映画「海女の戦慄」


前田通子                                            前田通子、天城竜太郎

今回は志村敏夫監督1957年製作「海女の戦慄」をピックアップする。
新東宝の看板スター前田通子さんは、1956~57年の2年間で20本の作品に出演し、”戦後のグラマー女優第1号”と呼ばれ一躍スターダムへ邁進した。その後に山本富士子さん、田宮二郎さんと共に映画会社の”五社協定”の最大の犠牲者としても知られる。


前田通子、三ツ矢歌子               万里昌子、三ツ矢歌子

【ストリー】
ミス海女に選ばれたチエ(三ツ矢歌子)は、雑誌社の座談会に出席するため海女のユキ(万里昌子)と上京したのだが、一泊の予定が5日たっても帰って来ない。そんなある日、「いかり亭」に高級車が止まり、紳士姿の木島(九重京司)と人相の悪い三人連れが降り立った。それから数日後、岩礁地帯の沖合に傷だらけのユキの海女姿になった溺死体が浮上った。そこへ風来坊と称する船員風の男俊介(天城竜太郎)が「いかり亭」に投宿した。彼はユキの溺死の謎について深い関心を寄せ、チエの姉ヨシ(前田通子)にくわしい話を聞くのであった。ヨシは、無口で優しい俊介が好きになった。その頃、無人島のかげの舟上で、海女姿のチエが、木島たちに魔の海に強引に潜り込まされようとしていた。数日前、ユキはこれを拒んだために殺されたのだ。海底には駆潜艇の残骸が黒々と横たわっている。この駆潜艇には、戦時中民間から徴発したダイヤモンドが秘められているのだ。--一方、俊介は木島一味が根拠地としている洞窟を度々探っていた。彼は実は刑事だったのだ。とある日ヨシが捕えられてしまった。ヨシは、チエを人質にダイヤモンドの探索を強制され、彼女の手でその箱が舟上に揚げられると、木島たちはヨシとチエを殺そうとした。その時、洋上に巡視艇が現われ、俊介たちと木島との間に激しい拳銃戦が展開されたが、ついに木島たちは全員斃され、ヨシやチエは危く救われた。

題名:海女の戦慄
監督:志村敏夫
企画:小野沢寛
原案:志賀弘
脚本:内田弘三、坂倉英一
撮影:岡戸嘉外
照明:関川次郎
録音:片岡造
美術:朝生治男
編集:金子半三郎
音楽:レイモンド服部
製作主任:川田信義
助監督:渡辺祐介
出演:前田通子、天城竜太郎、三原葉子、吉田輝雄、三ツ矢歌子、松本朝夫、桂京子、万里昌子、林寛、有田淳子、小倉繁、長谷川恵子
1957年日本・新東宝/スタンダードサイズ・モノクロ73分35mmフィルム
海女の戦慄 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


海女の戦慄

映画「女競輪王」


前田通子                          小倉繁、前田通子、杉山弘太郎

今回は小森白監督1956年製作「女競輪王」をピックアップする。
女眞珠王の復讐」が大ヒットした前田通子さん主演2作目である。内容は当時華やかだった女子競輪選手のサクセス・ストーリーだ。しかし実際の女子競輪選は、1964年9月8日に開催された名古屋競輪場でのレースが最後となったそうだ。


沼田曜一、前田通子

【ストリー】
魚屋“魚清”の娘美樹(前田通子)は毎朝の魚市場への往復で自転車なら人に負けぬ自信があった。娘心の華やかな夢を満たそうと許婚の五十嵐健一(杉山弘太郎)に競輪選手になりたいと打明け、健一の父源造(小倉繁)に金を借りてくれと頼んだ。念願かない美樹は日本競輪学校で猛訓練を受けB級選手となった。一たん家に帰り店の手伝いをする美樹のもとに千葉レースの通知が来た。開催地の旅館で美樹が仲間の好子(江畑絢子)、慧子(遠山幸子)と明日の英気を養っていると古参の菊(加藤欣子)が呼びに来て、秋山選手(宮田文子)が明日のレースに敗れると馘になるから手加減してくれと八百長を強要された。しかし当日、美樹は一着になり、子供を抱えた未亡人秋山は悄然と去った。美樹は悲しみに身を震わせた。その時、美樹の肉体を狙う無敵のチャンピオン倉本(沼田曜一)が勝利の乾盃を約して来た。美樹は倉本を好く慧子を代りにやったが慧子は温泉マークに連れ込まれた。美樹はその後27連勝を記録、源造に借りた10万円も返した。源造は商売不振の折、この金で事業挽回と、もう10万円作ろうと昔の親方御手洗(江川宇禮雄)を訪ねたが、目的を達せず、且つ八百長レースに乗らされる。御手洗の言った通り本命の倉本は2着、観客は八百長だと叫んだが警備員が御手洗の顔で編成されているため、どうにもならなかった。美樹は、やがて待望のミス競輪レースの出場権を得た。そんなある日、御手洗が源造を訪れ、美樹がレースに負けるよう詰寄った。源造は美樹に八百長を頼んだ。しかしミス競輪に一切を賭けた美樹は大会に優勝、源造の頼みを裏切った。大会後、新聞社の座談会の帰途、美樹は御手洗らに暴行された源造を発見した。御手洗は逮捕され、一味に倉本の名もあった。が美樹の心は晴れなかった。野望のために人間の真実を見失っていたと気づいた美樹に、ようやく健一の愛情が甦って来た。

