映画「夢千代日記」


吉永小百合                       北大路欣也

今回は浦山桐郎監督1985年製作「夢千代日記」をピックアップする。
本作はテレビドラマとして高視聴率を上げた「夢千代日記」」シリーズの完結篇として原作者の早坂暁氏の要望で映画化され浦山桐郎監督の遺作(1985年10月死去、享年55歳)である。浦山桐郎監督と吉永小百合さんの「キューポラのある街」から23年後の作品で、日本を代表する女優の変わらぬ美貌とスピリチュアルな透明感が映し出されて感慨深い。


田中好子                                            左時枝、名取裕子

【ストリー】
山陰の雪深い温泉町、湯村。“はる家”の夢千代こと永井左千子(吉永小百合)は広島で被爆していた。“はる家”は夢千代が母から受け継いだ芸者の置家で、夢千代の面倒を子供の頃から見てくれている渡辺タマエ(風見章子)、気のいい菊奴(樹木希林)、スキー指導員・名村(渡辺裕之)に恋し自殺未遂を起こす紅(田中好子)、好きな木浦(前田吟)のため、彼の妻の替わりに子を宿す兎(名取裕子)、癌で三ヵ月の命だという老画伯・東窓(浜村純)に、束の間の命の灯をともす小夢(斉藤絵里)たちがいる。神戸の大学病院で「あと半年の命」と知らされた夢千代は、帰りの汽車の窓から祈るように両手を合わせて谷底へ落ちて行く女性を見た。同乗していた女剣劇の旅役者の一人、宗方勝(北大路欣也)もそれを見ていたが、彼の姿は消えてしまう。捜査の結果、その女性の駆け落ちの相手、石田が逮捕された。彼の子を身篭った女が邪魔になったのだろうという事だったが、夢千代には自殺としか思えなかった。翌日、旅芝居好きの菊奴の案内で春川一座を尋ねた夢千代は、宗方に本当のことを教えてほしいと嘆願するが、宗方は「見ていません」と冷く答えるのだった。夢千代はタマエから、死んで行くしかない特攻隊員との愛のかたみに母が女手一つで自分を産み落としたことを聞かされ、一度だけ出来た子供を堕したことを悔いた。ある夜、夢千代は春川一座へ出かけ、熱を出して倒れてしまう。そして、宗方に背おわれて“はる家”に戻ってきた。春川一座のチビ玉三郎(白龍光洋)は、母である座長や菊奴の前で宗方の夢千代に対する気持を言いあてる。その時、宗方は菊奴から夢千代の命が長くないことを知らされた。証人として宗方の身元を調べていた藤森刑事(加藤武)は、彼の名がでたらめであることを知る。さらに、15年前、父親を殺して指名手配中であることをつきとめ、夢千代に警告するのだった。宗方は一座から姿を消した。彼を隠岐行のフェリーで見かけたという紅の言葉を頼りに、夢千代は隠岐島へ向った。そして、宗方に愛を告白し、二人は結ばれた。宗方は衰弱した夢千代を“はる家”へ連れ帰る。皆の見守るなか、夢千代は息を引きとり、宗方は藤森によって逮捕されたのだった。


浜村純                                       斉藤絵里

題名:夢千代日記
監督:浦山桐郎
企画:早坂暁
製作:岡田裕介、佐藤雅夫、坂上順、斎藤一重
脚本:早坂暁
撮影:安藤庄平
照明:渡辺喜和
録音:荒川輝彦
美術:井川徳道、佐野義和
装飾:渡辺源三
背景:西村三郎
衣装:森譲、黒木宗幸
美粧・結髪:東和美粧
技斗:上野隆三
振付:藤間勘五郎
記録:森村幸子
編集:玉木濬夫
音楽:松村禎三 和楽:浪花三之介
現像:東映化学
製作主任:長岡功
助監督:鈴木秀雄
スチール:中山健司
出演:吉永小百合、名取裕子、田中好子、樹木希林、北大路欣也、風見章子、小川真由美、河原崎長一郎、斉藤絵里、渡辺裕之、三條美紀、小田かおる、左時枝、横内正、加藤武、前田吟、岸部一徳、白龍光洋
1985年日本・東映京都撮影所/ビスタサイズ・カラー128分35mmフィルム
夢千代日記 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


