映画「花と嵐とギャング」


「花と嵐とギャング」高倉健

高倉健                         鶴田浩二

今回は石井輝男監督1961年製作「花と嵐とギャング」をピックアップする。
本作は、1961年に新東宝が倒産した事で東映に移籍した石井輝男監督の第一作になる。新東宝で「女王蜂の怒り」「女王蜂と大学の竜」などの”女王蜂シリーズ”や「黒線地帯」「黄線地帯」「セクシー地帯」などの”地帯(ライン)シリーズ”などで磨き上げたキレのいい演出が継承されている。


「花と嵐とギャング」小宮光江

小宮光江                         新井茂子、清川虹子、小川守 

【ストリー】
母親をはじめ子供達全部が悪の世界で暮らしている悪党一家があった。母親まさ(清川虹子)は安宿を経営しているが、裏では凄腕の女傑で通っている。長男は香港ジョー(鶴田浩二)の異名をとる国際的大物。長女佐和(小宮光江)は女ながらも前科者、それにスマイリー健(高倉健)という河北組の兄貴株で刑務所帰りを亭主にしているこれまた大変な女。次男正夫(小川守)でさえ一ぱしやくざを気取っている。河北組のツンパの山藤(沖竜次)は、健を蹴落そうと銀行ギャングを計画、その指揮を健に指名した。健は厭がる正夫と、犬猿の仲の殺し屋、楽隊(江原真二郎)とウィスパー(曽根晴美)、それに権爺(打越正八)を加えて綿密な作戦をたてた。銀行ギャングは見事成功するが、そのドサクサにまぎれてウイスパーは、楽隊を撃って逃走した。楽隊は警察病院に収容され一命をとりとめるが、ウイスパーを狙って病院を脱走した。紙弊ナンバーが知られた札とあって、山藤は、略奪金をドルと交換に出かけるが香港ジョーに奪われてしまった。その頃、河北組組長(佐々木孝丸)の暗殺命令を正夫が拒否したため、佐和は正夫がもどってくるための人質となった。正夫は恋人の圭子(新井茂子)とある牧場に隠れていた。それを知った河北組は、山藤、ウイスパーが健を監視して牧場に乗りこんだ。牧場には正夫の身を案じた香港ジョーが、一足先に潜入していたが、佐和の身を思う健はジョーにまで拳銃を向けた。組長の秘密命令を持つウイスパーは、ジョー、正夫もろともに健まで葬り去ろうとした一瞬、突如、楽隊が出現、ウイスパーは倒された。そのすきをみて三兄弟は協力して射ちまくった。三人三様の見事なガンさばきは、山藤達を圧倒、断崖に追いつめられた山藤は、ジョーから取り返した略奪金を手にしたまま谷底に滑り落ちていった。


江原慎二郎                      曽根晴美、小宮光江

題名:花と嵐とギャング
監督:石井輝男
企画:斎藤安代、吉田達
原作:藤原審爾「花と嵐とギャング」
脚本:佐治乾
撮影:星島一郎
照明:原田政重
録音:小松忠之
美術:近藤照男
編集:鈴木寛
音楽:三保敬太郎
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学(ノンクレジット)
進行主任:白浜汎城
助監督:鷹森立一
スチール:山守勇
出演:高倉健、鶴田浩二、江原慎二郎、曽根晴美、小宮光江、新井茂子、小川守、佐々木孝丸、清川虹子、山本麟一、沖竜次、八代万智子、八名信夫、打越正八、鈴木志郎、潮健児、愛川かおる
1961年日本・ニュー東映(東京撮影所)/シネスコサイズ・モノクロ83分35mmフィルム
花と嵐とギャング -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


小宮光江                        高倉健

映画「関東緋桜一家」



藤純子                        鶴田浩二

今回はマキノ雅弘監督1972年製作「関東緋桜一家」をピックアップする。
本作は、最後のプログラムピクチャーといえる東映任侠映画スター藤純子さんの引退記念映画(東映専属で90本の映画に出演)であり、1960年「八州遊侠伝 男の盃」でデビュー時のマキノ雅弘監督作品で締めくくっている。共演は、片岡千恵蔵、嵐寛寿郎、鶴田浩二、若山富三郎、高倉健、菅原文太といった当時の東映スター俳優、藤山寛美、水島道太郎、木暮実千代、南田洋子、長門裕之、待田京介、金子信雄といったベテラン俳優が脇を固め、東映オールスターキャストで製作された。またマキノ雅弘監督も本作を最後にテレビ映画以外の劇場用映画の演出からは完全に引退し、このフィナーレとともに任侠路線も終焉を迎えた。

