映画「時の娘」


真喜志きさ子                       橋水光

今回は内藤誠監督1980年製作「時の娘」をピックアップする。
本作は「ツィゴイネルワイゼン」に続いて荒戸源次郎氏が率いるシネマ・プラセット第2回作品であり、東映の専属監督だった内藤誠監督のフリー第1作になった。出演は劇団天象儀館の俳優とベテラン映画俳優の布陣で、寺山修司ティストの鈴木清順原作の世界観を描いている。


梅宮辰夫                        加賀まりこ

【ストリー】
江戸情緒の面影もすっかりなくなった元吉原。想太郎(梅宮辰夫)の母と花火師富造(松本克平)は、昔、恋仲であったが、富造は、江戸花火師の意地と、床についたまま明日も知れぬ昔の惚れた女の為、仲間の花火職人と語らって、今は語り草でしかない江戸前の大花火を、法を破っても打ち上げようとしていた。しかし、名人気質で、死んだ母をかえりみなかった父親の職人としての情熱をかなしく恨んでいた娘の紋(真喜志きさ子)は、警察に通報しても、それも止めようとする。江戸の華はついに打ち上がらず終りかと思えたが……。


橋水光、加賀まりこ                     藤井千代美

松本克平                            殿山泰司

題名:時の娘
監督:内藤誠
企画:小田知雄
製作:荒戸源次郎
原案:鈴木清順
脚本:佐々木守、内藤誠
撮影:鈴木史郎
照明:斉藤政弘
録音:八木降幸
音効:伊藤克己
整音:岩田広一、山本逸美
美術:多田佳人
化粧:橋本直枝、川村美加
記録:大鶴由子
編集:菅野順吉
音楽:殿原秀男
現像:東映化学
製作進行:平沼善幸
製作事務:宗像栄子
助監督:祭主恭嗣
監督助手:酒井直人、高橋徹、中島竹彦、宮下真
撮影助手:遠藤政史、黒沢常男、下元寺郎、下元哲
照明助手:岡本滝河、丸山幸雄
美術助手:平松正之、小間豊
編集助手:井手真人
スチール:志水誠
出演:真喜志きさ子、橋水光、梅宮辰夫、加賀まりこ、藤井千代美、松本克平、殿山泰司、牧口元美、岸田今日子(NA)
1980年日本・シネマ・プラセット/ビスタサイズ・カラー80分35mmフィルム
時の娘 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


時の娘

映画「不良番長 手八丁口八丁」


「不良番長 手八丁口八丁」大原麗子

今回は内藤誠監督1971年製作「不良番長 手八丁口八丁」をピックアップする。
本作は、梅宮辰夫さん主演の不良番長シリーズ第12弾になる。
今作のカポネ団は、国定忠治でお馴染みの群馬県赤城山に舞台を移し、コメディ・アクションを繰り広げるという内容だ。



梅宮辰夫                                                              大原麗子

【ストリー】
窃盗罪で刑務所入りしていた神坂(梅宮辰夫)以下カポネ団の面々は、暴力団中西興業に睨まれ喰いつめていたが、どうした風の吹きまわしか、中西興業社長の中西(室田日出男)から高速道路の利権問題に絡んだ土地買収の話が持ち込まれ、赤城の山で知られる上州国定村へと旅立つ。しかし、士地を所有する忠治の子孫で神主の長岡(玉川良一)はなかなか手放しそうになかった。しかし、長岡の好色ぶりに目をつけた神坂は、団員のヨーコ(フラワー・メグ)を使ってお色気戦法で迫るが、土地のヤクザ島田一家の女親分スミ(宮城千賀子)に見つかり、この一件から手を引くように脅されてしまう。ところが島田一家代貸の北原栄次(待田京介)が神坂のネリ鑑仲間だったことから、神坂は、これまでの中西の悪どさを知り、善良な市民のために立ち上ることを決心する。数日後、神坂の後を追ってきた夏子(大原麗子)も、父の復讐のために仲間に加わった。このことを知った中西は、スミを闇討ちにしてしまった。さらに、事件の核心に迫ろうと、建設会社に探りを入れ公団総裁と中西の関係に気ずいたカポネ団のサッポロ(地井武男)とヨーコをも殺してしまった。神坂は、中西への復讐の念に燃え上った。翌朝、神坂、五郎(山城新伍)、ジャブ(鈴木ヤスシ)、アパッチ(安岡力也)らは中西がいる公団事務所へと殴り込みをかけた。また北原栄次もその後を追うのだった。


