映画「不良番長 のら犬機動隊」


梅宮辰夫、藤竜也                 八並映子、山城新伍

今回は野田幸男監督1972年製作「不良番長 のら犬機動隊」をピックアップする。
本作は、梅宮辰夫さん主演の不良番長シリーズ第14弾になる。共演者は、日活から藤竜也さんと深江章喜さん、大映からは 峰岸隆之介(峰岸徹)さんと八並映子さん、さらに東映ポルノ路線で人気絶頂だった池玲子さんが華を添えている。物語は、シリアスなハードボイルド色が強いという原点回帰になっている。



池玲子                       峰岸隆之介(峰岸徹)

【ストリー】
新宿を根城にした、不良番長グループ・カポネ団、番長・神坂(梅宮辰夫)を筆頭に、サブ(藤竜也)、ゼニ(峰岸隆之介)、ゴーカン(岡崎徹)、ギター(久保浩)、バクダン(誠直也)、コーラ(安岡力也)、三回戦(植田峻)、ガリ(八並映子)たちは、相変らず傍若無人に暴れまわっている。ある日、神坂は、ネリカン時代に知りあった西城(山城新伍)に再会した。西城は東京進出を企てていた。一方、カポネ団の横暴に暴力団、加納組の圧力がかかり始める。博奕場を開いていた空ビルは追立てをくい、麻薬をやると、風俗嬢圭子(池玲子)に横取りされるなど、やる事すべて裏目になってしまう。折りも折、神坂とサブは風俗嬢幹施の容疑で警察に逮捕される。ようやく出所した神坂は、この逆境にも圭子をくどき、豊満な肉体をむさぼりうそぶく。「俺たちゃ野良犬よ、暴力団相手だろうが、餌の匂いにゃ喰いつくのが身上だぜ」。はからずも藤村製薬が新型覚せい剤を製造している情報をキャッチした神坂は、カポネ団をあげてこの勝負に賭ける。先ずブツを横取し、藤村製薬をおどし、首尾よく3,000万円を獲得した。ところが、藤村(永井秀明)は、裏で加納組と結託して麻薬で莫大な利益を上げているのだ。当然の事ながら、加納組のカポネ団に対する執拗な復讐が始まる。加納(内田良平)は西城の女を押さえて、西条に神坂殺しを強制すると共に、サブを人質にする。対決する西条と神坂。その時分けて入って来たガリ。ガリは西城の妹だったのだ。サブと3,000万円の交換を要求する加納組。神坂は札束から一枚づつ札を抜き、150万円せしめ、交換に応じる。これで五分と五分、加納組の痛烈なカポネ団狩りが始まった。ゴーカン、ギター、ガリと次々と殺されていく。妹を殺され敢然と立ち上がった西条も銃弾に倒れる。「バラバラじゃいけねえ。相手のラウンドだろうが、ここは一発勝負してやるぜ」残ったカポネ団残党は、ナチのシュマイザーを主力武器に最後の殴り込みをかけるのだった。戦いは終った。生き残ったのは神坂と圭子のたった二人。虚脱した二人は狂ったようにオートバイを飛ばす。神坂の手にした現金のつまったスーツケースの蓋が開いている、宙に舞い散る札。それとも知らぬ二人は、オートバイを走らせつづける。


今井健二                     内田良平、八名信夫

題名:不良番長 のら犬機動隊
監督:野田幸男
企画:吉田達
脚本:松本功、山本英明
撮影:稲田喜一
照明:川崎保之丞
録音:内田陽造
美術:藤田博
装置:吉田喜義
装飾:神谷好孝
美粧:入江荘ニ
美容:宮島孝子
衣裳:内山三七子
擬斗:日尾孝司
記録:山内康代
編集:長沢嘉樹
音楽:八木正生 挿入歌:久保浩「海にかえろう」
現像:東映化学
進行主任:坂上順
演技事務:山田光男
助監督:三堀篤
スチール:藤井善男
出演:梅宮辰夫、藤竜也、池玲子、八並映子、渡辺やよい、山城新伍、峰岸隆之介(峰岸徹)、深江章喜、安岡力也、久保浩、内田良平、今井健二、安部徹、八名信夫、植田峻、誠直也、岡崎徹、中田博久、久保浩、植田峻、永井秀明
1972年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー88分35mmフィルム
不良番長 のら犬機動隊 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


