映画「大奥十八景」

大奥十八景大奥十八景
勝野洋                          辻沢杏子

今回は鈴木則文監督1986年製作「大奥十八景」をピックアップする。
“摩訶絶品、世紀末風エロス・スペクタクル大作!”と銘打たれた本作は、南原幹雄氏の同名小説を映画化したものだが、大奥なのに絢爛さがなく、濡れ場はそこそこあるが物足りないのだ。この時代になると70年代の東映パワーは、減衰していると思われる作品だった。

大奥十八景大奥十八景
新藤恵美                        あおい輝彦

【ストリー】
延宝7年の頃、武蔵野の山野で鷹狩りをしていた四代将軍、家綱(あおい輝彦)は、貧しい農家の娘おなつ(伊織祐未)を見染めた。家綱に力ずくで凌辱された彼女は、大奥に召し上げられあでやかなお手付中臈に変身した。家綱は未だに世継ぎに恵まれていなかったため、大奥総取締り役の年寄り、姉小路の局(新藤恵美)は、おなつに期待をこめて性教育をする。お手付中臈、おみの(山本奈津子)が妊娠した。大奥は待望の世継ぎ懐妊と色めきたったが、おみのが宿した子は市井の下賎の男のものだった。おみのは炎の間に閉じ込められ、半裸にむかれて陰惨な私刑を浴びた。息絶えだえのおみのから、同じお手付中臈、おすみ(辻沢杏子)は、家綱に子種がないと確信した姉小路が、おみのに他の男の種を宿させ世継ぎ懐妊をふれまわったことを知った。おみのは自害した。恐ろしくなったおすみは江戸城を出、産婦人科を営む初恋男性、中条源四郎(勝野洋)の住む裏長屋に逃げ込んだ。一方、世継ぎもままならぬ家綱の焦りは頂点に達し、女漁りは激しさを加え、遂には湯殿でお末女中、よしの(野村真美)を抱きすくめた。以後、家綱はよしのに溺れた。やがて、家綱が急死し、綱吉(宮内洋)が五代将軍の座についた。そんなある日、源四郎は老中、堀田正俊(中野誠也)に呼び出され、意外な頼みを持ちかけられた。それは亡き家綱の胤を宿した側妾が一人だけ居るが、その女を探し出し胎児を闇に葬れとのことだった。そして、源四郎が断るならばおすみとその家族を処刑に処するという。源四郎は性の営みに及ぶとき、麝香の匂いを放つというその女性探しを手下の巾着切り、隼の完次(ベンガル)に頼んだ。家綱の寵愛を受けた中臈たちは、追放されて探すすべもないが、桜田御用屋敷に気のふれたおなつをはじめ5人ほど預けられていた。源四郎と完次は屋敷に忍び込み、一人一人に接触するが徒労に終った。源四郎は大奥に潜入し、秘術を尽して姉小路を責め麝香の女の名を聞きだした。それはよしのだった。よしのは郷里、若狭でひっそりと暮らし玉のような男の子を産んでいた。自分の命に替えても我が子を守ろうとするよしのに、源四郎はきっぱりと役目を捨てるのだった。

大奥十八景大奥十八景
絵沢萠子、伊織祐未                    ベンガル、勝野洋

題名:大奥十八景
監督:鈴木則文
企画:佐藤雅夫
製作:厨子稔雄、豊島泉、横溝重雄
原作:南原幹雄「大奥十八景」
脚本:志村正浩、鈴木則文
撮影:北坂清
照明:安藤清人
録音:芝氏章
整音:荒川輝彦
美術:小林勝美
装置:和田順吉
装飾:長尾康久
背景:西村三郎
衣裳:森譲も豊中健
美粧:中村清和
結髪:福本るみ
配役:葛原隆康
擬斗:菅原俊夫
記録:中野保子
編集:荒木健夫
音楽:はる、佐久間正英 主題歌:はる「むらさき」音楽プロデューサー:高桑忠男
進行主任:宇治本進
現像:東映化学
助監督:藤原敏之
演技事務:寺内文夫
和楽:中元哲
絵画制作:白数徳郎
舞踊振付:藤間紋蔵
作法指導:春藤真澄
スチール:小原健志
出演:辻沢杏子、勝野洋、伊織祐未、あおい輝彦、新藤恵美、ベンガル、絵沢萠子、野村真美、三島ゆり子、山本奈津子、八神康子、美波千秋、森田水絵、渡辺良子、宮内洋、中野誠也
1986年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー115分35mmフィルム
大奥十八景 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

大奥十八景大奥十八景
大奥十八景
大奥十八景大奥十八景
辻沢杏子                        野村真美
大奥十八景大奥十八景
大奥十八景
大奥十八景大奥十八景
大奥十八景

映画「極道の妻たち」


「極道の妻たち」岩下志麻

かたせ梨乃                     世良公則

今回は五社英雄監督1986年製作「極道の妻たち」をピックアップする。
本作は家田荘子氏の原作ルポルタージュをベースにした新しいタイプの任侠映画として、極妻(極道の妻)に焦点を当てたヒットシリーズ第1作になる。

