映画「ハナ肇の一発大冒険」


ハナ肇                               入川保則、倍賞千恵子

今回は山田洋次監督1967年製作「ハナ肇の一発大冒険」をピックアップする。
本作は「喜劇 一発勝負」に続く”一発シリーズ”の第二弾になる。
1968年「ハナ肇の一発大冒険」1969年「喜劇 一発大必」と松竹大船撮影所で制作された。


野村昭子、武智豊子                         桜井センリ、犬塚弘

【ストリー】
東京の下町で肉屋を営む間貫一(ハナ肇)は、陽気な好人物で、客に人気があった。ある日、レストランで好物の特大ビフテキを食べている時、貫一は美しい女性亜子(倍賞千恵子)と会い、鞄の中のダイヤを悪漢の手から守ってほしいと頼まれた。平凡な日常の中で、美女を助ける役目などは、そうざらにあることではない。貫一は喜んで引受け、ライトバンで逃避行を開始した。悪漢の目をくらますため、千葉に出て、さらにフェリーボートで横須賀に渡り、横浜に向かった。彼女の目的地は富山で、そこで相手側にダイヤを渡せばいいのだった。しかし、悪漢は執拗に二人を追っていた。やがて、二人を乗せた車は信濃路に入った。貫一は美人を乗せ、晩秋の美しい紅葉の中で車を走らせているのでごきげんだった。途中、二人は腹痛で苦しんでいる登山者真田(入川保則)を助け、近くの温泉場に連れていった。その夜、ダイヤの入った鞄が悪漢に奪われてしまった。責任を感じた真田は単身悪漢を追跡し、格闘の末、鞄を取戻して帰ってきた。この騒ぎで悪漢は警察に逮捕された。亜子はもう鞄を狙われる心配がなくなったと、安堵の胸をなでおろした。真田と亜子を乗せた貫一の車は、一路、新雪に輝くアルプスの麓を富山に向かった。三人は途中で一軒の山小屋にたどり着いた。ところがそこには警察に追われた殺人犯が潜んでいて、真田は彼の銃弾に殺されてしまった。貫一と亜子は危うくその場を逃れ、警察に事件を報告した。やがて、車は富山に着いた。亜子は別れを悲しむ貫一の頬に優しく接吻すると去って行った。貫一は再び平凡な日々の生活に帰って行った。一力月後、フランスにいる亜子から美しい絵葉書が届いた。貫一はそれを見るたびに、亜子との冒険旅行を思い出すのである。


ハナ肇、なべおさみ                           中村晃子、ハナ肇

題名:ハナ肇の一発大冒険
監督:山田洋次
製作:脇田茂
脚本:山田洋次、宮崎晃
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:小尾幸魚
調音:佐藤広文
美術:重田重盛
装置:川添善治
編集:石井巌
音楽:坂田晄一
現像:東京現像所
製作主任:内藤誠
製先進行:池田善徳
監督助手:大嶺俊順
スチール:長谷川宗平
出演:ハナ肇、倍賞千恵子、入川保則、石井均、なべおさみ、野村昭子、武智豊子、久里千春、飯田蝶子、犬塚弘、桜井センリ、中村晃子、倍賞美津子
1967年日本・松竹+渡辺プロダクション/シネスコサイズ・カラー35mmフィルム
ハナ肇の一発大冒険 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


倍賞美津子                          ハナ肇の一発大冒険

映画「内海の輪」


「内海の輪」岩下志麻

岩下志麻                        中尾彬

今回は斎藤耕一監督1971年製作「内海の輪」をピックアップする。
本作は、松本清張氏の連載小説「黒の様式」から「霧笛の町」を映画化したものだが、スリルもサスペンスもない内容だった。それを期待する訳ではないが、ラストの “男の微妙な心理の変化を美奈子は敏感に感じとった” 岩下志麻さんの演技が秀悦である事以外は、見るところはなく冗長だった。
松竹は、1957年に松本清張氏の原作「顔(監督:大曽根辰保)」を手掛けて以来、数多くの松本清張作品を映画化して来たが、本作は特に面白味がなかった。