【追記・訃報】
「鬼龍院花子の生涯」や「極道の妻たち」シリーズなど数多くのヒット映画を世に送った東映京都撮影所の名プロデューサー、日下部五朗(くさかべ・ごろう)氏が2020年2月7日に腎不全のため死去した。2月18日、東映が発表した。85歳。岐阜県生まれ。葬儀は家族のみで営まれた。日下部氏は早稲田大学卒業後に東映に入社。1963年「変幻紫頭巾」でデビュー。「緋牡丹博徒」などの任(人ベンに峡の旧字体のツクリ)ものから、「柳生一族の陰謀」などの大型時代劇まで130本を超える映画をプロデュースした。主な作品に「陽暉楼」「肉体の門」「寒椿」「藏」などがある。また、今村昌平監督がメガホンをとった「楢山節考」は83年のカンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを獲得した。(本作で企画担当)
2/18(火) 14:04配信 スポニチアネックス


片岡千恵蔵                      高倉健

【ストリー】
明治末頃--柳橋一帯の町内頭で鳶「に組」の副組頭の河岸政の娘・芸者鶴次(藤純子)はその美貌と男まさりの侠気と、幼い頃から呑竜(若山富三郎)という北辰一刀流の達人で講釈師から学んだ剣術で評判を呼んでいた。鶴次には「に組」の組頭吉五郎(片岡千恵蔵)の一人息子である纒持信三(高倉健)という末を誓い合った男がいたが、信三は彼女に酔ってからんだヤクザ数人と乱斗し、その中の一人をあやめてしまったことから旅に出てしまった。その頃、日本橋の博徒新堀一家の客分である、刑事くずれの博徒鬼鉄(遠藤辰雄)が、柳橋で賭場を開き、河岸政(水島道太郎)が世話になってる旦那衆から金や財産を捲き上げたことから、いざこざが起こるようになった。新堀一家の親分辰之助(嵐寛寿郎)と河岸政とは兄弟分であり、柳橋では賭場は開かないという約束が二人の間でかわされていたが、床に伏せている辰之肋をよいことに、代貸の中州の常吉と鬼鉄は河岸政の縄張りに目をつけ、その拡張を計っていたのだ。一挙に勢力拡大を狙う鬼鉄、その身内の大寅(天津敏)、小寅(山本麟一)は、河岸政を大川端に襲って暗殺した。鶴次の決意と「に組」小頭由次郎の力添えによって、女であるからという頭取衆の反対を説き伏せて、鶴次が父の跡目をついだ。ある夜、独り大川河岸を歩く鶴次に大寅達がまたも襲いかかった。数人を叩き伏せたが、進退きわまった鶴次を渡世人風の男が救った。それは河岸政の悲報を開いて九州から帰った信三だった。一方、鶴次暗殺に失敗した鬼鉄は、バカ熊(汐路章)に命じて、割烹旅館金柳館に火を放った。「に組」の消火作業で金柳館は一部を焼失しただけで済み、信三はバカ熊を捕えた。鶴次は、鬼鉄に奪われた金柳館の権利証とバカ熊を賭けた勝負を挑んだ。鬼鉄は、新堀一家に草鞋を脱いだばかりの客人旅清(鶴田浩二)をたて挑戦を受けた。鶴次の心意気を察した旅清は勝を譲った。それからしばらくして辰之助が後事を、義兄弟旅清に託して息を引きとった。一方、銀次が、廓に売られ入水自殺を計ったお志乃(南田洋子)とその子供を救ったことから、お志乃は鬼鉄の妾であることが判明し、引き渡しを迫る鬼鉄と、母子をかばう銀次の対立は激しさを増した。だが、吉五郎の仲裁によって鬼鉄の野望は消えたかに見えたが、吉五郎と呑竜は鬼鉄の闇打ちにあい死んだ。喧嘩仕度で湧き立つ鬼鉄一家。新堀一家を引き連れて助っ人に向おうとした常吉の前に立ち塞がった旅清は、常吉の白刃を腹に受けながら叩き斬った。父のかたみの手カギを手に、鬼鉄の賭場に向う鶴次と信三、そして腹にサラシを巻いた旅清。三人を前に鬼鉄達は倒れた。しかし、最後の力をふり絞った旅清は、鶴次と信三に見とられ息を引き取った。