夢千代日記                                                            吉永小百合

映画「八甲田山」


「八甲田山」高倉健

高倉健                          北大路欣也

今回は森谷司郎監督1977年製作「八甲田山」をピックアップする。
本作は、実際に真冬の八甲田山でロケを敢行し、日本映画史上類を見ない過酷なロケとして有名になった。遭難現場は八甲田山北東斜面だが、ロケは八甲田山北西の寒水沢、酸ヶ湯温泉付近や岩城山の長平、奥入瀬などでも行われたそうだ。徳島大尉が案内人たちに「八甲田で見たことは一切口外してはならん」と言うシーンは、劇場版「八甲田山(169分)」ではカットされたが、それを追加した「八甲田山完全版(171分)」は、映画の公開から5年後に再編集された。


三國連太郎                        緒形拳

【デジタル修復について】
2018年に東京現像所が4K解像度によるデジタル修復を行った。木村大作氏が監修を務め、スキャニングによる高解像度マスターの取得、デジタル補修として傷の消去、光量の補正や空撮シーンの揺れをスタビライザーによる抑制などの改善が行われた。東京現像所によると「35mmフィルムには6K程度の情報量が眠っていると言われ、もともとネガフィルムに記録された情報量が多い為にその情報を十分に発揮出来る」との事だ。昭和52年(1977年)の公開当時、大ヒットした事で、各地の映画館に送るフィルムを何度も焼き付けた為、オリジナルネガに傷も多かった。その傷を物理的に修復した後、各コマを約24万枚のデジタルデータに変換した。


小林桂樹、神山繁                    秋吉久美子

【ストリー】
「冬の八甲田山を歩いてみたいと思わないか」と友田旅団長(島田正吾)から声をかけられた二人の大尉、青森第五連隊の神田(北大路欣也)と弘前第三十一連隊の徳島(高倉健)は全身を硬直させた。日露戦争開戦を目前にした明治34年末。第四旅団指令部での会議で、露軍と戦うためには、雪、寒さについて寒地訓練が必要であると決り、冬の八甲田山がその場所に選ばれた。二人の大尉は責任の重さに慄然とした。雪中行軍は、双方が青森と弘前から出発、八甲田山ですれ違うという大筋で決った。年が明けて1月20日。徳島隊は、わずか27名の編成部隊で弘前を出発。行軍計画は、徳島の意見が全面的に採用され隊員はみな雪になれている者が選ばれた。出発の日、徳島は神田に手紙を書いた。それは、我が隊が危険な状態な場合はぜひ援助を……というものであった。一方、神田大尉も小数精鋭部隊の編成をもうし出たが、大隊長山田少佐(三國連太郎)に拒否され210名という大部隊で青森を出発。神田の用意した案内人を山田がことわり、いつのまにか随行のはずの山田に隊の実権は移っていた。神田の部隊は、低気圧に襲われ、磁石が用をなさなくなり、白い闇の中に方向を失い、次第に隊列は乱れ、狂死するものさえではじめた。一方徳島の部隊は、女案内人を先頭に風のリズムに合わせ、八甲田山に向って快調に進んでいた。体力があるうちに八甲田山へと先をいそいだ神田隊。耐寒訓練をしつつ八甲田山へ向った徳島隊。狂暴な自然を征服しようとする210名、自然と折り合いをつけながら進む27名。しかし八甲田山はそのどちらも拒否するかのように思われた。神田隊は次第にその人数が減りだし、辛うじて命を保った者は50名でしかなかった。しかし、この残った者に対しても雪はとどめなく襲った。神田は、薄れゆく意識の中で徳島に逢いたいと思った。27日、徳島隊はついに八甲田に入った。天と地が咆え狂う凄まじさの中で、神田大尉の従卒の遺体を発見。神田隊の遭難は疑う余地はなかった。徳島は、吹雪きの中で永遠の眠りにつく神田と再会。その唇から一筋の血。それは、気力をふりしぼって舌を噛んで果てたものと思われた。全身凍りつくような徳島隊の者もやっとのことで神田隊の救助隊に救われた。第五連隊の生存者は山田少佐以下12名。のちに山田少佐は拳銃自殺。徳島隊は全員生還。しかし、2年後の日露戦争で、全員が戦死。