「内海の輪」岩下志麻

三國連太郎                       富永美沙子 

【ストリー】
西田美奈子29歳(岩下志麻)。いまは四国松山の呉服の老舗伊予屋の当主慶太郎の妻である。彼女は3ヵ月に1回上京した。半分は商用であり、半分は大学で考古学を専攻し、まもなく助教授の椅子につく江村宗三(中尾彬)との秘かな情事のためであった。宗三は妻の父が考古学の権威で次期学長に擬せられるという人物なので、労せずにエリートコースに乗っていた。彼は5年前の鮮烈な記憶が忘れられなかった。そのころ、美奈子は宗三の長兄寿夫(入川保則)の新妻だった。しかし、寿夫は水商売の女と出来ていて駈け落ち同然に、静岡きっての菓子屋の暖簾を捨てた。二人が同棲している新潟へ迎えに行く美奈子の護衛役に、まだ学生だった宗三が選ばれた。その時、愛情のない夫との訣別を決意していた美奈子は水上温泉で宗三に躰を与えた。彼女は童貞のおののきを示す宗三に、江村家への報復をこめたのかも知れない。それから3年、銀座で再会した二人は自然に求めあうように愛欲を燃え上がらせた。その時から美奈子は3ヵ月に1度上京しすでに男性機能を失っている夫、慶太郎(三國連太郎)の代りに宗三に抱かれるようになった。二人だけの秘密はひっそりと保たれたが、美奈子も宗三もやがてくる破綻を恐れていた。だから二人は愛欲の中にすべてを忘れようとした。やがて宗三の出張で、逢瀬は1ヵ月に短縮された。二人はしめし合わせて、1月の瀬戸内海に遊んだ。しかし、二人は伊丹空港で宗三と同窓の新聞記者長谷(夏八木勲)にバッタリ出会った。ついに二人のエゴイスティックな愛も均衡を失った。長谷は美奈子夫婦とも顔見知りであった。慶太郎にこの不倫が暴露されたら、美奈子はもちろん、宗三の輝ける将来も崩れ去るにちがいなかった。宗三はそんな犠牲を払ってまで、美奈子と心中立てする必要はないと思った。しかし、彼女から逃れることも出来そうになかった。旅の終りに選んだ蓬莱峡は奇岩が群がり立つ断崖の景勝地だった。ここで、美奈子を殺そうと宗三は心に決めた。男の微妙な心理の変化を美奈子は敏感に感じとった。宗三は美奈子を断崖に誘った。そして一突きにしようとしたが一瞬ためらった。「あたしを殺して」と美奈子はうずくまり慟哭した。愛欲の終焉が二人の愛の記憶を華麗に染め、そして消えた。


「内海の輪」岩下志麻

入川保則                     岩下志麻、中尾彬

題名:内海の輪
監督:斎藤耕一
製作:三嶋与四治
原作:松本清張
脚本:山田信夫、宮内婦貴子
撮影:竹村博
照明:中川孝一
録音:小林英男
調音:松本隆司
美術:芳野尹孝
装置:川添善治
装飾:磯崎昇
衣裳:東京衣装
編集:杉原よ志
音楽:服部克久
現像:東洋現像所
制作補:江夏浩一、織田明
製作主任:沼尾鈞
製作進行:玉生久宗
助監督:三村晴彦
スチール:赤井博且
出演:岩下志麻、中尾彬、三國連太郎、入川保則、夏八木勲、富永美沙子、水上竜子、加藤嘉、北城真記子、赤座美代子、滝沢修、高木信夫、高原駿雄
1971年日本・松竹/シネスコサイズ・カラー103分35mmフィルム
内海の輪 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「内海の輪」岩下志麻

