:河合啓一
技斗:日尾孝司
記録:山内康代
編集:田中修
音楽:木下忠司 主題歌:「昭和残侠伝」高倉健
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学工業
製作主任:坂上順
助監督:澤井信一郎
演技事務:和田徹
スチール:遠藤努
出演:高倉健、松方弘樹、松原智恵子、葉山良二、池部良、鶴田浩二、光川環世、玉川良一、諸角啓二郎、高野真二、松原光二、田口計、沢彰謙、中田博久、八名信夫、清水元、沼田曜一
1971年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー96分35mmフィルム
昭和残侠伝 吼えろ唐獅 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


池部良、鶴田浩二                昭和残侠伝 吼えろ唐獅子

映画「緋牡丹博徒 仁義通します」



藤純子                       菅原文太 

今回は斎藤武市監督1971年製作「緋牡丹博徒 仁義通します」をピックアップする。
緋牡丹博徒シリーズ全8作の最終篇となる本作は、藤純子さんが映画界を引退する為に作られた記念すべき作品になる。ラストで片岡千恵蔵さんがお竜(藤純子)をねぎらうシーンは、お竜とそれを演じた藤純子さんへのねぎらいに見えた。お竜さん永遠に!


松方弘樹                      若山富三郎

【ストリー】
お神楽のおたか(清川虹子)の分家として堂万一家を構える岩木(松方弘樹)のもとに、戦友北橋周平(菅原文太)が訪ねてきた。その頃の大阪は、安治川をはさんで、堂万一家と、伝法町で嘉納竜三(川津清三郎)がしきる伝法一家の二大勢力があり小ぜりあいがたえなかった。岩木の子分藤吉(長門裕之)が賭場に因縁をつけた伝法一家の惣領格千羽一家の子分を斬ったことから、岩木は闇討ちにあいこれを救うため千羽の顔面を斬った北橋は、警察に連行された。おたかはめっきりやつれ病床に伏すが、そんなところにお竜が訪ねてくる。すでに死期を悟ったおたかは、信頼するお竜を証人に、堂万一家三代目を岩木に継がせるよういいのこし波乱に充ちた生涯をとじた。岩木に三代目の座を奪われた松川(待田京介)は伝法一家に走り、嘉納を後見人にたて、岩木、お竜と対決する。一方、ぜがひでも松川を押し立てて堂万一門を掌中に納めようとする嘉納もお竜に喧嘩を売る。負け犬のように酒を浴びる松川を伝法一家からつれ戻そうとした岩木、藤吉、お竜らは千羽一家の不意討ちにあい、傷ついたお竜をかばった岩木はダイナマイトを受けて死んだ。岩木の死を聞いて走りつけた周平そしてお竜の一大事とばかり松山刑務所を出所するや一目散にやってきた四国道後の熊虎親分(若山富三郎)。それぞれの怒りを胸に喧嘩仕度で身を包んだお竜、周平、熊虎の三人は、重々しく守りを固めた伝法一家へと乗り込んでいく。


片岡千恵蔵                      待田京介

題名:緋牡丹博徒 仁義通します
監督:斎藤武市
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
脚本:高田宏治
撮影:山岸長樹
照明:増田悦章
録音:野津裕男
美術:富田治郎
装置:稲田源兵衛
装飾:柴田澄巨
美粧・結髪:東和美粧
技斗:上野隆三
記録:牧野淑子
編集:堀池幸三
音楽:小杉太一郎
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
製作主任:渡辺操
助監督:関本郁夫
スチール:木村武司
出演:出演:藤純子(富司純子)、菅原文太、松方弘樹、若山富三郎、長門裕之、待田京介、片岡千恵蔵、清川虹子、名和宏、光川環世、川津清三郎
1971年日本・東映/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
緋牡丹博徒 仁義通します -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


藤純子、待田京介、清川虹子            光川環世、藤純子

長門裕之                     松方弘樹、長門裕之

緋牡丹博徒 仁義通します

1 2