八並映子、藤竜也                     不良番長 のら犬機動隊

映画「監獄人別帳」


「監獄人別帳」渡瀬恒彦、大辻伺郎

渡瀬恒彦                        伊吹吾郎

今回は石井輝男監督1970年製作「監獄人別帳」をピックアップする。
殺し屋人別帳」に続く人別帳シリーズ第2弾(最終)の本作は、過酷な豪雪の北海道を舞台にした脱獄劇である。
内容の途中からは「網走番外地 望郷篇」とほぼ同じ展開になっている。


大辻伺郎、渡瀬恒彦                   佐藤允

内田良平                       上田吉二郎、大泉滉

【ストリー】
酷寒の網走刑務所。その中には傷害罪の橘真一(渡瀬恒彦)。悪徳警察署長・岩倉(沢彰謙)に殺された父親の復讐に失敗した殺人未遂罪の吉岡誠吉(佐藤允)。そのほか、無期徴役刑の阿久田老人(嵐寛寿郎)、殺人犯モンマルトルの鉄(伊吹吾郎)、夜這いの松こと浅吉(大辻伺郎)、牢名主の異名をとる放火ダルマの剛造(上田吉二郎)ら、様々な囚人の顔があった。温情な典獄長・月形(内田良平)は別として、所長の緒方(千葉敏郎)と典獄たちは囚人たちを虫けら同然に虐待し脱獄者は皆無だった。そんなある日、誠吉の弟秀(尾藤イサオ)と妹珠枝(賀川雪絵)が、送られてきた。真一は吉岡兄妹が仇と狙う岩倉が道庁の警視総監として赴任してきたことを知り、脱獄のチャンスをうかがった。やがて、好機到来。この脱獄に参加したのは吉岡三兄妹と真一、鉄、浅吉の6人。脱獄のベテラン鉄をリーダーに吹雪の中に出た一行だが、浅吉の密告で脱獄は失敗、そして二人ずつ手錠をかけられた。だが、この危機を救ってくれたのは阿久田老人だった。左足に銃弾をうけた鉄は自分の左腕を自ら切断、秀を単身逃がした。一方、真一と誠吉は一度は改心した浅吉の犠牲で危機を脱するが、執拗に迫りくる追手に万事休す。だが、片手の鉄の出現で再び窮地を脱するのだった。こうして脱獄に成功した誠吉と珠枝は目ざす岩倉の屋敷にのり込むが、多勢に無勢。しかし、吉岡兄妹の安否を気づかってやってきた真一と鉄の協力で形勢は逆転、岩倉邸は修羅場と化した。やがて鉄は口笛を残して死んでいった。逃げまどう岩倉を追いつめた真一は、誠吉に無事仇を、とらせてやった。そして、吹雪が冷く舞う中を刑務所へもどってゆく真一の姿があった。


清川虹子                        嵐寛寿郎

尾藤イサオ                                                           沢彰謙

題名:監獄人別帳
監督:石井輝男
企画:岡田茂、天尾完次
脚本:石井輝男、掛札昌裕
撮影:古谷伸
照明:中山治雄
録音:中山茂二
美術:石原昭
装置:米沢勝
装飾:山田久司
美粧:田中利男
結髪:横田美佳代
衣裳:松本俊和
擬斗:三好郁夫
振付:藤間勘具次
記録:石田照
編集:堀池幸三
音楽:鏑木創 主題歌:渡瀬恒彦「監獄ブルース」
フィルム:富士フィルム
現像:東映化学
進行主任:上田正道
監督補佐:荒井美三雄
助監督:依田智臣
スチール:中山健司
出演:渡瀬恒彦、伊吹吾郎、佐藤允、大辻伺郎、賀川雪絵、清川虹子、内田良平、尾藤イサオ、荒木一郎、嵐寛寿郎、沢彰謙、上田吉二郎、大泉滉、葵三津子、片山由美子、相川圭子、千葉敏郎
1970年日本・東映/シネスコサイズ・カラー95分35mmフィルム
監獄人別帳 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


