映画「銀蝶流れ者 牝猫博奕」

銀蝶流れ者 牝猫博奕
千葉真一、梶芽衣子
銀蝶流れ者 牝猫博奕銀蝶流れ者 牝猫博奕
梶芽衣子                      千葉真一
銀蝶流れ者 牝猫博奕銀蝶流れ者 牝猫博奕
光川環世、梶芽衣子、伴淳三郎       梶芽衣子、須賀不二男、山城新伍
銀蝶流れ者 牝猫博奕銀蝶流れ者 牝猫博奕
由利徹、千葉真一、山城新伍、梶芽衣子      賀不二男、梶芽衣子
銀蝶流れ者 牝猫博奕

今回は山口和彦監督1972年製作「銀蝶流れ者 牝猫博奕」をピックアップする。
本作は「銀蝶渡り鳥」の続編になるが前作との関連性はない。しかし梶芽衣子さんの和服姿と啖呵にグッっと来る仕上がりになっている作品である。東隆次役は前作の渡瀬恒彦さんから千葉真一さんになっているが、渡瀬さんは1シーンだけカメオ出演している。

八代亜紀銀蝶流れ者 牝猫博奕
八代亜紀                    伴淳三郎、光川環世
銀蝶流れ者 牝猫博奕銀蝶流れ者 牝猫博奕
賀川雪絵

【ストリー】
名うての札師として通っていた鈴ヶ森の政は、賭場で八百長の汚名をきせられ命を失くした。それから15年……。父政次郎(植田灯孝)の仇を討つためヤクザの世界に飛び込んだ一人娘の樋口ナミ(梶芽衣子)は、今では一人前の女札師緋桜ナミと呼ばれるまでに成長し、各地の賭場から賭場を仇の“星伝”を探し、渡り歩いていた。そして、伊香保の温泉町へやって来た。そこでナミは銀座の暴力団相星興業から、地元の大熊組に温泉芸者として売られてきた花江(光川環世)という娘を助けたことで盆の上での勝負を挑まれる。しかし、大熊組の立てた胴師門二郎(山城新伍)はナミの相手ではなく、簡単に勝負がつく。翌日、勝負の決着をつけたナミは、花江とともに東京へ向かった。その後を、すっかりナミに惚れこんだ門二郎が舎弟分になるべく追って行った。花江には昔は札師としてならした仙造(伴淳三郎)というアル中の父親がいる。そして何故か仙造はナミの父の仇“星伝”が相星興業社長の相星総之助(須賀不二男)であるとナミに知らせなかった。ナミは相星興業が経営するクラブ“ブルースター”に出入りするようになった。そしてそこのマダムをしているのが幼ななじみの美代子(賀川雪絵)であった。一方、大熊組からの知らせで花江の事情を知った相星は、ナミと会い、組のイカサマ札師として誘うがナミは拒む。銀座の一匹狼で秘かにナミに想いをよせる隆次(千葉真一)は相星に対抗して事業をかまえるが、ことごとく相星の配下の邪魔に合う。その頃、仙造はナミのことで相星をゆすって大金を得ていたが、相星に殺されてしまう。仙造は死に際、ナミに、“星伝”は相星であること、彼によって父はイカサマの汚名をきせられてしまったことを言い残した。相星興業創立15周年記念大花会。大勢いる親分衆を迎えた大花会の席に単身のり込んだナミは、後から駆けつけてくれた隆次の助力を得て盆ゴザで相星を相手に、父がハメられたトリックをそっくり演じて見事復讐を果たすのだった。

銀蝶流れ者 牝猫博奕銀蝶流れ者 牝猫博奕

題名:銀蝶流れ者 牝猫博奕
監督:山口和彦
企画:吉峰甲子夫、高村賢治
脚本:松本功、山口和彦
撮影:中島芳男
照明:桑名史郎
録音:広上益弘
美術:藤田博
装置:根上徳一
装飾:米沢一弘
美粧:入江荘二
美容:花沢久子
衣裳:河合啓一
記録:高津省子
編集:長沢嘉樹
音楽:津島利章 「銀蝶渡り鳥」歌:梶芽衣子
現像:東映化学
進行主任:東一盛
監督助手:三堀篤
演技事務:和田徹
スチール:遠藤努
出演:梶芽衣子、伴淳三郎、千葉真一(JJサニー千葉)、光川環世、賀川雪絵、須賀不二男、山城新伍、由利徹、室田日出男、南利明、八代亜紀(特別出演)、植田灯孝
1972年日本・東映/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
銀蝶流れ者 牝猫博奕【DVD】
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

銀蝶流れ者 牝猫博奕銀蝶流れ者 牝猫博奕

1 2