映画「ジャコ萬と鉄」


高倉健                               丹波哲郎

今回は深作欣二監督1963年製作「ジャコ萬と鉄」をピックアップする。
本作は1949年に東宝で制作(監督:谷口千吉 主演:三船敏郎)した同名映画のリメイクである。
ロケーション撮影は、積丹半島の島武意海岸で行ったそうだ。


山形勲                              南田洋子、大坂志郎

【ストリー】
終戦後間もない北海道カムイ岬、九兵衛一家は前科者の多い出稼漁夫を使ってぼろい儲けをしていた。ある日出稼漁夫を相手に暴れまわる片目の男をみて九兵衛(山形勲)はガク然とした。ジャコ萬(丹波哲郎)というその男はかつて九兵衛に船を盗まれソ連に抑留されたのだ。復讐に燃えるジャコ萬の出現に困り果てる一家の許へ、嵐の海へ行方不明となっていた九兵衛の息子鉄(高倉健)が舞い戻って来た。ジャコ萬と鉄、荒くれ者の二人はことごとく対決したが、鉄はジャコ萬から父が船を盗んだ事を知らされ愕然とした。そんな時、ジャコ萬を追いかける女ユキ(高千穂ひづる)があらわれた。邪険にあつかうジャコ萬に、鉄は何かと親切に番屋で雇ってやるのだった。業つくばりの九兵衛と出稼漁夫の間は決してうまく行ってなかった。大時化の夜一向に歩を出さない九兵衛に出稼漁夫はストライキを起こした。たかをくくっていた九兵衛も一同を代表して鉄が割増金を要求したのを見て、要求をのむしかないと悟った。ニシンの大群を前にして、驚喜して浜へ走る漁夫を後にジャコ萬は九兵衛の前に立ち塞がった。鉄がその危機の中に割って入った。出稼漁夫の乗る船の元網を切ろうとするジャコ万、それをさせじとする鉄。乱闘は続いた。が、力強いかけ声の響く中、ジャコ萬の復讐心は次第に消えていくのだった。そんな「ユキと一緒にほっ建て小屋でも建てろよ」と札束を放り投げる鉄は、またさびしく海へ出ていった。


江原真二郎                            高千穂ひづる

題名:ジャコ萬と鉄
監督:深作欣二
企画:関政次郎、植木照男
原作:梶野悳三「鰊漁場」
脚本:黒澤明、谷口千吉
撮影:坪井誠
照明:原田政重
録音:廣上益弘
美術:近藤照男、中村修一郎
編集:長沢嘉樹
音楽:佐藤勝
現像:東映化学
製作主任:内田有作
助監督:野田幸男
スチール:藤井善男
出演:高倉健、丹波哲郎、山形勲、江原真二郎、南田洋子、高千穂ひづる、大坂志郎、入江若葉、渡辺粂子
1963年日本・東映/シネスコサイズ・モノクロ99分35mmフィルム
ジャコ萬と鉄 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山形勲、渡辺粂子                           ジャコ萬と鉄

入江若葉                             高倉健

映画「日本侠客伝 浪花篇」


鶴田浩二                     高倉健、長門裕之

今回のマキノ雅弘監督1964年製作「日本侠客伝 浪花篇」は、東映京都太秦撮影所で撮られた「日本侠客伝」シリーズ第2作になる。高倉健さんの人気を決定的なものにした東映任侠映画長期シリーズの草分け的存在「網走番外地」「昭和残侠伝」と並ぶ代表的シリーズだ。今回は大阪を舞台に “いなせ”の世界に生きる堅気の職人や博徒と、彼らを脅かす新興やくざや悪徳業者” との対立がドラマの主軸となり、主人公の高倉健さんは、ヤクザの本道を守る任侠の士として敵対する組織と闘う。


村田英雄                       八千草薫

【ストリー】
大正8年。横浜日東組の代貸し藤川宗次(高倉健)は、作業中に事故死した仲仕の弟勝男の骨を受け取りに大阪の浪花運送へやってきた。浪花運送は大坂南の博徒新沢一家が経営する荷受業で、社長の黒木(天津敏)は仲仕を借金で縛りへ牛馬のようにこきつかっていた。仲仕寅松(長門裕之)からその非道振りを訴えられた藤川は、黒木を痛めつけた。怒った新沢(大友柳太朗)は子分たちに藤川の後を追わせた。そんな藤川を救ったのは荷受業者半田(内田朝雄)とその弟分和田島(村田英雄)であった。半田たちの仕事を奪おうとする新沢は、半田の下に逃げこんだ藤川を利用して、いやがらせを始めた。だが太腹の半田は、そんなことには動じなかった。そんなとき海軍大演習に向う石炭輸送船が機関の故障で大坂港へ寄港し、半田組はその陸送を請け負った。いやがらせでは動ぜぬと見た新沢は、仲仕たちを一人拾円というケタ違いの日当で売収した。約束の時限は迫り、少人数で陸揚げする半田や和田島は窮地にたった。がこれを知った藤川は仲仕たちに新沢の謀略を説いてまわった。仲仕たちもこれにめざめ、金をたたき返すと藤川の後に続いた。作業は無事終った。しかしその夜、和田島は闇討にあい殺された。そんな時、新沢組の代貸し冬村(鶴田浩二)が刑を終えて出所した。冬村は組の横暴を認め、この結着は必ずつけると約束して、いきりたつ藤川を押えた。だが遊廓に働く冬村の女房千代(南田洋子)はいまでは新沢に身うけされ、新沢も冬村に冷かった。一方、子分寅松と恋人おしん(八千草薫)を添わせようと送りだした藤川のもとに、数日後寅松が死体となって送り返されてきた。おしんを横恋姦する黒木の子分金山(関山耕司)の仕業だった。怒りにふるえる藤川は単身新沢組に向った。が、そこはすでに屍の山であった。新沢に裏切られ、さらに寅松殺しにまきこまれて千代をも失った冬村の怒りの後であった。警察の包囲する中で二人は互いの心に温いものが通い合うのを感じていた。


鶴田浩二、南田洋子              高倉健、八千草薫、長門裕之

題名:日本侠客伝 浪花篇
監督:マキノ雅弘
企画:俊藤浩滋、日下部五朗
脚本:野上龍雄、笠原和夫、村尾昭
撮影:三木滋人
照明:増田悦章
録音:墨関治
美術:富田治郎
装置:前川宗太郎
装飾:松原邦四郎
美粧:佐々木義一
結髪:西野艶子
衣装:三上剛
技斗:谷俊夫
記録:国定叔子
編集:河合勝巳
音楽:齋藤一郎
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学工業
製作主任:並木正夫
助監督:篠塚正秀
スチール:佐野秀雄
出演:鶴田浩二、高倉健、村田英雄、大友柳太郎、里見浩太郎、長門裕之、内田朝雄、南田洋子、八千草薫、五月みどり、天津敏、入江若葉、関山耕司、藤山寛美
1965年日本・東映京都/シネスコサイズ・カラー98分35mmフィルム
日本侠客伝 浪花篇 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


里見浩太郎、内田朝雄                 五月みどり

日本侠客伝 浪花篇