栗原小巻                         八甲田山

題名:八甲田山
監督:森谷司郎
企画:吉成孝昌、佐藤正之、馬場和夫、川鍋兼男
製作:橋本忍、野村芳太郎、田中友幸
原作:新田次郎「八甲田山死の彷徨」
脚本:橋本忍
撮影:木村大作
照明:高島利雄(セット)、大澤暉男(ロケーション)
特機:三沢一義
録音:吉田庄太郎
美術:阿久根巖
装飾:滋野清美、大光寺康
大道具:西田忠光
衣裳:長島重夫
美粧:高橋勝三
記録:米山久江
編集:池田美千子、竹村重吾
音楽:芥川也寸志
現像:東洋現像所
撮影機材:パナビジョン
製作担当:小山孝和
製作進行:三島巌、久保井修
助監督:神山征二郎、橋本信吾、永井正夫、桃沢裕幸
撮影助手:加藤雄大、岸本正弘、信坂利文、野村俊祐
照明助手:小山勲
録音助手:田中進
美術助手:小方一男
編集助手:竹村重吾、糸賀美保
スチール:藤巻健二
出演:高倉健、北大路欣也、加山雄三、三國連太郎、緒形拳、丹波哲郎、栗原小巻、加賀まりこ、秋吉久美子、小林桂樹、島田正吾、大滝秀治、藤岡琢也、前田吟、神山繁、森田健作、東野英心、下絛アトム、加藤嘉、花澤徳衛、山谷初男、菅井きん、田崎潤、浜田晃、加藤健一、江幡連、高山浩平、安永憲司、樋浦勉、広瀬昌助、早田文次、吉村道夫、渡会洋幸、金尾鉄夫、古川義範、荒木貞一、芦沢洋三、山西道宏、蔵一彦、新克利、海原俊介、堀礼文、森川利一、浜田宏昭、玉川伊佐男、竜崎勝、江角英明、井上博一、佐久間宏則、伊藤敏孝、石井明人、船橋三郎、丹古母鬼馬二、青木卓、永妻旭、大竹まこと
1977年日本・橋本プロダクション+東宝映画+シナノ企画/シネスコサイズ・カラー公開版169分完全版171分35mmフィルム
八甲田山 特別愛蔵版 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


三國連太郎                        八甲田山


撮影:木村大作氏 監督:森谷司郎氏 脚本:橋本忍氏
八甲田山

映画「キネマの天地」


有森也実                        中井貴一

今回は山田洋次監督1986年製作「キネマの天地」をピックアップする。
本作は、1982年に深作欣二監督が角川映画(松竹配給)で「蒲田行進曲」を東映京都撮影所で撮り、大ヒットし(興行収入17億6,300万円)、それに奮起した松竹のスタッフが、松竹大船撮影所50周年記念作品として作られた経緯がある。

松竹が撮影所を大船に移転する直前の1934年頃の松竹蒲田撮影所(城戸四郎所長)を舞台に、若き日の斎藤寅次郎、島津保次郎、小津安二郎、清水宏ら気鋭の監督たちが腕を競い、田中絹代(本作のモデル)がスターへの階段を上りかけた映画黄金期(サイレントからトーキー)時代を背景にしている。

今とは違い、映画会社がキャスト(俳優部)、スタッフ(演出部、脚本部、撮影部、照明部、録音部、美術部、編集部など)を抱え、一丸となって映画創りに勤しんでいた時代である。

本作に出てくるサイレント映画キャメラのクランクによる手動スプリング駆動は、実機を用いて撮られているが、同時録音シーンのNCミッチェルのプリンプは、ハリボテではないかと思う。

サイレント映画キャメラのクランクによる手動スプリング駆動は、ジャイロが付いているとはいえ、3コマ落ちると1ステップ、8コマ落ちると1ストップの露光オーバーになる。手動で定速コマ数を維持するのは職人技である。ちなみにトーキーは今日でも24コマ/秒であるが、サイレントは16コマ/秒であった。

蒲田撮影所時代を経験し小津安二郎監督作品の撮影技師である厚田雄春氏は、「蒲田行進曲」「キネマの天地」のどちらも蒲田撮影所の当時の雰囲気が出ておらず、それは無理もないとしながらも、やっぱり物足りないと評している。

私はCF作品で有森也実さんを撮影した事がある。その現場の印象は、大作の主演女優を果たした側面は一切見せず、真摯にテーマである商品を引き立てる芝居に懸命だったと記憶する。
中井貴一さんは、私が撮影チーフ助手最後の作品でフランスロケに行った時にご一緒させて戴いた事があるが、気さくな方であった。

※「蒲田行進曲」は時代劇全盛の東映京都撮影所が舞台。
※大船撮影所については「太陽の墓場」で記述してます。
※本作でサイレント映画のキャメラはミッチェルスタンダード、シンクレア等が使われている。

松竹蒲田撮影所 1920年6月~1936年1月15日 閉鎖
日本映画黎明期をリードする撮影所として一時代を築いた。小津安二郎や成瀬巳喜男、田中絹代、高峰秀子等の映画人を輩出し、国産初の本格的トーキー映画を生み出したのも同撮影所である。

