映画「世界大戦争」

世界大戦争世界大戦争
フランキー堺                       宝田明
世界大戦争世界大戦争
星由里子                           乙羽信子

今回は松林宗恵監督1961年製作「世界大戦争」をピックアップする。
本作は、冷たい戦争と呼ばれた自由主義陣営と共産主義陣営との世界的対立構造と1947年の米国のマーシャル・プラン以降のヨーロッパに於ける東西軍事ブロックの確立、そして1961年にキューバ危機が起こり、ほんとうに核戦争の危機が迫った時代に作られた真に迫った作品である。当時の製作費で3億円、構想3年、4千名を越すエキストラ、そして特撮班が総力を挙げて水爆に見舞われた東京の姿を描き出している。東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、モスクワが、核ミサイルによって破壊されるクライマックスシーンは、天地を逆にしたミニチュアの下から圧縮空気を吹き出させる方法で撮影されたそうだ。

世界大戦争世界大戦争
笠智衆、白川由美                     山村聡

【ストリー】
世界各地に連鎖反応的に起りつつある侵略と闘争は、全人類の平和を危機に追いつめていた。核戦争の鍵を握る同盟国側と連邦国側は、一触即発の状態を続けていた。戦争が始まったら、間違って押したボタン一つからでも音速の十倍以上で飛んでくるミサイルが、全人類を灰にし、地球は取返しのつかないことになってしまう。全人類が一つになって原水爆禁止のための何かをしなければならないのだ。アメリカ・プレス・クラブの運転手田村茂吉(フランキー堺)は裸一貫からささやかな幸せを築いてきた。娘冴子(星由里子)と二階にいる通信技師高野(宝田明)とは恋人同士で原水爆のことを真剣に考えていた。貨物船笠置丸船上で、突然夜空にオレンジ色から紫紅色へと膨らむ不思議な物体を見た高野は、冴子のもとへの帰途、胃潰瘍手術で九死に一生を得た船のコック長江原(笠智衆)を見舞った。彼は保母をやっている娘早苗(白川由美)や子供達に囲まれて生きる素晴しさを感じていた。連邦軍基地で核弾頭を装填したミサイルが手違いで発射されそうになった折、同盟国ICBM陣地でも作業員のミスからダイナマイトが暴発、核弾庫の誘爆の危機に襲われた。そうなれば世界は破滅だと判断した司令官は命を賭して起爆装置をはずした。皆、一兵卒に至る迄心から平和を念じているのだが……平和の願いはパリ首脳会談に託された。記者ワトキンス(ジェリー伊藤)を車で送った茂吉はこれらの状勢は金儲けのための株の変動への期待としか考えられなかった。そして神経痛に顔を歪めるお由(乙羽信子)に代って、庭にチューリップの球根を埋めてやるのだった。バーング海上で連邦軍と同盟軍編隊機の衝突から戦闘状態に入り、くすぶり続けた各地の侵略と闘争は再開され、日本政府は徒らに平和と停戦を呼び続けるのみだった。日本国内基地から飛び立った連邦軍爆撃機への報復として、同盟国の原子爆弾はロケットを発射し、東京は混乱の巷と化し、恐怖は全ての人を捉えた。保育園では早苗がなす術もなく、逃げまどう人々の心には平和を願い続けたのになぜ殺されねばならないのだ!と一様に去来した。冴子は無電機で高野の送信をキャッチした。「コーフクダッタネ……」やがて火球が東京を包み第三次世界大戦が勃発、巨大なビルは破片となって散り、全てが数万度の熱に晒された。ニューヨークでもパリでもモスコーでも……津波の後の静かな洋上を笠置丸は再び東京へ向っていた。東京の最期を見たのは高野達乗組員だけだろう。流れくる放射能のために生きて戻ることは不可能でも高野は帰りたいと思った。全世界がもっと早く声を揃えて戦争を反対すればよかったものを……あらゆる良識を無視して世界大戦は勃発し、そして終ったのだ。