監獄人別帳

映画「やさぐれ姐御伝 総括リンチ」


「やさぐれ姐御伝 総括リンチ」池玲子

池玲子                           内田良平

今回は石井輝男監督1973年製作「やさぐれ姐御伝 総括リンチ」をピックアップする。
本作は、石井監督が1960年に新東宝で撮った「黄線地帯」の”カスバの街”に似たカオス漂う美術が見事である。
不良姐御伝 猪の鹿お蝶」に続く”姐御伝シリーズ”は本作で終っている。


やさぐれ姐御伝 総括リンチ

愛川まこと                      嵐寛寿郎、池玲子

【ストリー】
神戸港へ着いたばかりのお蝶(池玲子)は、女スリの朱美(春日朱実)に麻薬の運び屋と間違えられ、捕われてしまった。そして、凄絶な拷問を掛けられたあげくに、女殺しの濡れ衣を着せられてしまう。だが、間一髪のところで、刑務所帰りの謙二(内田良平)という男に救われた。お蝶は早速、朱美を捜し出し、秘密を喋らせた。それは、ヤクザ港会の残党の金造(名和宏)たちが、女スリの秘所に麻薬を隠し、横浜から神戸に運ばせていたのだ。扇屋一家に草鞋を脱いだお蝶は、譲二が一家の幹部である事を知った。譲二は、自分が服役中に親分が何者かに殺され、その一人娘の清子(星野みどり)が行方不明になっているのは、跡目を継いだ叔父貴分の剛田(遠藤辰雄)が仕組んだことだと狙いをつけ調べていたのだ。一方、お蝶は、横浜から剛田のところに麻薬が運ばれる途中に、浅吉一味がニセ物とスリ替えているのを知った。ある日、お蝶は、清子が剛田の企みで精神病院に隔離されているのをつきとめた。早速、譲二とともに清子を救出に行くが、時すでに遅く、清子は何者かに殺された後だった。だが、乱暴された時、清子は男の指を咬み切っていたことから、剛田の仕業だということが判明した。やがて、その精神病院の倉庫で、麻薬の取引が行われた。その現場に、麻薬の多額の代金を狙って、金造一味、剛田に仲間を殺された仇を討ちに来たズべ公グループ・紅衿団、そして散々利用された女スリの一団たちが襲撃して来て、四ツ巴の大乱戦となった。やがて、お蝶、女たちが秘所に隠していた爆薬を投げつけ、剛田、金造一味を壊滅に追い込んでいくのだった。


やさぐれ姐御伝 総括リンチ

池玲子、遠藤辰雄                       凡天太郎

題名:やさぐれ姐御伝 総括リンチ
監督:石井輝男
企画:天尾完次
原作:凡天太郎
脚本:掛札昌裕、関本郁夫、石井輝男
撮影:わし尾元也
照明:井上孝二
録音:中山茂二
美術:雨森義允
装置:稲田源兵衛
装飾:宮川俊夫
美粧・結髪:東和美粧
衣装:豊中健
擬斗:土井淳之介
記録:黒川京子
編集:神田忠男
音楽:鏑木創 主題歌:池玲子「お蝶のブルース」
製作主任:伊藤彰将
演技事務:饗庭益雄
助監督:萩原将司
スチール:中山健司
出演:池玲子、愛川まこと、内田良平、遠藤辰雄、凡天太郎、春日朱実、碧川ジュン、嵐寛寿郎、城恵美、名和広、早乙女りえ、一の瀬レナ、芹明香、根岸明美、大泉滉、星野みどり
1973年日本・東映京都撮影所/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
やさぐれ姐御伝 総括リンチ -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


やさぐれ姐御伝 総括リンチ                       池玲子

1 2 3 4