映画「花と嵐とギャング」


「花と嵐とギャング」高倉健

高倉健                         鶴田浩二

今回は石井輝男監督1961年製作「花と嵐とギャング」をピックアップする。
本作は、1961年に新東宝が倒産した事で東映に移籍した石井輝男監督の第一作になる。新東宝で「女王蜂の怒り」「女王蜂と大学の竜」などの”女王蜂シリーズ”や「黒線地帯」「黄線地帯」「セクシー地帯」などの”地帯(ライン)シリーズ”などで磨き上げたキレのいい演出が継承されている。


「花と嵐とギャング」小宮光江

小宮光江                         新井茂子、清川虹子、小川守 

【ストリー】
母親をはじめ子供達全部が悪の世界で暮らしている悪党一家があった。母親まさ(清川虹子)は安宿を経営しているが、裏では凄腕の女傑で通っている。長男は香港ジョー(鶴田浩二)の異名をとる国際的大物。長女佐和(小宮光江)は女ながらも前科者、それにスマイリー健(高倉健)という河北組の兄貴株で刑務所帰りを亭主にしているこれまた大変な女。次男正夫(小川守)でさえ一ぱしやくざを気取っている。河北組のツンパの山藤(沖竜次)は、健を蹴落そうと銀行ギャングを計画、その指揮を健に指名した。健は厭がる正夫と、犬猿の仲の殺し屋、楽隊(江原真二郎)とウィスパー(曽根晴美)、それに権爺(打越正八)を加えて綿密な作戦をたてた。銀行ギャングは見事成功するが、そのドサクサにまぎれてウイスパーは、楽隊を撃って逃走した。楽隊は警察病院に収容され一命をとりとめるが、ウイスパーを狙って病院を脱走した。紙弊ナンバーが知られた札とあって、山藤は、略奪金をドルと交換に出かけるが香港ジョーに奪われてしまった。その頃、河北組組長(佐々木孝丸)の暗殺命令を正夫が拒否したため、佐和は正夫がもどってくるための人質となった。正夫は恋人の圭子(新井茂子)とある牧場に隠れていた。それを知った河北組は、山藤、ウイスパーが健を監視して牧場に乗りこんだ。牧場には正夫の身を案じた香港ジョーが、一足先に潜入していたが、佐和の身を思う健はジョーにまで拳銃を向けた。組長の秘密命令を持つウイスパーは、ジョー、正夫もろともに健まで葬り去ろうとした一瞬、突如、楽隊が出現、ウイスパーは倒された。そのすきをみて三兄弟は協力して射ちまくった。三人三様の見事なガンさばきは、山藤達を圧倒、断崖に追いつめられた山藤は、ジョーから取り返した略奪金を手にしたまま谷底に滑り落ちていった。


江原慎二郎                      曽根晴美、小宮光江

題名:花と嵐とギャング
監督:石井輝男
企画:斎藤安代、吉田達
原作:藤原審爾「花と嵐とギャング」
脚本:佐治乾
撮影:星島一郎
照明:原田政重
録音:小松忠之
美術:近藤照男
編集:鈴木寛
音楽:三保敬太郎
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学(ノンクレジット)
進行主任:白浜汎城
助監督:鷹森立一
スチール:山守勇
出演:高倉健、鶴田浩二、江原慎二郎、曽根晴美、小宮光江、新井茂子、小川守、佐々木孝丸、清川虹子、山本麟一、沖竜次、八代万智子、八名信夫、打越正八、鈴木志郎、潮健児、愛川かおる
1961年日本・ニュー東映(東京撮影所)/シネスコサイズ・モノクロ83分35mmフィルム
花と嵐とギャング -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


小宮光江                        高倉健

映画「大いなる旅路」


三國連太郎                 風見章子、三國連太郎、小宮光江

今回は関川秀雄監督1960年製作「大いなる旅路」をピックアップする。
本作は国鉄機関士の青年が、壮年まで家族と共に歩んだ30年を描いた作品だ。当時の東映社長であった大川博氏は、国鉄OBだった事もあり、自ら企画をしたそうだ。その結び付もあって蒸気機関車の脱線シーンは、盛岡鉄道管理局長の立会いで実車を脱線転覆させて撮影を行ったというから凄い。東映は国鉄から、鉄道機関士の真摯な生き方を描く作品であると評価され表彰を受けたが、その後の「新幹線大爆破」で信頼・協力関係を失ったそうだ。


国鉄8620形蒸気機関車の脱線シーン      ※ミニチュアやCGではない実写撮影

【ストリー】
大正末期の北国。吹雪をついて機関車が進む。轟音を発し、なだれを浴びた機関車は断崖に転落した。橋本機関手(河野秋武)の助手をつとめていた岩見浩造(三國連太郎)にとって、この事件は、彼の一生を決定した。列車の安全運転に生涯をかけようというのだ。浩造には佐久間太吉(加藤嘉)という親友がいた。二人は東鉄教習所の試験を受けた。失敗した浩造は、黙々と山間の機関士を務めた。その間、石巻の漁師の娘ゆき子(風見章子)と結婚、長男忠夫(南廣)が出生した。世の中は満洲事変、日支事変、やがて大東亜戦争へと移り変った。家族は次男静夫(高倉健)、三男孝夫(中村賀津雄)、長女咲子(小宮光江)と増えた。父と同じ盛岡機関区に勤務する忠夫は出征した。静夫は東鉄教習所に見事パス。父の運転する列車で東京へ向った。孝夫は予科練に入隊した。その頃、忠夫の戦死公報が入った。咲子は親の反対を押切って、徴用工田辺(長谷部健)と家を出た。浩造とゆき子には心痛が続いた。静夫は太吉の娘芳江(八代万智子)と結ばれ、久しぶりに明るい表情が浩造夫婦に戻った。昭和30年。浩造の機関士生活も30年を教え、髪も雪のように白くなった。田辺に捨てられた咲子も名古屋の製材所で働く神崎(山本麟一)との新生活に再出発した。東京に出たまま行方がわからなかった孝夫が戻って来た。彼はみるかげもなくやつれ、数日後、短い一生を終った。新橋駅長になって帰郷した太吉は、浩造と想い出の岩手山を訪れた。鉄道記念日の日、浩造は国鉄から功績章を受けた。晴れの授賞の日に老妻ゆき子と二人で盛岡を出発した。功績章を胸につけた浩造は、ゆき子と静夫の運転する“こだま”に乗って名古屋に向った。そこには元気な咲子が待っていた。鉄道生活30年、雪と汗と油にまみれた。喜びも悲しみも機関手一筋に生き、鉄路を愛してきた浩造を、故郷の山河は暖く迎えた。そして明日への決意を新たにした。