題名:女競輪王
監督:小森白
製作:島村達芳 「欲望の広場」
原作:竹森一男
脚本:杉本彰
撮影:鈴木博
照明:関川次郎
録音:村山絢二
美術:加藤雅俊
編集:後藤敏男
音楽:飯田信夫
製作主任:永野祐司
助監督:土屋敬之助
出演:前田通子、江畑絢子、遠山幸子、沼田曜一、阿部寿美子、杉山弘太郎、小倉繁、江川宇礼雄、田原知佐子(原知佐子)、鮎川浩
1956年日本・新東宝/スタンダードサイズ・モノクロ88分35mmフィルム
女競輪王 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


女競輪王                            杉山弘太郎、前田通子

映画「女眞珠王の復讐」


前田通子                        宇津井健

今回は志村敏夫監督1956年製作「女眞珠王の復讐」をピックアップする。
本作は邦画史上初めて女優の全裸シーンを撮影した作品。当時、全裸シーンはストリッパーなどの吹き替えが常識だったので、女優自身が演じたのは大きな話題となった。本作が初主演の前田通子さんは、大型グラマー女優として一躍スターダムへのし上り、わずか2年の間に20本以上に主演し、三原葉子さんと共に新東宝の看板女優となった。


丹波哲郎、遠山幸子                   三ツ矢歌子

天知茂                       藤田進、丹波哲郎

【ストリー】
三信貿易の社員木崎芳男(宇津井健)が箱根に養生中の社長に重要書類を届けて帰った夜、社長は何者かに殺され、さらに数時間後には会社の金庫から現金1,500万円が紛失した。その日、社長の部屋に入ったのが木崎一人であることから嫌疑は彼に掛り、木崎は浅沼専務(藤田進)に同行渡米する恋人香川夏岐(前田通子)を見送った直後、逮捕された。同時に洋上を走るシビリア号にも、夏岐を殺人共犯容疑者として拘束せよとの急電が届いたが、彼女に好色の眼を向ける浅沼専務は、自分の証言で事はどうでもなると夏岐を説きつけようとした。だが夏岐は、木崎のポケットにあったという金庫の鍵は専務が持っていた筈と不審を抱いた。夏岐は浅沼の手を逃れるはずみに足を踏みはずし、激浪の中に姿を没した。南海の孤島に打ち上げられた夏岐は、同じく漂着していた難破船の乗組員五人に救われた。孤島では彼女をめぐり異様な生活が始った。男達は夏岐を争い、揚句の果て、石塚老(沢井三郎)人及び彼の娘アキ(遠山幸子)と結婚する筈になっている山内雄三(天知茂)、そして夏岐の三人が残った。だが或る日、海底に潜った夏岐は真珠貝の宝庫を見出した。数年後、外国船に助けられた夏岐は変名し、真珠王ヘレン・南として日本に戻った。恋人木崎は今だに拘置所生活、妹雪子や両親も冷い眼で見られていると知った夏岐は、雪子(三ツ矢歌子)に真犯人を見つけだすと誓った。調査の末、今は三信貿易の社長に納る浅沼と子分野口(丹波哲郎)が会社乗っ取りの陰謀をめぐらし木崎を陥入れたことが判明した。夏岐は孤島生き残りの二人の手を借りて浅沼の事業を妨害した。だが浅沼の疑惑で野口が夏岐の素姓を見破った日、真相を妹に聞いて復讐の念を燃やした木崎が突如、脱獄した。夏岐と対決した浅沼と野口は数々の証拠に、今はこれ迄と拳銃をつきつけたが、そこに飛び込んで来た木崎に倒された。復讐を成し就げた夏岐と木崎は、今は晴れて抱き合った。


女眞珠王の復讐

題名:女眞珠王の復讐
監督:志村敏夫
企画:松崎啓次、小野沢寛
製作:星野和平
原案:青木義久
脚本:相良準、松木功
撮影:友成達雄
照明:秋山清幸
録音:片岡造
美術:朝生治男
編集:金子半三郎
音楽:松井八郎
製作主任:山本喜八郎
助監督:土屋啓之助
出演:前田通子、宇津井健、藤田進、天知茂、三ツ矢歌子、丹波哲郎、光岡早苗、遠山幸子、沢井三郎、保坂光代、宮原徹、藤村昌子
1956年日本・新東宝/スタンダードサイズ・モノクロ90分35mmフィルム
女真珠王の復讐 -DVD-
本作はゲオ宅配レンタルでご覧になれます。


「女眞珠王の復讐」前田通子

「女眞珠王の復讐」前田通子