菅原文太                      嵐寛寿郎

藤山寛美                   木暮実千代、藤純子

題名:関東緋桜一家
監督:マキノ雅弘
企画:俊藤浩滋、日下部五朗、武久芳三
製作:岡田茂
脚本:笠原和夫
撮影:わし尾元也
照明:増田悦章
録音:渡部芳丈
美術:富田治郎
装置:稲田源兵衛
装飾:山田久司
美粧・結髪:東和美粧
衣装:松田孝
技斗:上野隆三
振付:藤間勘三郎
記録:牧野淑子
編集:宮本信太郎
音楽:木下忠司
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:渡辺操
助監督:清水彰
演技事務:伊駒実麿
スチール:木村武司
出演:藤純子(富司純子)、鶴田浩二、高倉健、若山富三郎、菅原文太、片岡千恵蔵、嵐寛寿郎、藤山寛美、渡瀬恒彦、木暮実千代、金子信雄、待田京介、伊吹吾郎、山城新伍、水島道太郎、八名信夫、遠藤辰雄、天津敏、山本麟一、長門裕之、南田洋子、工藤明子、潮健児、石山律三郎、汐路章
1972年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー102分35mmフィルム
関東緋桜一家 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


潮健児、南田洋子、待田京介             金子信雄

「関東緋桜一家」東映京都撮影所オープンセット

関東緋桜一家

「関東緋桜一家」マキノ雅弘監督

映画「やくざと抗争 実録安藤組」


安藤昇                        藤浩子

今回は佐藤純彌監督1973年製作「やくざと抗争 実録安藤組」をピックアップする。
前作「やくざと抗争」が予期せぬヒットを記録し、岡田茂東映社長が続編の製作を命じ「やくざと抗争 実録安藤組」というタイトルを付けた。安藤昇氏の原作・主演の第二弾であるが、「安藤組」が結成されるまでの自伝映画は、本作が初めてで、いわゆる“実録安藤組”シリーズの第一作であった。以降、東映は”実録”作品を量産することになる。


安藤昇、佐藤蛾次郎、安岡力也           室田日出男、内田朝雄

【ストリー】
昭和24年、渋谷。制帽をあみだにかぶり、学生服をラフにひっかけた大学生・矢頭(安藤昇)をリーダーとするチンピラたちと、愚連隊・ドス健(山本麟一)、橋場組は顔を合わせると喧嘩の毎日だった。そしてある日、矢頭はドス健に顔面深く斬り裂かれる。傷の痛みをこらえて歩き廻っていた矢頭は、幼な馴染みの早苗(藤浩子)と会い、看護を受ける。傷の癒えた矢頭は、橋場の兄弟分でもある児島(丹波哲郎)の仲裁を無視して、ドス健を襲い、仲間の三吉(佐藤蛾次郎)がドス健を殺してしまった。児島の助力も得て勢いづいた矢頭は次第に仲間を増し、橋場組の縄張りを侵略していき、ついに、橋場(諸角啓二郎)を殺し、縄張りを手中に収めた。そんな矢頭に関東桜会の榊原(内田朝雄)と大幹部・蓮見(渡辺文雄)が接近してきた。榊原は渋谷に進出するために、実子の勇吉(郷鍈治)を矢頭の兄弟分にしようと企だてたのである。それと知った矢頭は、地元の十文字一家と関東桜会を鉢合せさせようと画策する。まず、勇吉を痛めつけ、その身柄を十文字一家へ持ち込んだ。そして一方では関東桜会へ通報したのである。やがて矢頭にたぶらかされた大文字一家は関東桜会へ殴り込みをかけ、全滅してしまった。やがて、児島が現われ、矢頭に桜会との手打ちの話を持ってきた。その条件とは渋谷の縄張りを矢頭たちが仕切るというのである。ここに渋谷矢頭「安藤組」が結成されたのであった。


丹波哲郎                    安岡力也、江守徹、小林稔侍

題名:やくざと抗争 実録安藤組
監督:佐藤純彌
企画:俊藤浩滋、吉田達
原作:安藤昇
脚本:石松愛弘
撮影:仲沢半次郎
照明:川崎保之丞
録音:内田陽造
美術:中村修一郎
装置:石井正男
装飾:住吉久食蔵
美容:花沢久子
衣裳:内山三七子
擬斗:日尾孝司
記録:高津省子
編集:長沢嘉樹
音楽:日暮雅信 主題歌:安藤昇「血と命」「明日はない」
現像:東映化学
進行主任:入葉一男
助監督:深町秀煕
演技事務:石川通生
スチール:加藤光男
出演:安藤昇、藤浩子、丹波哲郎、佐藤蛾次郎、郷鍈治、安岡力也、深江章喜、内田朝雄、江守徹、山本麟一、諸角啓二郎、渡辺文雄、松井康子、今井健二、室田日出男、小林稔侍、八名信夫、小林千枝、相馬剛三
1973年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー94分35mmフィルム
やくざと抗争 実録安藤組 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


やくざと抗争 実録安藤組

1 2 3 8