高倉健                       中村賀津雄

題名:大いなる旅路
監督:関川秀雄
企画:岡田寿之、斎藤安代、加茂秀男
製作:大川博
脚本:新藤兼人
撮影:仲沢半次郎
照明:銀屋謙蔵
録音:廣上庄三
美術:森幹男
編集:長沢嘉樹
音楽:斎藤一郎
製作主任:山下明
助監督:梨岡元
出演:三國連太郎、高倉健、南廣、中村賀津雄、梅宮辰夫、風見章子、加藤嘉、小宮光江、八代万智子、利根はる恵、河野秋武、東野英治郎、日高澄子、山本麟一、長谷部健
1960年日本・東映/シネスコサイズ・モノクロ95分35mmフィルム
大いなる旅路 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

大いなる旅路
八代万智子、加藤嘉                  八代万智子

三國連太郎 (国鉄8620形蒸気機関車を運転)        高倉健 (国鉄151系こだま号を運転)

大いなる旅路」国鉄8620形蒸気機関車

大いなる旅路」国鉄151系こだま号

三國連太郎、風見章子                大いなる旅路

映画「不良番長 一攫千金」


「不良番長 一攫千金」谷隼人、梅宮辰夫

山城新伍、谷隼人、梅宮辰夫、鈴木ヤスシ           大信田礼子

今回は野田幸男監督1970年製作「不良番長 一攫千金」をピックアップする。
本作は、梅宮辰夫さん主演の不良番長シリーズ第7弾になる。
第7作にもなると、そこそこの興行収入がないと持続しないのがプログラムピクチャーズの常だが、人気があったのだろう。
パターン化したラストのどこからともなく出てくるシュマイザー自動機関銃と大砲は、パロディとしか言いようがないが、どことなく見てしまう。これが人気を維持した感覚かもしれない。


夏珠美                                                                中田博久、 菅原文太

【ストリー】
カポネ団・神坂(梅宮辰夫)とタニー(谷隼人)の思いついた新商売は、風俗嬢相手のマッサージ師。この珍商売順調なスタートで大阪から上京したスタミナ五郎(山城新伍)も仲間に加わった。3人はホステス引き抜き作戦を開始したが、大倉組の経営するキャバレーに手を出し、睨まれてこの仕事も行き詰り。メンバー不足に困っていた神坂等は、桃代(大信田礼子)、ジャブ(鈴木ヤスシ)、バイキング(団巌)、生活(田中春男)、ブラン子(夏珠美)を仲間に加えた。そして、ブラン子が海洋タイムズ社社長・緑川(富田仲次郎)から盗んだ汚職のからむテープをネタに、神坂等はその声主の東亜船舶社長、酒井(佐々木孝丸)と旭造船技術重役三浦(山本麟一)相手のどでかい仕事に取りくんだ。一方、緑川ら3人はテープをとり戻すよう大倉組に依頼、そのため、桃代が殺された。その夜神坂は少年院時代の仲間で今は大倉組の客分、桐原(菅原文太)に再会。桐原はこの一件から手を引くよう迫るが、神坂は拒否した。神坂は海洋タイムズの脱税を密告、緑川、安田(北川恵一)は警察に連行された。神坂のためにさんざんな酒井、大倉はブラン子をリンチ、さらにカポネ団のアジトを襲撃、生活、バイキングを殺した。その死体の前で、復讐を誓った神坂等4人は寝返った桐原の加勢を得て、酒井、大倉をマシンガンのえじきにした。


田中春男                                                            不良番長 一攫千金

題名:不良番長 一攫千金
監督:野田幸男
企画:矢部恒、吉田達
脚本:山本英明、松本功
撮影:飯村雅彦
照明:川崎保之丞
録音:内田陽造
美術:藤田博
装置:石井正男
装飾:田島俊英
擬斗:日尾孝司
記録:高津省子
編集:田中修
音楽:八木正生 主題歌:梅宮辰夫「番長 シャロック」
現像:東映化学
製作主任:坂上順
助監督:深町秀熙
スチール:遠藤努
出演:梅宮辰夫、大信田礼子、夏珠美、菅原文太、谷隼人、山城新伍、鈴木ヤスシ、田中春男、八代万智子、和田アキ子、黒沢のり子、団巌、由利徹、山本麟一、須賀不二男、富田仲次郎、佐々木孝丸、北川恵一、小林千枝、大泉滉、小林稔侍、和田アキ子
1970年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
不良番長 一攫千金 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


谷隼人、梅宮辰夫、山城新伍、鈴木ヤスシ

1 2 3