1986年「極道の妻たち(監督:五社英雄 主演:岩下志麻)」
1987年「極道の妻たちII(監督:土橋亨 主演:十朱幸代)」
1989年「極道の妻たち 三代目姐(監督:降旗康男 主演:三田佳子)」
1990年「極道の妻たち 最後の戦い(監督:山下耕作 主演:岩下志麻)」
※以降の主演は岩下志麻さん。
1991年「新極道の妻たち(監督:中島貞夫)」
1993年「新極道の妻たち 覚悟しいや(監督:山下耕作)」
1994年「新極道の妻たち 惚れたら地獄(監督:降旗康男)」
1995年「極道の妻たち 赫い絆(監督:関本郁夫)」
1996年「極道の妻たち 危険な賭け(監督:中島貞夫)」
1998年「極道の妻たち 決着[けじめ](監督:中島貞夫)」
※以降Vシネマとして、東映ビデオ制作で6作品が製作された。


世良公則、かたせ梨乃              岩下志麻、成田三樹夫

成田三樹夫、佳那晃子              世良公則、岩下志麻

【ストリー】
粟津環(岩下志麻)は堂本組若頭補佐で粟津組組長の妻である。気丈な彼女は、服役中の夫・等(佐藤慶)に変わり組を守っていた。ある日、環は貧しい工場を経営する父・保造(大坂志郎)と暮らす妹・真琴(かたせ梨乃)に縁談を持ちかけた。そんな時、堂本組総長が急死した。関西を拠点に全国的に勢力を持つ堂本組は、傘下組員二万人の暴力団で、粟津組はその直系である。堂本組の跡目相続人は、故人の遺言によって若頭の柿沼(岩尾正隆)に決定した。これを不満とする舎弟頭の蔵川(疋田泰盛)は、同補佐の小磯(成田三樹夫)らを引き連れて朋竜会を結成した。環はあくまで堂本に忠誠を尽し、小磯の誘いを拒否する。小磯は傘下系列の名古屋の杉田組組長の杉田(世良公則)に柿沼暗殺の指揮を命じた。
一方、アルバイト先のスナックで杉田にしつこく言い寄られていた真琴は、バカンスを楽しむグァム島で偶然、彼と再会。コテージで力ずくで抱かれた。杉田は兄弟分の川瀬組組長・川瀬(小松政夫)と共に柿沼暗殺のための拳銃の試射に来ていたのだ。帰国した真琴は、環に縁談を断りやくざと関係したことを告げた。ある日、柿沼が射殺された。すぐに、愛知県常滑市の暴力団員・川瀬が自首して出た。かひでそれを知った真琴は常滑へ向かう。杉田と真琴は、子分に囲まれながら結婚式を挙げる。だが、杉田は突然踏み込んで来た刑事たちに逮捕された。真琴のもとに、杉田が柿沼を射止めた拳銃が残された。ある夜、粟津組系組長の妻たちが集まる“懲役やもめの会”で、環が小磯系組員の襲撃を受けた。このまま抗争を続ければ、双方の組織が壊滅しかねないと案じた堂本の妻、絹江は関東から手打ちの仲介を頼むと環に告げる。環は小磯の妻、泰子(佳那晃子)の手を借りて小磯と会い、戦争終結を話し合った。一方、保釈となった杉田は、朋竜会解散の真偽を確めに大阪へ。家族と海水浴を楽しむ小磯の前で、自分の腹をドスで突き刺した。服役中の粟津が堂本の三代目に決定。大阪に戻った真琴は父親の死を知る。
真琴は環のもとで暮らし始めたが、ある朝、見張りの清野伴司(清水宏次朗)と出かけた際、杉田の子分、花田太市(竹内力)と再会した。杉田のもとへ行くという真琴を環は止める。激しい喧嘩の後、「今日限り、わてらは姉妹でない」と環は妹を送りだした。杉田と真琴の久方ぶりの逢瀬の際中、伴司が飛び込んで来て杉田を刺殺した。そして粟津の保釈の日、環や組員が見守るなか、粟津は太市によって殺された。


岩下志麻                     かたせ梨乃、岩下志麻

題名:極道の妻たち
監督:五社英雄
企画:日下部五朗、奈村協
原作:家田荘子
脚本:高田宏治
撮影:森田富士郎
照明:安藤清人
録音:荒川輝彦
美術:西岡善信、今井高瑞
装置:梶谷信男
装飾:窪田治
背景:西村三郎
美粧:田中利男
結髪:山田真佐子
衣装:黒木宗幸
技斗:土井淳之祐
配役:葛原隆康
記録:田中美佐江
編集:市田勇
音楽:佐藤勝
監督補佐:清水彰
助監督:比嘉一郎
スチール:北脇克巳
出演:岩下志麻、かたせ梨乃、佳那晃子、世良公則、成田三樹夫、清水宏次朗、藤間紫、松尾和子、竹内力、小松政夫、大坂志郎、円浄順子、春やすこ、内藤やす子、絵沢萌子、八神康子、汀夏子、鹿内孝、佐藤慶、岩尾正隆、疋田泰盛
1986年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー120分35mmフィルム
極道の妻たち -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


かたせ梨乃

極道の妻たち