世界大戦争世界大戦争
世界大戦争(THE LAST WAR)
世界大戦争世界大戦争
フランキー堺、星由里子、乙羽信子            東野英治郎

題名:世界大戦争
英題:THE LAST WAR
監督:松林宗恵
製作:藤本真澄、田中友幸
脚本:八住利雄、木村武
撮影:西垣六郎
照明:森弘充
特機:矢島袈裟夫、加賀見正友
録音:矢野口文雄
整音:下永尚
音響:北沢靖 (パースペクタ立体音響)
美術:北猛夫、安倍輝明
大道具:小川重太郎、田中喜一、大谷忠雄
舞台組付:徳竹信義
小道具:建守末好、佐伯慎也
衣裳:岩井正晴
結髪:鈴木和子
記録:米山久江
編集:岩下広一
音楽:団伊玖磨
現像:東洋現像所 合成:向山宏
製作担当:森本朴
製作進行:江口英彦
演技事務:松山元計
助監督:田実泰良
監督助手:岩内克己、砂原博泰、千葉隆司
撮影助手:永井仙吉、志田篤弘、宝田武久、入口勝男
照明助手:秋池深仁、大口良雄、宮下義雄、北川忠利
録音助手:田中信行、山田守、影山修
美術助手:育野重一、鈴木一八、秋森直美
【特殊技術】
監督:円谷英二
撮影:有川貞昌、富岡素敬
美術:渡辺明
照明:岸田九一郎
特機:中代文雄
火薬:山本久蔵、渡辺忠昭
石膏:利光貞三、安丸信行
造型・造形:利光貞三、八木康栄、八木勘寿、開米栄三
光学撮影:幸隆生、徳政義行
合成撮影:三瓶一信、鵜飼啓一
合成作画:石井義雄、塚田猛昭
光学作画:幸隆生、飯塚定雄、茂田江津子、黒川博通
編集:石井清子
製作担当:成田貫
製作進行:関和郎
助監督:浅井正勝
スチール:田中一清
出演:フランキー堺、宝田明、星由里子、乙羽信子、白川由美、笠智衆、ジェリー伊藤、東野英治郎、山村聡、上原謙、河津清三郎、中村伸郎、中北千枝子、富永裕子、阿部浩司
1961年日本・東宝/東宝スコープ(シネスコサイズ)・カラー110分35mmフィルム
世界大戦争 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。

世界大戦争世界大戦争
星由里子、宝田明                      星由里子
世界大戦争世界大戦争
世界大戦争(THE LAST WAR)

映画「ゴジラ」


「ゴジラ」1954年製作 監督:本多猪四郎 特技監督:円谷英二 スーツアクター:中島春雄

宝田明                       河内桃子

今回は本多猪四郎監督1954年製作「ゴジラ」をピックアップする。
本作は、日本の怪獣映画の元祖でありゴジラシリーズ第1作である。製作に当たっては、超大作の扱いで約7,000万円という大型予算(当時)が組まれ、本多組の本編A班、円谷組の特撮B班、向山組の合成C班の3班体制で、約3か月間の撮影が敢行されたそうだ。ラストの海中撮影は、「日本で最も海の水の透明度の高い場所」が調査され、伊勢志摩の五ヶ所湾がロケ場所に選ばれた。本作以降、ゴジラ・シリーズは延々と続くが、明瞭なテーマとメッセージを持った作品は、本作のみであると私は思う。


平田昭彦                       志村喬

【ストリー】
太平洋の北緯24度、東経141度の地点で、次々と船舶が原因不明の沈没をした。新聞記者萩原(堺左千夫)は遭難地点に近い大戸島へヘリコプターで飛んだ。島では奇蹟的に一人だけ生残った政治(山本廉)が、海から出た巨大な怪物に火を吐きかけられて沈んだというが、誰一人信じない。只一人の老漁夫は昔からの云い伝えを信じ、近頃の不漁もその怪物が魚類を食い荒すせいだという。海中に食物がなくなれば、怪物は陸へ上って家畜や人間まで食べると伝えられている。萩原は信じなかったが、暴風雨の夜、果して怪物は島を襲って人家を破壊し、政治と母も一瞬に踏み潰された。国会は大戸島の被害と原因を確かめる調査団を派遣した。古生物学者山根博士(志村喬)を先頭に、その娘で助手の恵美子(河内桃子)、彼女の恋人サルベージ会社の尾形(宝田明)、原子物理学の田畑博士(村上冬樹)に萩原と政治の弟新吉(鈴木豊明)も加った。そして調査団は伝説の怪物が、悠々と巨大な姿を海中に没するのを見た。帰国した山根博士は200万年前の海棲爬虫類から陸上獣類に進化する過程の生物ゴジラが、海底の洞窟にひそんで現代まで生存していたが、度々の水爆実験に生活環境を破壊されて移動し、而も水爆の放射能を蓄積して火を吐くのだと説明した。フリゲート艦が出動して爆雷を投下したが何の効果もなく、ゴジラは復讐するかの如く海上遥かに浮上り、東京に向って進んだ。直ちに対策本部が設けられた。山根博士の弟子芹沢(平田昭彦)は、恵美子を恋していたが戦争で傷けられて醜い顔になったのを恥じ、実験室にこもって研究を続けていた。ゴジラは東京に上陸し、品川駅を押し倒し、列車を引きちぎり、鉄橋を壊して海中へ去った。本部では海岸に5万ボルトの鉄条網をはり、都民は疎開を始めた。ゴジラは再び上陸し、鉄条網を寸断し戦車や重砲の攻撃を物ともせず、議事堂やテレビ塔を破壊し、一夜にして東京は惨澹たる街となった。芹沢の秘密の研究を知る恵美子は、それを尾形に打明けた。水中の酸素を一瞬に破壊して生物を窒息させる恐るべき発明である。現代の人間を信じない芹沢はこれが殺人武器に用いられることを恐れて資料を火に投じ、ただ一個の機械を持って自ら海中に身を没した。船上の人々は目のあたりゴジラの断末魔を見た。そして秘かな恋をすてて死んだ芹沢の為に黙祷を捧げた。