松竹大船撮影所 1936年1月15日~2000年6月30日 閉鎖
それまで松竹は東京市蒲田区(現・東京都大田区)の蒲田撮影所で撮影をしていたが、町工場の多い蒲田では騒音がトーキーの撮影に差し障るという理由から神奈川県鎌倉市大船に移転した。


渥美清、前田吟、倍賞千恵子                油井昌由樹、すまけい、中井貴一

【ストリー】
浅草の活動小屋で売り子をしていた田中小春(有森也実)が、松竹キネマの小倉監督(すまけい)に見出され、蒲田撮影所の大部屋に入ったのは昭和8年の春だった。小春は大震災で母親を失い、若い頃旅回り一座の人気者だったという病弱の父・喜八(渥美清)と長屋でのふたり暮らしだ。蒲田撮影所での体験は何もかもが新鮮だった。ある日、守衛(桜井センリ)に案内されて小倉組の撮影見学をしていた小春はエキストラとして映画出演することになった。だが素人の小春にうまく演じられる訳がなく、小倉に怒鳴られた小春は泣き泣き家に帰り、女優になることをあきらめた。長屋に戻って近所の奥さんにことのいきさつを話している小春を、小倉組の助監督島田健二郎(中井貴一)が迎えにきた。「女優になりたがる娘はいっぱいいるけど、女優にしたい娘はそんなにいるもんじゃない」。健二郎の言葉で、小春は再び女優への道を歩み始めた。やがて健二郎と小春はひと眼を盗んでデートする間柄になった。小春は幸福だった。しかし時がたつにつれ、映画のことにしか興味をしめさない健二郎に少しずつ物足りなさを覚えるようになった。小春の長屋の住人たちは不況下の失業にあえいでいた。そんな中で、唯一の希望はスクリーンに登場する小春だった。夏もすぎ秋になって、小春はプレイボーイとして有名な二枚目スター、井川時彦(田中健)と親しくつき合うようになった。師走に入って、健二郎は、労働運動で警察から追われている大学時代の先輩(平田満)をかくまったとして、留置所に入れられてしまう。その留置所生活で得たのは、かつてなかった映画作りに対する情熱だった。年が明けて、小春が大作の主演に大抜擢された。主演のトップスター川島澄江(松坂慶子)が愛の失踪事件を起こしたため、その代打に起用されたのだ。しかしその大作「浮草」で演技の壁にぶつかって、小春は苦悩した。その小春を、喜八はかつて旅回り一座の看板女優だった母と一座の二枚目俳優のロマンスを語り励ました。実は小春の本当の父親はその二枚目であることも--。「浮草」は成功した。人があふれる浅草の映画館でゆきと「浮草」を見に行った喜八は、映画を見ながら静かに息をひきとった。


松本幸四郎                         田中健

題名:キネマの天地
監督:山田洋次
製作総指揮:奥山融
製作:野村芳太郎、杉崎重美、升本喜年、島津清
脚本:井上ひさし、山田太一、朝間義隆、山田洋次
撮影:高羽哲夫
照明:青木好文
録音:鈴木功
調音:松本隆司
美術:出川三男
装置:小島勝男
装飾:町田武
美粧:宮沢兼子、吉野桂子
床山:八木かつら
衣裳:松竹衣装
編集:石井巌
音楽:山本直純
現像:イマジカ
撮影機材:パナビジョン
製作主任:新井重美
製作進行:副田稔、玉生久宗
助監督:五十嵐敬司
プロダクション・コーディネーター:内藤誠、田中康義
風俗考証:林美一、結城一朗
スチール:赤井博且
出演:中井貴一、有森也実、渥美清、松坂慶子、倍賞千恵子、美保純、笠智衆、桃井かおり、田中健、すまけい、岸部一徳、堺正章、柄本明、油井昌由樹、山本晋也、なべおさみ、大和田伸也、広岡瞬、レオナルド熊、石倉三郎、山城新伍、木の実ナナ、下條正巳、三崎千恵子、平田満、財津一郎、ハナ肇、桜井センリ、佐藤蛾次郎、人見明、関敬六、前田吟、吉岡秀隆、笹野高史、藤山寛美、松本幸四郎(9代目)
1986年日本・松竹/ビスタサイズ・カラー135分35mmフィルム
キネマの天地 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


笹野高史、渥美清                     有森也実

1 2 3 17