映画「ずべ公番長 東京流れ者」


「ずべ公番長 東京流れ者」大信田礼子

大信田礼子                                渡瀬恒彦

今回は山口和彦監督1970年製作「ずべ公番長 東京流れ者」をピックアップする。
本作は「ずべ公番長 夢は夜ひらく」に続く、シリーズ第2作になる。1971年までに4作品が大信田礼子さん主演で制作された。
内容は前作の方が良かった様に思う。

【ずべ公番長 シリーズ】
1970年「ずべ公番長 夢は夜ひらく
1970年「ずべ公番長 東京流れ者
1971年「ずべ公番長 はまぐれ数え唄
1971年「ずべ公番長 ざんげの値打ちもない
以上の4本が山口和彦監督、大信田礼子さん主演で作られた”お色気アクション”ものだ。


「ずべ公番長 東京流れ者」大信田礼子

人見明                                   宮城千賀子

【ストリー】
2年前、新宿で大暴れして赤城学園に逆もどりした影山リカ(大信田礼子)は出所して、真面目に生活しようと小さな町工場で働いていたが、ミスが多すぎてクビにされてしまった。古巣新宿に戻ったリカは学園の大先輩、ガセ寅一家の女親分お蘭(宮城千賀子)の身内になった。そこで学園を出所して間のないマリ(賀川雪絵)、長子(橘ますみ)、ツナオ(左とん平)らに再会する。一方新興ヤクザでキャバレー・ブラックジャックの社長黒江(南原宏治)は、錦糸町を縄張りとする錦元組をバックに、ガセ寅一家の金看板の横取りをたくらんでいた。秋の神農祭が終った日、一人先祖の墓に参るお蘭に黒江の魔手がのび、お蘭は斬殺されてしまう。この知らせを聞いたリカ、長子、マリらはネオンの消えた新宿を、ブラックジャックへと殴り込んでいった。


南原宏治                                    集三枝子

題名:ずべ公番長 東京流れ者
監督:山口和彦
企画:吉峰甲子夫、高村賢治
脚本:宮下教雄、山口和彦
撮影:中島芳男
照明:元持秀雄
録音:広上益弘
美術:藤田博
装置:根上徳一
装飾:上原光男
擬斗:日尾孝司
記録:高津省子
編集:長沢嘉樹
音楽:津島利章 主題歌:大信田礼子「東京流れ者」
現像:東映化学
進行主任:志村一治
助監督:深町秀煕
スチール:藤井善男
出演:大信田礼子、渡瀬恒彦、人見明、宮城千賀子、南原宏治、橘ますみ、集三枝子、賀川雪絵、南利明、南利明、上田吉二郎、由利徹、佐々木梨里、六本木はるみ、左とん平、藤山浩二、佐藤晟也、東八郎(トリオ・スカイライン)、小島三児(トリオ・スカイライン)、原田健二(トリオ・スカイライン)、沖田俊一、山田禅二、見明凡太朗、白石恵美子、児島春美、章文栄、堀としみ、土山登志幸、小林稔侍、円山理映子、久地明、織田暁子、鈴木暁子、須賀良
1970年日本・東映/シネスコサイズ・カラー86分35mmフィルム
ずべ公番長 東京流れ者 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


ずべ公番長 東京流れ者

映画「華麗なる追跡」


志穂美悦子                         マッハ文朱

今回は鈴木則文監督1975年製作「華麗なる追跡」をピックアップする。
JAC(ジャパンアクションクラブ)が初めて輩出した女優・志穂美悦子さん主演第4作である本作は、多羅尾伴内的七変化でコスプレを楽しませてくれる。アクション・シーンは、千葉真一さんが推挙するだけあり、他の追随を許さない活劇を魅せてくれる。彼女は、1987年8月に歌手の長渕剛さんと結婚し、山田洋次監督1986年「男はつらいよ・幸福の青い鳥」が最後の映画出演となっている。


菅野直行、大森不二香                                           郷鍈治、志穂美悦子

【ストリー】
鈴鹿サーキット。轟音を響かせて爆走するレーシング・カーの中に、紅一点の矢代忍(志穂美悦子)の姿があった。アメリカのレースで優勝経験のある忍は、日本でのデビュー戦でも見事優勝する。忍の父、正之(浜田寅彦)は猪俣船舶の船長で東南アジア航路を担当していたのだが、その船から大量の麻薬が発見されたため、逮捕され、獄中で謎の自殺を遂げたのだった。一人娘の忍は、父の無実を信じ、冤罪を晴らすべくTESO(東南アジア特別調査機関)に所属していた。忍は父が入っていた刑務所の元看守で、現在は退職して派手にギャンブル場に出入りしているヘンリー中谷(山本昌平)を追っていたが、中谷は、パシフィック興業社長・尾野沢要介(石橋雅史)、高級ナイトクラブ経営・本屋敷義一(沼田曜一)の手下に殺害された。刑務所長であった尾野沢は中谷を使って忍の父を殺し、今、その事を隠蔽するために中谷をも抹殺したのだった。当時、麻薬運搬の責任者であった本屋敷とともに尾野沢は、現在、シンジケートの黒幕である国会議員の猪俣赴夫(天津敏)の懐刀となっているのである。忍が住んでいるマンションの一階に忍のレーシング・カーの整備をしている新平(菅野直行)と妹の凪子(大森不二香)が花屋を経営している。忍と協力して組織を追求する兄妹に、悪の手が襲いかかり、二人は虐殺された。忍はとある事から女子プロレスラー、マッハ文朱(本人)と知り合い、彼女の協力を得て、組織のチンピラを相手に大暴れ。忍は得意の変装で徐々に組織の仮面をひきはがしていき、遂に猪俣の豪邸に乗り込み、組織の用心棒として潜入していたTESOの白崎(郷鍈治)の協力も得て、組織を壊滅させるのだった。


渡辺文雄

題名:華麗なる追跡
監督:鈴木則文
企画:吉峰甲子夫、高村賢治
脚本:掛札昌裕、金子武郎
撮影:山沢義一
照明:大野忠三郎
録音:内田陽造
美術:北川弘
装置:小早川一
装飾:酒井喬ニ
美粧:井上守
美容:宮島孝子
衣装:福崎清吾
擬斗:日尾孝司
記録:山内康代
編集:戸田健夫
音楽:八木正生
現像:東映化学
製作主任:松本可則
演技事務:石原啓二
助監督:澤井信一郎
ファッション・コーディネーター:北本正孟(志穂美悦子)
協力:伊豆長岡エイトランド、池袋東武百貨店(衣装)
スチール:藤井善男
出演:志穂美悦子、マッハ文朱、郷鍈治、菅野直行、大森不二香、石橋雅史、円山理映子、天津敏、山本昌平、沼田曜一、渡辺文雄、由利徹、苅谷俊介、安岡力也、日尾孝司、田中久子、浜田寅彦
1975年日本・東映東京撮影所/シネスコサイズ・カラー83分35mmフィルム
華麗なる追跡 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


志穂美悦子