菅井きん                    河内桃子、宝田明

題名:ゴジラ
監督:本多猪四郎
製作総指揮:田中友幸
製作:森岩雄
原作:香山滋
脚本:村田武雄、本多猪四郎
撮影:玉井正夫
照明:石井長四郎
録音:下永尚
音効:三縄一郎
美術監督:北猛夫
美術:中古智
特殊技術:円谷英二
特技美術:渡辺明
特技撮影:有川貞昌
特技照明:岸田九一郎
合成:向山宏
造形:利光貞三
操演:中代文雄
特技小道具:山本久蔵
光学撮影:荒木秀三郎
光学作画:幸隆生、茂田江津子
合成撮影:泉実、土井三郎
合成作画:岡田明方、石井義雄、渡嘉敷唯信、進八郎
編集:平泰陳
音楽:伊福部昭
現像:東宝現像所
製作主任:真木照夫
助監督:梶田興治
特技助監督:浅井正勝
監督助手:所健二、中島義次、竹林進、崎上俊家
撮影助手:逢沢譲、余郷勇治、砂山利宗
照明助手:小島正七、原勲、羽田昭三、小島真二、清水博、広沢賢次
照明準備責任者:伊久間衛
録音助手:刀根紀雄、田中信行、田久保敏夫、山下博
絵コンテ:育野重一
協賛:海上保安庁
スチール:田中一清
出演:宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬、堺左千夫、村上冬樹、小川虎之助、山本廉、林幹、恩田清二郎、菅井きん、笈川武夫、榊田敬二、馬野都留子、鈴木豊明、高堂国典、川合玉江、東静子、岡部正、鴨田清、今泉康、橘正晃、帯一郎、スーツアクター:中島春雄
1954年日本・東宝/スタンダードサイズ・モノクロ97分35mmフィルム
※1987年公開版はシネスコサイズ(東宝スコープ)にリサイズされたプリントで上映された。
ゴジラ <昭和29年度作品> -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


平田昭彦、河内桃子                河内桃子、宝田明

映画「緯度0大作戦」

緯度0大作戦緯度0大作戦

今回は本多猪四郎監督1969年東宝製作「緯度0大作戦」をピックアップした。
特技監督を円谷英二氏が担当されたSF映画だが今の時代に観ると喜劇だ。
それも興味深く観れる作品としてだが。
本作は、CGなどデジタル合成というものは一切なく、オプチカル合成、マットペイント等のオンパレードで当時の東京現像所のオプチカル技術を総動員したのが伺える。
プロダクションノートを読むとハリウッドのスタッフと映画撮影の方法でかなり揉めたそうである。その意味でも大作の部類に入るSF映画だ。