岩下志麻                       内海の輪

映画「風の慕情」


「風の慕情」吉永小百合

吉永小百合                       石坂浩二

今回は中村登監督1970年製作「風の慕情」をピックアップする。
本作は、テレビドラマの著名脚本家である橋田寿賀子氏が書かれた台本を元にオーストラリア、フィリピン・マニラでロケーションを行ったサスペンスもどきの作品で、吉永小百合さんの松竹での初主演映画である。
内容は、安手の2時間テレビビデオドラマと似通る内容だが、1970年当時の為替は固定相場制であり、1ドル=360円(1949~1971年)であった事を考えると、製作費はそこそこ掛かっている。
現地スタッフ、キャストの手配など未だコーディネーター会社などなかった時代であり、機材も持ち込んだものとみられる。
また飛行機内、レストランの乱闘シーンなど、”装置”がタイトルされている事からして大船撮影所でセット撮影されている。
この時代、同じ様に少人数先鋭で過酷な海外ロケを敢行して作り上げた吉田喜重監督の「さらば夏の光」は優秀な作品であるが、製作費は本作の方が、倍以上掛かっている事は間違いない。


森次浩司(森次晃嗣)                   香山美子

【ストリー】
長谷由布子(吉永小百合)は一年ほど交際した大森源吉(入川保則)から求婚された。胸のときめくような興奮も感激もなかった。由布子にはオーストラリアに血を分けた実の姉(香山美子)がいた。しかし、時折り文通があるだけで、顔も知らない姉だった。由布子は一生の大事をきめる前に姉に会おうと思った。しかし、シドニー空港には頼る姉の姿はなく、さすがに心細くなった由布子を慰め勇気づけてくれたのは留学生くずれの西条直紀(石坂浩二)だった。彼の心遣いは次第に由布子の警戒心を解き、姉の消息探究と観光の日程が交錯する毎日が始った。そのころ旅中隣席だった商社マン郷田(森次浩司)が由布子の前に現われ、姉の手紙の代筆者が直紀であること、直紀こそ姉の消息についての謎を握る男であり、これ以上直紀と行動をともにするのは危険だと忠告した。しかし、由布子の気持は直紀に強く動いており直紀に愛を求めたが、なぜか直紀はそれを受け入れなかった。由布子は傷ついた。豪華なナイトクラブでの直紀との最後の晩餐、その時、由布子は美しい貴婦人然とした日本の女性を見た。彼女の名はゆき。直紀のかつての愛人であり、由布子の姉なのだ。この姉は、はるばる訪ねてきた妹にも会えぬ境遇に絶望していた。直紀はゆきを今でも愛していたが、そのうえ、妹の由布子まで好きになってしまっていた。由布子は再びゆきに会った。さりげない会話を交しながら、由布子は心の中で“もしや姉では”と叫んでいた。この日ゆきが失踪した。ギャングのボスの手が八方にゆきを追った。ゆきはマニラに行ったと直感した直紀は由布子とともにあとを追った。警察から水死体発見の知らせがあった。悲しい予感が的中した。ひとにぎりの愛さえ知らずに死んだ姉。由布子は夕陽が真紅に染めるマニラ湾に向って花束を投げながら、耐えていた悲しみが憤き上げてくるのを感じた。


尾崎奈々                         入川保則

渚まゆみ                     石坂浩二、吉永小百合

題名:風の慕情
監督:中村登
製作:樋口清
脚本:橋田寿賀子
撮影:竹村博
照明:飯島博
録音:田中俊夫
調音:松本隆司
美術:横山豊
装置:川添善治
衣裳:東京衣装 衣装デザイン(吉永小百合):春日潤子
編集:浦岡敬一
音楽:いずみたく
現像:東洋現像所
製作主任:沼尾鈞
監督助手:広瀬穣
制作協力:フィリピン航空
スチール:久保哲男
出演:吉永小百合、石坂浩二、森次浩司(森次晃嗣)、渚まゆみ、入川保則、尾崎奈々、香山美子
1970年日本・松竹大船撮影所/シネスコサイズ・カラー93分35mmフィルム
風の慕情 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


石坂浩二、吉永小百合