「不良番長 手八丁口八丁」大原麗子

フラワー・メグ                                                          ピーター

題名:不良番長 手八丁口八丁
監督:内藤誠
企画:吉田達
脚本:松本功、山本英明
撮影:山沢義一
照明:大野忠三郎
録音:広上益弘
美術:北川弘
装置:根上徳一
装飾:神谷好孝
美粧:井上守
美容:宮島孝子
衣裳:長谷稔
擬斗:日尾孝司
記録:勝原繁子
編集:田中修
音楽:玉木宏樹 主題歌:梅宮辰夫「番長シャロック」
現像:東映化学
進行主任:坂本年文
助監督:三堀篤
演技事務:石原啓二
スチール:藤井善男
出演:梅宮辰夫、大原麗子、ピーター、フラワー・メグ、待田京介、宮城千賀子、玉川良一、由利徹、丹下キヨ子、山城新伍、鈴木ヤスシ、安岡力也、地井武男、安部徹、室田日出男、小林稔侍、園佳也子、大泉滉
1971年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー87分35mmフィルム
不良番長 手八丁口八丁 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


山城新伍、安岡力也、梅宮辰夫、地井武男、鈴木ヤスシ                          待田京介、梅宮辰夫

室田日出男                                                         宮城千賀子、玉川良一

不良番長 出たとこ勝負

映画「不良番長 暴走バギー団」


梅宮辰夫                        菅原文太

今回は内藤誠監督1970年製作「不良番長 暴走バギー団」をピックアップする。
本作は、梅宮辰夫さん主演の不良番長シリーズ第9弾になる。
シリーズ途中から映画の内容を知った女優のマネージャーたちが、地方ロケがあるとビビって女優を出してくれなくなり、本作で主演女優が見つからず、止む無く「見た目は女の子だから分からないだろ」「カルーセルなら誰も手を出さないだろう」とカルーセル麻紀さんを起用したそうだ。カルーセル麻紀さんは「ズバリ脱いであげる。監督さん遠慮なさらないでね」と内藤監督に迫ったが、映倫関係がややこしくなるので、ハードなシーンは撮らなかったという。
(ウィキペディア参照)



谷隼人、山城新伍、梅宮辰夫             カルーセル麻紀

【ストリー】
集団万引事件の犯人に間違えられ、留置所入りしていたカポネ団の面々は、釈放されると、新宿にあるモデル住宅を根城にガセネタのテキヤ商売を始めるが、そこを縄張りとする暴力団拓心会の機ヤリが入って失敗。なんとか再起を計ろうと考えついたのが当られ屋。大日本ムチ打ち協会なるものを設立させ、事故後の補償金をせしめては儲けていたが、五郎(山城新伍)はホンモノのムチ打ちになり入院する始末。この商売にみきりをつけた神坂(梅宮辰夫)は、次に「東都畜犬協会」なるものを設立し、野良犬を集めては血統書付きの名犬に仕立てて、ホステスや奥様族に売りつけてボロ儲けをしていたが、これも拓心会の横車にあってやめざるをえなくなった。ある日、神坂の練鑑時代のダチ公五木勝(菅原文太)が、不動産屋の社員となって、けっこう儲けているのを知ると神坂らは「万博不動産」というこれまたインチキ不動産会社を新設、家のカラ売りをはじめた。そして都下の土地まで手をのばし、宅地造成で大儲けをたくらむが、ここでも拓心会と対立してしま今拓心会々会長で新日本土地の社長でもある二階堂修造(天津敏)は、兄の泰造(八名信夫)と組んで、計画倒産をもくろむマンション投資会社や、五木の会社が造成した別荘地の横取りを計画していた。その上、京子(永原和子)の伯母の土地まで手に入れようとしていたのだ。二階堂兄弟のために、ことごとく仕事の邪魔をされ、相棒のアパッチ(砂塚秀夫)、銀子(カルーセル麻紀)、それに五木の上司市村(上田吉二郎)まで殺されたカポネ団は、ここで一か八かの勝負に挑んだ。バギー車、そしてオートバイに乗り込んだカポネ団は撃音とともに拓心会に殴り込んでいった。


永原和子、植田峻                 藤村有弘、五十嵐じゅん

三原葉子                      八名信夫、天津敏

題名:不良番長 暴走バギー団
監督:内藤誠
企画:矢部恒、吉田達
脚本:松本功、山本英明
撮影:山沢義一
照明:川崎保之丞
録音:内田陽造
美術:北川弘
装置:吉田喜義
装飾:佐藤善昭
擬斗:日尾孝司
記録:勝原繁子
編集:田中修
音楽:河辺公一 主題歌:梅宮辰夫「ダイナマイト・ロック」「ウッシッシッ節」
現像:東映化学
進行主任:松本可則
助監督:岡本明久
スチール:遠藤努
出演:梅宮辰夫、菅原文太、谷隼人、山城新伍、鈴木ヤスシ、砂塚秀夫、カルーセル麻紀、植田峻、園佳也子、三原葉子、根岸明美、天津敏、八名信夫、中田博久、由利徹、藤村有弘、南利明、玉川良一、殿山泰司、浦辺粂子、五十嵐じゅん、相馬剛三
1970年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー84分35mmフィルム
不良番長 暴走バギー団 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


梅宮辰夫                           不良番長 暴走バギー団

1 2