緯度0大作戦緯度0大作戦

【解説】
本作の起源は、1940年代にNBCラジオで放送された、テッド・シャーマン原作の”Tales of Latitude Zero”(緯度0の物語)である。シャーマンは1960年代から、”Tales of Latitude Zero”の映画化を試み、企画をドン=シャーププロに持ち込んで、1967年に東宝の重役であった藤本真澄が渡米した際、日米合作企画として持ちかけ実 現した。当時アメリカ映画界は制作費の安い日本との合作を、予算調達に行き詰った邦画界は日米合作による低迷打開を模索していた時期であった。なお、当初 ドン=シャーププロはアンバサダープロと名乗っており、初期脚本にはそちらの記名がある。
東宝では1966年(昭和41年)にSFメカニック映画『空飛ぶ戦艦』が企画検討されたが、本作がそれに替わった。『空飛ぶ戦艦』は円谷プロの『マイティジャック』として蘇ることとなる。
当初、アメリカ側のキャストの諸費用はアンバサダー(ドン=シャープ)、日本側のキャスト及びスタッフは東宝、製作費(公称3億6千万円、実質2億9千万 円)は折半として契約がまとまり、『海底大戦争 -緯度ゼロ-』の仮題で製作発表された。70ミリパナビジョン大作での案もあったが、当時日本に機材がなかったため実現しなかった。撮影中、ドン=シャー プ側の資金調達が困難となり、撮影が一時中断。契約不履行でアメリカ側のキャストが帰国すると言い出したため、ドン=シャープ側が支払うべきギャラン ティーと製作費は全て東宝が負担することで、撮影を再開、完成させることになった。製作費の大部分はアメリカ側キャストのギャラであり、1969年(昭和 44年)製作の東宝映画では、この作品の直後に公開された戦争大作『日本海大海戦』の予算を大幅に超える結果となった。
当初、本格日米合作SF超 大作として宣伝されたが、実際の公開に当たってはテレビアニメ『巨人の星』の劇場版が併映となり、子供向け映画の印象を与えてしまい、そのためか興行成績 は芳しくなかった。テレビに押されて日本映画界の斜陽が加速していた当時、ドン=シャーププロ側が受け持った莫大な製作資金を全て肩代わりしたのに、大し た興行成績を挙げられなかったという結果は重く、以降、東宝は日米合作映画の製作は行わないという結論をもたらした。

緯度0大作戦緯度0大作戦

【ストリー】
海底油田の調査に、潜水球で大陸棚探険に出かけた、物理学者田代健、海洋地質学者ジュール・マッソンと記者ペリー・ロートンの三人は、不思議な潜水艦アル ファー号に救われた。乗組員はマッケンジー艦長、部下の巨漢甲保、物理学者で女医のアン・バートンの三人。重傷のマッソンのために、彼らの基地「緯度0」 に艦を帰港させた。そこは海底二万メートル、人工太陽の下のパラダイスだった。そんな天国にも敵がいた。超能力の潜水艦黒鮫号を擁し、ブラット・ロック島 に基地を持つ悪の天才マリクと情婦ルクレチアだ。彼らは人類を征服し、「緯度0」を破壊する目的でノーベル賞受賞の科学者岡田博士とその娘鶴子を誘拐し た。マリクは博士の発見した放射能免疫血清の方程式を要求し、拒絶されるや、彼と娘を監禁した。これを知ったマッケンジーは罠を承知で、ブラッド・ロック 島を攻撃した。マリクのおくった巨大なネズミ、人間コーモリの襲撃を退けたマッケンジーらは敵の司令部へ迫り、ルクレチアを滅ぼした。マッケンジーたちの 追撃を逃れたマリクは、黒鮫号から超高圧電流攻撃を仕掛け、アルファー号を島の崖に引き寄せ、レーザー砲で一挙に破壊しようと企んだ。折から上を飛んでい た怪獣グリホンは、マリクの元情婦の脳を移植してあったので、その恨みから黒鮫号を襲った。レーザー砲の照準が狂って、ブラッド・ロック島を撃ってしま い、黒鮫号は崩れ落ちる要塞の下に呑まれていった。

緯度0大作戦緯度0大作戦

題名:緯度0大作戦
洋題:LATITUDE ZERO
監督:本多猪四郎
特技監督:円谷英二
製作:田中友幸、ドン・シャープ
脚本:関沢新一、テッド・シャードマン
撮影:完倉泰一
照明:隠田紀一
美術:北猛夫
録音:藤好昌生
編集:武田うめ
音楽:伊福部昭
現像:東京現像所
出演:ジョセフ・コットン、宝田明、岡田眞澄、リチャード・ジャッケル、平田昭彦、シーザー・ロメロ、大前鈞
1969年日本・アメリカ(東宝+ドン=シャープ)/シネスコサイズ・カラー89分35mmフィルム
緯度0大作戦 [DVD]
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。